着物買取について

成人式などで着た振袖の処分はどうする?着物買取をはじめオススメの方法をご紹介!

成人式などで着た振袖の処分はどうする?着物買取をはじめオススメの方法をご紹介!

成人式や卒業式などの機会に、振袖をお召しになった方は多いのではないでしょうか。

しかし振袖には「若い女性が着るもの」というイメージがあり、着る機会・期間が限られています。

その特別感が振袖の魅力の1つではあるのですが、1回ないし数回しか着ていないためまだ綺麗な振袖をどう処分して良いか迷ってしまいますよね。

着なくなった振袖を有効活用する方法にはどのようなものがあるでしょうか。

今回は、着なくなった振袖に再び活躍の場を提供するための方法をまとめました。

この記事を参考に、リメイク・必要としている人に譲る・買取など、ご自身に合う振袖の処分方法を探してみてください。





振袖とはいかなる着物か

振袖とはいかなる着物か

まず、振袖の概要についておさらいしておきましょう。

振袖とはいかなる着物で、どのように使われているでしょうか。

振袖の歴史

振袖とは「振り」と呼ばれる袖の袂(たもと)部分が長い着物のことです。

未婚女性の第一礼装とされているため、成人式や卒業式などの若い女性が参加する式典で着られることが多いです。

現在の振袖の形の原型となったのは、八つ口(着物の脇の部分)が開いている子供用の着物(小袖)だと言われています。

振袖のルーツである小袖は平安時代以前からあったようですが、現在のように袖が長くなってきたのは江戸時代前期からです。

袖が長くなった理由ははっきりとは分かっていませんが、江戸時代に入って平和になったことから庶民の間でも文化的な遊びが流行るようになり、舞踊の際に見栄えが良くなるよう袖を長くしていったという説があります。

現在では「振袖といえば未婚女性が着るもの」というイメージがありましたが、江戸時代には未婚・既婚に関わらず若い女性が着るものでした。

江戸時代の女性は一定の年齢(19歳ごろと言われます)に達すると、振袖の長い袖を切り、大人の女性の着物である留袖に仕立て直したようです。

なぜ「成人式には振袖」なのか

「振袖」という名前の由来はそのまま、長い袖を振るということですが、「袖を振る」という行為にはもともと厄除けの意味がありました。

振袖には、これから社会に出る子供や若い女性が病気や魔物に取りつかれないように、という思いが込められているのです。

やがて、それが転じて愛情を示す行為としても行われ、良縁を願う未婚女性の間で振袖が流行するようになりました。

そのような経緯もあり、振袖は「これから社会に出る若い女性の礼装」として定着しました。

振袖を着る場として、成人式はうってつけだったようです。

現在のような形で成人式が行われるようになったのは第2次世界大戦後ですが、その後の経済の成長にともなって、成人式におけるおしゃれとして振袖の人気は上がっていきました。

成人式のほかに振袖の使いどころは?

振袖は袖が長く日常の動作の邪魔になることなどもあって、成人式以外ではあまり使い勝手の良いものではありません。

成人式のほかに振袖を着る機会というと、専門学校や大学の卒業式・謝恩会、友人や親戚の結婚式・披露宴に参加・参列するときくらいでしょうか。

自分のお見合い・結納などで着たり、茶道や華道などの習い事をしているという人なら着る機会はあるかもしれません。

しかし、もっとも多いのは成人式で一度振袖を着たものの、その後はほとんど着ないというケースではないでしょうか。

振袖には「若い女性が着るもの」というイメージもあり、ある程度の年齢に達すると振袖を着ることに躊躇するという方もいるかもしれません。

振袖とは着る機会、期間が限られている特別な着物です。

その特別感が振袖の魅力でもあるのですが、「着なくなった振袖をどうするか」という問題が発生する原因でもあります。

振袖の種類

振袖の種類

振袖は、袖の長さによって大きく3つの種類に分かれます。

それぞれの種類によって格や用途も変わってきますので、振袖の種類について確認しておきましょう。

大振袖

大振袖(おおふりそで)は、袖丈(腕が入る方向に対して垂直方向の袖の長さ)が三尺三寸(約114~125cm前後)のもので、おおよそくるぶしのあたりまで袖があることになります。

本振袖とも呼ばれ、未婚女性の第一礼装です。

公的な儀式や結婚式・成人式など様々な場所で着用できます。

かつては成人式の衣装としては後述する中振袖(ちゅうふりそで)が一般的でしたが、近年は女性の身長が高くなっていることもあり、それに合わせて大振袖を選ぶケースが増えているようです。

