着物買取について

着物買取で着物を売りたい時に押さえておきたいポイント

着物買取で着物を売りたい時に押さえておきたいポイント

成人式に両親から買ってもらった振袖や、昔、着付け教室に通うために購入した着物や帯などが、タンスの整理や引っ越しで出てきて、その処分に困ったことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな時こそ、着物を買取に出すことを検討してみることをおすすめします。とはいえ数多くある着物買取業者はそれぞれが査定に少なからず基準を設けています。

「着物を売りたい」とお考えのあなたに、買取を依頼する際に押さえておきたいポイントをいくつか紹介します。





着物を売りたいならまず状態と価値をチェックしましょう

着物を売りたいならまず状態と価値をチェックしよう

着物買取で取り扱われる品には、留袖、紬、小紋、友禅、訪問着、振り袖、着物以外にも帯や小物類など、様々な種類があります。

更に、着物のなかでも「織りの着物」「染めの着物」2種類の色染めの方法があります。

まず織りの着物ですがこれは先染め着物ともいわれ、糸自体を色染めした反物から仕立てられる着物の事です。 例えば紬、木綿絣、御召などが織り着物です。そして紬の中でも大島紬や結城紬などが有名です。そして染めの着物ですが、これは糸を染めずに反物にしてから色をつけた仕立てられた着物を指します。 友禅染めや小紋染め、ちりめんなどが有名です。

また、着物や帯などは衣類ですので、着用すれば多少なりとも汚れ、中古着物扱いとなります。これら様々な種類の着物が中古着物となり、また状態やタイミングによってもその着物の価値は変わってしまいますので、一概にその着物の買取り価格や相場がいくらになるとはいえないのです。

売りたい着物や帯、和装小物をお持ちなら、まずその状態や元々どれほどの価値があるものなのかを確認しておくとよいでしょう

着物の素材は査定をするうえで重要なポイント

着物の素材は査定をするうえで重要なポイント

着物に使われる素材は大きく、「正絹(しょうけん)」「木綿」「麻」「ウール」「ポリエステル」の5つに分けられます。

中古着物市場では、正絹で織られた着物に高額がつきやすい傾向が見られます。しかし正絹以外で作られた着物の中にも、高価なものは存在しています。

例えば着物専門店や和装ブランドの着物は素材がポリエステルでも高級ポリと呼ばれ、もちろん状態によりますが、比較的高値で取引されることもあるようです。

着物の素材を紹介しましたが、着物の素材の判別というのは、普段から着物に触れていない人にとっては非常に難しいものです。

例えば正絹とポリエステルの着物は手触りが非常に良く似ているため、普段着物を着用しない方では判別がつかない場合も考えられます。

着物の素材は買取に出す前に知っておくに越したことはありませんが、買取業者のプロの査定員にお任せするのもいいでしょう。

実は買取需要が高まっている着物

実は買取需要が高まっている着物

普段着として着物を着るひとが少なくなった日本では、昔に比べて国内での需要が減ったという声もあります。

しかし着物は作るのに非常に手間が掛かることもあり、一般的に高額なため、最近では「中古着物」の需要が高まっているということをご存じでしょうか。

特に外国人観光客や若い世代の間では、手頃な価格で手に入る「中古の着物」がとても人気です。

着物は日本が誇る立派な伝統的な衣装です。 日本の文化はアメリカなどの海外で大変注目されており、日本好きの外国人の間で着物は人気があるのです。

現代において、日本では普段着として着物を着る機会が少なくなりましたが、外国人にとっては興味深いものです。

着物買取に注目が集まり、高価で買い取られ取引され始めたのはこのように海外の需要があるからなのです。これにより、着物の中古市場は大きくなり、国内のみならず多くの人に着物を売ることが可能となります。

そうすれば着物を買い取る業者にとっても着物を売りたい方にとってもプラスになるのです。

着物を売りたい人と買いたい人のバランス

着物を売りたい人と買いたい人のバランス

着物にも流行があります。 特に振袖などは数年ごとに流行りの柄が変わるのです。

流行りの柄であれば当然、査定金額が高くなりやすく、少し古い柄だと査定金額が低めになることもあるのです。

しかし留袖にみられるような伝統的な和文様が好まれる場合もあり、一概にはいえません。 着物の色合いにおいても、若い女性向きの色である赤系統や、落ち着いた紫や緑色など、さらには年齢を問わず着用できる色などがあります。

着物の種類にもよりますが、多くの方が着られるものほど査定額が高くなる可能性があります。

着物を売りたいと思うなら早めに買取へ出そう

着物を売りたいと思うなら早めに買取へ出そう

もしお持ちの着物が、購入した時にはとても高額だったとしても、現在では流行に合わないなどで、非常に低い査定額となってしまうこともあります。

着物は天然素材(絹)で作られているため、古くなれば状態もそれなりに悪くなってしまいます。もう着ないことがわかっている場合には、思い入れに拘らずに、早めに買取に出してしまう方が、少しでも高く売るためには良い方法のひとつといえます。

また、有名な作家物の着物や高級な伝統工芸品の着物の場合には、予想以上の査定額が期待できる場合もあります。

着なくなった着物の処分に困っている場合には、一度、無料査定を依頼してみることをおすすめします。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!