着物買取について

もう着ることのない、あなたの着物を現金化する方法

もう着ることのない、あなたの着物を現金化する方法

何年も袖を通していない着物を手放そうか、お悩みでしょうか?

「大切にしてきた着物ですから、なるべくお得に現金化したい」

「大切な着物だから、大切に扱ってほしい」

リサイクルショップ・着物の買取業者・インターネットを使ったオークションなど、今の時代は様々な方法で着物を現金化することが可能です。

ですが、たくさんの選択肢があるせいで買取方法に迷ってはいませんか?

今回のコラムでは、多数ある買取方法をご紹介・比較しながら、どの方法が着物を高い値段で現金化できるのかを詳しくご紹介します。

また、着物の現金化には、着物の種類や状態によってもその価格は大きく影響してきます。

どのような点に気を付ければ良いのかも併せてお伝えします。





必要なくなった着物を現金化する

必要なくなった着物を現金化する

今の時代、着物を現金化する方法は多数存在しますが、代表される現金化の方法としては大きく分けて3つ挙げられます。

代表される現金化の方法は大きく分けて3つあります。

・着物の買取業者

・リサイクルショップ

・オークションやフリーマーケットサイト(アプリ)

結論からお伝えすると、着物を現金化する最適な方法は着物専門の買取業者を利用することです。

なぜ、着物専門の買取業者が最適なのか、その理由についてご説明いたします。

現金化する着物買取方法について

着物を現金化する方法として着物専門の買取業者に依頼するのが最も適切な方法です。

着物は作家名(製造元)・生地・状態・種類など多くの項目によって、その価値が決まります。

適切な査定額をはじき出すためには、着物に対しての豊富な知識と査定技術をもっていないと難しいとされています。

着物専門の買取業者はその名の通り、着物・帯・和装小物などを専門に買取を行ってくれる業者のことです。

扱っている品は着物をはじめ、帯や和装小物などの和装品全般の査定を行っています。

そのため、着物専門の買取業者は着物類の知見が豊富であるため、着物や帯の価値を見落とすことが少なく、価値に見合った査定額を提示してくれます。

例えば、リサイクルショップは予約なしで手軽に着物買取をしてくれるので、着物の現金化の選択肢として考えている人もいるのではないでしょうか?

リサイクルショップやオークションサイトの利用はおすすめできない

リサイクルショップやオークションサイトの利用はおすすめできない

リサイクルショップには着物に詳しい店員が必ず在籍しているとは限りません。

多くの店員が着物の価値を判断することは難しいため、場合によっては着物の重量を基準に買取価格を提示してしまうかもしれません。

刺繍や染め方に凝った、価値ある着物を生地の重さだけで買取価格を決められてしまうのは悲しいことかと思います。

他の着物の現金化方法として、オークションやフリーマーケットサイトがあります。

「着物ファンが買い取ってくれるかもしれない」という理由で、検討されている方もいるのではないでしょうか?

しかし、オークションやフリーマーケットサイトの利用のためには、着物出品の準備をすべて自分自身で行う必要があります。

細かな個人情報の設定・着物の写真撮影・商品の説明文など、非常に多くの時間を割く必要があります。

加えて、いつ買い手が付くかも分かりませんし、購入に至ったとしても「写真と実物が違う」「シミが付いている」などの購入者からのクレーム対応に追われる可能性もあります。

出品準備の手間やトラブル発生のことを考えても、手軽に申し込みができて、すぐに着物を現金化できる着物専門の買取業者を利用した方が無難と言えます。

ここまでにお伝えした内容を一覧としてご紹介します。

方法 手続き方法 トラブル有無 買取価格
着物専門の買取業者 早い 少ない 着物に精通した査定員が査定を行うため、適切な買取価格を提示してくれる
リサイクルショップ 早い 少ない 重量を基準に買い取られる可能性あり
オークション
フリマサイト(アプリ)
遅い 多い 買い手によっては高額になる場合もあり

一覧でもお分かりいただけると思いますが、買取額・手間・トラブルなどを総合的に考えると、着物専門の買取業者が適切であることがご理解いただけたかと思います。

着物買取業者選びのポイント

着物買取業者選びのポイント

着物専門の買取業者を利用するのが適切であることをご理解いただきましたが、着物を専門に扱っている買取業者は多く存在し、業者ごとに提供しているサービス内容も違います。

