着物買取について

自分でできる着物のお手入れとは?着用後や収納時のお手入れと保管方法を解説!

自宅でできる着物のお手入れ方法にはどんなものがある?

現代においては日本でも洋装が主流となり、着物は「特別な時に着るもの」という印象が強いかもしれません。 それゆえに、着物は普段使いされていた時代よりもさらに「特別なもの」「大切なもの」になっているのではないでしょうか。

その大切な着物ですが、実はお手入れの仕方によって寿命が変わってくるのです。 気づいたら「こんなところにシミがある」とガッカリされた経験はありませんか?

特別な衣装であるからこそ、着物にシミや汚れがついてしまっていた時のショックは大きいですよね。 そこで今回は、自分でできる着物のお手入れ方法についてご紹介します。

着物を着用した直後のお手入れ、着物をしまう前のお手入れ、着物をしまう時のお手入れ、保管中の定期的なお手入れなど、着物を良い状態に保つためには場面ごとの適切なお手入れについて把握している必要があります。

今回の記事でご紹介するお手入れのポイントを確認して、大切な着物を長く楽しめるようにしましょう。





着物を着たあとのお手入れは何をすれば良い?

着物を脱いだらまずは汚れチェック

着物を着用した直後のお手入れは、時間の経過によってシミや汚れが着物に定着してしまうのを防ぐという観点から非常に重要です。 着物を脱いだあとにはどのようなお手入れをすれば良いか、見ていきましょう。

お手入れ①着物を脱いだらまずはシミ・汚れをチェック

着物を脱いだら、まずは着物ハンガーに掛けてシミや汚れがないかチェックしましょう。 着物は一度着ると様々な汚れがつくものです。

多いのは、知らないうちに食べこぼしがあったり口紅がついていたりというケースでしょう。 着物に汚れがあった場合には、すぐに処置をする必要があります。

汚れをすぐに処置しないで放っておくと、時間が経つほど繊維の中にまで汚れが染み込んで落ちにくくなってしまうのです。 汚れがつきやすいポイントは襟まわり・表前・袖口(おもてまえ。前身頃のこと)・裾です。

汚れをチェックするときには、これらの汚れやすい箇所を重点的に確認しましょう。 汚れが見つかったときの対処法は、後述する「着物に汚れがあった場合のお手入れはどうすれば良い?」の項目を参考にしてください。

お手入れ②汚れチェックが終わったらしっかり陰干し

チェックをして何も問題がなければ終わり、ではありません。 着物が吸ってしまっている目に見えない汗や湿気が、後々のシミや虫食いの原因になることがあります。

汚れがあって応急処置を施した着物はもちろんのこと、汚れが見当たらない着物や帯もすべて着物ハンガーに掛けて陰干ししましょう。 陽の当たるところに干すと、変色・脱色・色褪せの原因になります。

窓を開けて、通気を良くした部屋の中で陰干しするのがおすすめです。 天気が悪い場合にはエアコンと扇風機を使って着物に風を通すと良いでしょう。

汗や湿気の程度にもよりますが、陰干しをする時間としては半日から1日が目安です。 長襦袢や帯も同じように干してあげるようにしましょう。

お手入れ③ほこりを落とす

一度着た着物には目に見えない小さなほこりがたくさんついていて、それがカビやシミの原因になってしまいます。 カビが一度ついてしまった着物を元に戻すことは難しく、いくら仕立てが良くてもカビが生えた着物は価値が下がってしまいます。

ですから、予防が何よりも肝心なのです。 着物のほこりは、ビロードや別珍などの乾いた柔らかい布(なければやわらかいタオル)でやさしく払うように拭き取ります。

襟、袖、身ごろの上から下へと拭き取り、最後に裾のほこりを特にていねいに拭き取ります。 長襦袢や帯、小物類にとってもほこりは大敵ですので、同じようにほこりを落としてあげてください。

着物に汚れがあった場合のお手入れ方法を場所別に解説!

着物を脱いだらまずは汚れチェック

着物を脱いだのお手入れの第一として「シミ・汚れのチェック」というのがありましたが、シミや汚れがあった場合にはどのようにお手入れすれば良いでしょうか。 代表的な汚れと、自分でできるお手入れ方法についてご紹介します。

襟まわりの汚れ

襟まわりにはファンデーション・口紅の汚れがつくことが多くあります。 ファンデーション・口紅といった油性の汚れには、ベンジンを使用するのが有効です。

具体的な手順は以下の通りです。

1.汚れ部分の着物の下にタオルや手拭いを敷きます。

2.綿棒やガーゼにベンジンを含ませて、軽くトントンと叩き、汚れを分解します。

3.別のガーゼなどの布でまたトントンと軽く叩き、汚れを移します。

4.汚れが落ちたら、また別のきれいな布に水を含ませて絞り、汚れた部分とその周りをまたトントンと叩き、輪ジミが残らないようにします。

5.乾いた布で水分を取り、早く乾くようにします。最後にティッシュで押さえると渇きがより早くなります。

表前の汚れ

表前には食べ物や飲み物のシミがつきやすいです。 食べ物や飲み物の汚れが発生した時には、まずその場で以下の手順のように応急処置尾を行いましょう。

応急処置

1.食べ物をこぼしたら、すぐにティッシュですくい取ります。飲み物はティッシュに吸い込ませます。 このとき絶対にこすらないでください。こすると繊維に染み込み、汚れが取れなくなります。

