着物買取について

京友禅の買取相場を徹底紹介!京友禅を最も高値で売るおすすめ方法とは?

京友禅を買取する際に、知っておきたい知識を徹底紹介!

長年着ていない京友禅をお持ちでしょうか? 購入時に高価だった京友禅ですが「古くなってしまったから買い取れるかどうか不安」と思っている方は、事前に着物を買い取る際に必要な知識があれば高額買取される場合もあるのです。

今回の記事では京友禅の基本知識、買取相場、高く買い取ってもらう方法を解説しましたので参考にしてみてください。





京友禅とは?

京友禅とは?

京友禅とは京都府を中心に生産される伝統的工芸品で、江戸時代の元禄期に絵師として活躍していた宮崎友禅斉(ゆうぜんさい)が描く扇絵(おうぎえ)に着物の意匠を取り入れて模様染めの分野に活かしたことで生まれました。

当時の江戸幕府は町人に対して着物は紬・木綿・麻、染め色も派手な色合いは禁止して着用できる色も茶色、鼠色に指定し厳しく統制を行っていました。

京友禅はこのような時代に誕生した染物で、京友禅を機に着物の模様は大きく変わっていきます。 また、1976年に経済産業大臣から「伝統的工芸品」として指定を受けています。

加賀友禅との違い

加賀友禅と京友禅の違いを簡単にまとめました。

加賀友禅 京友禅
使用する色 加賀五彩:臙脂(えんじ)・藍・黄土・草・古代紫 多色
虫食い あり なし
ぼかし 外側を濃く内側を薄くした外ぼかし 外側を薄くし内側を濃くした内ぼかし
装飾 刺繍や箔押しはなし 仕上げに刺繍や箔押しあり
色の特徴 落ち着いた色調 華やかな色調
デザインの特徴 リアルな写実で草花を描く 図案のような見た目
作業方法 一人 分業

京友禅の特徴

京友禅の特徴

2つの技法がある

京友禅は型友禅と手描き友禅という2つの技法で作られ、どちらも模様が決まると下絵を描く作業に移ります。 型友禅とは模様を彫刻刀で彫った型紙を白い生地の上に置いて色糊を用いて染める技法で、色の数だけ型紙が必要になので模様が細かいほど枚数が増えます。

手描き友禅とは白い生地に青花(採取した青い汁)で模様を描いて染め出す技法で、糸目糊を使って隣の色と混ざらないように防波堤を施して筆やブラシで色を挿すものです。

工程にも特徴がある

京友禅の工程は14にも及び、それぞれ分業制で行っています。 手描き友禅を例に工程を説明します。

1.写生

完成された着物を想像しながら実際の草花を写生します。

2.下絵作成をして生地を決める

着物を制作する際に必ず描くもので、鉛筆で下書きしたら墨で完成させたらイメージに合った生地を決めます。

3.湯のし

制作に入る前に生地の長さと幅を整えて蒸気で飛ばします。 湯のしをしておくと色を付けるときに発色が良くなり生地にツヤ感を出せます。

4.検尺(けんじゃく)・墨み打ち

着物の袖・身頃・衽(おくみ)など各部分を割り振るため、生地に印を付けておくことです。 検尺は表地・裏地の長さを測って仕立てに必要な長さかを把握し、墨み打ちは伝統手法で使われる墨や鉛筆を使います。

5.仮絵羽仕立て(仮縫い)

着物全体に絵柄が描かれる着物が多いため、あらかじめ生地を裁断して着物の形に仮縫いして型を作ります。

6.下絵描き

仮縫いした生地に図案を基準にして模様の輪郭を青花で描きます。

7.糊置き(糸目描き)

渋紙で作った円すい形にした筒と先の細い先金を使い、その筒に糊を入れて絞り出して図案通りに生地の輪郭を描いていきます。

8.伏せ糊

糸目糊で輪郭を囲んだら色挿しをする模様部分に糊をムラなく置き、その上に挽粉という木材のおがくずをふるいにかけて細かい粒子を選んだものを振りかけます。

これは次に行う引き染めで模様部分が染まらないように防波堤の役目をするためです。

9.引き染め

染色をするときに色がにじんだり染ムラができるのを防ぐために、すり潰してこした豆乳汁を使って刷毛で生地全体を均等に引きます。 染め上がりをきれいにできるようにするのに必要な工程です。

10.蒸し

生地に色を定着させるため蒸し箱に吊り上げられて、約100度の蒸気で20~50分間蒸します。特に濃い地色の生地は蒸しを二度行います。

11.水洗い

蒸し上がった生地は大量の水を使って余分な糊や染料を落としていきます。

12.色挿し(挿し友禅)