中振袖

中振袖は、袖丈が二尺八寸(約90~105cm前後)のものを言います。

袖はおおよそ、ふくらはぎ辺りまでの長さになります。

大振袖に次ぐ礼装で、こちらも成人式や結婚式などフォーマルな場所で広く着用できます。

上述したように背の高い女性が増えていることから、同じ中振袖の中でも袖丈の長いものが年々増えてきています。

小振袖

小振袖は、袖丈が二尺三寸(約75~80cm前後)のものを言います。

袖はおおよそ、膝辺りまでの長さになります。

袖が短い分、大振袖や中振袖よりも動きやすく、気軽に着られるのでセミフォーマルの衣装としてパーティーやお茶会、観劇などに着用できます。

また、袴と合わせて卒業式の衣装などとして使われることもあります。

着なくなった振袖を処分するにはどのような方法がある?

着なくなった振袖を処分するにはどのような方法がある?

それでは、着なくなった振袖の処分方法について考えていきましょう。

代表的と思われる6つのパターンについて考察してみます。

捨てる

もちろん「捨てる」という選択肢もあるのですが、これは非常にもったいないです。

晴れ着である振袖は仕立ての良いものも多いですし、柄も華やかです。

記念の衣装として思い入れもあるでしょうから、何らかの形で再利用する方法を考えましょう。

保管しておいて娘に引き継ぐ

娘さんのいらっしゃる方にとっては、「娘が引き継いでくれる」というのが一番嬉しいことかもしれません。

しかし着物(特に絹製のもの)は湿気に弱く、経年劣化しやすいですから注意が必要です。

長い期間保管するならば、湿気対策と害虫対策を万全にしておきましょう。

湿気が少なく、風通しの良い部屋に保管しておくことが重要です。

振袖の保管の際には吸湿効果のあるたとう紙に包み、除湿剤や防虫剤を使うことが有効です。

ビニール袋は湿気を閉じ込めてしまうので、着物の保管の際には使わないようにしましょう。

また、湿気の多い季節が終わった夏と冬の年2回程度虫干しをする、定期的にたとう紙や除湿剤・防虫剤を交換するなどの手入れも怠らないようにしましょう。

せっかく娘さんに引き継ぐつもりが、開けてみたらカビだらけだったというのは悲しすぎますよね。

訪問着や小物・洋服などにリメイクする

振袖の状態を損なわないように長期間保管するのは難しいですし、手間もかかります。そこで、ここからは今すぐにできる再利用方法を考えたいと思います。

その1つ目がリメイクです。

江戸時代に振袖の長い袖を切って留袖として再利用したように、現代の振袖の中にもあとから訪問着に仕立て直せるよう、袖に柄が少なく、派手さをおさえたデザインのものがあります。

