着物買取について

【着物を手放す方へ】着物を少しでも高く売る方法を紹介します!

【着物を手放す方へ】着物を少しでも高く売る方法を紹介します!

ご自宅に何年、何十年も眠っている着物はありませんか。

思い出が詰まった大切な着物ですから、安価では手放したくはないですよね。

そんな方のために、着物を少しでも高く売る方法を解説していきます。

併せて不当な査定額で買い取られる心配のない、安心して査定を任せられる買取業者も紹介します。

大事にしてきた着物を後悔なく売るため、査定に出す前に是非ともご覧ください。





不要になった着物は売ることを検討した方が良い理由とは

不要になった着物は売ることを検討した方が良い理由とは

「要らなくなったものはとにかくゴミとして捨てる」という考え方は、思い入れの深い着物にも当てはめてしまうと損をする可能性が高いです。

着物は捨てるのではなく売ることを検討した方が良い理由を説明いたします。

高級着物である可能性があるから

素材がポリエステルであったり、生地の柄がプリント印刷であったりする安価な着物を除き、大抵の着物は正絹や真綿などの天然素材を使ったり、職人が手作業で1つひとつ丁寧に染めたり織ったりするため高級品です。

高級な素材を使って職人の卓越した技が用いられた着物は、高値で買い取ってもらえる可能性が高いため、無暗に捨ててしまうのは大変もったいないです。

高級着物はしっかり手入れすれば長年に渡って着続けられるので、もうご自身で着ないのであれば欲しい人へ受け継いでもらいましょう。

近年、中古着物の需要が高いから

近年の訪日外国人観光客には、レンタルで着物を着て街を観光したり、伝統芸能を体験したりするなど、日本文化を味わうことが人気となっています。

これに伴い、中古品は安価で素早く手に入ることから、着物レンタル業者による中古着物の需要が高まっています。

外国人観光客は「自分の好きなデザインの着物を着ること」に重きを置いて着物を選び、その模様や色味にこだわって着る傾向があるので、中古品であることや細かな汚れや色焼けがあることはあまり気にしません。

多少シミや汚れがついていたとしても着物レンタル業者はこぞって買いつけますので、まだまだ着られるようであれば着物は売りに出すことが賢明です。

着物の状態によっては高値では難しいかもしれませんが、買い取ってくれる可能性は充分にあります。

観光庁によると、2018年度の訪日外国人観光客の人数は3,000万人を超えたそうです。

2020年東京五輪の影響もあり、今後も「日本で着物を着てみたい」「着物を着て観光したい」という観光客の増加が見込めますので、中古着物はますます需要が高まるでしょう。

リメイク着物がトレンドになっているから

最近では財布やバッグ、コインケースやネクタイなど、着物が着る以外の用途でも使用されるようになっています。

生地の美しさを活かすことで、普段着物を着ない人でも気軽に着物文化を楽しむことができるためです。

全体的にボロボロの着物でも残っている綺麗な部分を使うことが可能ですので、リメイク品を作るために着物を購入する人も多く、中古着物には高い需要があるのです。

また、製造年が古かったり酷く傷んでいたりする着物を使ってリメイク品を作りますので、同じ着物の全く同じ部分を切り抜いて生地が使われることはほとんどありません。

そのため、できあがったリメイク品は「世界に一つしかないオリジナル作品」であり、その希少性の高さも人気の理由の一つです。

「日本の伝統文化を身近に楽しむ」「唯一無二の存在」であることが、リメイク品及び中古着物の需要を高めています。

このように、中古品だとしても着物には需要がありますので、安易に捨てるのは本当にもったいないことです。

せっかく生み出された優美な着物ですから、最後の最後まできちんと活用していきたいですね。

必要なくなった着物はどうすればいいの?

必要なくなった着物はどうすればいいの?

