着物買取について

着物買取で高い値段を付けて欲しいとお考えの方必見!高額査定の秘訣とは

着物買取で高い値段を付けて欲しいとお考えの方必見!高額査定の秘訣

物心ついた頃から自宅にあった古い桐箪笥の中に収納されている着物。

箪笥にぎっしりと詰まった着物が高いのか安いのか価値は不明だけど、この先使う予定もない着物ならば一度価値を知るために査定に出してみませんか?

着物は古くても価値があるものならば高値になるものも存在するのも事実。なのに価値を知る前に不要だからと捨ててしまうのはもったいない。

今回は着物買取で高い値段を付けて欲しいとお考えの方へ、高額査定の秘訣をご紹介します!





着物を売ったらいくらになる?押さえておきたい着物の買取相場

着物を売ったらいくらになる?

箪笥に眠っている着物は、売ったらいくらになるのでしょうか。

着物買取では”着物の価値がどれだけ高いのか”がとても重要で、『どのような工程を経て作られた着物なのか』によって買取価格が大きく変わってきます。

これは普段なかなか着物に触れる機会が少ない方ですと価値を見抜くのはとても難しいことであると思います。

そこで押さえておきたいのが着物の買取相場。ここでは着物買取で多く目にする着物や帯・小物類の買取相場をご紹介します。

着物の種類と買取相場(相場価格)

染着物の種類(有名作家物の場合) 買取相場(※)
訪問着 ~200,000円
加賀友禅 ~180,000円
京友禅 ~150,000円
記載外の友禅 ~200,000円
振袖 ~140,000円
小紋 ~100,000円
付け下げ ~80,000円
黒留袖 ~70,000円
色留袖 ~70,000円
色無地 ~20,000円
※着物の状態によってはお値段が付かない場合もございます。
※査定させて頂く染着物の状態次第では買取相場は上記に比べ大きく変動しますのでご了承ください。
※丈が小さい染着物など丈が長い染着物と比べて買取相場に影響致します。
※色や加工にもよって買取相場の幅が大きく変動する場合があります。
※丈や袖の長さをつぎ足したものは買取相場に影響いたします。
織着物の種類 買取相場(※)
大島紬 ~200,000円
黄八丈 ~180,000円
郡上紬 ~150,000円
芭蕉布 ~150,000円
記載外の織着物 ~150,000円
久留米絣 ~130,000円
結城紬 ~100,000円
綾の手紬 ~100,000円
宮古上布 ~100,000円
越後上布 ~90,000円
久米島紬 ~80,000円
科布(しなふ) ~60,000円
藤布(ふじふ) ~60,000円
紅花紬 ~60,000円
牛首紬 ~35,000円
塩沢紬 ~20,000円
伊奈紬 ~20,000円
能登上布 ~15,000円
※織着物の状態によってはお値段が付かない場合もございます。
※査定させて頂く織着物の状態次第では買取相場は上記に比べ大きく変動しますのでご了承ください。
※丈が小さい織着物であれば、丈が長いものと比べて買取相場に影響致します。
※色や加工にもよって買取相場の幅が大きく変動する場合があります。
※丈や袖の長さをつぎ足したものは買取相場に影響いたします。

下記より主要な着物の種類に関しての紹介ページがございますのでご覧下さい。

参考記事:作家着物買取について
参考記事:留袖買取について
参考記事:振袖買取について
参考記事:訪問着買取について
参考記事:付け下げ買取について
参考記事:小紋買取について
参考記事:色無地買取について
参考記事:紬買取について
参考記事:友禅買取について

帯や和装小物の種類と買取相場(相場価格)

帯・上着・和装小物の種類(有名作家物の場合) 買取相場(※)
名古屋帯 ~120,000円
袋帯 ~200,000円
丸帯 ~50,000円
半幅帯 ~20,000円
角帯 ~40,000円
羽織 ~30,000円
道行 ~15,000円
道中着 ~60,000円
和装小物 ~12,000円
※帯や小物の状態によってはお値段が付かない場合もございます。
※査定させて頂く帯や小物の状態次第では買取相場は上記に比べ大きく変動しますのでご了承ください。
※帯の長さが短いものは買取相場に影響します。
※色や加工にもよって買取相場の幅が大きく変動する場合があります。

下記より主要な帯の種類と和装小物に関しての紹介ページがございますのでご覧下さい。

参考記事:名古屋帯買取について
参考記事:袋帯買取について
参考記事:丸帯買取について
参考記事:半幅帯買取について
参考記事:和装小物買取について

着物の買取方法は3つ。それぞれの流れを紹介!

