着物買取について

着物の買取が安いって噂は本当?二束三文にならずに着物を高く売るには

着物の買取価格は安い!?

着物買取をご検討中の方は、すでに利用する業者を決めましたか?実際に利用する前には、口コミや評判をインターネットで調べる方も多いのではないでしょうか。

ネットでの口コミや評判でよく目にするのが「着物買取は安い」や「着物は二束三文にしかならない」という噂です。着物の買い取り専門店に、査定依頼をしてみたけど、査定金額が数百円にしかならなかったという方もいるようです。

そこで今日は着物買取が安いといわれる理由や、損をせずに売るためのポイントを解説します。着物買取をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください!





「着物買取は安い」「二束三文になってしまう」というイメージがあるのは何故?

着物買取は安い、二束三文になってしまうというイメージがあるのは何故?

不要な着物を整理するため、また箪笥に長年眠っている着物の処分のためなど、着物買取を利用される理由は様々です。

初めて着物買取を利用される方ですと、サービス内容や買取価格を知るためにインターネットで調べる方も多いでしょう。

インターネットでは着物に関する様々な情報を得ることができるのですが、中には着物を買取してもらったけれど値段が安くなってしまった、という声も散見されます。

なぜ着物買取が安いというイメージがあるのかといえば、「新品での購入価格に比べて極端に値段が下がってしまう傾向が強い」からです。

仕立てるときには高額となる着物が故、買取価格にギャップを感じてしまう方が多いのです。

着物の買取が安くなってしまう理由

着物の買取が安いといわれる理由

着物買取に関する口コミや評判サイトを訪問すると、度々「着物買取は安い」や「大量の着物を売ってみたけど、二束三文にしかならなかった」という話を耳にします。

着物買取が安いと言われてしまうのには理由があるようですので、以下でみていきましょう。

着物を着る人の数が減っている

着物買取で安いと感じる理由の一つに、着物人口の減少があります。

日本の文化が注目され、着物への関心が高まってきていることは確かですが、普段着として着られていた時代に比べると着用する方の数は大きく減少しています。

つまり、買取業者からしても売ることができない着物には、値段をつけることができないのが実のところなのです。

また着物は、仕立てるときには高額だったものが多く、そのため「あんなに高かったのに・・・」や「これじゃ二束三文だ」といったように、買取価格にギャップを感じてしまうようです。

日本人の平均身長が変わり、着ることのできない着物が増えた

売ることができない着物は安くなってしまいますが、着物が売れない理由に当たるのが「平均身長の変化」です。

買取に出される着物の中には、昔親族が着ていた着物も多く含まれています。そういった着物の多くは、サイズが小さい(=丈が短い)ものが多く、現代の若い世代には着ることができない場合が多いのです。

そういった着物の多くはリサイクル品の素材として活用する他ないケースも多く、結果として需要が少ないため、買取価格も安くなってしまうのです。

着物に詳しくないリサイクルショップでの買取

消費者のリユース意識の高まりから、着物の買取はリサイクルショップでも行われるようになってきました。

買取される基準はショップによっても異なりますが、例えばキロ単位で買取する場合や他の洋服と同じように古着としてみなす場合など、様々あります。

こういったリサイクルショップで共通していること、それは着物に関する知識があまりなく「着物の価値を見抜けない」ということです。こういった理由で実は価値のある着物や安くならざるを得ないというのは悲しいですね。

そのため着物を売却する際には、業者選びを慎重に行い、着物の専門知識がある業者に査定依頼をすることが重要となります。

すべての着物の買取が安いわけではない!安く買い取られてしまう着物の特徴とは

安く買い取られてしまう着物の特徴

とはいえ、着物のすべてが安く買い取られてしまう訳ではありません。着物の中には買取価格が高値になる種類もあります。

安く買い取られてしまう着物の特徴がありますのでご紹介します。

カビやシミなど汚れのある着物

例え、価値が高い着物であったとしても生地自体にカビやシミがあると、極端に需要が下がってしまい、査定金額が二束三文にしかならないといった事例も多々あります。汚れやシワといったダメージが蓄積することで劣化が起こり、買取価格が安くなってしまう原因となります。着物の湿気対策を行い、状態は極力維持しましょう。

丈の短い着物

先ほどもご説明した通り、丈の短い着物は着ることのできる人が限られてくるため、買取価格も安くなります。

丈は長ければ詰めることもできるので、長いに越したことはなく、160センチ以上あれば査定額は高くなる傾向があります。

生地が正絹以外の着物

正絹(=シルク100%)の着物は中古でも人気で需要が見込めます。しかしポリエステルやウール、麻素材の着物だと、仕立てるときも正絹と比べてはるかに低く、買取価格も極端に下がってしまう場合があります。とはいえ中には有名ブランドや老舗織元が、正絹以外の着物を製造をしていることもあり、例外で高値が付くこともあります。

保管状況が着物の状態に影響する!