着物を捨てずに済むには、一体どうしたら良いのでしょうか。

不要になった着物の処分方法をご紹介します。

家族や知人へ譲る

家族や親戚、友人や知人など、着物を必要としている人に譲るのも一手です。

譲った人が普段から着物を着ていたり、リメイクすることが好きだったりすれば、着物を有効活用できますよね。

ただし、着物を有意義に処分できるかもしれませんが、売却する訳ではないので1円の得にもなりません。

また、譲る相手がいなければ処分できず、結局タンスの肥やしになってしまいます。

「着物を高く売りたい」と考えている方には不向きな手段でしょう。

加えて、着物の色味やデザインは人によって好みがありますので、中古着物の受け手(譲り先)に確認を取る必要があります。

仮にデザイン面で了承をもらったとしても、あまりにも着古した感がある汚れた着物を渡すのは失礼に捉えられる場合もあります。

着物の素材やデザインはもちろん、劣化している状態ならば具体的にどこがどんな風に悪くなっているかを伝えた上で譲らなければなりません。

催事や店舗で下取り

一部の着物販売の催事や店舗では、来場者が不要な着物を持参した場合、着物の枚数に応じて催事・店舗内で使用できる割引券と交換してくれるサービスを実施しています。

実質的な下取りとなり、新しい着物を割引価格で手に入ることができるため、こちらも有効な着物の活用方法だと言えます。

ですが、催事・店舗まで着物を持っていく必要があり、持ち運ぶ労力が必要となります。

また、新しい着物が不要な人にとっては、割引券をもらっても使えないため損した気分になるでしょう。

着物買取の専門業者で買取

不要な着物の処分方法として1番おすすめできるのは、着物買取の専門業者で買い取ってもらうことです。

着物を専門として扱っているので、査定員は着物に精通していて、確固たる査定技術も身に着けていますし、査定員は1枚1枚丁寧に着物を査定して、真の価値をしっかり見抜いた上で買取金額を提示してくれます。

「着物を安い価格で買い取ってほしくない」「できるだけ買取額で損をしたくない」という方にとって、利用しない手はないでしょう。

加えて、着物以外にも下駄やかんざしといった和装小物も一緒に買い取ってくれるので、一気に着物関連品を処分したい方にも向いています。

また、買取金額は現金で渡してくれる業者が多いため、安心して買取してもらえる点も嬉しいですね。

査定員が自宅まで来て着物を査定してくれる「出張買取サービス」を利用すれば、家にいながらたくさんの品物を簡単に処分できるので、ぜひ利用してみましょう。

業者を利用する際に、出張料や買取料などの各種手数料が無料であるところを選べば、気軽に着物を査定・買取に出せるので注意してみてくださいね。

実際に着物を売ってみよう!

実際に着物を売ってみよう!

着物は着物買取の専門業者に売ることが、着物の処分方法として最も得策であることが分かっていただけたかと思います。

この項目では買取の一連の流れを解説しますので、申し込む前に確認しておきましょう。

今回は数ある買取方法の中でも、代表として出張買取の場合を記載します。

申し込みの流れ

まず査定をして欲しいと思う買取業者に連絡をし、査定依頼をしてください。

査定を申し込むには、買取業者のホームページに記載されている電話番号に電話するか、専用の問い合わせフォームからメールを送ります。

業者から折り返し連絡が来ますので、査定して欲しい品物や数量、希望の査定日時などを伝えます。

業者と調整ができたら、後は決まった日時に査定員が家に来るのを待ちます。

査定・契約

実際に査定員に品物を査定してもらいます。

もちろん品数や状態にもよりますが、数分から数十分くらいで査定は完了するでしょう。

提示された査定額に満足できたら契約に移り、書類に必要事項を記入します。

この時、法令に基づき本人確認書類が必要となりますので、パスポートや運転免許証などを査定員に見せましょう。

売買が成立したら、その場で査定額を現金で手に入れられます。

査定結果に納得がいかない場合

もしも「査定員に不満がある」「査定額に納得できない」など買取に不安要素があれば、遠慮なく買取を中止しましょう。

出張買取サービスを実施している業者の多くは、査定料・出張料・キャンセル料などの手数料を無料としているので、買取を断っても問題ありません。

別の業者に無料査定を依頼して、再度査定してもらいましょう。

査定員や買取金額に納得がいく業者と成約し、気持ちよく着物を売りに出すようにしてくださいね。

着物を売る方法とは

着物を売る方法とは

着物買取の専門業者であれば、「出張買取」「宅配買取」「持ち込み買取」のいずれかを取り扱っていますが、それぞれにメリットとデメリットがありますので確認し、ご自身の生活状況を鑑みながら選んでくださいね。