「少しでも高く現金化したい」

「信用できる業者に着物を買い取ってほしい」

「買取のサービスってどんなのあるの?」

など、人によっていろんな悩みや考えがあると思います。

先ほど着物買取業者はトラブルが少ないとご説明をしましたが、買取業者の中には安く着物を買い叩く業者も僅かではありますが存在し、実際に着物買取を利用した人の口コミや評判でもトラブルの声を見ることがあります。

では、どうしたら大切な着物を安心して、かつ高価格で買い取ってもらえるのか。

着物買取業者を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

着物買取業者選びのポイント①:無料査定

査定を無料で行ってくれる業者であることは、着物買取業者を選ぶ条件として最低限、押さえてほしい項目です。

なぜなら、着物専門の買取業者であっても業者ごとに着物査定の評価基準が多少異なるため、業者によっては査定額が違ってくるためです。

お持ちの着物の価値がどのくらいなのか知りたい人は、まず無料査定を依頼するといいでしょう。

また、「少しでも高く現金化したい」とお考えでしたら、複数の買取業者に無料査定をお願いして、査定額を比較するもの手段の一つです。

もちろん何度も買取業者の対応をする必要があるので手間になってしまうので、その点を考慮して買取の申し込みをするようにしましょう。

着物買取業者選びのポイント②:アフターフォローがある

着物買取業者選びのポイント②:アフターフォローがある

着物買取は大切な着物を手放すわけですから、人によっては着物を手放したことを後になって後悔してしまうかもしれません。

後になって「着物を手放さなければよかった」などの後悔にならないように、アフターフォローがある着物買取業者を選ぶようにしましょう。

アフターフォローというのは、例えばクーリング・オフ制度やフォローコールなどです。

クーリング・オフ制度とは、8日間などの期間までに連絡をすれば一度買取をした着物を返却してもらえる制度です。

一度着物を手放した後に「やっぱりまた着たい」「知り合いに譲りたくなった」などの状況の変化にも対応できるので、着物を手放した後悔もなくなるでしょう。

フォローコールは、査定員と買取依頼者の間だけで買取を成立されることがないよう、第三者の立場から買取依頼者に買取の意思があるかを確認する方法です。

第三者とは、買取業者が査定員とは別に用意している専門の部署などのことで、買取成立前に買取依頼者に電話をかけます。

査定員だけの独断で買取が成立することが防ぐ目的にもなっているので、買取依頼主が不利益になることがなく、着物買取に詳しくない人でも安心して利用できる制度となっています。

アフターフォローの充実している着物買取業者は、利用者の疑問や不安を払拭して安心して利用していただくことを重視しているとも言えるので、信用できる着物買取業者である可能性が高いです。

着物買取業者選びのポイント③:複数の買取サービスを行っている

着物買取業者の中には、主に3種類の買取サービスを行っている業者が存在します。

・出張買取

査定員が自宅に訪問して査定から買取までを行うサービス

・宅配買取

自身で着物を段ボールに詰めて買取業者へ送り、後日査定額の提示と現金の振込がされるサービス

・持込買取

着物を直接、着物買取業者の本社や各地域のセンターへ持込んでその場で査定から買取までを行うサービス

3つの買取サービスの詳細については後ほどご説明しますが、自身のライフスタイルに合わせて柔軟に買取方法を選べるのは、利用者側にとってはとても便利であるため、上の3つの買取サービスを行っている買取業者は候補に入れるようにしましょう。

着物買取業者選びのポイント④:全国対応

着物買取業者選びのポイント④:全国対応

複数の買取サービスを用意していたとしても、自身が住んでいる地域が対象エリアでないと実際に利用することはできません。

そのため、全国対応している買取業者であることも買取業者選びのポイントの一つです。

例えば、査定員が自宅まで訪問して、査定や買取をしてくれる出張買取は、着物を大量に持っている人や、着物の持ち運びが面倒と感じている人にはちょうどいいサービスです。

しかし、買取業者によってはあなたが住んでいる地域が出張対象外になっている可能性があります。

業者ごとに出張対応の可否を一つひとつ確認するのは手間でもあるので、業者選びの際は「全国対応」をしてくれる業者に絞ることで、出張エリアを確認する手間も省けるでしょう。

