着物買取について

木綿着物はいくらで売れる?買取相場や高額査定が狙える木綿の着物

木綿着物

自宅でも洗濯できる利便性の高いカジュアルな着物として、人気なのが「木綿」の着物です。

カジュアルとは言っても、比較的リーズナブルな木綿生地から、有名な伝統工芸品まで種類が様々あります。

今回はそんな木綿着物の買取事情についてご紹介します。





木綿の着物について

木綿の着物について

木綿の着物は元々日常着や仕事着として用いられていましたが、最近では街着として着用されます。

また、木綿の着物はカジュアルな着物とされており、着物の格としては普段着と同じ扱いとなっています。

基本的に木綿の着物は「単衣(ひとえ)」と呼ばれる裏地のない着物が主流で、初夏前の5月~6月や夏終わりの9月頃に着用する場合が多い薄手の着物です。

新潟県の片貝木綿、愛媛県の伊予絣、岡山県の作州絣、鳥取県の弓ケ浜絣、福岡県の久留米絣などが有名です。

木綿着物のメリット

木綿着物のメリットは、生地が丈夫な上に肌に優しく、また汗を良く吸収する点が挙げられ、他にも通気性に優れている着物から保温性に優れている着物まで様々です。

正絹の着物が汚れてしまった場合には、クリーニングに出さなければならないのですが、木綿の場合は自宅で洗うことができるので、汚れが付いても都度気軽に手入れができる点も魅力です。

また、木綿は洗う度に素材が馴染み柔らかくなるため、着心地も良くなっていきます。

木綿着物のデメリット

木綿着物のデメリットは、素材の性質上水洗いをした時に生地の縦の目が詰まることで縮んでしまう点、シワになりやすい点が挙げられます。

また、太陽光に当たり過ぎると変色して黄ばんでしまう場合もあります。

他にも、カジュアルな着物なので、フォーマルやセミフォーマルな場所では着ていけないといったデメリットもあります。

木綿の着物の売却方法で一番良いのは何?

木綿の着物の売却方法で一番良いのは何?

着物の売却方法にはいくつか種類がありますので、何を利用するのが一番良い方法なのか迷っている方もいらっしゃのではないでしょうか。

そのような方のために、下記にてそれぞれの売却方法をご紹介します。

リサイクルショップ

リサイクルショップは、着物の専門知識を持っているスタッフがいないケースが多いため、正絹の着物以外は買取ってもらえないことも少なくありません。

着物の専門家がいないことで、希少価値の高い木綿の着物であっても、その価値が分からず取り扱いが難しいと判断されてしまうケースもあります。

また着物を古着と同様の扱いとするリサイクルショップも多く、重さで買取価格を判断されてしまう場合もあります。

フリマアプリやネットオークション

フリマアプリやネットオークションは自分で売値を決められることはもちろん、ネットオークションであれば競売となるため、相場よりも高く売れる場合もあります。

買取店では買取不可となることも多い木綿着物ですが、買取店で値段の付かなかった着物でも買い手さえ付けば売ることができるのがフリマアプリやネットオークションの魅力の一つです。

しかし、個人間での取引となるためトラブルが起こりやすく、またいざ売りたくても買い手が中々いないというケースも多いです。

買い手が現れるまで気長に待てる方におすすめです。

着物買取店

やはり着物を売却するのであれば、着物の知識をしっかり持った着物買取店を利用することが望ましいです。

木綿にも他の着物と同様に伝統工芸品と呼ばれるものが存在します。

そのため、価値の高い着物を見極められる着物買取店に売却することで、他の売却方法よりも手軽に高く売れる傾向があります。

また仮に価値が不明な木綿着物であっても、着物買取店であれば専門スタッフに査定してもらえるので、正確な価値を判別してもらえます。

木綿着物の買取相場と高額査定が狙える着物の特徴

木綿着物の買取相場と高額査定が狙える着物の特徴

木綿の着物は基本的に買取値が付かない場合も少なくないですが、希少価値が高く人気のあるデザインの着物であれば中古品市場でも需要があります。

状態やサイズにもよりますが安くて数百円、高いと数万円の値が付くことが場合があります。

ただ状態が悪かったり、サイズが小さくてもリメイク着物用として買い取ってくれるケースもあります。

高額査定が狙える木綿着物の特徴

木綿着物はサイズや状態が良い着物であることはもちろんですが、高額査定を狙える着物は伝統工芸品であることや証紙の有無が非常に大切です。

伝統工芸品である木綿着物

木綿の着物は地方によって厚みや織り方が異なります。

木綿着物の代表的な伝統工芸品には「館林木綿・遠州木綿・弓浜絣・薩摩絣・久留米絣・琉球絣」といった着物があり、比較的買取価格が安価な木綿着物の中では高値で売れるケースが多々あります。

また伝統工芸品の中でも、江戸時代より全国にその名を知られる最高級の木綿と称される「伊勢木綿」をはじめ、高級木綿の着物は特殊な技術や手間を要し生産量も少ないため、中古品の着物でも高値で買い取ってくれる傾向にあります。

証紙がある着物

高級な木綿着物の多くには「その着物がどこで作られた着物なのか」といった着物の産地を証明する登録商標が付属しています。

その登録商標を一般的には証紙と呼び、証紙には「織り元の名前」が入り、検査合格印が押されています。

また着物がそれぞれの産地ごとに設定された「染めの基準」を満たし、厳しい検査に合格したものには「染め証紙」が貼られています。

証紙がある方が買取業者も再販しやすく、ない状態と比べると高く買い取ってくれやすい傾向にあります。

まとめ:木綿着物はいくらで売れる?買取相場や高額査定が狙える木綿の着物

まとめ:木綿着物はいくらで売れる?買取相場や高額査定が狙える木綿の着物

着心地やその丈夫さから、街着用のカジュアル着物として人気のあるのが木綿の着物です。

家庭でも洗えるため簡単に手入れができる点も魅力です。

比較的安価な価格で購入できますが、木綿着物の中にも伝統工芸品の素材が使われているものもあり、定価格が非常に高いものもあります。

木綿着物を中古品で安く手に入れたいというユーザーも多くニーズがあるため、買取価格も期待できる着物が多いです。

もし、買取を検討している木綿着物があれば、査定に出して価値を調べてみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!