着物買取について

着物の保管はどうすれば良い?衣装ケースでできる収納・保管方法とは

着物の保管はどうすれば良い?衣装ケースでできる収納・保管方法とは

着物の正しい保管方法はご存知ですか?

特別な日の衣装やおしゃれ着として使われることが多い着物ですが、いざ着ようと思ったときにカビや虫食い跡があったのではせっかくの1日が台無しです。

原宿の古着屋でも中古着物を取り扱っているなど、近年は若い世代の着物人気も高まってきていますが、収納や保管の方法については十分に浸透していないというのが現状ではないでしょうか。

着物は保管に気を使わなければならない衣装です。

正しい保管方法を知らなければシミやカビが発生するなど、状態が悪くなってしまう恐れがあります。

着物の保管と言えば、桐たんすというイメージがあります。

桐たんすでの保管は、どのような点がメリットなのでしょうか。

また、桐たんすを持っていない場合、衣装ケース等では着物の保管はできないのでしょうか?

この記事では衣装ケースなどを使ってもできる、着物のおすすめの収納・保管方法についてご紹介します。





そもそも桐たんすは着物の保管にとって何が良いの?

そもそも桐たんすは着物の保管にとって何が良いの?

着物の保管には衣装ケース等よりも桐たんすが良いと言われますが、そもそも桐たんすの何が着物の保管に良いのでしょうか。

着物の保管に桐たんすを利用することのメリットは以下の通りです。

・素材の桐が湿気を吸ってくれる

・虫がつきにくく燃えにくい

素材の桐が湿気を吸ってくれる

絹できた着物は、湿気に対して非常に弱いという性質があります。

湿気の多い場所に置いておくとカビや虫食いの原因になってしまいます。

着物の保管に桐たんすが適していると言われる理由は、桐たんすの素材である桐が着物の大敵である湿気を吸ってくれるからです。

桐が湿気を吸ってくれることで、湿気が着物に溜まってカビや虫食いの原因になることを防いでくれます。

また、桐は湿気を吸うと膨張する性質があります。

湿度の高い日は桐が湿気を吸って膨張し、外の湿気を含んだ空気がたんすの中に入ることを防いでくれるのです。

反対に、湿度が低い日には、湿気を吐き出して収縮します。

これによってたんすの段と段の間に隙間ができ、たんすの中に乾いた空気を通すことができるのです。

これらの性質のおかげで着物は余分な湿気を吸うことがなく、適切な湿度で保管ができます。

適切な湿度で保管できれば、カビや虫食いの発生を予防することができます。

虫がつきにくく燃えにくい

桐には、虫がつきにくく燃えにくい特徴があります。

湿度の調整機能に加えて虫がつきにくい性質があるため、桐は虫食い予防に最も優れた素材であると言えるでしょう。

桐のたんすが燃えにくいという点は、火事の際に着物を守るために重要です。

衣装ケースを使って着物を保管する方法は?

衣装ケースを使って着物を保管する方法は?

桐たんすは着物の保管に適していますが、デメリットは値段が高いことでしょう。

「着物の保管に適しているなら桐たんすを買ってみよう」といっても、気軽に買えるものではありません。

そのため、ホームセンター等で買うことが出来る安価なプラスチック製・布製の衣装ケースに着物を収納するというのが、現実的には多いケースではないでしょうか。

では、桐たんす無しで着物を良い状態に保ったまま保管するにはどのような方法があるでしょうか?