保管状況が着物の状態に影響する!

さて、前項でお伝えした着物の劣化について説明していきましょう。

繰り返しになりますが、着物はデリケートな性質のため、保管や取り扱い方法次第ではあっという間に劣化してしまい、安い買取価格を提示される要因となってしまいます。

着物は衣類ですから着用していればシワが付き、素肌に触れるので汗などですぐに汚れます。女性に至ってはお化粧でのファンデーションがついたりと、気を使う点は数多くあります。

普通に着用する程度では極端な汚れが見えにくいかもしれません。しかし素肌に触れる以上表面に汚れは蓄積していきます。

着用のたびに汚れは蓄積して着物の布地の繊維へと浸透し、時間と共にたいへん頑固な汚れへと変化していきます。

中には時間が経過したことで本当は取れるはずだった軽い汚れも手遅れで安い買取価格になってしまったという事例はいくつもあります。

着物を少しでも高く買い取ってもらうための保管方法

どうせ着物を売却するなら、後悔したくないですよね。

それでは着物の価値を維持するためには、どのような保管が適切なのでしょうか?

着物の状態を劣化させない保管で、まず重要になるのが、「湿気を防ぐ」ということです。 そして湿気対策として有効なのが、「虫干し(陰干し)」です。梅雨の明けた7月、秋晴れの10月、最も気温の低い2月の年3回くらいを目安に、着物を日陰で風通しします。手間は掛かりますが、家庭でもできるので定期的に行ってあげましょう。

また、防虫剤や防カビ剤も使用するといいでしょう。ただし防虫剤の成分によって、使用に向いている着物の種類も異なりますし、異なる成分の防虫剤を掛け合わるとかえってシミになってしまうこともありますので、使用する際には注意が必要です。

二束三文にならない、高額買取が期待できる着物の種類について

高額買取が期待できる着物の種類

高価買取が期待できる着物にはどういった種類があるのでしょうか?

二束三文にならない、買い取り価格が期待できる着物についてご紹介していきます。

礼装・準礼装用に該当する着物

着物の中で高値に繋がりやすい着物といえば礼装・準礼装用に該当する着物で「黒留袖」「訪問着」「付け下げ」「振袖」です。着物には格というものがあり、格の高い着物ほど高値の傾向が強いのです。

産地独自の発展を遂げた伝統工芸品

伝統工芸品とは、昔ながらの技法を用いて長い時間をかけて織られます。着物の格という点において紬は高くはなく、どちらかといえば普段着の部類に入るものの、高値になりやすい着物の代表格といえるでしょう。

紬で有名なものを挙げると「大島紬」「結城紬」「塩沢紬」「黄八丈紬」「牛首紬」などがあります。

紬の他にも「宮古上布」や「琉球織物」など高い価値の伝統工芸品に該当し、一例として紹介しましたが実は日本全国で価値の高い伝統工芸品はたくさんあります。

着物作家の着物や帯

着物の世界には着物の染めの作家や織りの作家がいて、それぞれ独自の技法を生み出しました。

この技法を用いた作品は日本だけでなく世界的に有名な作家が数多く、特に有名な作家に本加賀友禅の「由水十久」、蒔糊技法の「森口華弘」、オシドリの柄が世界的に有名な「羽田登喜男」、京友禅の「松井青々」など、着物作家の作品は高い価値があります。

また、もし作家物の着物をお持ちで、買取をご検討中であれば、「証紙」も一緒に査定してもらうことをおすすめします。証紙とは、人間国宝作品や有名作家物、伝統工芸品などの高級着物に付けられる登録商標です。