こうした振袖は呉服屋、和裁業者、悉皆屋(しっかいや)に相談すれば、袖を切って仕立て直してくれるでしょう。

また、洋服やバッグ・ブックカバー・スマホケースなどの小物に仕立て直すこともできます。

思い入れのある振袖を、形を変えて身に着けておきたいという方にはおすすめの方法です。

近くに着物リメイクを手掛けているお店が無いか、探してみてください。

知人に譲る

振袖を振袖のまま再利用する方法としては、親戚や友人で振袖を必要としている方に譲るというのが最も一般的でしょう。

やはりそもそも振袖として作られたものですから、振袖として再利用できるに越したことはありません。

お持ちの振袖を譲る先として娘さん以外にも範囲を広げてみることで、お持ちの振袖の活躍の場が広がるかもしれません。

NPO団体などに寄付する

知り合いに振袖を必要としている方がいない場合には、NPO団体などに寄付するという方法もあります。

例えば、児童養護施設を卒業した子供たちに成人式用の振り袖姿の撮影を贈っている「ACHAプロジェクト」という団体があります。

他にも振袖の寄付を受け付けている団体はありますので、お持ちの振袖を寄付したいと思える団体があるかどうか探してみるのも良いでしょう。

着物買取に出す

最後は、買取に出すという方法です。

着物買取業者を通して次に振袖を必要としている方に引き継ぐことができます。

受け取った買取代金も活用することが出来ますので、お持ちの振袖を活かすという意味ではおすすめの方法です。

着物を普段使いすることが少なくなった現代でも、振袖は成人式や卒業式などで安定した需要があります。

着物の中でも振袖は買取してもらいやすい部類に入るでしょう。

「着物 買取」などとインターネットで検索すればたくさんの着物買取業者がヒットしますので、ぜひ一度検討してみてください。

振袖の買取にはどのような方法があるか

振袖の買取にはどのような方法があるか

ここからは振袖の買取について考えてみたいと思います。

お持ちの振袖を買取に出すには、どのような方法があるでしょうか。

代表的な買取方法として以下の3つを挙げます。

リサイクルショップの着物買取

最も身近な買取店というと、リサイクルショップが挙げられるのではないでしょうか。

店舗数も多いですし、振袖を店頭まで持ち込めばその場で査定・買取してくれるので手軽です。

しかし、振袖の買取に関してはリサイクルショップはおすすめできません。

振袖を含む着物は価値の幅が大きく、専門的な知識や技術が無ければ適正な価値を見極めるのが難しい商材です。

ところが総合リサイクルショップなどは取扱商品が多岐にわたっているため、着物を専門とする査定員が常駐している店舗はほとんどないのが現状です。

そのため着物の仕立てや保存状態などを見ずに、着物の重さのみに従って買取価格を決定する従量制というシステムで査定額を出しているリサイクルショップも多くあります。

これではお持ちの振袖の本来の価値は反映されませんし、思い入れのある振袖の買取価格を重さのみに従って決められてしまうのは悲しいことです。

フリマアプリ・ネットオークション

スマホやパソコンでインターネットを利用されている方でしたら、フリマアプリやネットオークションという手も考えられます。

しかし、フリマアプリやネットオークションの買い手は不特定多数ですから、着物に詳しい買い手に出会えるとは限りません。

買い手に着物の専門知識が無い可能性が高いという意味では、リサイクルショップと同じです。

また、ご自身で金額を設定しなければなりませんので、そもそもお持ちの振袖の正確な相場を把握しておく必要があります。

また、買い手とのやりとりや出品・発送などの手間もかかります。

買い手とのトラブルも発生しやすい買取方法であるため、あまりおすすめはできません。

着物専門の買取業者

着物を専門としている買取店であれば、お持ちの振袖の正確な価値を見極めてくれるでしょう。

思い入れのある振袖ですから、買取に出すなら適正な価格で買い取ってもらいたいですよね。

ですから、お持ちの振袖が価値のあるものであるほど、思い入れのあるものであるほど、着物専門の買取業者をおすすめします。

また着物専門の業者であれば、買い取った振袖の専門業者ならではの販路を持っていることが多いです。

例えば着物レンタル業者に販売するなどの販路を持っていることで、買い取った振袖が不良在庫になるリスクは少なくなります。

そのため、リサイクルショップなどに比べて買取価格を高く設定できる傾向があります。

振袖の買取相場はどれくらい?

振袖の買取相場はどれくらい?