出張買取

出張買取は先ほども簡単に説明した通り、業者の査定員が利用者の自宅まで来てくれて、自宅内で査定や買取をしてくれるサービスです。

査定員は着物査定のプロで、着物に見合った買取額を提示してくれるので、安心して査定に出せることが最大の魅力となります。

また、各種手数料が無料であったり、現金で買取額をその場で支払ってくれる業者も多いので、誰でも気軽にサービスを利用できます。

利用者は自宅にいながらにして買取ができるので、重い品物を運ぶ必要がなく、簡単・スムーズに品物の現金化が可能です。

しかし、「査定員を自宅に呼ぶ暇がない」「人と対面でやり取りすることが不安だ」という方には向いていないでしょう。

宅配買取

利用者が着物を査定キットに詰めて、買取業者まで郵送し査定してもらうサービスです。

業者とのやり取りは基本的にメールで行うので、人と話すことが苦手な人でも利用できます。

また、品物を郵送してから査定結果の連絡が来るまではプライベートの時間を満喫できるので、仕事や家事で忙しい方にとってもメリットでしょう。

ただし、着物を丁寧に扱って梱包しないと、業者に到着・査定時には汚れや傷がついている恐れがあるので注意が必要です。

また、自宅で着物を現金化とはいきませんので、銀行口座に査定額が入金されているか確認するひと手間がかかります。

持ち込み買取

利用者が着物を袋や箱に詰めて、買取査定を行っている実店舗まで持ち込んで査定をしてもらうサービスです。

査定員、店舗の雰囲気や様子が直に見て取れるので、「信頼できる会社か」「査定員に安心して任せられるか」が分かる点がメリットです。

出張買取と同じく、査定が終わったらその場で現金を受け取れるのも嬉しいポイントになります。

ですが、着物を持ち込む際に糸がほつれたり、袋や箱の汚れが移ったりする可能性があるので、取り扱いには充分注意しましょう。

着物の買取相場とは

着物の買取相場とは

いざ着物を買取に出そうと思っても、相場がどのくらいなのか検討がつかないと不安ですよね。

ここではあくまでも目安ですが、着物や帯の種類別に買取相場を記載いたします。

振袖の買取相場

振袖の買取相場は、買取市場においては約十四万円となっています。

どんな着物の種類でも必ず上記で表示した価格で買い取られるというわけではなく、著名作家のものであることや未使用もしくは極端に状態が良いことを前提条件としています。

訪問着の買取相場

訪問着は、だいたい二十万円が買取相場です。

訪問着と一口に言っても状態や品質によって買取価格には差が生じますので、参考程度に留めておいてくださいね。

実際の買取価格が知りたい場合は、着物買取の専門業者に査定してもらいましょう。

友禅の買取相場

友禅の着物の買取相場は約二十万円となっています。

また、加賀友禅であれば約十八万円、京友禅であれば約十五万円が買取相場価格です。

友禅と言っても多様な種類があったり、多くの作家が手がけたりしていますので、買取価格は変動する可能性があることに留意してください。

小紋の買取相場

柄の細かさで有名な小紋の着物は、近年の中古着物市場の傾向を見ると約十万円が買取相場です。

小紋の地色や模様の細かさにもよって買取相場の幅が大きく変動する場合がありますので、価格はあくまでも一例として捉えてください。

付け下げの買取相場

付け下げの買取相場は、約八万円となっています。

この買取価格は有名着物作家が手がけていたり、極端に状態が良かったりする場合のものです。

お手持ちの着物の状態によっては、買取価格が変動することを念頭に置いておきましょう。

留袖の買取相場

留袖は約七万円が買取相場となります。

ただし、実際に査定する着物の状態次第では、買取相場は上記に比べ大きく変動する可能性があります。

着物によっては七万円を下回る場合もあるので、参考程度に留めておいてくださいね。

色無地の買取相場

近年の中古着物市場において、色無地の買取相場は約二万円となります。

