着物買取について

秋田で着物の持ち込み買取の際に気をつけて欲しいポイントをご紹介!

秋田で着物の持ち込み買取で気をつけてほしいポイントをご紹介!

秋田県にお住いの方で下記のような悩みをお持ちではないでしょうか。

"秋田で着物の持ち込み買取を対応しているお店はどのくらいあるの?"

"秋田で着物を処分する目的で、持ち込み買取を利用するかどうか迷っている・・・"

今回はこのような悩みを解決するべく、秋田で着物の持ち込み買取に関する情報についてご紹介します。





秋田で着物の持ち込み買取対応をしているお店はどのくらい?

 

秋田県と言えば「秋田八丈」という太めの絹糸を用いられた平組織りの織物が有名で、秋田県指定無形文化財に指定されたことでも知られており、生まれてから200年以上経つ秋田を代表する織物があります。

着物がお好きな方であればご存知の方も多いのではないでしょうか。

古くから秋田には織物文化が根付いていることもあって、秋田には現在で200店以上の呉服店が存在しています。

秋田には呉服店の多さからも着物の需要が高いことが分かりますね。

着物を買う方が多ければ、その分着物を売りたいというニーズもあり、それを裏付けるように秋田にも着物を買い取っている買取店が多数存在しています。

買取業者名 郵便番号 住所
おたからや 秋田通町店 〒010-0912 秋田県秋田市保戸野通町7-32
東京相場 秋田店 〒010-0001 秋田県秋田市中通5丁目5−32
ベンテン 秋田広面店 〒010-0041 秋田県秋田市広面樋ノ沖100−4
オバタ質店 大館店 〒017-0847 秋田県大館市幸町2-6

着物の持ち込み買取に対応しているお店は、繁華街や駅周辺など人通りの多い交通の便が整った場所にある場合も多く、お買い物のついでに気軽に持ち込めることが魅力です。

しかし、持ち込み先次第では"損をしてしまった"というケースも少なくなく、最寄りにあるからといった理由だけで持ち込み買取を選択すると失敗してしまうことも多々あります。

では秋田で着物を持ち込むと損をしてしまう理由には何があるのでしょうか。

秋田で着物を持ち込んで損をしてしまうケースとは?

秋田で着物を持ち込んで損をしてしまうケースとは?

秋田県には着物といった和服を取り扱う呉服屋も多く、着物の需要も高いと言えます。

着物の売り買いが盛んである地域だからこそ、着物を買い取っている買取店も多く、容易に着物の持ち込み買取を利用することができます。

そして着物をできるだけ高く売りたい場合には、持ち込み買取を利用して損をしてまうケースは避けたいですよね。

着物の専門知識を持った査定員が在籍していない場合

取扱品目の多いリサイクルショップに多々見られる事例ですが、着物の専門知識を持った査定員が在籍していない買取店の場合、着物を査定する際に価値を見極められないまま査定されてしまう可能性があります。

そもそも着物自体歴史の古い品目になるため、数多ある中古品ジャンルの中でも、専門知識がなければ価値の判断が難しいとされています。

そのため、着物の専門知識を持った査定員が在籍していないお店で売却をする際には"比較的査定額が低い結果だった"というケースも少なくないです。

だからこそ、着物を高く売りたいのであれば着物の知識はもちろん、最新の相場を把握している着物の買い取りを専門としている業者を選んだ方が得策と言えます。

着物の査定が重量査定の場合は注意が必要

着物の持ち込み対応を行っている買取店には、着物の価値を1枚1枚判断する査定方法ではなく、着物を衣類のジャンルの1つとして着物の重量で査定額を判断する「重量査定」を行っている買取店もあります。

持ち込んだ着物が価値のある着物の場合には、その着物の価値を判断するわけではないため、査定額が低く損をしてしまうことが多いでしょう。

やはり"着物を高く売りたい"や"損をしたくない"という方は持ち込み買取先を慎重に選ぶことが大切ですし、着物のプロに1枚1枚着物を査定してもらえる買取業者を選択しましょう。

そもそも持ち込み買取は他の買取方法と比べて安い傾向がある?