着物買取業者選びのポイント⑤:査定員とコミュニケーションが取れる

買取サービスの中には査定員と直接コミュニケーションが取れる出張買取と持込買取があります。

「自分の着物がどのように査定されるのか」

「査定額の理由を知りたい」

「どんな査定員がいるのだろう」

など、高く現金化したい考え以外も様々な不安を抱えていることかと思います。

着物買取において、ちょっとでも不安を抱えている人にとって、査定員と直接コミュニケーションの取れる出張買取・持込買取がオススメです。

しかし、着物買取業者の中にはマナー教育が行き届いていない査定員が稀に存在するため、人によっては「この査定員には質問しにくいな」と感じてしまうこともあるでしょう。

そのため、出張買取や持込買取を検討されている人は、申し込みたい買取業者の査定員がしっかりと教育がされているかを会社HPなどで事前に確認しておきましょう。

「査定員の教育研修」「ビジネスマナー研修」などの文言を記載している買取業者は査定員への研修を定期的に行っているため、技術・コミュニケーションに長けた査定員が多く在籍していることが考えられます。

また、男性の査定員に少し抵抗がある人は女性査定員が在籍している買取業者があることも依頼をする業者の候補にしておきましょう。

着物専門の買取業者で現金買取

着物専門の買取業者で現金買取

高値で安全に着物を現金化するには、着物専門の買取業者を利用するのが最適です。

ここからは実際に申し込みをする流れと、買取業者が行っている買取サービスについてご説明をします。

申し込みの流れと、買取サービスの違いを把握してあなたに合った買取サービスを選ぶようにしましょう。

現金買取の流れ

着物専門の買取業者での申し込みの多くは、各買取業者のHP(ホームページ)から行うことができます。

HPからのお申し込みを済ませた後、買取業者の専門部署から電話かメールで連絡があり、申し込んだ買取サービス内容の説明や、査定の訪問日の調整などを行います。

その後の対応は、申し込んだサービスによって大きく変わってきます。

無料査定ができる業者もある

出張買取サービスを全国展開している業者の多くが無料で査定を行ってくれます。

「まずは、自分の着物の価値を知りたい」という人は、気楽な気持ちで査定だけ依頼してみるのはどうでしょうか。

もちろん、無料査定のサービスを行っていない業者もいるので、実際に査定の依頼をする際はインターネットや電話などで事前に確認しておくようにしましょう。

出張買取で無料で買取をしてくれるので、査定員が提示してくれた金額から、出張や査定などにかかる手数料が引かれる心配もないので、安心してその場で現金を受け取ることができます。

お持ちの着物の買取には、法令に基づいて本人確認資料が必要となります。

出張買取においては自宅での査定となるので忘れることはないと思いますが、パスポートや運転免許証などは事前に準備しておきましょう。

査定結果に納得できない場合は?

査定結果に納得できない場合は?

無料で査定してくれて、なおかつその場で現金を渡してくれる出張買取サービスですが、中には「少し手間をかけてもいいからより高く買取をしたい」と考える方もいると思います。

そういった方は、一度提示された査定額での買取を勇気を持ってお断りしましょう。

査定を無料で行っている買取業者は複数存在しますので、もう1、2社ほど同様に査定を依頼して、複数の買取業者の査定額を比較することで、より納得感を持って大切な着物を手放すことができるでしょう。

しかし複数業者に査定依頼を出すということは、それだけ手間と時間が掛かってしまうので、その点をふまえて検討してみてください。

買取方法の一覧

着物専門の買取業者では、出張買取以外にも宅配買取・持込買取を行っている業者が多く存在します。

ここまで出張買取を例に、着物専門の買取業者についてお伝えしましたが、宅配買取・持込買取のそれぞれの特徴についても一覧としてご紹介します。

「査定員を家にあげたくたい」

「対面での買取をしたくない」

「なるべく早く着物を買い取ってほしい」

などの、ご自身の気持ちや状況に合わせて使い分けてみてはどうでしょうか。

以下が3つの買取方法の特徴をまとめた一覧です。

買取方法 特徴 現金買取の是非
出張買取 ・無料査定で着物の価値を知りたい人に向け
・着物を大量に所有している人に向け
できる(できない会社もあります)
宅配買取 ・対面での買取をしたくない人に向け
・キャンセル時の返却配送料がかかる場合がある
できない
持込買取 ・早く着物の査定をしてほしいと考えている人向け
・持ち運ぶ必要があるので、他の2つの方法よりも時間が掛かり面倒
できる

