着物買取について

着物の断捨離は着物買取がおすすめ!

着物の断捨離は着物買取がおすすめ!

長年、箪笥に入ったままになっている着物はありませんか。

その中には一度も着たことがなく、どのような状態かもわからない着物もあるかと思います。

着物を断捨離したい人は「高価な着物は捨てるのに忍びない」「1年以上、箪笥を開けておらず、整理するのが億劫」「着物を処分しないと収納スペースが取れない」「大量に着物があって何枚あるかすら覚えていない」という悩みがあるかと思います。

本記事では、着物の断捨離方法、買取金額が上がる傾向がある着物、着物買取がおすすめの理由をご紹介します。





着物を断捨離する方法は何があるか

着物を断捨離する方法は何があるか

いざ箪笥を整理しようとしても、どのように整理をしたらいいか迷ってしまって踏み切れないという方は多いのではないでしょうか。

着物を断捨離するには大きく分けて、「着物を捨てる」「リメイクして再利用する」「人に譲る」「着物を買取業者に買い取ってもらう」の4つの方法があります。

ゴミとして捨てる

着なくなった着物をゴミと一緒に捨てると手間がかかりません。

しかし、一部の自治体では着物の状態によって、ごみの分別の仕方が違います。

たとえば、汚れた着物は燃えるゴミ、まだ使える着物は布類または資源ゴミ、布類の場合は雨の日には出せないという自治体のルールがあり、さらには処分にお金がかかる地域があります。

また、着物を捨てる際、広げて全体をくまなくチェックしてから布類か燃えるゴミかどうかを分別しなくてはいけないため、すぐに断捨離したい人には手間になります。

リメイクして再利用する

着物のリメイクを利用すると、ワンピースや日傘、ぬいぐるみを作れます。

たとえ、着物全体が汚れていたとしても、コースターやブックカバーといった小物に作り変えられます。

着物は糸をほどくときれいに一枚の布になるので、色々な日用品にリメイクができるのです。

捨てるはずだった着物が毎日使える小物に変わると愛着が出てくるので着物が好きならやってみたいところでしょう。

しかし、一枚の着物をムダなく活用するにはどこまでの長さを裁断するかをしっかり検討しないままでいると、「リメイクをしなければ良かった」と後悔のもとになりかねません。

また、着物のリメイク品は頻繁に使うと生地の傷みや色抜けしたり、汚れたときの手入れに手間がかかってしまいます。

リメイクをするなら着物の素材に合わせて作りたい日用品を考えましょう。

知人に譲って処分する

知人に譲って処分する

着物をたくさん持っている人は、周りにいる着物好きな人に譲ればとても喜ばれるでしょう。

自分にとってはいらない着物だけれど、着物を必要としている人に託せば大事に着てくれこともあります。

ただし、着物は譲られた人にとって困る状況があると知っておきましょう。

たとえば、着物を譲る前には気づかなかった裏地のシミをもらった人が着たときに見つけてしまい残念な気持ちになることです。

そのため、着物を知人に譲るのであればシミ、シワ、臭いをチェックしてきれいな状態のものを選ぶと良いでしょう。

着物買取の専門業者に買い取りをしてもらう

着物専門業者は着物を含む和装品全般に精通している買取業者です。

着物買取業者は、出張・宅配・持ち込みの主に3つの買取方法があります。

着物は着る機会がないと箪笥の引き出しを開けることもなくなりがちで、何枚あるかもどんな状態かもわからず、断捨離が億劫という方もいらっしゃるでしょう。

そういうときに、着物買取専門業者を活用すれば今の着物の状態を見極めて、大量にある着物も素早く適正価格を付けてくれます。

着物が大量にある方にとっては「リメイクするか捨てるか」を選別する必要がなく、まとめて査定に出すことができます。

着物を多くもっていて、選別している時間の余裕がないという方には、着物専門の買取業者は最適な方法でしょう。

断捨離する着物を査定に出したい人は、査定金額をその場で出してくれる買取業者を見つけましょう。

買取金額が上がる傾向がある着物とは?

買取金額が上がる傾向がある着物とは?

着物買取業者がどのような視点で査定を行っているかをご存知でしょうか。

着物を査定してもらうとしても、すべての着物に買取金額がつくわけではありません。

ここでは、買取金額が上がる傾向がある着物の特徴をいくつか挙げました。

状態の良い着物であること

着物の買取価格は保存状態に左右されるので新品、未使用、シミ、シワ、変色、臭い、虫食い、ほつれ、破けがないと高値で買取されることもあります。

しかし、着物の状態が悪いほど買取が難しくなってしまいます。

具体的には、着物の裏表地に濃いシミが行きわたっている、何年もたとう紙を巻いたままにして着物に色移りしている、防虫剤の臭いが強く残っている、古くなってしまいほつれている箇所が多いと買取してもらえない可能性があるのでご注意ください。

証紙がついている

証紙がついている

証紙とは「作家名、産地などが記載された価値のある着物だという証明書」です。

証紙には伝統工芸品の証紙や各生産地にある織物組合が検査して合格した証紙があり、デザインや形は様々です。

たとえ証紙がなくても査定対象からは外れることはありませんが、本当は数十万円の価値がある着物だとしても、証紙がないだけで数千円~数万円に下がってしまうおそれがあります。

