着物買取について

着物買取で訪問着って売れる?訪問着の買取相場と高値で売るコツ

訪問着の買取相場と高値で売るコツ

訪問着は社交的な場での着用が望ましいとされる準礼装です。

着物はどのようなシーンで着用するかによって装いも変わり、ちょっとしたパーティやお茶会などフォーマルシーンでの着用が望ましいとされる訪問着は、いわば『スーツ』に分類される着物です。

しかし着る機会がなくなり、いつのまにか箪笥に眠ってしまうという訪問着をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は着なくなった訪問着はどのように売却すれば良いか、着物買取における訪問着の買取相場はいくらなのか、そして買取に出す際の注意点など様々な視点から訪問着の買取方法を紹介します。





訪問着は保管するだけでも手間と時間がかかる

訪問着は保管するだけでも手間と時間がかかる

ご自宅で保管している訪問着の多くは、過去に着用したことのあるものが大半ではないでしょうか。

いざ売ろうにも『古くて値段なんて付かないのではないか』と感じることもあるでしょうし、愛着や思い入れも深く箪笥に眠らせたままという訪問着もあると思います。

家族から譲り受けた訪問着であれば簡単に処分するというのは忍びなく、今と変わらず保管される方もいらっしゃるでしょう。

ただ保管するだけなら防虫剤を入れてしまっておけば良いですが、訪問着などの着物の場合は定期的に湿気を取るために空気の入れ替えを含む虫干しを行わなければなりません。

着る機会がないのに年に数回(季節の変わり目など)も保管のための手間を取ると考えると、このまま保管し続けるのも考えものではないでしょうか。

着る機会のない訪問着は思い切って買い取りに出してみよう

着る機会のない訪問着は思い切って買い取りに出してみよう

処分するには忍びなく、そして保存するには手間のかかる訪問着。

そこで一度検討いただきたいのが着物買取サービスです。実施しているのはリサイクルショップや質屋など、実は着物買取を行っているお店も多いのでどこに頼んでみようか迷ってしまうかもしれませんね。

着物買取において近年注目を集めているのが、『着物買取専門店』です。リサイクルショップや質屋と何が違うのかといえば、買取対象品を着物に限定していることが最も大きな違いではないでしょうか。

着物には種類も多数ありますから、『着物買取専門店』以外での査定の場合なかなか価値を見抜けず、思った以上に買取価格が低いとお悩みも方もいらっしゃるようです。

しかし『着物買取専門店』は名前の通り着物に特化しているがゆえ、気になる価値の見落としもなく思い出の詰まった大切な着物を安心して売却できるといえるのではないでしょうか。

気になる訪問着の買取相場は?

気になる訪問着の買取相場は?

結論から申し上げて訪問着は高値になりやすい傾向の強い種類の着物です。

実は着物の中には値段が安くならざるを得ない種類や値段の付かない種類もありますが、訪問着は余程のことがない限り値段が付くと思って良い種類なのです。

ただし、一言で『訪問着』といってもいくつかの種類に分けられます。ここではそんな訪問着の買取相場をまとめてみました。

査定価格が期待できる訪問着の種類と買取相場

訪問着の種類 買取相場
国宝作家の訪問着 10,000円〜500,000円
国宝じゃない作家の訪問着 500円〜300,000円
老舗ブランドの訪問着 1,000円〜300,000円
ノーブランド品の訪問着 300円〜50,000円
デザイナー系(監修含む) 300円〜50,000円

1円でも高く!訪問着を買取に出す時に押さえておきたい注意点

1円でも高く!訪問着を買取に出す時に押さえておきたい注意点

大切な訪問着を買取に出す際、せっかくなら1円でも高い値段を付けて欲しいものですね。

これからご紹介するのは訪問着の値段付けにあたり重要なポイントになります。しっかり押さえておきましょう。

訪問着の状態(生地の状態)が重要

訪問着も含め、全ての着物は状態次第で値段が大きく変わります。

着物は買取されたのち、着物市場に出回り小売業者などに再販されます。

同じ着物であっても状態が良いものと悪いものが並んでいたら、どちらが売れるのかといえば結果は一目瞭然ではないでしょうか。

着物の状態例としては『シミなどの汚れ』『湿気によるカビの有無』『擦れやダメージ』これらは全て生地の状態として細かくチェックされます。

査定時には証紙がないとマイナス

訪問着の買取相場の項目で紹介したように、訪問着の中には有名作家や特定の産地でつくられたものがあります。

証紙とはその価値を証明するもので、例え訪問着に描かれた柄や落款の有無で見分けがつく場合でも、証紙がなければその証明にはならずマイナス評価となってしまうのです。

丈は短いよりも長い方が良い

着物は洋服のようにサイズ表記や分類もなく、『購入者ごとの体系に合わせたサイズ感』となっています。

そのため小さな丈から大きな丈まで多岐に渡りますが、査定評価がアップする丈の目安としては150センチ以上のもの(女性の平均身長よりも上)であれば悪いない傾向が見られます。

柄の善し悪しも査定価格に影響する

訪問着の柄も善し悪しを決めるポイントで、例えば日本古来から伝わる古典柄であったり季節感を感じる柄や色味をたくさん使っているものが好まれます。

ただし、着物市場に出回らないような特殊な柄なども珍重されますので一度着物買取の際に確認してみることをおすすめします。

まとめ:訪問着を安心して売るためにはしっかりした業者選びが必須

訪問着を安心して売るためにはしっかりした業者選びが必須

訪問着の買取を行っている買取業者や買取店は数多くあり、どこを選べば良いのかが重要です。

例えば着物買取の実績が豊富なところや着物買取における知名度が多いところ、そして利用者に応じた買取サービスが多く選べるようになっているところなど様々。

今回ご紹介したコツを元に、まずは買取店選びから初めてみてはいかがでしょうか。

サービス内容や買取方法の比較を行った上で、あなたのスタイルに最も合うところに相談してみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!