着物買取について

【夏の着物買取】絽や紗など夏の着物はいくらで売れる?買取相場と高く売るコツ

絽

夏の着物と言えば「絽」や「紗」を思い浮かべる方も多いと思われます。

そんな絽や紗をはじめとする夏着物ですが、実は買い取りが可能なことをご存知でしょうか。

今回は夏着物の買取事情についてご紹介します。





夏の着物とは何?どのような着物が買取対象になるの?

夏の着物とは何?どのような着物が買取対象になるの?

着物はシーズン毎で着る着物が異なり、10月~5月までの間に着る裏地の付いた着物を「袷(あわせ)」と呼ぶのに対し、6月~9月の間に着る裏地の付いていない着物を「単衣(ひとえ)」と呼びます。

夏着物は単衣の中でも、特に7月~8月に着る着物のことを「薄単衣(うすひとえ)」と呼び、通気性に優れ、肌が触れる部分も蒸らさないデザインとなっており、暑い季節でも快適に着用できる着物が多いです。

薄単衣の素材には主に「 絽・紗・上布・絽縮緬」といった種類があります。

絽は平織に経糸の一部をからませて、透き目を作り線状に隙間模様が入るレース状の盛夏向きの搦織です。

絽の素材には、絹や綿、化学繊維が素材に用いられるのが一般的で、原糸に使われている素材によって種類が異なります。

また絽は使う糸によって「生絽・練絽・綿絽・人絹絽」の主に4種類に分けられます。

さらに、地組織のからみの柄や方向によって「平絽(緯絽)・綾絽・変化絽・経絽・経緯絽」、他にも平織部分の緯糸本数により「3本絽 (三越絽) ・5本絽 (五越絽)・7本絽」といった名前が付けられ細分化されます。

種類が多く価値の幅も広い絽ですが、夏着物の代表格であり、多くの着物買取業者で買取対象となっている場合が多いです。

紗とは搦み織の一種で、横糸1本を打ち込むごとに、2本の縦糸を交差させた織物のことを言います。

この紗を地として、紋を「平(ひら)」や「綾(あや)」の組織で表した紋紗、金糸を織り込んだ金紗といった種類があります。

縦糸を震わせてよじれさせ、その中に横糸を通して織るので、折目に隙間ができ通気性が良い特徴があります。

また、生地の特性上透け感が強く、軽いため盛夏用の着尺地、羽尺地に用いられます。

紗は絽と並び夏の着物の代表格と言え、買取対象に含まれている場合が多いです。

その他の素材

上布は、苧麻や大麻を手で紡いだ糸を平織にした上質の麻布、またはその着尺地のことを指し、薄地で堅く肌に密着しないため軽い着心地で通気性も高いです。

絽縮緬は縮緬の一種で、普通の縮緬地の中に、搦み織の組織を入れて透き間を織り出したもので、夏用の染下生地ではありますが生地自体はやや厚手です。

基本的に、上布や絽縮緬素材の着物も買取対象となっている場合が多いです。

夏の着物はいくらで売れる?気になる買取価格について

夏の着物はいくらで売れる?気になる買取価格について

夏着物に代表される「絽」と「紗」の中でも、有名な産地の着物や有名作家の作品は定価が高いため、より手頃に手に入る中古品の需要も多いです。

もちろん活用頻度が増える6月~9月は需要が増えるため、買取価格も高値になる傾向があります。

他にも状態やブランドネームにより買取価格は変わってきます。

実際に、絽や紗といった着物の買取価格は数百円~数万円と幅があり、着物の状態やブランドによっても買取価格が大幅に変わります。

そのため、処分に困っている夏着物類があれば捨てずに、査定を利用して価値を調べた方が良いでしょう。

夏の着物を高く売るためのコツとは?

夏の着物を高く売るためのコツとは?

着なくなってしまった着物でも、せっかく売るなら高く売れたほうが嬉しいですよね。

しかし、単に査定を利用するだけでは高く売れるチャンスを逃してしまっているかもしれません。

実は、高く売るためには押さえておくべきコツが3つありますので、それぞれご紹介します。

夏の着物も手入れが大切

やはり着物の査定において最重要とも言えるのが着物の状態が良好かどうかです。

夏着物にも正絹や麻といった高品質でデリケートな素材が使われている着物が多く、手入れを怠ると劣化が進み、黄ばみや変色、虫食いが起こってしまう場合も少なくありません。

当然、着物にダメージがあると買取業者が再販しにくくなってしまうため、買取価格が大幅に下がってしまうこともあります。

そのため、日ごろから汚れが付かないように着用したり、虫干しなどの手入れを行い、着物の良い状態を保つようにしましょう。

夏の着物を高く売るなら買取業者選びが肝心

着物を高く売るためには、買取業者選びも非常に肝心です。

近年、リサイクル着物の需要が増加したことで、着物を買い取ってくれるリサイクルショップも増えました。

リサイクルショップは駅周辺にあることも多く、気軽に利用できる点が魅力ですよね。

しかし、着物を売る場合には注意が必要で、リサイクルショップが多種多様な品物を取り扱っており、着物の専門知識を持っているスタッフがいないことも多く、価値が分からず買い取られてしまう場合もあります。

着物の価値を正しく見極めるには、着物の専門知識を持っていないと難しいため、着物を高く売るのであれば専門知識のある着物買取業者を選択することをオススメします。

まとめ:【夏の着物買取】絽や紗など夏の着物はいくらで売れる?買取相場と高く売るコツ

まとめ:【夏着物買取】絽や紗など夏の着物はいくらで売れる?買取相場と高く売るコツ

夏の暑い時期になると大活躍する夏着物ですが、意外と中古での需要があることをご存知ない方も多いのが現状です。

処分に困っている夏着物があれば、ぜひ査定を利用することをおすすめします。

その際には、手入れを行い着物の状態を良くしておくことと、着物の価値を正確に見極めてくれる業者を選ぶことが大切です。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!