筆とハケを巧みに使って糸目糊をした模様部分に色を挿します。 ハケで外側は薄く内側に向かって濃くしていき、独特のぼかしを表現していきます。 染料は元となる使う色を調合し、色ごとに筆と絵皿を用意して作るので一度使った色は他の筆では使用しません。

13.仕上げ(金彩・刺繍)

京友禅では金・銀の箔と粉を用いて括りや押し箔、摺り箔(すりはく)などを技法で生地を彩ります。 また、刺繍は金糸や銀色も使って駒使い・纏い・平繍といった刺繍技法でさらにボリュームを持たせます。

14.湯のし、仮絵羽仕立て(上げ絵羽)

生地の加工が終わったら再び湯のしを行えばほぼ完成です。 仕上がった生地を採寸に合わせて職人さんが仕立て、縫い上げられた状態を上げ絵羽と言います。

柄が特徴的

京友禅の柄は刺繍や箔で、平安時代の貴族が乗っている牛に引かせる車をモチーフにした御所車(ごしょぐるま)、宮中で用いられていた木製の扇である檜扇(ひおうぎ)、複数の熨斗を和紙で束ねた束熨斗(たばねのし)などがあります。

公家や宮中を題材にした気品があって縁起の良い模様が多く、図案のような見た目が京友禅の特徴です。 また、これらは品格の高さを表す柄として振袖や留袖などに多く用いられます。

京都の色が出ている

京友禅の色は華やかで美しい配色が多く、模様染めの代名詞として使われるほどで、日本はもちろん世界でも知名度はトップクラスです。

日本の伝統色と言われる京紫、紅藤(べにふじ)、一斤染め(いっこん)、孔雀色、銀鼠などがあり着物制作時に調合をして気品ある京友禅を仕上げていきます。

京友禅の買取相場

京友禅を高く買い取ってもらうための方法

京友禅の着物や帯の買取相場は近年の着物買取市場の動向だと有名作家の作品は50,000円前後になるようです。 有名作家の作品でない場合には、10,000円程度というのが相場のようです。

ただし、傷やシミ・カビ・シワがあるなど、保存状態によっては買取価格が下がってしまう可能性があります。 以下にある「京友禅を高く買い取ってもらうための方法」を読んで査定前のお手入れの参考にご活用ください。

普段の保管から、保存状態には十分注意しておきましょう。 ここでご紹介した買取相場はあくまで相場ですので、正確な価値を知りたい場合は着物専門の買取業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

京友禅を高く買い取ってもらうための方法

京友禅を高く買い取ってもらうための方法

京友禅は高価ですから買取後も大切に扱ってもらいたいとお考えの方は多いでしょう。 京友禅の買取金額が上がるよう事前に「高く買い取ってもらう方法」を知ってから査定に出しましょう。

高く買い取ってもらうための方法①:状態が良いものであること

京友禅を買取に出すには保存状態によって買取金額が左右されるため、状態が良いものほど高額買取の可能性が上がります。 新品や未開封、シミ、シワ、ほつれが少ない方が状態は良く、多少の汚れがあっても自分で行わずにクリーニングに相談して取ってもらうことも検討しましょう。

ただし、広範囲に汚れがあったり、着物が破けている、着物が変色している、濃い色のシミがある、臭いが落ちないなどのトラブルがあると買取ができない場合があります。

着物の買取をしたいときは事前に汚れや臭いがどれくらいあるか、クリーニングで落ちる汚れなのかを確認して普段のお手入れを見直すことをおすすめします。

高く買い取ってもらうための方法②:証紙を用意すること

証紙とは「この着物は価値がある」と証明する役割をし、買取時にないと数千円~数万円と買取価格が大きく開きが出てしまう恐れがあります。

京友禅作家が作った着物や帯を購入すると京友禅協同組合連合会が発行した証紙があり、友禅染の技法を使って染められた商品が京都産である証明として貼られています。

また、京友禅は経済産業大臣が伝統工芸品として指定した証明である伝統工芸品のマークも着物についています。 証紙は査定時に見る大事な査定ポイントであるため、証紙はなくさず保管しておいて査定員にすぐ提示できるようにしましょう。

高く買い取ってもらうための方法③:人気のある丈であること

着物は買取されたら中古市場で小売業者や消費者へ向け販売され、丈の長さが重要な査定項目の一つでもあります。

丈が150㎝以上の着物は比較的需要があり、極端に大きくても丈詰めをして調整できるものの、丈が140㎝未満は着用できる人が少ないため買いたい人が見つからず買取は敬遠される傾向があります。

高く買い取ってもらうための方法④:人気の高い色であること

京友禅は他の着物と同じくパステルカラーなどの淡い色や白黒が高く売れる傾向があります。 振袖、訪問着、付け下げ、留袖(黒留袖、色留袖)の京友禅は成人式や結婚式、入学式などの式典で着られるため買取需要が高まっています。

