着物買取について

古い着物の処分は着物買取へ!状態によって買取相場は変わる?

古い着物買取

かつては普段着としても着用されていた着物ですが、移り変わる文化と価値観の中、着物を着る機会がめっきり減ってしまいました。

昔仕立てた大切な着物が今では箪笥の肥やしになっているという方も多いのではないでしょうか?

しかし着物文化が注目を浴びるようになった今、着物買取専門業者を中心に様々な業者が古い着物の買取を行っています。

そのため箪笥に眠る古い着物でも、売って現金に変えることができるのです。

ここでは古い着物の処分について解説したあとに、”買取”という選択肢についてもご紹介します。

古い着物の処分にお困りの方はぜひ参考にしてみてください。





古い着物、眠っていませんか?

古い着物は長年眠らせてしまっている以外にも遺品やお下がりとして譲り受けて、処分に困っている人もいるようです。

しかし古い着物の買取が、現在積極的に行われていることをご存知でしょうか。

古い着物はレトロブームとともに若者を中心に流行っており、観光地先ではそうした古い着物が着物レンタルとして活躍しているのです。

また古い着物はその古典的な柄から、ハンドメイド(バッグや帽子、ポケット)としての需要もあり、着物買取市場では古い着物の取り引きが連日行われています。

古い着物の処分方法にはどんなものがある?

古い着物買取処分方法

時代の変化と共に、着物を着る機会はますます少なくなってきています。

中には着物をそのまま長年眠らせてしまっている方もいらっしゃるでしょう。

しかし古い着物とはいえ、ご家族から譲り受けた着物であったり、ご自身で着用していた思い出の着物など、捨ててしまうには忍びないですよね。

以下ではそんな古い着物の処分について、いくつか方法を紹介していきます。

【古い着物の処分方法①】リメイクする

古くなってしまった着物を着るのに抵抗を感じる方でも、リメイクと言う方法で着物の再活用をするのが密かなブームとなっています。

とくに古い着物の中でも特に古典的な柄が人気で、その柄を活かしてカバンや帽子、洋服やポケット、小物入れやきんちゃく袋などに様々な形にリメイクされています。

また古い着物のリメイクは、リサイクルなどの観点からも注目を浴びており、様々な雑誌で特集が組まれています。

【古い着物の処分方法②】オークションに出す

古い着物を販売という形で処分する方法があります。

その際に利用されているのが、インターネットオークションです。

インターネットオークションで古い着物を販売する場合、販売価格の決定や発送準備を全て自分で行うことができるので、自分のペースで古い着物の処分を行うことができます。

しかし全ての工程を自分で行うため、慣れていないと予想以上に手間がかかるうえに、必ず売れるという保証もなく、発送費や相場価格の把握不足により損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

【古い着物の処分方法③】親戚や友人に譲る

古い着物でも状態が良かったり、ハンドメイドをしている友人や家族がいれば、そういった方々に譲ってみるのも良いでしょう。

自分が知っている方に着物を再利用してもらうのは、処分という形ではとても良い方法だと言えるでしょう。

しかし譲る方の好みなどもありますし、譲ってからも不要な着物として眠ってしまう場合もあるので、譲りたい方とよく話し合っておきましょう。

古い着物はリサイクルショップで売って良いの?

古い着物はリサイクルショップで売って良いの?

古い着物の処分方法として、前述したように古い着物をリメイクやオークションを利用して売ったり、親戚や友人に譲るという方法が挙げられますが、他にも買取業者に古い着物を売りに出すという選択肢があります。

古い着物を売ろうと考えている方の中には、"最寄りにリサイクルショップがあって、気軽に利用できるから"といった理由で、リサイクルショップに持ち込んで着物を売りに出そうと検討している方も多いのではないでしょうか。

リサイクルショップは比較的大きな街であればある場合が多く、お出かけについでに気軽に利用できる点がメリットと言えます。

しかし、リサイクルショップを利用する上で気を付けなければならないこともあります。

リサイクルショップを利用する際の注意点

多種多様な品物を買い取っているリサイクルショップですが、そもそも着物に精通しているスタッフが在籍していない場合も少なくありません。

着物の歴史は古く、種類からブランドまで種類が豊富で、数多ある中古品のジャンルの中でも正確な価値を判断するには専門知識が必要とされるジャンルです。

さらに取り扱う品物が多いことで、独自の買取マニュアルがあり、そのマニュアルに従って半機械的に査定を行い判断するため、着物の本当の価値が見定められないまま買い取られる可能性があります。