出張買取(おすすめ)

出張買取(おすすめ)

出張買取は査定員が自宅に訪問してその場で着物の査定から買取までを完了させるサービスです。

上の一覧でもご紹介していますが、

「着物をお店まで持ち込むのが面倒」

「着物を宅配のために梱包するのが面倒」

「大量の着物があって持ち運ぶことが難しい」

などの悩みを抱えている人に向いている買取方法です。

また、目の前で着物の査定風景を見ることができるので、疑問・不安なことをその場でも直接聞くことができるので、提示してもらった査定額にも納得をして買取をすることができます。

宅配買取

宅配買取は、ご自身で査定に出したい着物を段ボールに詰めて送り、後日査定額の連絡があり、銀行振り込みで査定額を受け取ることができる買取方法です。

「日中あまり自宅にいることが少ない人」

「対面での買取をしたくない人」

などにちょうどいい買取方法です。

時間に縛られないので忙しい人には向いていますが、

・査定の様子を見ることができない

・現金化までに時間がかかる

・返却希望の場合、送料がかかる場合がある

などのデメリットがあります。

大切にしてきた着物がどのように扱われているのか分からないため、着物の扱い方に不安がある人は、出張買取と持込買取を検討する方が良いでしょう。

持込買取

持込買取は、買取業者の本社や各地域に設置してあるセンターに着物を持ち込んで、その場で着物の査定から買取までを行ってもらうサービスです。

「査定風景を見てみたい」

「自宅に人を上げたくない」

「お店(会社)の雰囲気を確認したい」

「着物査定について直接相談をしたい」

などと考えている人に適した買取方法です。

出張買取と同様に査定している様子を確認することができるため、着物について気になることをその場で直接質問することができるので、納得して買取をすることができます。

また、人によっては着物買取を依頼した会社の雰囲気を知りたい人もいるでしょう。

持込買取では、買取業者の本社や各地域にあるセンターで行うため会社の雰囲気を知ることができます。

「どんな会社が私の着物を買取するのだろう」と少し気になる人とっては、持込買取も選択肢の一つと言えるでしょう。

着物の買取価格が高くなる条件について

着物の買取価格が高くなる条件について

着物の価値を見極めて査定額を出す査定員は、着物のどのような点に着目をして着物の価値を判断しているのでしょうか。

ここでは、着物が高い価格で買い取ってもらえる条件についてご紹介します。

お持ちの着物が以下の条件に当てはまっている場合、まずは無料査定をしてその価値を確認してみましょう。

着物の買取価格が高くなる条件

着物の買取値は、着物の作家名・素材・状態・種類などの条件で大きく変わってきます。

特に国宝級の作家が制作した着物は人気も高いため、高い買取値が付く可能性があります。

もちろん着物にシミ・カビ・シワなどが付いていると、着物が本来持っている風合いが失われていると判断されて査定額が下がってしまう可能性もあるので、日頃の手入れにも注意しましょう。

買取価格が高くなる条件①:有名作家や国宝級職人の作品

有名作家や国宝級の職人が心を込めて作成した着物の多くは、高い価格で買い取ってもらえる条件の一つです。

有名な作家・国宝級の職人が作成した着物は『作家着物』とも呼ばれ、高い技術を駆使してつくられるため高い評価を得ている着物が多くあり、作家の名前によっては多くのファンも存在しています。

国宝級の職人をはじめ、有名な作家が作った着物には自身の作品を示す『落款(落成款識:らくせいかんし)』がついている場合が多く、着物の価値を決めるための重要なポイントです。