着物の持ち込み買取に対応している買取店の多くは、実店舗を構えているため、日々店舗スタッフの人件費をはじめ、テナント料や水道光熱費といったランニングコストが毎月発生しています。

毎月かかるランニングコストを差し引いて利益を生み出さなければならないため、利幅を広くするために査定額が安い傾向があります。

秋田で着物を高く売るためには、他の買い取り方法も視野に入れる

秋田で着物を高く売るためには、他の買い取り方法も視野に入れる

着物の買取方法には「持ち込み買取」の他にも「宅配買取」と「出張買取」の2つの買取方法があります。

着物買取大手の業者であれば、どちらの買取方法も対応している場合が多く、以前と比べても中古品の買取方法では主流になってきています。

この2つの買取方法と持ち込み買取の大きな違いとしては、持ち込み買取よりもランニングコストがかからないことから、査定額が高い傾向にあります。

その理由として、出張買取や宅配買取をメインに買取サービスを展開している業者は無店舗経営(本社のみなど)の場合が多く、有店舗経営ではかかるはずのランニングコストを削減できるためです。

宅配買取

宅配買取は品物を買取業者に送るだけで手軽に利用でき、自宅に居ながら査定を受けられる買取方法です。

まず利用者が電話やメールで買取業者に査定を依頼し、依頼後2~3日程度で宅配キット(ダンボールや必要書類など)が自宅に届きます。

宅配キットが届けば、査定してもらいたい着物と同封の必要書類(記入済み)を詰めて返送し、査定結果を待つだけという非常に簡単な買取方法です。

対人が苦手な方や時間があまりとれない方に利用しやすい点が魅力で、利用者も非常に多いです。

しかし、査定結果は着物を送ってから大体1週間程かかる場合が平均的で、急いでいるという方は他の買取方法を選択した方が良いとも言えます。

出張買取

出張買取も宅配買取と同様に、自宅に居ながら査定を受けられる買取方法です。

電話やメールで買取業者に査定予約を取り、査定当日に経験豊富な査定員が利用者の自宅に直接訪問し査定を行います。

査定金額に納得ができればその場で即買取金額を受け取ることができます。

また、業者によっては予約したその日に査定を行う即日対応を行っている業者もあります。

着物買取を思い立ったらまずはバイセルへ

着物買取を思い立ったらまずはバイセルへ

思い出の詰まった大切なお着物を買取してもらうなら、買取業者は慎重に選びたいですよね。それなら、まずは着物出張買取のバイセルにご連絡ください。

バイセルの着物出張買取には、「査定だけしてもらって、複数の業者を見比べたい」「なるべく時間をかけずに見積もりが欲しい」「査定員に会ってみて、信頼できる業者か見極めたい」といった思いをお持ちのお客様にピッタリのサービスが揃っています。

そういった、気軽にお問合せいただけるようなシステム作りに取り組んできた結果、今では全国から月間2万件を超える着物の出張査定をさせていただくまでに成長しました。

なぜ「着物の買取を考えるときに、まずバイセルに相談する」ことがおすすめなのか、その理由についてご紹介します。

「試しに査定してもらう」ならバイセル

着物買取への第一歩目としてお気軽に相談するならバイセルの出張買取で間違いありません。そう言える理由について、いくつかのポイントを挙げてご紹介します。

強引な勧誘などは一切いたしません

バイセルからお客様にお電話して、あるいは直接お伺いして買取の勧誘を行うことは一切ございません。

出張査定のご依頼をいただいたお客様のところへのみ、査定員がお伺いしております。またその際も、お客様にご承諾いただいた以外のお品物について査定や買取のご提案をすることはございません。