また査定経験の乏しいスタッフがマニュアルだけで査定を行うと、新しさや見た目の綺麗さといった単純なポイントで価格が決まってしまう場合も多々あります。

リサイクルショップによっては着物を衣類の一つとして捉え、単に重さを測りその重量で着物の査定額を出す「重量査定」を行っている業者もあります。

そのため気軽に持ち込める点がリサイクルショップの利点でもありますが、着物の価値をしっかりと見極め査定額を算出して欲しいのであれば、着物買取業者を利用することを選ぶことをおすすめします。

着物買取専門業者なら古い着物もお金になる!?

古い着物買取専門業者

古い着物を処分する方法は様々ですが、それをお金に換えたい場合は、着物買取専門業者に買取の依頼をするのが良いでしょう。

着物買取に特化した着物買取専門業者では、査定員ひとりひとりが日々着物を査定しているため、着物知識だけでなく、着物査定スキルのレベルも高い傾向にあります。

そのため着物ひとつひとつの価値を見逃すことがなく、正確に着物の価値を見極めてもらうことができます。

また着物買取専門業者では、販売するのが難しい着物のデスストック(行き場を失った在庫)を作ってしまわないよう、買取った着物を販売する販路の開拓に力を入れている業者が多くいます。

販売する力を持った着物買取専門業者では、ある程度の販売価格を予測することができるため、適正な買取価格を定めることができます。

一方で、一口に着物買取専門業者と言っても、その数は膨大です。

そのため着物買取を依頼する際には、数ある業者の中から着物買取を依頼する業者を選んでいかなければなりません。

しかしこの工程を疎かにしてしまうと、自分に合った業者でない業者に買い取ってもらうことにもなりかねないので、業者選びは慎重に行っていきましょう。

知人や友人などに利用者がいる方は、その業者を紹介してもらったり、インターネットなどで口コミを調べてから依頼することをおすすめします。

また着物買取を依頼する業者をひとつに絞らず、できるだけ複数の業者に買取の依頼をして、一番納得できる業者に買取をしてもらうのが良いでしょう。

こんな状態の古い着物でも買い取れる!

古い着物買取状態

最近では、着物本来の「素材」が大きな注目を集めていて、古い着物であっても買取可能となるケースは多いようです。

そのため一見「買取れないんじゃないか」と思われるような着物であっても、買取を諦めるのは早いです。

基本的には以下のような着物であっても買取可能となりますので積極的に査定をしてもらいましょう。

  • 証紙がない着物
  • シミがある着物
  • 柄や色が褪せている着物
  • 大量の着物
  • 紋付の着物
  • 上記であげた着物は着物買取市場で、比較的買取可能と判断される着物になります。

    買取が難しいような着物でも着物の素材や柄によっては、買取可能であるうえに、高額買取に至るケースもあります。

    そのため着物を処分する前に一度プロの査定士に見てもらうことをオススメします。

    古い着物でも高額査定になる?買取相場の高い着物を一挙紹介

    古い着物買取相場

    古い着物の中には、高額査定になる着物が多数存在します。

    実際に過去の着物買取市場で高額査定に至った中には、古い着物であるケースが多くあります。

    以下では、そんな古い着物の中でも高額査定になりやすい着物の一部を紹介します。

    【高額査定になる古い着物①】未使用の着物

    古くても未使用の着物である場合は、比較的綺麗な状態で残されているケースが多いです。

    未使用品であるかどうかは、着物を専門とするプロの査定士にかかれば見分けることができ、未使用品であると査定された場合、高額買取に至る可能性は高いです。

    また着た覚えがなく、未使用品であることが確実な着物の場合には、査定時に伝えておくと良いでしょう。

    【高額査定になる古い着物②】シミや汚れのない着物

    古い着物は長年眠ってしまっているために、どうしてもシミや汚れができてしまっているケースが多いです。

    一方で古い着物にも関わらず、しっかりと手入れされているなどしてシミや汚れがほとんどない着物は、「良好な状態で残存している古い着物」として価値が付く場合があります。