それぞれの着物が、厳しい基準をクリアした品質の認められた着物だけに発行される証明書にもなります。

着物によっては再販するときの価値にも大いに影響がありますので、査定を受けるときには一緒に見てもらうと、査定金額がアップする可能性があります。

二束三文にならないために、着物の買い取りは着物専門業者に依頼しよう

着物の買い取りは着物専門業者に依頼

高額買取が期待できる着物についてご紹介しましたが、買取業者によっても買取価格は変わってきます。

着物の買取業者の選択を間違ってしまうと、価値のある着物でも二束三文で買い取られる可能性は十分に考えれらますので、着物の売却を検討されている方は参考にしてください。

では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップでは、着物の知識があまりなく、着物の買取に慣れていないスタッフが査定に当たる可能性があり、正確な価値判別をしてもらえず、単なるリサイクル品として扱われてしまう可能性があります。

またリサイクルショップの査定では、着物を洋服と同じ衣類として一括りにし、重さで買取価格を判断することが大半です。

そのため、有名ブランドの着物でも重さで換算されてしまい、結果的に二束三文にしかならなかったというケースも多くあります。

このように大切な着物を二束三文で買い取られないためにも、リサイクルショップで着物を売る場合、着物の販売コーナーや専門査定員のいるお店に依頼するといいでしょう。

呉服店

街の呉服店であれば「着物の価値を見逃され、二束三文で買い取られる」なんてことはないでしょう。また、オーナーと親しかったり、常連であれば買取価格にも多少の融通を効かせてもらえるかもしれません。ただし販路が店頭に限られている場合、その店で売ることができない着物には値段が付かない、または買取不可となるケースもありますので、お店の特徴を把握した上で買取に臨む必要があります。

買取専門業者

最近の着物買取業界では、出張買取という訪問査型の業者が人気を集めています。「自宅に査定スタッフが来るのはちょっと・・・」という方でなければ自宅にいながら完結できる便利なサービスです。また無店舗なのが特徴で、店舗運営コストをカットしているので、結果的に買取価格は高めに設定されています。査定料といった手数料がかからない業者も多く、相見積もりなども視野に積極的に使ってみてもいいですね。

着物買取はご自身に合った買取方法を選ぼう

着物買取はご自身に合った買取方法を選ぶ

着物は専門店での買取がおすすめですが、どんなところに気を付ければ良いでしょうか。着物買取専門業者といっても提供している買取サービス内容や買取方法がやや異なります。

買取方法は大きく分けると「持込買取・出張買取・宅配買取」の3種類ありますので、それぞれの強みを知り、ご自身にあった買取方法を選びましょう。

持込買取

持込買取は、直接利用者が買い取り専門店に足を運び、着物を持ち込んで買い取ってもらう方法で、買取方法の中では一番オーソドックスな方法と言えます。

「お出かけのついでに利用する」なんて方も多いのではないでしょうか。

しかし買取店に持ち運べる着物の枚数も制限されてしまうため、買い取って欲しい着物が多い場合は、何度かに分けて持ち運ぶ必要があります。

出張買取

出張買取は、買取業者が利用者の自宅に訪問し、査定・買取を行う方法です。

持込買取とは違って、利用者が着物を買取店へ持ち運ぶ必要がなく、自宅に居ながら利用できる利便性の高さが人気です。

また宅配買取とは異なり、査定後にその場で買取金額を受け取れるため、急にお金が必要になったといった際にも利用できます。

宅配買取

宅配買取は、利用者が買取業者から送られてきた宅配キットに査定して欲しい着物を詰めて返送する買取方法です。

宅配キットを返送後、買取業者が査定を行い、後日査定した結果をメールなどで利用者に提示し、利用者側は送られてきた査定結果を見て売るか売らないかを決めます。

利用者の好きなタイミングで買取してもらえるので、時間が取れない方におすすめです。

まとめ:着物の買取が安いって噂は本当?二束三文にならずに着物を高く売るには

まとめ:着物の買取が安いって噂は本当?二束三文にならずに着物を高く売るには

大切な着物を二束三文で買い取られないためには、着物買取業者へ査定依頼をすることが望ましいということを、ご理解いただけたかと思います。

ご自身の状況を最も早く解決してくれるサービスを実施している着物買取り業者を選び、高額買取のためのポイント(着物の保管や状態)を押さえて査定してもらうことで、少しでも高い買取価格を実現できるきっかけになるのではないでしょうか。

着物には大切な思い出がたくさん詰まっています。売却してから後悔しないよう、様々な視点から着物買取サービスについて調べてみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!