高く買い取ってもらうための方法⑤:複数の買取業者に査定をしてもらうこと

着物の買取は始めから一つに絞らずに複数の買取業者の査定に出してから決めましょう。 買取業者の査定は無料でできることが多く査定をしてもらったら必ず買取に応じる必要はないため、一番買取額が高くて丁寧な対応をしていた買取業者を選ぶと良いです。

利用者が複数の買取業者に査定をしてもらい買取価格やサービスを比較することで、冷静に判断ができるので後悔しません。

あなたの京友禅をしっかり査定してもらいたいならバイセル

あなたの京友禅をしっかり査定してもらいたいならバイセル

大切な京友禅を買取に出すわけですから信頼・安心できる業者を選びたいところです。 複数の買取業者と迷っている方はバイセルの着物出張買取サービスを検討してみてはいかがでしょうか。

着物は業者によって買取サービスに差が出やすい商材であるという特性から、京友禅は特に買取業者選びが大事だと言えます。

バイセルが全国で月20,000件以上(※2018年度実績)ものお問い合わせをいただくまでに成長できた理由は、「安心してご利用いただける」ことにこだわってきた結果だと考えています。

ここでは、お客様に安心して出張買取サービスを利用できるようにバイセルの取り組みについてご紹介します。

バイセルを選ぶ理由①:査定員の質にこだわり

バイセルでは査定員のサービスの質を非常に重要視しています。 査定員は日々の勉強会で商品知識を高め、多くの着物の査定を通じて現場経験を積み、着物ひとつひとつに適正な査定額を提示できるように技術を高めています。

また、「お客様の立場に立つ」というマインドの養成、礼儀や立ち振る舞いの研修によるマナーの向上にも努め、接客業としての総合的な質を高めています。

バイセルを選ぶ理由②:事前予約のない訪問や査定は行いません

お客様に安心・安全を提供するべく法令遵守を徹底し、お客様がじっくりと考えて納得された上でなければ買取をするべきではないと考えております。

そのためバイセルからは一方的に電話をしたり、あるいはいきなり自宅に伺って買取の勧誘をすることは一切ありません。

お客様から依頼をいただいて査定・買取に伺った際にも、お客様に了承いただいた以外の品物については査定や買取の提案はしません。

バイセルを選ぶ理由③:決済コールとフォローコールの実施

バイセルではお客様を尊重し、査定員の判断で契約はしません。 「決済コール」という買取契約をされる前に必ずコンプライアンス専門部署からお客様に電話をし、納得された上での契約であるかどうかを再度確認します。

また、「フォローコール」という同部署から出張買取について意見・感想をお伺いしています。 もちろん現場の査定員が慎重に契約を進めることは前提ですが、二重チェックを行うことでさらに精度を高めています。

バイセルを選ぶ理由④:お客様相談室の開設

バイセルではお客様に不安なく出張買取サービスをご利用いただくため、買取お問い合わせとは別に相談専用窓口である「お客様相談室」を用意しています。

「帯や小物も査定をしてくれるのか」「買取価格が付かなくても出張料は払うのか」「京友禅以外にも切手やブランド品もあるけれど査定対象か」といった、会社のサービスや何を査定してもらおうか迷っているお客様に丁寧にお答えします。

平日・土日・祝日もご利用いただけるフリーダイヤルなので、ご都合がつくタイミングでお気軽にご連絡ください。

バイセルを選ぶ理由⑤:クーリング・オフに対応

バイセルではお客様から買取金額や他の理由によって品物を返して欲しいといったご希望がある場合があります。 その場合、クーリングオフ制度に基づいて買取の契約から8日間の返品を保証しております。

お預かりした品物は専用ルームで保管し、クーリング・オフ申請の受付から返品完了まで責任をもって対応します。 ご希望のお客様はバイセルの買取専用フリーダイヤルにてお尋ねください。

京友禅を高く買い取ってもらうために知っておきたいことまとめ

京友禅を高く買い取ってもらうために知っておきたいことまとめ

本記事では京友禅の基本知識、買取相場、高く買い取ってもらう方法をご紹介しました。 高価な京友禅を後悔なく売るにはお手持ちの着物の価値を把握し、少しでも価値を高めるよう知っておくことがいくつかあります。 以下に、高く売るための方法をまとめましたので査定前に参考にしてみてください。

・状態が良いものであること
・証紙を用意すること
・人気のある丈であること
・人気の高い色であること
・複数の買取業者に査定をしてもらうこと

着物の査定は最低でも1回は買取業者に査定をしてもらいましょう。 実際に査定の様子を見ておくと、信頼できる買取業者なのか買取金額には納得がいくかなどを冷静に判断ができます。 査定をご検討であれば、お手持ちの京友禅を査定に出してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!