そのため買取時の査定員も必ず確認をする項目となっているので、お持ちの着物に落款が付いているかを事前に確認しておきましょう。

買取価格が高くなる条件②:有名デパートや老舗呉服店の着物

買取価格が高くなる条件②:有名デパートや老舗呉服店の着物

有名デパート・老舗呉服店で購入した着物も高価格で買い取ってもらえる場合があります。

理由は有名デパート・老舗呉服店が選んで販売している着物であるため、信頼と安心が着物の質を保証してくれるため、高価格で買い取ってもらえる傾向にあります。

老舗呉服店で扱っている着物は、国内の職人が仕立てている着物が多く、使用している素材から用いれれている技法など、手が込んだ作品を多数取り揃えています。

着物の品質を保証してくれている有名デパート・老舗呉服店のお墨付きの作品であれば、高い価格で買い取ってもらえる可能性は十分にあります。

買取を申し込む前には、購入したお店を証明するために、購入店の領収書やたとう紙があるかを事前に確認しておきましょう。

たとう紙とは、着物などを包んでおくための紙です。

たとう紙の表面には購入店の名前が記されている場合があります。

買取価格が高くなる条件③:有名産地物・伝統工芸品の着物

日本の各地には有名な染織物が点在していて、それぞれが長い歴史の中で伝統工芸品の技術を伝承しながら普及活動の積極的に行っているところが多くあります。

例えば、紬糸(つむぎいと)と呼ばれる、蚕の繭やくず繭を紡いでつくられる絹糸を素材に織られる『紬(つむぎ)』の着物が、その産地ごとの特色を表しています。

有名な紬としては、

・久留米紬

・大島紬

・結城紬

・塩沢紬

・牛首紬

などが挙げられます。

長い歴史の中で培われた技術で作られる各地の伝統工芸品は、技術を守りながら伝承してきた各世代の努力の結晶とも言えるでしょう。

昔から伝わる工芸品の伝統を守るために協同組合を組織して、品質の保全を行っているところもあります。

伝統工芸品の多くには、協同組合などの組織が品質の保証を示す『証紙』がついている場合があり、証紙は有名な伝統工芸品であることを示す証拠になるので、査定額にも大きく影響してきます。

お持ちの着物が伝統的な工芸品とのことでしたら、証紙があるかを事前に確認しておきましょう。

あなたの着物を少しでも多額の現金にするために

あなたの着物を少しでも多額の現金にするために

有名な作家や染織物、有名デパート・老舗呉服店のお墨付きが付いている着物が高い価格で買い取ってもらえる傾向にあることをご理解いただいたと思います。

しかし、買取価格が高くなる条件にあっていたとしても、着物の種類や状態、査定をする業者によっても査定額は大きく異なってくる場合もあります。

今までご説明した含めて、着物を少しでも高く現金化するためのポイントを5つご紹介します。

多額の現金にするためのチェックポイント①:着物の種類

着物の種類の違いは着物買取において重要な項目の一つです。

比較的に買取価格が高くなるのは、着る年代や場面(結婚式やお茶の稽古など)が多い着物だったり、絹(正絹)などの高級素材で作られている着物などが挙げられます。

着物の種類の中でも特に「訪問着」は高い買取になる傾向にあります。

その理由は、訪問着は様々なシーンで着用することができ、未婚既婚などの世代なども選ばないため、需要が高いとされているためです。

もちろん、使われている技法や素材、着物の状態によっても買値は大きく変動するため、一概に高く買い取ってもらえるとは限りません。

他の種類としては、本振袖・色留袖・黒留袖など「格が高い」とされている着物が高級な素材で時間をかけて作られることがあり、比較的高く現金化することができます。

多額の現金にするためのポイント②:着物の素材

多額の現金にするためのポイント②:着物の素材

着物に使われている素材も買取価格に影響してきます。

着物には正絹(絹)・麻・綿・ウール・ポリエステルの5つの素材があります。

この中で高く買い取ってもらえる素材は正絹(絹)・麻・綿です。

着物で使われている素材の多くが正絹(絹)ですが、中には麻や綿が付かれている有名な伝統工芸品も存在します。

代表的な生地を一覧としてご紹介します。

生地の種類 特徴
着物素材で最上級とされている素材です。しかし、汚れが付きやすい素材でもあるため、扱いには注意が必要です。
通気性に優れた特徴を持っていて、夏場に着る着物によく用いられる素材です。麻はシワになりやすい性質があるため、正しい畳み方をしないと変な癖がついてしまう可能性があります。
木綿 コットンとも呼ばれる木綿は、価格帯にも大きな開きあり、安いものから高い着物まで存在します。手触りがよく染めた際の発色は絹にも匹敵しますが、シワになりやすいデメリットがあります。
ウール ウールは落ち着いた色の着物が多いため、様々な場面で合わせやすい素材です。保温性に優れているため冬には最適ですが、夏場などの暑い時期での着用は避けるようにしましょう。
ポリエステル 安価でありながら高価な着物に使い見栄えを表現することができるため、気楽に着物を楽しみたい人にニーズのある素材です。しかし、大量生産されている着物がほとんどのため、着物買取においては、値段が付かない可能性があります。