振袖は成人式や卒業式などで安定した需要がある着物ですが、振袖を買取に出した時の相場はどれくらいでしょうか。

また、どういった振袖なら高く買い取ってもらえる可能性が高くなるでしょうか。

いくつか例を挙げながら見ていきましょう。

「成人式で着ただけ」など新品に近い状態の振袖は買取相場にプラス

当然と言えば当然なのですが、傷やシミ・シワ・カビ・虫食い・臭いなどのない振袖の方が高く買い取ってもらえる可能性は高いです。

「成人式で着ただけ」など、傷みの少なく新品の状態に近い振袖なら査定に有利でしょう。

ただし、着物は湿気などによってカビやシミが発生しやすいです。

1度しか着ていなくても、長年保管している間に状態が劣化してしまうことはよくあります。

湿気を吸ってくれるたとう紙に包んで保管する、定期的に虫干しをするなど、普段から保管方法には留意するようにしておきましょう。

また、保管方法にどんなに注意を払っていても経年劣化を完全に防ぐことはできません。

振袖の処分を考えたなら、なるべく早く買取に出すことが有効です。

素材が正絹の振袖は買取価格が高くなりやすい

振袖を含む着物の買取において、最も買取価格が高くなりやすい素材は絹(正絹)です。

正絹製の振袖は人気が高く、中古着物市場での需要も多いです。

ただし、正絹は綿やポリエステルなどの化学繊維に比べて特に湿気に弱く、劣化しやすいという弱点があります。

お持ちの振袖が正絹製の場合、保管方法には特に注意が必要です。

振袖のサイズは大きめの方が買い取ってもらいやすい

振袖を含む着物の買取では、サイズは大きめの方が有利です。

サイズが大きい振袖であれば仕立て直すことで小柄な人も着ることができますが、サイズの小さい振袖を背の高い人が着ることはできません。

サイズが大きい振袖の方がより広い範囲の買い手を対象にできるため、買取業者も積極的に買取しやすいのです。

具体的には身丈160センチ以上、桁丈65センチの振袖の方が買取ってもらいやすいでしょう。

トレンドが振袖の買取価格に影響する

「なるべく早く買取に出すことが有効」と書きましたが、必ず新しい振袖の方が買取価格が高くなるというわけではありません。

振袖は若い女性が使う着物であるため、買取価格が着物の中でも特にトレンドに左右されやすいです。

流行は周期的に繰り返しますから、「何年か前に使った振袖が、またトレンドになっている」というケースもあるかもしれません。

トレンドを調べてみて、お持ちの振袖と条件が合致するようなら買取のチャンスかもしれません。

有名作家の作品や有名呉服店で購入した振袖

有名作家の作品や伝統工芸品・有名産地のものであったり、有名呉服店が仕立てた振袖であった場合には高く買い取ってもらえる可能性は上がります。

これらの振袖を新品で購入した場合には作家の印である落款(らっかん)、伝統工芸品や有名産地の組合が発行する証明書である証紙(しょうし)がついてきます。

これらを買取査定時に提示することで本物であることを証明できますから、高く買い取ってもらえる可能性は上がります。

また、有名呉服店で購入した場合には領収書や店名の入ったたとう紙も取っておきましょう。

着物業界内で信用のある呉服店であれば、「その店で買った」ことがお持ちの振袖の品質への信頼につながります。

こちらも高い買取価格の要因になるでしょう。

また、振袖と証明書に加えて襦袢・帯などがセットになっていれば、業者によっては査定額をプラスしてもらえる場合があります。

セットの帯や襦袢があれば、一緒に買取に出すことでへのさらなる買取価格の上乗せも期待できるかもしれません。

買取業者を選ぶ時のポイントは?

買取業者を選ぶ時のポイントは?

着なくなった振袖があるなら、経年劣化して価値を下げてしまう前に早めに買取に出すのがおすすめです。

その際は、お持ちの振袖の価値を正しく見極められる着物専門の買取業者を選ぶようにしましょう。

では、数ある着物買取業者の中から、何を基準に買取を依頼する業者を選べば良いのでしょか。

着物買取業者を選ぶ時に注意しておきたいポイントがいくつかありますので、ご紹介します。

複数の買取サービスが選べる

振袖を含む着物の買取業者が行っている買取サービスには、大きく分けて3つあります。

着物を店舗に直接持ち込んで査定・買取してもらう「持ち込み買取」、着物を買取業者に送付して査定・買取してもらう「宅配買取」、査定員に自宅等まで来てもらって査定・買取してもらう「出張買取」です。

それぞれの買取サービスにはメリットもあればデメリットもあります。

「宅配買取」なら業者と時間を合わせる必要がない代わりに査定員に直接質問や交渉ができない、「出張買取」なら自宅ですべて済ませることができる代わりに初対面の査定員を自宅に上げるという不安がある、などです。

