着物買取について

着物は買取専門店で売ろう!高値で売れる理由と着物買取で損しない方法

着物は買取専門店で売ろう

着物は一旦着る機会がなくなってしまうと再び着るようになることはそう多くないのではないでしょうか。

そんな着物がいつのまにか箪笥にたまってしまい箪笥に入りきらなくなってしまった、という経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

箪笥に眠った着物の処分にぜひ活用したいのが着物の買取サービスですが、着物は適切な価値の見極めがないと安く査定されてしまうこともあります。

そこで注目されているのが着物の買取を専門で行っている業者。今回はそんな着物の買取専門店における査定と着物を高く買取してくれる理由をご紹介します。





着物が不要になる背景と注目を集める着物買取サービス

着物が不要になる背景と注目を集める着物買取サービス

普段の生活で着物を着る機会というのはそこまで多くなく、一年を通して着る機会を見てみるとお正月や成人式・七五三・夏祭り、そして結婚式など限られた機会で着用するくらいではないでしょうか。

また、着物を着る習い事(茶道など)一部例外を除き、着物を一年中着用する職業や仕事でない限りはそう多くないことはわかります。

着物を着用する機会が少ない現代において、着物をお持ちの方の多くが「着物をどう処分したら良いか」は悩みの種と言え、不要になった着物や着られる機会が減り行き場のなくなった着物の多くが各家庭の箪笥で何年も眠っているというのが実情です。

高まる着物人気と注目される着物買取サービス

普段そう着る機会があまりない着物は箪笥に何年もしまったままという状況が続いてきました。

着物の多くは母親の愛用品であったり中には祖母から受けついだ品など、洋服とは違い「古くなったから処分しようか」と思って簡単に捨ててしまうには忍びないと感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし着物をとりまく環境は近年大きく変わり、それまで古い文化の象徴であった着物ですが日本へ訪れる外国人や若年層からは新しい文化として注目されつつあります。

着物は新品で購入するととても高くてなかなか手が出にくいものの中古着物は比較的安価で手軽に着物を楽しむことができるため、各ご家庭に眠っている着物の買取の需要が高まり続けているのです。

着物をお持ちの方の中には「箪笥に着物は眠っているけれど、古いし汚れているから・・・」と考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、古い着物の中には生地そのものが厚く加工も特殊であったりと実は着物としての稀少価値が評価されて高値になる場合もあり、そういった事情が着物人気に拍車をかけています。

着物買取は専門店かリサイクルショップか?どちらが高値になる?

着物買取は専門店かリサイクルショップか?

大切な着物を買い取ってもらうならば、少しでも高値になる方を選びたいですよね。

そこで着物を買取に出すにあたり、買取サービスを実施している業態といえば着物買取専門店とリサイクルショップ。

中古着物の査定を行い値段を付けてくれるという点においてはどちらも同じように見えますが、実は値段面に大きく違いが出る可能性が高いと言えます。

まずリサイクルショップは着物を含めた様々な品物を取り扱っています。着物を含めた様々なモノを一緒に買取ってもらう場合や不要品の整理には良いのではないでしょうか。

一見便利そうに見えるリサイクルショップですが、着物には種類によって高値が付く種類や条件というものがあります。そのため着物の査定は専門性の高い査定技術を要するため、リサイクルショップでは着物に特化した査定ではないため、価値を見落としてしまう可能性があるのです。

反対に着物買取専門店はリサイクルショップのような多岐に渡る商品の取り扱いがなく、着物を含めた和装品に限定されます。

着物に特化した査定を行っているので、箪笥に溜まった着物の処分にお悩みの方や、祖母や母親から譲り受けた着物の価値を知りたい方にとってはうってつけの買取方法といえますし、着物を高値で売りたいとお考えならば、迷わず着物買取専門店での査定が良いのではないでしょうか。

着物買取で高く売れる着物の種類は?

