着物買取について

着物をお得に売るなら? 店舗持ち込み買取のメリットとより高く売るコツ

着物 店舗 買取

着物は、親や親戚から譲り受けたり、結婚するときに一式そろえたりと、気がついたら意外と増えているということがあります。

若い頃に誂えた着物は派手で着られない、譲り受けた着物は趣味に合わない、などといった理由から、家に不要な着物がある方も多いでしょう。そんなときに利用したいのが着物買取サービスです。

今回は着物買取の方法をはじめ、よりお得に売るコツ、中でも店舗での持ち込み買取についてフォーカスしご紹介します。





不要な着物はどこで売ればいい?

着物 店舗 買取

不要な着物を売る場合、リサイクルショップや質屋などのお店に持ち込む方法、着物の買取専門店を利用する方法、そしてインターネットオークションに出すといった方法が考えられます。今回は着物を売るのが初めてという方のために、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

リサイクルショップや質屋への持ち込み

リサイクルショップや質屋は、着物に限らずブランド物のバッグや服、家電製品、贈答品など、あらゆるものを総合的に取り扱っています。

郊外型の大きな店舗を構えている場合が多く、買取した商品を同じ店舗で販売するといったケースが多くなります。

リサイクルショップや質屋では、たいていの場合、お店に持ち込めば現金で買取をしてもらえますが、上記のような性質上、着物に関して詳しいスタッフがいる可能性は著しく低いと考えられます。

したがって、購入した時にどんなに高価であった着物でも、その価値をきちんと判断し、適正な価格をつけてもらうことは期待できないでしょう。

店によっては重さだけで値段がつけられてしまうという場合もあります。

ネットオークションでの個人間売買

ヤフオクやメルカリなどのネットオークションでは、自分が出品した着物を気に入った人が高値で落札してくれることがあるので、場合によってはリサイクルショップや買取店よりも高い値段で売却できる可能性があります。

しかし、オークションに出品するためには、着物の写真を撮ったり、寸法を測ったりして掲載しなければなりませんし、落札者とのメッセージやお金のやり取り、落札後の商品の発送も自身で行う必要があります。

このように手間が掛かると同時に、商品や代金の受け渡しで落札者とトラブルになるリスクもあります。また、出品したからと言って必ず買い手がつくとは限りません。

着物買取専門店での売却

買取専門店の場合、着物に特化しているお店と着物以外の物も買取しているお店があります。

着物の買取を専門におこなっているお店には、着物の査定を専門にしている査定員がいます。

このようなお店では、持ち込んだ着物の価値を正しく判断してもらうことができ、納得のできる値段で取引ができるでしょう。

数は少ないですが、着物の下取りをおこなってくれるお店もあります。下取りは家電やスマートフォンなどでは一般的におこなわれており、新しい商品を買う際に古い商品を出すと値引きしてくれるシステムです。新しく着物を買うことが決まっていて、不要な着物を持っている場合、下取りに出すと新しい着物の購入金額が安くなります。

この場合は、新しい着物を購入する店舗で古い着物を引き取ってくれますので、買取店に行く手間を省くことができます。

一方で、着物の買取専門店と比較すると、古い着物の査定経験や専門的な知識を持っている人が少ないため、持ち込んだ着物の価値が正しく判断されるという保証はありません。

買取拒否されることも? 買取してもらえる着物の種類

着物 店舗 買取

汚れや傷みが激しい着物や、保存状態が悪く色褪せしてしまっている着物、古くて色や柄が流行に合っていない着物、ウールやポリエステルなど正絹ではない着物は買取してもらえないのではないか、という心配をする方もいるでしょう。

たしかに以前は専門買取ショップでも、こうした着物の買取には応じてもらえないことがありましたが、今はそんなことはないといいます。というのは現在、若い人たちの間でリメイク着物が流行っていたり、茶道や日本舞踊などの日本のお稽古事を始める人も多くなっているからです。

また、古い着物を材料にして織物を作ったり、バッグやポーチといった小物を作ったりする人も多くいます。

こうした理由から、今では「売れない着物はない」とまで言われるようになってきています。汚れていたり古かったりしても、勝手に判断して諦めてしまわずに、まずは査定に出してみることです。

着物の種類としては、振袖や留袖、訪問着、小紋、色無地、付け下げ、紬など、ほぼすべての種類の着物が買取してもらえますし、反物のままでも買取してもらえる場合もあります。

着物だけでなく帯についても、袋帯や名古屋帯、半幅帯も買取可能なケースが多く、和装小物についても帯締めや帯揚げ、帯留めの他にかんざしや扇子といったものも買取してもらえます。

着物買取の相場ってどれくらい?

着物 店舗 買取

ひと口に着物といっても、種類や状態がまちまちですので、一概に相場はいくらということはできませんが、正絹で保存状態の良い着物であれば、品物により幅がありますが、だいたい数千円~10万円程度で買取してもらえることが多いようです。

また、結城や大島などの紬や京友禅や加賀友禅など有名産地の 着物物であったり、人間国宝や有名作家の手による着物など、希少価値が高いものになると、中古の着物でも保存状態が良ければ数十万円といった高額査定になることもあるようです。

目安としては、作家物や伝統工芸品ではない着物の場合、新品だと購入価格の10~20%、中古で状態が良いものだと5~10%、状態が悪くなると5%未満といった査定額がつくと考えておけばよいでしょう。

逆に、ウールやポリエステルなどの化学繊維でできた着物の場合は正絹の着物に比べて買取額が格段に低くなります。有名ブランドの新品で状態がとても良かったとしても、正絹でない着物は高くて1万円程度での買取となってしまうことが多いのです。