ご自身の都合に合った買取サービスを選ぶことが重要なのですが、例えば「宅配買取」しか行っていない業者では「査定員に直接質問したい」と思ってもできません。

複数の買取サービスを提供している着物買取業者であれば、問い合わせ時にご自身の都合を伝えることで適切な買取サービスを提案してくれるでしょう。

お持ちの振袖の買取を依頼するなら、少なくとも2種類以上の買取サービスを提供している着物買取業者を選ぶのが良いでしょう。

無料サービスが充実している

振袖を含む着物の買取では業者によって、査定料・キャンセル料・宅配買取なら送料・出張買取なら出張料などの手数料がかかる場合があります。

せっかくお持ちの振袖を買取に出しても、これらの手数料で買取金額が目減りしてしまってはげんなりしてしまいますよね。

複数の業者で見積もりを取って見比べようという場合には、尚更手数料が重くなってきます。

ですから、着物買取業者を選ぶ際には買取に関わる手数料を無料としている業者を選ぶのがオススメです。

無料サービスを活用して、無駄な出費を抑えましょう。

小物類も振袖とセットで買取してくれる

振袖と一緒に、振袖に合わせて購入した帯・長襦袢・バッグ・下駄などの和装小物もお持ちだという方も多いのではないでしょうか。

着物買取業者の中には、これらの和装小物も着物と一緒に買い取ってくれるところもあります。

中にはセットで買取に出すことで買取価格をプラスしてくれる業者もありますから、小物がある場合には小物類もセットで買取してくれる業者を選ぶのが良いでしょう。

必要な情報がウェブサイトにきちんと書かれている

多くの着物買取業者がウェブサイトを持っていますが、着物買取業者のウェブサイトを見る時に確認しておきたいポイントがあります。

古物商営業許可証ナンバー・商号・住所・代表者氏名・創業や設立年などが明記されているかどうかは、重要なチェックポイントです。

これが書かれていなければ、真っ当な業者であるかどうか確認できません。

反対に、これらを明示していれば「真っ当に営業している」という自信を持った着物買取業者だと言えるでしょう。

また、ウェブサイトに買取できるもの・値段がつきにくいものなどについて説明があったり、参考価格・買取実績などを閲覧できたりする業者であれば、信用度も高くなるでしょう。

口コミや体験談を参考にする

着物買取業者の名前をインターネットで検索すると、その業者を実際に利用した人の口コミや体験談を見ることができる場合があります。

着物買取業者を選ぶにあたって、実際に利用した人の感想は参考になる部分も大きいでしょう。

ただし、インターネット上の匿名の情報ですから、すべてが事実を反映した情報だとは限りません。

口コミや体験談は参考にはなりますが、あくまで参考程度にとどめておいてください。

複数業者に査定を依頼してみる

利用したい着物買取業者をいくつかに絞ることができたら、実際に査定をしてもらって見比べるのも手です。

複数の業者から見積もりを取ることでお持ちの振袖の正確な相場も分かりますし、その中で最も高い査定額をつけてくれた業者を選ぶこともできます。

また査定額以外にも、電話問い合わせのオペレーターや査定員の対応などから信頼できる業者を選ぶことができます。

実際に査定の様子を見てから選ぶことで、納得感も変わってくるでしょう。

複数業者から相見積もりを取る際には無駄な出費を抑えるために、無料サービス上手く活用するようにしてくださいね。

買取の注意点をおさらい

買取の注意点をおさらい

振袖の買取について考えてきましたが、ここで振袖を買取に出すなら押さえておきたい注意点についておさらいしましょう。

保存状態に注意

傷やシミ・シワ・カビなどの有無は、振袖の買取価格に大きく影響します。

湿気が少なくて風通しの良い場所に保管する、湿気を吸ってくれるたとう紙に包んで保管する、定期的に虫干しをするなどのお手入れをしましょう。

また、経年劣化しないうちに早めに買取に出すことも有効です。

着物専門店に買取を依頼する

振袖などの着物は価値の幅が大きく、専門的な知識や技術が無ければ適正な査定価格を出すのが難しい商材です。

お持ちの振袖を本来の価値に見合った価格で買い取ってもらいたいなら、着物専門の買取業者に買取を依頼することが重要です。

売ってしまってから後悔することのないように、信頼できる着物買取専門業者を選びましょう。

複数業者に査定してもらう

着物専門の、しかも複数の買取業者に査定をしてもらうことをオススメしています。

複数の買取業者からの見積もりを見比べることでより正確な相場を知ることができますし、その中で最も査定価格の高かった業者を選ぶこともできます。

大手の着物買取業者が行っている買取方法に、査定員が自宅まで来て査定・買取をしてくれる「出張買取」があります。

出張買取を行っている業者の中には、出張費や査定料などの手数料を無料にしている業者も多くありますから、そういったサービスを利用すれば自宅にいながら無料で複数業者からの相見積もりをとることもできます。

実際の査定を受けてから見比べることで、買取価格だけでなくサービス内容の面からも信頼できる業者を探すことができます。

成人式などで着た振袖の処分はどうする?着物買取をはじめオススメの方法をご紹介!まとめ

成人式などで着た振袖の処分はどうする?着物買取をはじめオススメの方法をご紹介!まとめ

今回は、成人式などで使ったあと着なくなった振袖の処分方法についてご紹介してきました。

思い入れのある振袖をただ捨ててしまうのはもったいないですから、知り合いに譲る・リメイクするなど、振袖を再利用できる方法を考えましょう。

着物買取に出せば、お持ちの振袖を必要としている方に買取業者を通じて引き継ぐこともできますし、ご自身も買取金額を活用することができます。

この記事を参考に振袖の処分方法を検討し、お持ちの振袖に新しい活躍の場を与えてあげましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!