着物の買取方法は3つ。それぞれの流れを紹介

自宅に着物が大量に保管してあり運び出しが困難ならば出張買取、日中着物を売りに行く時間が取れないならば宅配買取、プライバシー重視でご自身で着物を買取店へ持っていきたいなら持込買取というように、お好きな方法を選ぶことができます。

このように着物の買取方法は3つあり、それぞれ強みや良さがあります。それぞれの買取方法を見ていきましょう。

出張買取

買取店へ申込みを行うと、査定員がご自宅へ訪問し、着物の査定を行ってくれます。査定員が自宅に来てくれるので着物が何枚あっても好きなだけ査定してくれて、査定が終わればその場で買取代金の支払いが行われるのですぐに買取代金が欲しい方は嬉しいですね。

宅配買取

買取店から査定用のダンボールが送られてきますので、売りたい着物や帯を詰めて返送して査定してくれる買取方法です。宅配という形ですので買取業者と顔を合わせることもないので、対面式に抵抗を感じる方にとってはとても便利です。

ただし宅配という性質上発送から査定完了に伴う値段提示までやや時間がかかるだけでなく、その後の買取代金は銀行振込となります。

持込買取

これは店舗柄の買取方法も同様ですが、ご自身で査定して欲しい着物を持込み査定してもらう方法です。

査定内容や対面式などは出張買取とあまり変わりませんが、買取店の中には完全プライバシー重視で予約制をとっているところもあり、他の利用者と顔を合わせたくないとお考えの方は良いサービスですね。査定金額は査定完了後に支払いとなります。

着物を高価買取してもらうコツ

着物を高価買取してもらうコツ

着物は種類により買取相場が決まっており、その価格に準じて値段が付けられます。

ただし中古着物という性質上、その着物が汚れがある・丈が短いなどの条件が付随すると値段は下がってしまいますが、ここでお伝えするコツを満たしていることで通常よりも高い買取価格を付けてもらえることができるのです。

着物を高価買取してもらえるコツ①:証紙

まず証紙と呼ばれる、その着物がどんな価値を有しているのかを示す証明書があること。

証紙は新品で着物を購入した際、作家着物であったり産地着物であるなどの場合必ずついてきます。(大量生産品の着物ですと付かない場合もあります)

着物を高価買取してもらえるコツ②:着物の状態

次に着物の状態で、着物の価値を決める際にもし値段が低くなってしまう時は着物の状態が悪い場合が多く見受けられます。

中にはシミや汚れが多く再販が難しいと判断されてしまうと、価値の高い着物であっても買取不可の判断をされる場合もあるので必ず押さえておきましょう。

着物の汚れがついてしまう箇所としては衿元や首まわり、そして袖口など、肌に触れる可能性が高い箇所や汗染みや女性であればファンデーションが付着する場合も多いです。

着物買取店の選び方と注意点

着物買取店の選び方と注意点

着物を少しでも高く買い取ってもらうためには、買取店の選び方も大切なポイントです。

着物買取は利用者も多いので知名度を参考ポイントにするのは良いかもしれません。知名度が高いということは、それだけ利用者も多く安心して利用できるポイントではないでしょうか。

また、その買取店のサイトを見てみると、着物の買取件数の明示や買取実績をいくつも掲載していたり利用者の声も見ることができます。

なお、申込み時のオペレーターの対応内容も見ておきましょ。信頼できる着物買取店では受付時点で着物に関しての細かい相談をできるだけでなく、利用後にクーリングオフ対応もしっかり誠意を持って対応してくれるでしょう。

まとめ:着物の買取で高い値段で着物を売るために

着物の買取で高い値段で着物を売るために

今回は着物買取で高い値段を付けて欲しいとお考えの方へ向け、高額査定の秘訣をご紹介しました。

着物は種類や状態によって付けられる査定価格というのが大きく変わりますので、信頼できる店選びが重要になります。

安心して利用できる着物買取店は今回ご紹介したコツだけでなく、様々な視点での着物の査定を行ってくれるので、ぜひ色々な着物買取店のサービスを利用してみて、あなたにとってのお気に入りのお店を見つけてみてがいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!