また、日本人の身長は昔に比べて大きくなってきているため、小柄な人があつらえた着物は、買取店では標準的な体形の人が着られるように、仕立て直しをする必要が出てきます。このような場合も買取価格が低くなってしまいます。

また、小紋や紬などのお洒落着に比べて、訪問着や振袖、留袖などの礼装で着用する着物のほうが高く買取されるケースが多いようです。

しかし、たとえ有名作家の作品であったとしても、極端に状態が悪ければ高い査定価格はつきませんし、作家物であることの証明である証紙が残っていないと、査定額は下がってしまいます。

加えて、着物は一枚で売るよりも数枚まとめて、また、帯や帯揚げ、帯締めといった和装小物も一緒に売ると、査定額が上がります。着物をあつらえた際にそろえた小物も一緒に大切に保管しておきましょう。

主な買取方法と店舗買取がおすすめのケース

着物の買取方法は、主に買取店への持込みと出張買取、宅配買取の3つあります。それぞれメリットとデメリットがあり、自身の状況に合わせてベストな方法を選択するのが良いでしょう。

今回は3つの方法の中で、店舗への持ち込み買取について詳しくみていきます。

店舗買取とは

店舗買取は売りたい着物を買取店に直接持っていき買取ってもらう方法です。店舗に持ち込むと、査定員が目の前で査定した上で、持ち込んだ着物の評価を直接説明してもらえます。そのため、安心して納得できる取引ができるでしょう。

提示された金額に納得すれば、無事取引終了となります。支払いに関しては、その場で即日現金化できる業者や後日に銀行振り込みとなる業者があるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

店舗買取のメリットとおすすめのケース

店舗への持ち込み買取のメリットを生かせる方法をケース別に考えていきましょう。

1,自宅近くに買取店舗がある

もし自宅からアクセスの良い場所に買取店舗があるのなら、持ち込み買取が一番手っ取り早い方法といえます。出張買取や宅配買取の場合は、査定依頼をしてから査定日まで時間がかかるため、時間的なブランクが発生してしまいます。

思い立ったら即日査定してもらえる点において、店舗持ち込みは便利な方法といえます。

2,少量の買取でもOK

大量の買取に向いているのが出張買取や宅配買取ですが、売りたい品物が数点しかない場合は持ち込み買取が一番手軽な方法です。ごく少量であっても気兼ねすることなく査定をお願いすることができます。

3,初めての買取でも安心

その場で査定が実施され、すぐに査定額を提示してもらうことができます。さらにその価格について、詳しく査定員から話を聞くことができるため、初めての買取に最適でしょう。

査定の際に何を重要視したのかなど、気になったところを詳しく聞くことで、納得しながら取引を進めていくことができます。ひとつひとつ手順を踏んで進めていける持ち込み買取は、大切な着物を買取に出すときには、おすすめです。

店舗買取のデメリット

逆に店舗への持ち込み買取が向かない場合や、おすすめ出来ないケースをご紹介します。

1,近くに買取店舗がない

自宅の近くに買取店舗がない場合は、出張買取か宅配買取を選択するのが無難でしょう。

2,売りたい物がたくさんある

もし自身で運べない量の品物があるのなら、出張買取か宅配買取を選択しましょう。店舗買取に比べて時間はかかりますが、無駄な労力を使うことなく、また運搬の際に商品を汚してしまうなどのリスクを気にすることなく買取に出すことができます。

3,忙しくて時間を確保できない

日中は仕事などで時間を確保することができない場合は、自身のスケジュールに合わせて査定を進めていける宅配買取がおすすめです。

それぞれのメリットとデメリットを考慮した上で、自分のスタイルに一番合った買取方法を選択していきましょう。

査定は無料が原則!納得いかなければキャンセルしましょう

着物 店舗 買取

着物の買取価格には相場があるとはいうものの、着物の種類や保存状態などによって大きく変わってしまいます。また、その業者の査定員によっても査定の額は違ってくるため、お店によって買取価格が異なってきます。

したがって売却する場合には、かならず複数の店舗で見積もりをしてもらいましょう。複数の見積もりのうち、最も納得のいく値段で売却できるお店を選ぶことができますのでおすすめです。

着物買取では、多くの業者やお店が無料で査定を行ってくれます。逆にいうと見積もりや相談に無料で応じてくれるお店以外では、場合によっては査定を依頼しないほうが結果的にお得な場合が多いかもしれません。

店舗への持ち込み買取に関しても。提示された査定額に納得がいかなかった場合には、売却することなくキャンセルすることも可能です。取引は査定が終わり、値段が確定してから始めるものですので、査定したからといって必ずその行者やお店で売却する必要性はないのです。

査定額に少しでも疑問があればしっかりと質問し、納得できるまでコミュニケーションを取りましょう。もし売却をしないという選択をする場合は、はっきりとその旨を伝えることが大切です。

思い出がつまった着物であれば、必ず納得した上で買取を行いたいものです。少しでも違うと思ったらためらうことなくお断りするのも賢い選択かもしれません。

おわりに

着物 店舗 買取

着物は決して安い品物ではありません。親や親戚などから譲ってもらったり、自分の記念すべき晴れの日に着用した着物には思い入れがあるので、簡単に処分する気持ちにならないこともあるでしょう。

不要な着物を納得のいく形で手放すためにも、売却の際には業者選びや売却の方法などをあらかじめ確認し、気持ちの良い買取ができるように心がけましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!