着物買取について

着物買取業者の選び方のコツや失敗しない着物の売り方

着物買取業者の選び方のコツや失敗しない着物の売り方

着物買取業者の選び方にお悩みではありませんか?

中古着物の需要の高まりとともに着物を扱う買取業者は増加傾向にあり、いざ着物を売ろうと思ったけれど何を基準に選べばよいか悩みますよね。

着物は着物買取業者へ売る方法以外にネットオークションやフリマアプリなど「着物の売り方」を幅広く選べる時代になりました。

着物は売り方次第で高値で売ることができますが、反対に方法を間違ってしまうと思った以上に安値が付いて損した気分に感じることもあるかもしれません。

今回は着物買取業者ごとに異なる買取サービスの紹介と選び方のコツに加え、ネットオークションやフリマアプリを利用した着物の売り方を紹介します。





着物の買取業者で実施している買取方法の紹介と選び方

着物の買取業者で実施している買取方法の紹介と選び方

着物を買取に出した経験のない方ですと、着物買取業者ごとにどんな違いがあるのかイメージしにくい方もいらっしゃるかもしれませんね。

自宅に眠っている着物を専門業者へ査定に出して買取してもらうという点では変わりませんが、「着物の買取方法」には業者ごとの違いがあります。

買取方法には「出張買取」「宅配買取」「持込買取(店舗買取)」という3種類の買取方法がありますので、買取方法ごとの特徴をご覧ください。

出張買取

買取業者が利用者の自宅へ訪問し、玄関先などで査定を行ってくれる買取方法です。

近年のリサイクルブームに伴い「利用者による店舗型買取店への持ち込み」よりもニーズが増えており、中古品買取業界で出張買取サービスの対応を行う買取業者が増えています。

査定員が着物を買取に来てくれることはもちろん、買取が成立すればその場で代金の支払いが行われますので急な入り用でお金を必要な方は嬉しいですね。

宅配買取

利用者が査定依頼を申し込んだのち、査定用キットと呼ばれる梱包用段ボール等を送ってくれます。

キットが届いたら売りたい着物を詰め込んで買取業者へ返送しますが、宅配買取は基本的に送料は無料としている業者が多いです。

着物を売りたいけれど着物を査定に出す時間がない方や対面式の査定には抵抗がある方が増えており、近年利用ニーズが高まっている理由なのではないでしょうか。

持込買取(店舗買取)

持込買取とは着物を売りたい利用者が自ら買取業者へ出向いて査定してもらう方法です。

近年中古着物のニーズが増えたことにより郊外に店舗を構える総合リサイクルショップから都市部の駅前に店舗を構える買取業者に至るまで多岐に渡ります。

着物買取においても店舗を構えて査定している業者も存在しますが、着物は1枚あたり約1キロほどの重さがあり枚数が嵩むと運び出しが困難なため、住まいが近所でないと頻繁な利用は難しいかもしれません。

着物買取方法の選び方と迷わず選ぶコツ

着物買取方法の選び方と迷わず選ぶコツ

出張買取・宅配買取・持ち込み買取という3つの買取方法の中でどれを選べば良いか悩みますよね。

基本的には変化する利用者のニーズに合わせて生まれた買取方法ですから、ご自身の都合に合わせた買取方法を選びましょう。

例えば着物を売りたいけれど店舗へ持ち込む時間が取れないなら出張買取、自宅に来られるのは抵抗を感じるなら宅配買取か持ち込み買取などのように好きな買取方法を選ぶのが適切です。

また、3つの買取方法は多くの買取業者で実施してますので、まずは信頼できる着物買取業者を見つけてから買取方法に関する相談を行うのも良いですね。

着物買取業者の失敗しない選び方

着物買取業者の失敗しない選び方

大切な着物を売るのですから、少なからず安心できる買取業者を選びたいですね。

着物買取業者ごとにサービスも違うため、よく知らないまま利用してみたら想像と違って失敗した…ということにならないように、安心して利用できる着物の買取業者のポイントを紹介します。

