着物買取について

着物に欠かせない「帯」を買取に出した時の気になる価格は?

着物買取帯

「着物1枚に帯3本」と言われる程、着物の装いには欠かすことのできない帯。

同じ着物でも帯を変えるだけで印象や雰囲気をガラッと変えることができる万能アイテムです。

そんな帯は近年人気を集めている着物の買取においても査定対象ではありますが、買取に出した時の価格はいくらくらいになるのでしょうか?

今回は着物に欠かせない「帯」を買取に出した時の気になる価格について紹介します。





着物買取で帯は買取ってくれる?

着物買取というサービス名ではあるものの、基本的に全ての業者は着物だけでなく帯も買い取りしてくれます。

ただし買い取りに至る前に査定が行われ、値段が付くものであれば買取成立となります。

帯のみの買取も可能?

もちろん可能です。

値段の付くものの中で、実は帯のみであっても着物の買取価格を超えるような希少な帯というのはいくつも存在します。

もしお持ちになっている帯が希少性の高い品であるならば、思わぬ買取価格が付く事例もあります。

着物や帯の買取価格を決める査定ポイントは?

査定ポイントには2つの要素があり、買取価格をアップするポイント、そして買取価格をダウンさせてしまうポイントがあります。

詳しく見てみましょう。

買取価格をアップするポイント

種類や産地、作家品や伝統工芸なのか など。

買取価格をダウンさせてしまうポイント

保管状態が悪いことでの劣化やダメージ、証紙がない など。

この2つの要素が関係し、着物や帯の買取価格というのは決定します。

ですから買取価格にはとても幅が大きく、査定員が実際に品物を見なければ値段の判別を付けるのが難しいと言えるでしょう。

買取ってもらいやすい着物や帯はどんな種類がある?

着物や帯の種類というのはとても多く、加えて各ご家庭で保管されていた中古品という性質上、必ずしも全てが買い取りされるわけではありません。

しかし、ここで紹介する着物や帯は比較的買取ってもらいやすい種類ですから、ここでの種類に加えて「買取価格をアップするポイント」がプラスされることにより高価買取に繋がる可能性が高まりますね。

買取されやすい着物

着物種類 買取価格(未着用の高額査定品の場合)
黒留袖 50,000円以上
色留袖 30,000円以上
振袖 50,000円以上
訪問着 50,000円以上
付け下げ 30,000円以上
小紋 20,000円以上
色無地 30,000円以上
50,000円以上

買取されやすい帯

帯種類 買取価格(未着用の高額査定品の場合)
名古屋帯 20,000円以上
袋帯 20,000円以上
丸帯 10,000円以上
半幅帯 5,000円以上

高値になりやすい産地・作家品

産地(染め)

  • 加賀友禅
  • 京友禅
  • 東京友禅
  • 京小紋
  • 琉球紅型
  • 辻が花

産地(織り)

  • 辻が花
  • 本場大島紬
  • 本場結城紬
  • 本場黄八丈紬
  • 越後上布
  • 宮古上布
  • 八重山上布
  • 首里織
  • 芭蕉布
  • 久留米絣
  • 博多織
  • 西陣織

作家名

  • 北出与三郎
  • 北村武資
  • 京屋林蔵
  • 久保田一竹
  • 城間栄順
  • 龍村平藏
  • 辻村壽三郎
  • 中村勇二郎
  • 羽田登喜男
  • 松井青々
  • 森口華弘
  • 由水十久
  • 六谷梅軒
  • 和田光正
  • 斉藤三才
  • 山鹿精華

着物や帯の買取価格を高くするためのポイントは?

着物や帯の売り方次第でその後の買取価格に大きく影響しますのでしっかり押さえておきましょう。

少しでも高くするためのポイントを紹介します。

着物や帯は一緒に売った方が良い

単品での買取もしてくれますが、着物と帯はセットで出すと査定時の評価がアップする場合があります。

着物と帯の中には相性の良い組み合わせがあるので一緒に査定に出しましょう。

着物や帯の付属品や証紙も忘れずに

着物や帯には購入時に一緒についてくる付属品や証紙などのような価値を証明するものを忘れないようにしましょう。

査定時にこの付属品がないことで値段が半値以下に落ちる恐れもありうるので十分に注意しましょう。

買取に出す前に着物の状態をチェック

箪笥に長年眠っていた着物や帯の状態のチェックは査定時に行われますが、査定直前まで箪笥にしまったままですと、いざ査定する時にどこに汚れやダメージがあるのかを把握するためにそれなりの時間を要してしまいます。

枚数が多くなればなおのことですから、時間短縮のためには事前にチェックはしておきましょう。

着物に欠かせない「帯」を買取に出した時の気になる価格:まとめ

帯は着物同様に作家品や伝統工芸品に該当する品があるこということや高値になるポイントがご理解いただけたかと思います。

よって帯も着物と同様に基本的には変わりませんし、査定に出す時は遠慮せず一緒に査定に出すことで場合によっては買取価格のアップも見込めます。

しかしながら、なんといっても状態によって価値が大きく左右されますので、着用せず不要になった着物や帯は極力早い段階で買取に出すことが一番良い方法といえますね。

着物や帯は思った以上に劣化が進みます。

「もっと早く手放しておけばよかった」なんて後悔する前に、早めのおご決断をおすすめします。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!