着物の種類や素材の判断については、着物査定のプロであったら見た目や手触りで判別が可能です。

「持っている着物の種類や素材がわからない」とのことでしたら、確認のためにも着物専門の買取業者にみてもらいましょう。

多額の現金にするためのチェックポイント③:有名な作家・染織物を示す証拠

多額の現金にするためのチェックポイント③:有名な作家・染織物を示す証拠

先ほどもお伝えした通り、有名な作家・染織物の着物は高い価格で現金化してもらえる傾向にあります。

有名な作家・染織物を証明する『落款』や『証紙』をしっかりと査定員に提示することが大切です。

落款は着物に直接刻印されていることので無くす心配はありませんが、証紙は着物とは別にある着物の保証書のようなもののため、場合によっては無くしてしまっている可能性もあります。

押し入れの中に着物をしまっているとのことでしたら、証紙も一緒にしまっていないかを確認しておきましょう。

多額の現金にするためのチェックポイント④:着物の状態

着物で使われている多くが絹(正絹)であることをお伝えしましたが、絹はシミやカビなどの汚れが付きやすいとてもデリケートな素材です。

シミやカビが発生する原因は着用時に付着する汗や、着物が徐々に溜めてしまう室内の湿気などです。

着物の状態は買取価格に大きく影響する項目のため、着用した後はシミやカビを予防するための正しい保存が不可欠となってきます。

着用後の着物をしまう前には必ず、風通しの良い部屋で半日から一日陰干しをしましょう。

陰干しをする時間帯は、湿気が比較的少ない日中帯(10~15時)が狙い目です。

しまう前には正しく畳んで、たとう紙に包んでからしまいましょう。

誤った畳み方をしてしまうと着物にシワや変な癖がついてしまい、着物の価値を落としてしまいます。

たとう紙には通気性・除湿性の機能が高いため、着物を湿気やカビから防いでくれる働きがあります。

「着物の正しい畳み方が分からない」「たとう紙を持っていない」とのことでしたら、着物を購入したお店に問い合わせてみましょう。

着物を扱っているお店でしたら、着物の畳み方は熟知していますし、たとう紙も販売しています。

また、乾燥剤を使うことも忘れないようにしましょう。

乾燥剤はシミだけではなくでカビの発生も防いでくれる働きがあります。

着物をしまう引き出しや押し入れの中に一緒に入れましょう。

その際は、着物の生地が乾燥剤に直接触れないようにして注意が必要です。

着物の素材である絹は特に変色しやすい性質を持っていて、化学薬品の影響で着物の色が部分的に変わってしまう可能性があるためです。

多額の現金にするためのチェックポイント⑤:日頃から手入れ

正しい保存方法で着物をしまったとしても、着物は徐々に湿気を含んでシミやカビが発生してしまう可能性があります。

そのため、日頃からの手入れを心がけるようにしましょう。

定期的なお手入れの方法として「虫干し」があります。

虫干しとは着物から湿気を取り除いて害虫を払い、シミやカビの発生を防ぐために、日本では昔から行われている陰干しのことです。

虫干しを行う時期としては、湿気が少ないとされている以下が理想とされています。

・梅雨明けの「7月末~8月」

・秋晴れの日が多い「10月」

・晴れていて乾燥した日が多い「2月」

忙しい人にとっては年に3回も着物の虫干しをするのは難しいことかと思います。

それでも最低、年に1度は虫干しをするようにしましょう。

また、年1回のみの虫干しの他に、着物が入った押し入れや引き出しを天気の良い日などに開けるようにしましょう。

中に溜まっていた湿気を取り除くことができるので十分な効果が期待できます。

虫干しの際はたとう紙も取り替えるようにしましょう。

吸湿性のあるたとう紙も長期間使用していると機能が失われて、たとう紙にもカビが発生してしまう場合があるためです。

たとう紙のカビは着物に移ってしまう可能性があるため、たとう紙の交換は必須です。

たとう紙から着物を取り出す虫干しのタイミングでの交換が合理的で、面倒も少ないでしょう。

多額の現金にするためのチェックポイント⑥:複数の業者の見積もりを比較する

多額の現金にするためのチェックポイント⑥:複数の業者の見積もりを比較する

全国で出張買取サービスを行っている多くの買取業者は無料査定を行っているので、「可能な限り高い価格で現金化したい」と考えている人は、複数の買取業者に査定を依頼して、納得のいく買取価格で買い取ってもらいましょう。