例えば丈や袖の長さをつぎ足したものは、買取相場に影響することに留意しましょう。

実際の買取相場はプロが査定しないと分かりませんので、一例として捉えてください。

名古屋帯の買取相場

名古屋帯は十二万円ほどが買取相場価格です。

この価格は帯の状態・色味・芸術性の高さなどにより変動しますので、参考として把握しておきましょう。

場合によっては買取価格がつかない場合もありますので、まずは着物専門の買取業者に査定を依頼してください。

袋帯の買取相場

人気の高い袋帯は、約二十万円が買取相場です。

汚れやシミが目立つ、カビが生えているなどの状態のものは、中古着物市場から敬遠される傾向にありますのでご注意ください。

実際の買取価格が気になる場合は、買取業者に相談してみましょう。

丸帯の買取相場

丸帯の近年の買取相場を見てみると、約五万円で買い取られる傾向にあります。

締め跡がハッキリ残っている、色焼けしているなど状態が悪いと買取価格は下がる可能性があります。

お手持ちの丸帯の買取価格が知りたい場合は、着物専門の買取業者に査定依頼をしましょう。

半幅帯の買取相場

半幅帯の買取相場は、大体二万円というところでしょう。

実際に査定する半幅帯の状態によっては、上記の価格に比べ変動するかもしれませんのでご注意ください。

シミ・カビ・虫食い跡が多数あるなど、あまりにも酷い状態だと買取不可の可能性もあるので、まずは着物専門の買取業者に相談してみてくださいね。

角帯の買取相場

角帯は概ね四万円程度が買取相場です。

一口に角帯といっても、流行の色味やデザインか、有名作家が作ったものかなど条件によって買取価格は変わります。

あくまでも相場価格は参考としておき、実際の買取価格が気になる場合は着物専門の買取業者に相談しましょう。

買取価格が高くなる条件

買取価格が高くなる条件

買取価格が高くなる条件としては、主に3つ挙げられます。

お持ちの着物が当てはまらないか、事前に確認しておきましょう。

有名作家や国宝級職人の作品

まず最初は「有名作家や国宝級職人の作品であること」です。

人間国宝はもちろん、それに値する有名作家の作品は中古着物市場で高い人気があります。

職人の手で精巧に作られる着物は、しっかり手入れをすれば何代にも渡って着続けることができるものです。

高い技術力や美しい芸術性が合いまった着物は、着物ファンであれば一度は身に着けたいと思うでしょう。

着物ファンからの需要が高いため、買取価格は高い傾向にあります。

有名百貨店や有名呉服店の着物

次に「有名百貨店や有名呉服店の着物であること」も条件になります。

デパートの三越や大丸は呉服店として創業した歴史があり、現在でも着物の品揃えには力を入れていることが多く、高い知名度を誇るので着てみたいと思うファンは多いです。

また、創業100年以上の老舗である「いせや呉服店」「白瀧呉服店」も箔がありますので、同様に高額での買取が期待できます。

各地の有名染織物

最後は「日本各地の有名染織物であること」です。

日本の染織文化は長い歴史を持っているため、各地に有名な着物が存在しています。

茨城の結城紬・石川の加賀友禅・京都の西陣織・福岡の久留米絣・沖縄の宮古上布など、挙げればキリがありません。

有名産地で作られた染織物は評判が高いため、こちらも高値での買取が望めるでしょう。

着物を少しでも高く売るために

着物を少しでも高く売るために

着物を少しでも高値で買い取ってもらうために、ご自宅でできる工夫や確認事項もあります。

一緒にチェックしていきましょう。

査定員が確認する重要項目4つを把握する

着物の買取価格は、着物の状態によって大きく左右されます。

そのため、着物はいきなり査定員に見せるのではなく、事前にご自身で状態を確認しておく必要があります。

お持ちの着物がどんな品物なのか、品質はどうなのか、見ておきましょう。

着物の状態

着物の生地の状態は、新品に近ければ近いほど高値がつきやすいです。