衣装ケースに収納しながら桐たんすのメリットである「湿気対策」と「防虫効果」を得るにはどうすれば良いか、方法を以下にご紹介します。

着物を着用したら収納前に陰干しする

脱いだ直後の着物や帯は、汗や外の湿気などを吸い込んでいます。

着物をこのまま衣装ケースに収納するとカビや虫食いの原因となるため、よく風を通してから衣装ケースに収納するようにしましょう。

着物を直射日光に当てると変色の原因になってしまう可能性があるため、風通しの良い室内で半日~1日ぐらい陰干しをしましょう。

干し終わったら、柔らかい布で着物や帯についたほこりを払ってあげるようにします。

このときに、着物にシミや汚れがついていないかも同時に確認すると良いでしょう。

たとう紙に包んで収納する

たとう紙に包んで収納する

十分に陰干しした着物は、たとう紙に包んで収納するようにしましょう。

たとう紙には着物の湿気を吸ってくれる作用があるためです。

保管時にたとう紙があるのとないのとでは、長く着物を保管した時の湿気の溜まり方が大きく変わります。

たとう紙は着物を購入した時に呉服店が付けてくれるほか、ネット通販等でも買うことができます。

たとう紙は長く使っていると水分を含んでふにゃふにゃになってきたり、黄色く変色してきたりします。

たとう紙が変色してきた際は、湿気を吸って機能が落ちてきた印です。

そのため、たとう紙が劣化していた場合には、新しいたとう紙を取り換えるようにしましょう。

着物は重ねすぎない

衣装ケースに着物を収納する際に、着物をたくさん重ねすぎると、重みで型崩れやシワの原因になってしまうことがあります。

桐たんすなら、1段ずつの幅が狭く、たくさんの着物を重ねられないようになっていますよね。

着物の型崩れ防止のためにはきちんとたたんで収納するようにしましょう。

また、収納時に5枚以上重ねないようにしましょう。

できれば、着物と帯は分けて収納しましょう。

着物と帯は形が違いますので、長く保管していると重ねた部分が型崩れを起こしてしまう恐れがあります。

どうしても一緒に収納しないといけない場合は、着物を下に、帯を上に収納する方が比較的ダメージは小さいでしょう。

なお、小物類は着物や帯を傷つける可能性があるため、分けて収納するようにしてください。

すのこや除湿剤・防虫剤を使う

すのこや除湿剤・防虫剤を使う

しっかり陰干ししたとはいえ、保管時の湿気対策がたとう紙のみというのはいささか心許ないです。

特に衣装ケースの底は湿気が溜まりやすいですから、底にすのこを敷いてあげましょう。

また、除湿剤を使うのも有効です。

着物の虫食い対策という点では、やはり防虫剤を使うのが良いでしょう。

虫のつきやすさは着物の素材によっても変わってきます。

特にウールの着物や帯は虫の被害に遭いやすいため、ウール素材のものは1つにまとめて保管し、防虫剤をよく効かせるようにするのがおすすめです。

なお、除湿剤や防虫剤は着物に直接触れると変色等の原因となってしまうことがあるため、使用の際はすのこの下やたとう紙の上からなど、着物には直接触れないようにしてください。

また、除湿剤と防虫剤の併用は問題ないのですが、複数種類の除湿剤・複数種類の防虫剤を同時に使うと化学変化を起こしてシミや変色の原因になってしまうことがあります。

除湿剤や防虫剤は、それぞれ1種類ずつ使用しましょう。

定期的に虫干しする

収納時に湿気対策を十分していたとしても、長く保管しているうちに着物に湿気が溜まってしまうことはよくあります。

それを防ぐために、年に2~3回ほど着物を虫干ししてあげるようにしましょう。

虫干しとは、虫の駆除や湿気を飛ばすため乾燥した時期に着物を陰干しすることです。

細着物を干す時期によって土用干し(7月下旬~8月上旬)・虫干し(10月下旬~11月上旬)・寒干し(1月下旬~2月上旬)と呼ばれます。

干す時間帯は湿気の少ない10時~15時に、数時間室内干ししてあげると良いでしょう。

夕方になるに従って湿気が増えてきますので、あまり長く干さずに早めにしまうのがおすすめです。

この虫干しのタイミングで、たとう紙や除湿剤・防虫剤の効力が着れていないか確認してあげると良いでしょう。

虫干しした着物や帯は着用後の収納と同じように、シミや汚れがないかチェックし、柔らかい布でほこりを払ってから収納するようにしましょう。

虫干しができない場合には、衣装ケースの蓋を開けて空気を入れ替えてあげるだけでも効果があります。

また、長く保管したままにせずにたまには着用するということも、湿気を溜めないためには有効でしょう。

もちろん、着用した際は収納の前に陰干ししてあげてくださいね。

衣装ケースの湿気・虫食い対策は、桐たんすに保管している場合でも有効です。

桐たんすをお持ちの場合にも「桐たんすに保管しているから」と油断してしまわずに、湿気や虫食いには十分気を使ってあげるようにしましょう。

保管しきれない着物は買取も

保管しきれない着物は買取も

大量の着物を保管するというのは大きな手間もかかり、やはり大変です。

着物を保管しきれないと思ったら、どうしても手元に置いておきたい特別な着物以外は状態が悪くなる前に買取に出してしまいましょう。

何年も袖を通していなかった着物も、買取を通して必要としている人に引き継ぐことで、きっと有効活用してもらえるでしょう。

お持ちの着物が新品・未使用で汚れやシミがないもの、絹(正絹)製のもの、有名産地の着物や伝統工芸品・有名作家の着物などであれば、高く買取してもらえる可能性は大いにあります。

加えて、着物にもサイズによって需要の違いがあります。

丈が150センチ以上のサイズであれば需要が見込めるため、買取もしてもらいやすいでしょう。

色や柄についても、そのときの流行によって需要が変わります。

着物を買取に出す際には、着物の価値をしっかりと見極められる着物専門の買取業者に査定を依頼するようにしましょう。

総合リサイクルショップなどの着物に特化していない買取店では着物1枚1枚の価値を見極められず、価値ある着物でも思わぬ安値で買取されてしまうことがあります。

まとめ

まとめ

今回は、衣装ケースを使った着物の収納・保管方法についてご紹介してきました。

着物は湿気に弱いです。

今回ご紹介した方法を参考に、着用後・収納時・保管中など、着物に湿気が溜まらないように十分注意してあげましょう。

また、着物の保管が難しい場合には、カビや虫食いによって傷めてしまう前に買取に出すのも1つの手です。

その際は、着物の適正な価値を見極められる着物専門の買取業者に査定を依頼するようにしましょう。

バイセルは着物に関する専門的な知識や査定技術を持ったスタッフが在籍している着物買取サービスです。

着物を買取に出す際はぜひ一度お試しください。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!