高く現金化するためのチェックポイント⑦:買取業者の評判は口コミを参考にする

複数の買取業者の中から買取依頼をする業者を決めるのは骨折れることでもあります。

優れた買取業者を選ぶときの判断材料として、実際に着物買取のサービスを利用した人の口コミを参考にするのをオススメします。

口コミにはサービスを利用した立場だからこそ書ける、買取で感じたことがそのまま記載されています。

好印象の意見が多い買取業者は、全体的にサービスの質が高いと言えるでしょう。

まずは、気になっている買取業者の口コミを調べてみてはどうでしょうか?

あなたの着物をしっかり査定してもらいたいなら『バイセル(BUYSELL)』

あなたの着物をしっかり査定してもらいたいなら『バイセル(BUYSELL)』

バイセルは今回ご紹介した着物の買取と販売を行っています。

バイセルでは特に『出張買取』に力を入れていて、全国のお客様から高い評価をいただいています。

なぜバイセルが全国のお客様から高い支持をいただいているのか、弊社の取り組みを通してご紹介します。

バイセルの出張買取でも無料査定を承っていますので、以下の内容と合わせて、バイセルでの出張買取のお申し込みをご検討いただければと思います。

高い評価をいただいている理由①:査定員の質が高い

お客様が大切にされてきた大切な着物の価値を見落とさないよう、バイセルの査定員は着物をはじめ、様々な商品に関する査定研修を受けています。

業界内でも水準の高い査定技術を持った査定員がお客様の着物を丁寧にひとつひとつ査定しますので、安心していただけるかと思います。

また、着物査定の経験豊富な査定員が多数在籍していて、しっかり査定結果ご提示してお客様に満足していただけるように努めています。

高い評価をいただいている理由②:決済コール・フォローコール

決済コールは、買取の契約が査定員のみの意思で決定されないよう、お客さんにご納得して買取の契約をしていただけれるか確認をするために、弊社のコンプライアンス専門部署からお客様へお電話を差し上げるサービスとなっています。

査定員には聞けなかったこと・不安・不満などを無くして、買取をしていただけるようになっています。

フォローコールでは、査定員が退出した後にコンプライアンス専門部署から改めてお客様へお電話を差し上げ、査定内容・査定員に対しての評価などをお伺いさせていただきます。

また、査定員には直接聞きにくかったご質問などもお受けしていますので、遠慮なくお申し付けください。

高い評価をいただいている理由③:事前承諾商品のみ査定

バイセルでは法令遵守を徹底し、お申し込み時にご了承いただいた着物・帯以外の査定は行っていません。

もちろん、査定当日に追加の査定依頼の着物や帯がありましたら、お気軽にお申し付けください。

合わせて査定をさせていただきます。

お客様が大切にされてきた着物や帯です。

お申し込みいただいたお品以外には手を触れることはありませんので、安心してサービスをご利用ください。

もう着ることのない、あなたの着物を現金化する方法:まとめ

もう着ることのない、あなたの着物を現金化する方法:まとめ

着物を現金化するための方法についてご紹介しました。

着物を適正な価格で現金化するためには、まずは着物専門の買取業者に無料査定をしてもらって、お持ちの着物の価値を把握していただくことが大切です。

また、着物の査定額は各業者によっても異なることもあるので、複数の業者に無料査定してもらうことで、損をせずに着物を現金化することができるでしょう。

もちろん、複数の業者に査定をしてもらいますから、時間もかかり申し込みなどの手間もかかります。

複数の業者でも1社の業者に査定してもらうのも、まずは最初のお申し込みからです。

まだ着物を手放そうがお悩みでしたら、まずは着物買取についてお電話でご相談ください。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!