2.水を含ませて絞ったハンカチで汚れた部分をつまみ、汚れを着物からハンカチに移します。

3.別の乾いたハンカチ2枚を着物の裏と表にそれぞれ平らに広げ、手の平で押さえて水分としわを取ります(ハンカチがなければティッシュで)。

水溶性の汚れなら、この水を使った応急処置でほとんどの汚れは取れますが、油性汚れの場合には帰宅後に追加のお手入れを行います。

帰宅後の処置

1.油性の場合は口紅などと同様に、ベンジンで処理します。

2.ジュースなど水溶性の場合は台所洗剤を5~10倍に薄めて綿棒やガーゼに含ませ、絞ってからベンジンを使い同様に処理します。

袖口の汚れ

袖口につく汚れで多いものは皮脂の汚れです。 皮脂も油性の汚れですので、ベンジンを使用するのが有効です。 具体的な手順は襟まわりと同様です。

裾の汚れ

裾は、特に雨の日に汚れがつきやすいです。 雨の日の泥ハネは土とアスファルトなどの成分なので、洗剤では落ちません。 以下のような手順で対応しましょう。

1.乾いた布やティッシュでそっと押さえ、水分を吸い取ります。(強く押すと泥が繊維の中に入ってしまいます)

2.陰干しでしっかり乾燥させます。

3.柔らかい毛のブラシで同じ方向にそっと滑らすように砂を拭い取ります。

いずれの場合も、無理に汚れを落とそうとしすぎると着物を傷つけてしまうことがあります。 そうなっては元も子もありません。

簡単に落とせないシミや汚れがあった時には、焦らずに着物専門のクリーニング業者の利用を検討しましょう。 その際「何の汚れか」「いつ付いたものか」「自分で何らかの処置をしたか」をクリーニング業者に伝えられると、クリーニング業者もより適切な処置を行うことができ、汚れが落ちる可能性が上がります。

着物をしまう前にやっておきたいお手入れは?

着物を脱いだらまずは汚れチェック

陰干ししてほこりを払うところまでお手入れが済んだらいよいよ着物をしまう、のですが、大切な着物の場合にはここでも念を入れてやっておきたいお手入れがあります。 大きく2点になりますので、確認しておきましょう。

お手入れ①着物をしまう前に再度汚れをチェック

着物を脱いだ直後に行った「シミ・汚れのチェック」を、ここで再度行いましょう。 着物を脱いだ直後の湿った状態では見つからなかった汚れが、この段階で再確認することで見つかることがまれにあります。

ここで汚れが見つかったら、上の「着物に汚れがあった場合のお手入れはどうすれば良い?」の項目を参考に、汚れに合わせた処置を行いましょう。

お手入れ②着物クリーニングに出す

次に着るタイミングが決まっておらず、長く保管する可能性がある着物については、このタイミングで着物クリーニングに出すのも有効な手です。

汚れをクリアしたのにクリーニングに出すということに疑問を持たれるかもしれませんが、ここで着物クリーニング業者に依頼したいのは「汗抜き」および「丸洗い」という工程です。

「汗抜き」とは、乾かしただけでは取れない汗の成分(塩分・アンモニアなど)を抜く工程のことです。 塩分やアンモニアが着物に残ったまま長期間保管していると変色や生地の変質が起こってしまう可能性があるため、長く保管する前には「汗抜き」をするのがおすすめです。

「丸洗い」とは着物をドライクリーニングする工程です。 油性の汚れを落とすのに効果があり、目視では確認できなかった油性汚れも落としてくれます。

費用はかかってしまいますが、自分では落としきれない汚れを落とすことで着物を良い状態に保つことができます。 大切な着物であればこそ、念を入れて着物クリーニングに出すのも有効な手段でしょう。

着物をしまう時にはどんなお手入れを行えば良い?