つまり、着物査定は証紙があるかないかで買取金額に幅が出るくらい重要です。

証紙は新品購入時にありますが、使わないと捨ててしまう人もいるので査定前に箪笥の中に紛れていないか探しておきましょう。

丈が150cm以上ある

買い取られた着物はインターネット上で小売業者や消費者に向けて販売されるので、丈が長いことも重要な査定項目の一つです。

特に丈が150㎝以上の着物は大きければ丈詰めをして調整できるので、比較的需要があります。

一方、丈が140㎝未満の着物は着用できる人が限られるので買い手がつかない傾向があります。

購入時に付いてきた付属品がある

購入時に付いてきた付属品がある

着物だけでなく和装小物、購入時に付いてきた箱と一緒に査定に出すと買取金額が上がりやすくなります。

和装に使う小物とは和装バッグ(ビーズバッグ、利休バッグなど)、帯締め、帯揚げ、帯留め、草履、足袋、かんざし、扇子があります。

これらの小物の買取金額は微々たるものかもしれませんが、着物と一緒に査定に出すと買取金額に加算される可能性があるでしょう。

何年も着ていない価値があるか分からない着物を恐れずに査定に出してみましょう。

ご自身にとっては不要でも着物のプロが査定したら思わぬ価値があるかもしれません。

大量のお着物を手放したいお客様にはバイセルの出張着物買取がおすすめ

大量のお着物を手放したいお客様にはバイセルの出張着物買取がおすすめ

着物を売ると決めても、買取業者の多さに困り果ててしまいます。

長年着ていなかったとしても高価な着物をきちんと査定してもらえ、安心できる買取業者を利用したいと思うのは当然です。

そこで、出張買取を利用するのはいかがでしょうか。

出張買取とは査定員がお客様宅に伺って、自宅にある着物の査定・買取契約・買取額の支払いをその場で行うものです。

着物はかさばるため、大量の着物をお持ちなら何度も買取に出すために店舗に足を運ばなくてはならないでしょう。

しかし、出張買取であればお客様は自宅にいるだけで買取を済ませられ、買取のために着物を店舗に持ち運ぶ負担がありません。

また、買取に関わる手数料(出張料、査定料、査定後のキャンセル料、買取相談料、買取商品を引き取る際にかかる手数料)が無料なので、自宅に眠っている着物を素早く手放せられます。

さらに、バイセルでは着物が何枚あっても無料で出張査定ができところも強みです。

大量の着物も買取できる3つの理由

大量の着物も買取できる3つの理由

スピーディーに着物の査定ができる

バイセルは査定員全員が取り扱い商品に関する確かな知識と、お客様の気持ちに寄り添った接客マナーを身につけている着物買取業者です。

また、査定員は着物を査定するのに必要な箇所に精通しているため、素早く且つ丁寧に着物の価値を見抜いて適正な買取価格を付けられるのです。

これから着物を査定に出したい人は知識がなくても、経験豊富な査定員が着物の状態を見ていくのでお任せください。

お客様に合わせた柔軟な日程調整ができる

お客様に合わせた柔軟な日程調整ができる

バイセルではコールセンターからお客様の予定をお聞きしたら、お客様の地域に近い買取センターの査定員に直接つながる仕組みを導入しています。

特に大量の着物を手放したい方は別日に持って行って欲しいというご要望があります。

さらに、バイセルは土日祝日も営業していますので、お客様に沿った柔軟な日程調整を行えます。

「査定日を変えたい」「着物を持って行ってもらう日は別日にしたい」という方もお気軽に無料窓口にてご相談ください。

買取金額が高額でも現金払いができる

着物は枚数が多いと高額買取になる傾向があります。

買取金額問わず買取をご成約したら、その場で現金をお支払いしています。

「査定完了後すぐにお支払いしてくれる」という利便性の高さは、お客様からご好評いただいています。

また、バイセルではお客様から承諾をいただいていないお品物の買取はしません。

査定金額に納得いかなければキャンセルが可能なので、安心して査定のお申し込みができます。

まとめ 古い着物を断捨離したいときは着物買取を検討しよう

まとめ 古い着物を断捨離したいときは着物買取を検討しよう

着物を管理しきれないほど増えてしまうと断捨離が必要になってきます。

ただ、着物を手放したくても何年も箪笥に手を付けていないがゆえに億劫になってしまう、高価な着物を捨てるのに忍びないといった理由があると、せっかくの断捨離が進まなくなってしまうでしょう。

断捨離は生活ゴミとして出す、知人に譲る、リメイクをする方法が挙げられ、それぞれにメリットがあります。

しかし、大量の着物から生活ゴミとして出すもの、リメイクするものと分ける手間がかかります。

そのうえ、着物を知人に譲るとき際には、クリーニングをする手間が発生することもあるでしょう。

そこで、バイセルの出張買取を利用してはいかがでしょうか。

バイセルでは大量の着物でもスピーディーに査定をし、買取金額をその場で現金払いいたします。

さらに、着物を後日取りに来てもらいたいお客様には柔軟に予定調整をできます。

買取相談は随時受け付けていますので、まずはお手持ちの着物が買取可能かをフリーコールにて相談してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!