特に汚れやシミなどがなく綺麗であれば、高価買取が望めるでしょう。

反対に、着物にカビが生えている、汗ジミがしっかり付いているなど、状態が悪ければ高額での買取は難しいです。

全体的にシワや虫食い跡があるなど酷い状態であれば、最悪の場合買い取ってもらうことさえ厳しいこともあります。

シワはどのくらい付いているのか、汚れはどこにあるのかなどを確認しましょう。

着物の素材

着物の素材は何かも、査定時には重要なポイントになります。

高級な着物であれば、生地は正絹・麻・真綿などが素材に使われますので、生地を肉眼で見たり手で触ったりして確認します。

生地がなめらかな手触りだったり、光沢感があったり、柔らかかったりすることが高評価ポイントです。

着物のサイズ

着物はあまりにも極端な場合を除き、大きければ大きいほど需要があります。

おはしょりをすれば、どんな身長の人でも大抵着ることができますので、その分需要があると言えます。

反対に、サイズが小さすぎると身長が高い人が着るには困難ですので安価で買い取られやすく、業者によっては引き取り処分になる可能性もあることに注意しましょう。

女性用の着物であれば、身丈は160cm~、裄丈は65cm~が人気サイズの目安となります。

また、絹の重量を示す匁(もんめ)が大きいほど高額査定になることが期待できます。

着物の作家や産地

有名作家・産地の着物の多くには、落款(らっかん)・証紙があります。

落款は着物の前身頃にある衽(おくみ)に押されているスタンプのようなもので、有名作家が自身の名を作品に記す際に使います。

また証紙は作家名や産地、生地の素材などが記されている証明書のことで、着物を製造した際にできた生地の切れ端に付けられていることが多いです。

両方とも「本物である証拠」となり、査定員に見せると高額な買取値をつけてくれる場合がありますので、擦れて消したり失くしたりすることがないように注意してください。

特に証紙は「着物と関係なさそうだから」と捨ててしまう方もいるため、厳重に保管しておくことをおすすめします。

普段からできること

「すでに着物に汚れがついているから買値がつかないかも」「証紙を失くしてしまったから高価買取は期待できないかも」と諦めるにはまだ早いです。

普段から自宅でできる簡単なお手入れを怠らず行っていれば、着物の価値を下げることを食い止められるかもしれません。

高額での買取が望めるようにするためにも、以下の方法を実践しておきましょう。

着物購入時の付属品もしっかり保管

着物を新品で購入した際に付いてきたものは、すべてしっかり保管しておきましょう。

「どんな意味があるのかよく分からない」「使い道がなさそうだから」と安易に捨ててしまうと、買取に出す際に後悔する恐れがあります。

付属品はすべて着物と一緒に保管し、買取に出すときはまとめて査定員に見せましょう。

先述した証紙のような大切な品である可能性もありますし、まとめ売りすることで買取額に上乗せがされる場合もあります。

日頃からのお手入れ

日頃からのお手入れ方法は簡単なものばかりですので、気が付いたらすぐに実行しましょう。

代表的なものは「着物をたとう紙に包むこと」です。

たとう紙は和紙でできているので吸湿効果に優れており、着物についた湿気を取り除き、同時に着物に湿気がつくことを防ぐ効果があります。

湿気を取り除くと着物にカビやシミが発生しづらくなるため、保管には持って来いな代物です。

ただし、無限に湿気を吸収できる訳ではないので、定期的に交換する必要があります。

また、色焼けしないように暗いところで保管する、数か月に1度は着物全体を広げて干すなど、ちょっとしたことで長持ちさせることができます。

普段から着物に手をかけて、いざ売るときに高値をつけてもらうように気をつけましょう。

安心して買取してもらうならバイセル

【安心して買取してもらうならバイセル

着物専門の買取業者であるバイセルは、他の業者にはない独自サービスを展開しています。