「問い合わせをしたら勧誘の連絡が来るようになるのでは」という不安をお持ちの方は、バイセルなら安心です。

サービス提供までの早さに自信

バイセルのコールセンターにお問い合わせをいただくと、その情報は現場の査定員にも即時共有されます。

共有された情報に基づいてあなたの街の査定員が迅速に動くことができるため、お問合せからスピーディーに出張査定にお伺いすることができるのです。「なるべく早く見積もりが欲しい」という方にはバイセルがピッタリです。

手数料は一切いただきません

バイセルでは「出張訪問料」「査定・鑑定料」「キャンセル料」といった、買取に関わる手数料をいただいておりません。

「ひとまず査定額だけ聞きたい」という場合にも一切料金はかかりませんので、複数の業者を見比べたいときにも安心してご利用いただけます。

バイセルが自信を持つ安心のシステム

もし「試しに」バイセルをご指名いただけたならば、お客様にご安心・ご満足いただけるサービスをご提供する自信が、バイセルにはあります。

バイセルが自信を持っている点や、お客様のご安心のために取り組んでいることについて、いくつかのポイントをご紹介します。

査定員の質に自信

バイセルの査定員は日々の勉強会で商品知識の充実を図るとともに、月間2万件という豊富な実地経験をつむことで高い査定技術を保っています。

また、「お客様の立場に立った接客」をモットーにマナーの研修や意識の養成に取り組んでいます。バイセルの査定員はお客様に寄り添い、強引な買取を行うことは決してありません。

買取価格に自信

バイセルは出張買取をメインとしており、店舗を持っていないため、店舗の運営にかかるテナント料や人件費などの経費を抑えることができます。

そして全国のお客様にご愛顧いただいていることによる、口コミの広がりやリピーター様の増加のおかげで宣伝費を抑えながら取引量を増やすことができました。これらの経費を削減した分を還元しているため、自信を持って買取価格をご提示できます。

ご契約時のダブルチェック

買取のご契約の際には査定員だけではなく、コンプライアンス専門部署がダブルチェックを行います。具体的にはお客様にお電話をさせていただき、完全にご納得された上でのご契約かどうか再度確認をいたします。

専門部署が再度確認することにより、査定員の独断や思い込みで契約が進んでしまうことを防ぎます。

相談専用のフリーダイヤルを設置

バイセルではお客様からの質問やご相談を受け付ける窓口として「お客様相談室」をご用意しております。些細なことでも気兼ねなく、お客様相談室のフリーダイヤルまでご相談ください。

ご契約から8日間の返品保証

クーリング・オフ制度に基づき、バイセルでは買取のご契約から8日間の返品を無条件にて保証しております。買取させていただいたお品物は8日間厳正に保管し、クーリングオフのお申し出を頂いた際には返品完了まで責任をもって対応いたします。

バイセルの対応地域

バイセルの買取は、秋田県内全域で買取の対応を行っておりますので、該当地域にお住まいの方はぜひご利用ください。

一部出張対応が不可なエリアは宅配買取などで対応しております。

市部

秋田市、男鹿市、大仙市、潟上市、能代市、にかほ市、由利本荘市、大館市、仙北市、横手市、湯沢市、北秋田市、鹿角市


町村部

山本郡八峰町、山本郡藤里町、南秋田郡五城目町、山本郡三種町、鹿角郡小坂町、南秋田郡井川町、雄勝郡東成瀬村、南秋田郡大潟村、北秋田郡上小阿仁村、南秋田郡八郎潟町、雄勝郡羽後町、仙北郡美郷町

まとめ:秋田で着物の持ち込み買取の際に気をつけて欲しいポイントをご紹介!

まとめ:秋田で着物の持ち込み買取の際に気をつけて欲しいポイントをご紹介!

秋田は着物の需要が高く、呉服店や着物の買取店もたくさん存在しています。

そのため、最寄りに中古買取店があるといった方も多く、着物を処分方法の1つとして持ち込み買取を選択する方も多くいらっしゃるでしょう。

しかし、安易に持ち込み先を決めると損するケースもあるため、大切にしていた着物をせっかく売るなら、今回の記事を参考に売却方法や売却先を選びましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!