着物を脱いだらまずは汚れチェック

いよいよ、着物をしまいます。着物の収納に際してはどのようなお手入れをすると良いでしょうか。大きく3つに分けて見ていきます。

お手入れ①着物の正しいたたみ方を実践する

正しいたたみ方を実践することで、保管中に着物が型崩れを起こすのを防ぐことができます。 着物の正しいたたみ方は「本だたみ」と呼ばれ、インターネットで検索すればイラスト付きで詳しく解説しているサイトを見つけることができます。

「袖だたみ」と呼ばれる簡易的なたたみ方もありますが、着物をたんす等に収納する場合には正式な「本だたみ」でたたむ方が良いでしょう。 刺繍や箔のあるものは、たたむ際、その部分に白布や和紙をあてることで変色や箔落ちを防ぐことができます。

お手入れ②たとう紙に包んで収納する

正しくたたんだ着物は、湿気を吸ってくれるたとう紙に包んで収納するようにしましょう。 物は長く保管している間に湿気が溜まりやすく、たとう紙で包んでいないと湿気によってカビや虫食いが発生してしまう恐れがあります。

たとう紙は着物を買ったときに付けてくれることが多いですが、たとう紙のみでも買うことができます。

お手入れ③桐たんすなど湿気の少ない場所に保管する

着物を収納する場所も、なるべく湿気が少ない場所が望ましいです。 桐たんすは素材である桐自体に湿気を吸ってくれる作用があるので着物の保管にピッタリなのですが、高価なため気軽には買えないという欠点もあります。

桐たんすが無くて衣装ケースにしまう場合には、衣装ケースの中にすのこを敷いてから着物をしまうようにしましょう。 すのこで着物の下に空間を作ることで、着物に湿気が溜まるのを軽減できます。

また、除湿剤を使うのも手でしょう。 除湿剤が着物に直接触れると変色の原因になることがあるため、除湿剤はすのこの下に入れるかたとう紙の上から使用するようにしてください。

お手入れ④保管中のシワや変色を避けるために

たんすや衣装ケースに着物を収納する際には、型崩れやシワを防ぐために底に白木綿(しらゆう。白色の薄い布)を敷いたうえで互い違いに着物を入れるようにしましょう。 ただし、互い違いにしても5枚以上は重ねないようにしてください。

また、型崩れやシワを防ぐためには着物と帯は別々にしまうのがベストです。 どうしても一緒にする場合には、着物の上に帯を乗せるようにしましょう。

着物用ベルトなどに使われるゴムは金箔や銀箔を黒く変色させることがあります。 また、金具のついた小物は着物や帯と一緒に保管すると傷の原因にもなります。 和装小物は着物や帯とは分けて収納するようにしましょう。

保管中の定期的なお手入れ:虫干し

着物を脱いだらまずは汚れチェック

ここまで、着物を脱いだあと・着物をしまう前・着物の収納時のお手入れについてご紹介してきました。 ここまでのお手入れ方法をしっかり実践して収納したとしても、残念ながら着物は長く保管しているうちに湿気が溜まってきてしまいます。

そこで、着用していない着物でも定期的に虫干しすることが必要です。 虫干しとは、カビや害虫の発生を防ぐために行う陰干しのことです。

保管中に溜まる湿気を飛ばすのが目的ですから、いつも着る着物だけではなく、特別な着物やお母様の形見の着物、成人式の振袖もすべて干すようにしましょう。

虫干しを行う時期は?

着物に湿気を溜めないために、虫干しは年に3回行うのが理想とされています。 時期としては、「梅雨が終わった7月末~8月」「気候の良い10月」「特に乾燥する2月」の湿度の低い日に行うのが一般的とされています。

ただし、地域によって湿気の少ない時期には差がありますので、お住まいの地域に合わせて柔軟に湿気の少ない日を選びましょう。

虫干しを行う時間帯としては、10時~15時くらいがベストです。 昼間の湿度が下がりやすい時間帯に、風通しを良くした室内で虫干しを行いましょう。

虫干しの手順は?

虫干しを行う着物は着物用ハンガーにかけ、室内など直射日光の当たらない日陰に干します。 着物の枚数が多い場合もあるかと思いますが、湿気の少ない日を選ばなければならないことから何日にも分けるのは手間がかかります。

部屋の中にロープを張るなどして、1度にたくさん干せるように工夫しましょう。 そのままの状態で2~3時間干し、再度収納する前には柔らかい布でやさしくほこりを払いましょう。

自分でできる着物のお手入れとは?着用後や収納時のお手入れと保管方法を解説!:まとめ

着物を脱いだらまずは汚れチェック

着物はお手入れをしっかりすれば何代も着ることができますが、お手入れが不十分であったりしまいっぱなしにしていたりするとすると傷んでしまうことがあります。

定期的にお手入れが必要なため面倒ではありますが、着物の価値を損なわないためにはこの記事を参考に適切なお手入れを行うようにしてください。

また、着物の状態が良いうちに着物買取に出してしまうという手もあるでしょう。 使っていない着物を買取を通して必要としている人に引き継ぐことで、お持ちの着物にも新たな活躍の場ができます。

その際は、着物に関する専門知識や査定技術を持った着物専門の買取業者に査定を依頼するようにしてください。

「着ないうちに着物が傷んでしまう」というのが最も不幸なことですから、適切にお手入れするか早目に買取に出すか、お持ちの着物の活かし方検討されてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!