お客様に安心・納得・信頼・満足してサービスをご利用していただけるように努めていますので、是非ともご利用をご検討ください。

バイセルが業界最レベルの早さで査定できるワケ

バイセルが提供する出張買取サービスは、お客様からお問い合わせをいただいた後、査定員がご自宅まで訪問するスピードの早さに自信があります。

最短での対応が可能なので、「遺品整理を早く終わらせたい」「家の掃除を手早く済ませたい」などの急なご要望にも喜んでお応えいたします。

受付から訪問まで完全システム化

バイセルにはお客様から査定のお申し込みを受け付けるコールセンターと、現場にいる査定員を直接結びつける独自システムがあります。

コールセンターで受けたお客様のご要望を、すぐさま査定員に直に伝えることができるので、急な査定日時の変更や即日対応希望のお客様にも対応可能となっています。

査定員を全国に配置

バイセルでは全国各地の自社拠点に査定員を配置し、各都道府県の都市部を中心にして出張買取をしています。

お客様のご自宅に近い拠点にいる査定員が対応しますので、査定のお申し込みにも最短で対応できるのです。

徹底的に技術を磨いた査定員が対応

バイセルの査定員は、買取対象品目の研修を日々受けており、品目や査定に関する知識・技術を徹底的に磨いています。

査定品質を重視した研修ですから、査定員ごとの知識・技術のバラつきが少なく、すべての査定員が業界内でも高い水準の観察眼を持っています。

素早くお品物を査定し、お客様を長時間お待たせすることなくスムーズに査定することが可能です。

忙しいお客様でも、安心・信頼してお品物の査定をお任せいただけます。

買取に関わる費用はすべて無料

バイセルでは、ご相談お見積り料・出張訪問料・査定料・宅配送料・買取手数料・キャンセル料・銀行振込手数料は無料です。

どんなに大量のお品物でも、買取金額が大きくても、手数料は一切いただきません。

「とりあえず買い取ってもらえそうか相談だけでも…」「他の買取業者と比較したいから、査定だけして欲しい」という場合でもご利用ください。

決済コールがあるから安心

決済コールとは、買取契約する前に自社運営のコンプライアンス部門からお客様へ電話でお話させていただき、「満足して品物を売却していただけるのか」「査定員の対応は不満はないか」などを確認するためのバイセル独自のサービスです。

査定員の自己判断のみでお客様と契約を結ぶことを禁じ、公平・公正な買取ができるように査定員を監視することが目的です。

「査定をお願いしていない物まで査定された」「大した説明もないのに無理やり買い取られた」というトラブルが発生しないよう、お客様に納得してサービスを利用していただけるように努めています。

着物を売る方法のおさらい

着物を売る方法のおさらい

着物は長年に渡って着続けることができる芸術作品ですので、無暗やたらに捨ててしまうのは惜しいことです。

捨てるのではなく、人に譲ったり買取に出したりなど、他の選択肢がないか検討しましょう。

もしも着物を少しでも高値で売りたい場合は、まずは着物の現状を確認して査定額にどう影響しそうかを予想しておきましょう。

また、高価買取の条件を確認しておき、「着物を普段から手入れする」「証紙を付属して査定に出す」などの工夫を怠らないでください。

【着物を手放す方へ】着物を少しでも高く売る方法を紹介します!:まとめ

【【着物を手放す方へ】着物を少しでも高く売る方法を紹介します!:まとめ

着物は「着物買取の専門業者で査定してもらう」「証紙や落款の有無を確認する」など簡単な工夫で高額での買取が期待できるようになります。

中古でも着物には高い需要がありますので、まだまだ着られる着物を捨ててしまうのは本当にもったいないです。

着物を着たい・リメイクしたいと思っている人の元へ、有意義に届けるようにしましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!