着物査定を行うスタッフの熟練度

着物専門の買取店にも関わらず、査定するスタッフの査定経験数が少ない・知識が浅いなど稀にあります。

また、着物の取り扱いが雑など所作も細かくチェックしておきましょう。経験数が少ない査定スタッフは着物の取り扱いを理解していないので丁寧とは言えません。

1枚ずつしっかり査定してくれる

着物の査定方法には2種類あり、「1枚ずつ査定してくれる」場合と「重さで値段を付ける」場合があります。

大切にされてきた着物ですから当然ながら重さよりも1枚ずつ丁寧に査定してほしいですよね。

買取業者だからどこも同じと判断してしまう前に、申込の際には確認しておくことや買取業者のホームページにも査定方法を記載していますので確認しておきましょう。

買取価格の根拠や理由を説明してくれる

着物は種類も多岐に渡り、着物を取り巻く帯や小物といった和装品ごとに価値のあるなしの見極めが必要です。

特に着物は希少価値の高い品ですと著名作家が仕立てた着物や老舗有名着物ブランドの製品、産地物と呼ばれる伝統工芸品であるなど様々です。

加えて着物の中古市場で人気の種類も狙い目で、例えば付け下げよりも訪問着、留袖よりも振袖が需要があるなど「今何の着物が人気なのか」を聞いておきましょう。

その上で提示された買取価格の根拠や理由をしっかり説明してくれる買取業者は信頼できますね。

クーリング・オフや買取相談窓口が用意されている

信頼できる着物買取業者は運営会社の情報や利用相談窓口が必ず用意されています。

着物を売った後にキャンセルしたい場合でもクーリング・オフが利用できるかなど、利用者目線のサービスを提供しているといった部分も信頼できる買取業者の選び方ではないでしょうか。

着物や帯、和装小物の買取相場を知っておく

着物や帯、和装小物の買取相場を知っておく

着物や帯、小物などの和装品には買取相場という価格を元に値段が決まっています。

ですからご自宅に眠っている着物や帯に高値で売れるものがあるのかを売る前に調べておきましょう。

着物の買取相場

着物の種類 買取相場
作家物 ~800,000円
色留袖/黒留袖 ~200,000円
振袖 ~500,000円
京友禅/加賀友禅/東京友禅/十日町友禅など ~500,000円
訪問着 ~500,000円
付下げ ~200,000円
大島紬/結城紬/黄八丈紬/塩沢紬/牛首紬など ~500,000円
小紋 ~200,000円
色無地 ~50,000円

帯や和装品の買取相場

帯の種類と和装小物 買取相場
名古屋帯 ~300,000円
袋帯 ~300,000円
丸帯 ~100,000円
半幅帯 ~150,000円
和装小物 ~50,000円

ここで紹介している着物や帯・和装品の買取相場は着物市場における需要(中古着物の流行や季節)により大きく変わるだけでなく、査定時点での保管状況にもよりますので詳しい買取価格に関しては最寄の買取業者へご相談下さい。

着物買取サービス以外に着物を売る方法と注意ポイント

着物買取サービス以外に着物を売る方法と注意ポイント

着物を売る方法は着物買取サービスだけではありません。

中古着物の需要が増えたことでご自身で着物を手軽に売れるようになりました。

手軽に利用できるようになった一方で、サービスごとに特徴や注意すべきポイントもありますので紹介します。

ネットオークション

不要な着物をご自身でネットオークションで売る方法です。

ご自身で着物の価値や取り扱いを熟知しているならば良いかもしれませんが、出品準備から値段付け・落札された後の発送など全てご自身で行わなければなりません。

着物の価値がわからないまま売ってしまい、実は相場よりも安く売ってしまう恐れもあります。

フリマアプリ

スマートフォンから写真を撮りすぐに出品することができる気軽さで利用者が増加しているサービスです。

一見便利なように見えますが、あくまで個人間での取引になるため思わぬトラブルに巻き込まれてしまうという例もあるようです。

また、フリマアプリは出品後に希望者が値下げ交渉の相談を行う場合もありますので出品時に値段交渉の可否も記載しておくとベストでしょう。

リサイクルショップ

大手リサイクルショップ等では着物の買取を始める業者も増えていますが、着物の知識や取り扱いという点で「価値を見極めた適正価格での買取」が実現するかは断定できません。

また、中には着物の取り扱いはあるけれど一式まとめての査定や計量での買取方法を行う場合もあります。

大切な着物ならば取り扱いや着物に詳しい着物専門の買取業者へ相談するほうが良いといえそうです。

まとめ:着物買取は着物に詳しい買取業者を選んで後悔しない売却を

着物買取は着物に詳しい買取業者を選んで後悔しない売却を

今回は着物買取業者ごとに異なるサービスの紹介や選び方のコツと、ネットオークションやフリマアプリを利用した着物の売り方を紹介しました。

ご自宅に眠っている着物はご家族から譲り受けたものなど思い出も詰まっていますよね。

ですから少しでも信頼できる着物買取方法を選び、後悔しない売却を目指してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!