着物買取で高く売れる着物の種類

着物買取では基本的にどんな着物であっても査定してくれますが、高く売れるかどうかはその種類や着物それぞれの状態にもよるので一概には言えません。

着物買取において高値になる傾向が高い着物の種類を紹介します。

着物買取で値段の付きやすい種類

着物の種類 特徴
留袖(色留袖/黒留袖) 結婚式などで着られる礼装で、未婚・既婚問わずに着用でき、色留袖より黒留袖の方が格が高い
作家物(有名作家物/人間国宝など) 染めの作家・織の作家などに分かれ、作家物の着物は着物買取で高値が付きやすい
振袖 未婚女性の第一礼装で、成人式での着用が多い。振袖という名前は、長めに取られた袖を大きく振る見た目から由来している
友禅(京友禅/加賀友禅/東京友禅/十日町友禅など) 友禅とは着物の染め技法を指し、地域によって特徴が異なる。中でも手書き友禅は稀少価値が高く有名
訪問着 留袖に次いで礼装とされ、華やかな場や外出着として用いられる
付け下げ 訪問着に形状が似ているが、柄は訪問着に比べて比較的落ち着いた柄が多い
紬(大島紬/結城紬/黄八丈紬/塩沢紬/牛首紬など) 着物においては普段着に該当し、手で紡いだ糸を幾層にも重ねて織られており、とても丈夫。着物買取では高値になりやすい
小紋 細かい模様を地一面に染め出した着物で、江戸小紋などが有名
色無地 黒を除く単色で染められた着物で、淡い色合いが特徴。家紋を入れると訪問着や付け下げと同等の礼装となる

高値で売れる着物の条件は?

高値で売れる着物の条件

着物買取で取り扱われる着物の多くは自宅で眠っている中古の着物を対象として査定が行われ、値段が決まります。

そのため着物のがどんな状態であるか、価値を証明するものはあるかなどの条件を満たすことで高値が付くのですが、そんな着物の価値を決める条件を紹介します。

査定ポイント 特徴
証紙 伝統工芸品などの産地着物であることを証明するもの。ハギレを利用される場合もある
状態 中古着物の査定でまずチェックされる部分で、部分的・全体的にシワや汚れがないかがチェックされる。衿元や袖口は汚れが付きやすい
伝統工芸品 産地着物とも呼ばれ、伝統技法を用いられた着物だと稀少価値が高い
作家物 織や染めの職人が仕立てた着物で、特に人間国宝の着物は高値になる
着物買取においては丈は重要で、極端に小さな丈だと買取価格は低くなる傾向がある

評判の良い着物買取専門店の特徴

評判の良い着物買取専門店の特徴

近年着物への注目が集まってきたことを受け、着物の買取を行う専門店も増えてきました。

大切な着物を安心して査定してもらうためには、どのようなポイントを押さえておけばよいのでしょうか。

着物の買取店の中で重要なのは買取実績です。着物の買取実績が多いということはそれだけ経験豊富で着物の査定に定評があるという証明になるだけでなく、着物査定に定評のある熟練の査定員も在籍しているということになります。

また、着物の査定を依頼する時に考慮したいのが知名度です。着物買取においても取り扱いしている着物査定の件数から、大手と呼ばれる規模感の買取業者から中小規模の買取業者まで様々ですので、知名度が高い=それだけ着物査定に定評があるという判断になるのではないでしょうか。

着物買取専門店が行っている買取方法

着物買取専門店が行っている買取方法

着物買取専門店が実施している買取方法は大きく分けて3つあり、出張買取・宅配買取・持込み買取という買取方法がメインとなっています。

それぞれの買取方法を紹介します。

出張買取

査定申込み後に査定員が利用者の自宅へ訪問、着物の査定を行う買取方法です。実は着物買取の中でこの出張買取という方法は利便性も高く人気です。

人気が集まっている理由としては、着物は一枚あたり約一キロ程度あると言われ、箪笥に眠った着物を運び出し買取に出すのはなかなか難しいという側面もあり、そういった理由から女性や遠方に住んでいる利用者から人気です。

宅配買取

着物を売る時間が中々取れない利用者へ向けた買取方法で、査定申込み後に買取り業者が査定キットが送られてくるので査定してほしい着物を詰めて買取業者へ返送し、査定がおこなわれます。送料は無料としている買取り業者も多いだけでなく、着物の他に帯や小物も一度に依頼できるので便利です。

持込み買取

店舗型の着物買取専門店で実施されている買取方法で、売りたい着物を利用者が持ち込んで査定される買取方法です。ちなみに着物買取専門店の中には店舗を構えていないケースもあり、この場合はインターネットから申込みが可能です。

着物は買取専門店で売ろう!高値で売れる理由と着物買取で損しない方法まとめ

箪笥に眠っている着物にはどのくらいの価値があり、売ったらいくらになるのかというのは着物をお持ちの方であれば皆さん気になるところですね。

そんな時に着物を安心して、そして高値で買取ってくれるのが着物買取専門店なのです。

行き場を失い処分するしかないと考えていた着物も、着物買取専門店へ相談してみると思わぬ価格が付くかもしれません。

ご自宅にもし着物があるならばこの機会に着物専門店へ相談してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!