    その場合高額買取に至るケースもあるので、今からでも虫干しをするなどして古い着物のお手入れをしておくと良いでしょう。

    【高額査定になる古い着物③】振袖や訪問着は着物の中でも高値になりやすい

    小紋や付け下げ、留袖など着物には様々な種類があります。

    着物の中でもとくに振袖や訪問着は着物レンタルの需要が高く、高額査定になりやすい着物であり、古い着物であっても例外ではありません。

    また帯や和装小物なども、状態や柄によっては高額査定になる場合があるので、一度プロの査定士に見てもらうと良いでしょう。

    【高額査定になる古い着物④】生地の種類について

    古い着物の生地は現在の着物と同様、買取価格を決める上で重要なポイントとなります。

    化繊やウールよりも、正絹の方が買取価格は高い傾向にあり、着物レンタルとしての需要も高いです。

    実際に、過去にあった着物買取市場で高額査定に至った着物の生地の多くは、正絹の着物となっています。

    【高額査定になる古い着物⑤】産地や作家について

    古い着物の中には、有名な産地で作られた物や有名な着物作家によって作られた物などがあります。

    そういった着物である場合、芸術品としての価値が付きます。

    またそうした芸術品であるうえに歴史ある古い着物である場合、驚くような高額買取に至る可能性があるので、まずは一度プロの査定士に見てもうことをおすすめします。

    【高額査定になる古い着物⑥】紬の着物(大島紬)

    三代続くと言われている丈夫かつ上質な着物、大島紬。

    大島紬の希少性は言わずもがな、現在のレトロブームにより、その魅力は若い人たちにまで浸透しています。

    古い着物でも大島紬である場合は高額買取に至る可能性が高く、産地や作家によっては超高額買取に期待できる着物のひとつとなっています。

    古い着物の買取を依頼する時の注意点

    古い着物買取注意点

    上記でも説明してきたように、着物需要が高い今、古い着物であっても買取は十分可能です。

    しかし中には古い着物を買取に出したけれども、買取が不可になってしまったという方も多くいらっしゃいます。

    そこで以下では、古い着物の買取を依頼する際に注意しておきたいポイントについて紹介していきます。

    古い着物も状態によっては買取不可になってしまうことも・・・

    古い着物の中には長年眠ってしまっていたために、修繕の余地がないほど着物がひどく劣化してしまっている場合があります。

    汚れやシミが付いていても買取が可能なケースはありますが、汚れやシミの範囲によっては買取が不可になってしまうこともあります。

    虫に食われていたり、大きく破れてしまっている着物などは、買取不可になってしまう可能性が高いでしょう。

    またサイズも重要で大きいサイズであれば仕立て直しできるのに対し、あまりにも小さいものだと、着られる人が限られてしまうためサイズによっては買取を断られる場合もあります。

    これらのような着物を買取依頼する際は、買取不可となってしまう場合があるということを把握しておきましょう。

    業者によっては古い着物が買取不可になってしまうことも・・・

    着物買取は業者によって買取れる範囲が異なる場合があります。

    とくにリサイクルショップなど多岐に渡る品目を取り扱っているような業者は、着物に特化した販路を築けておらず、販路が店頭のみといったケースも多く、その場合は業者側が在庫リスクを抱えることを避け、買取自体が断れてしまう可能性があります。

    また着物買取業者でも綺麗な着物のみの買取を行っている場合があるので、買取を依頼する際には注意しておくと良いでしょう。

    買取不可になってしまわないためにも、古い着物が買取可能であるか、事前に電話口などで聞いておくことをおすすめします。

    古い着物買取:まとめ

    古い着物買取:まとめ

    長年眠っていた古い着物を数十年ぶりにふと見てみると、色々な思い出が蘇ったりします。

    中には大切な着物を譲り受けたけども、着る機会が無く困ってしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    そうした大切な着物だからこそ、着物買取を利用して、その着物を新しい場所で活躍させてあげるのも良いでしょう。

    古い着物の処分で悩まれている方は、この記事を是非参考にしてみてください。

    お申し込み・ご相談はこちら
    0800-817-2539
    簡単メール申込

    お申し込み・ご相談はこちら
    0800-817-2539
    簡単メール申込

    着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!