着物買取について

いらない着物を高く売る!気になる着物の買取相場と高額査定のポイント

いらない着物を高く売る!気になる着物の買取相場と高額査定のポイント

もう自分では着ることがない...けど良いものだし誰かに着てもらえれば...

着物を着用する機会も随分と減り、不要になった着物や帯の処分にお困りの方は少なくありません。

リサイクルに出してもどうせ数百円程度かタダ同然...かと思いきや、実は着物の買取市場は活況を迎えており、着物専門の買取業者に依頼すれば、一枚一枚丁寧に査定してもらえ、いらない着物でも思わぬ買取価格となることも珍しくはないのです。。

今回はいらない着物の処分にお困りの方へ、どんな着物が売れるのか、着物の買取事情、そして気になる買取相場や高額査定のポイントをご紹介します。





いらない着物の処分には着物買取がおすすめです!

いらない着物の処分には着物買取がおすすめです!

祖母や母、親戚から譲り受けた着物、実家の整理中に見つけた古い着物など、不要な着物をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

もちろん売っても値段の付かなそうな着物は、ゴミとして処分することも可能です。しかしここで注意が必要です。

着物は古い着物であっても意外な価値を持っていることもあるので、ゴミとして捨てると損をしてしまうかもしれません。どうせ捨てるなら、まずは着物買取で専門的な査定を受け、価値を判別してもらってから処分することをオススメします。

どんな着物が売れるの?

どんな着物が売れるの?

さて、実際に着物の査定を受ける前に、まずは着物買取で買取対象となる着物について知っておきましょう。

※買取業者によって対象となる基準は異なります。ご利用前にお電話などで事前に確認してみましょう。

買取対象となる着物の種類

着物買取では以下のような着物が買取対象となっています。利用前に目を通しておきましょう。

・留袖 ・振袖 ・訪問着 ・付け下げ ・小紋 ・色無地 ・紬 ・友禅 ・上布 ・沖縄着物 ・アンティーク ・男性着物 ・作家着物 ・袋帯 ・名古屋帯 ・丸帯 ・半幅帯 ・反物 ・和装小物 ・和装上着

中古での需要が少ない喪服や、後述しますが生地に綿や麻が使用されることの多い浴衣などは、買取業者によっては値段が付かないケースもある着物ですので、ネットオークションやフリマサイトでの売却も視野に検討してみましょう。

値段の付きやすい着物の特徴

以下のような着物は中古での需要が見込めるので、買取業者からしても比較的値段の付けやすい着物になります。


正絹(しょうけん)の着物

着物は元来、生地に正絹が用いられるのが一般的でした。独特の光沢と手触りの良さを持った正絹の着物は値段が付きやすい傾向にあります。

ただし、正絹は湿気に弱く、長年手入れをせずにタンスにしまっていたものはシミやカビができてしまっていることもあります。ひどく汚れてしまっている場合、値段が付かないこともあるので注意しましょう。

また、正絹以外の素材(ポリエステルやウール、麻、綿など)が生地に使われた着物は、安価で仕立てることができるため買取価格も付きづらい傾向にあります。


作家物や伝統工芸品の着物

有名な作家の作品や伝統工芸品であれば高額買い取りに期待が持てます。ポリエステルやウール、綿、麻といった着物でも、このような付加価値があれば高値が付く傾向にあります。

ただし、作家物や伝統工芸品の査定では、証紙の有無によっても買取価格が変わってくることもあります。

買取実績が多く、着物に特化した買取を行っている業者であれば、証紙が無くても、着物の価値を見落とすことはありませんが、再販価値が変わるため買取価格にも影響が出てしまいます。証紙をお持ちの方は、大切に保管して査定の際には合わせて見てもらうことをオススメします。


一般的なサイズの着物、丈の長い着物

中古着物には、リメイク素材として使うという選択肢もありますが、大半はまた着用する用途で取引されます。一般的なサイズの着物であれば、ほとんどの人が着用することができるので再販もしやすいのです。

逆に極端に大きい着物や小さい着物は、着る人を選ぶため価値は下がってしまうと思って良いでしょう。

また「丈が長い」という要素も査定評価にプラスに働くでしょう。丈が短いと仕立て直すことはできないのですが、長い分には丈詰めをして着用することができます。

目安としては、丈が150cm以上あれば、需要が見込みやすい傾向があります。140cm未満のものや子供サイズとなると査定では敬遠される傾向が見られます。

着物買取で値段の付きにくい着物

着物買取で値段の付きにくい着物

ご実家の納屋で見つけた着物や、親戚から譲り受けた古い着物ですと、シミやカビができてしまっている...。ということもあるかもしれません。

シミやカビなどが酷い場合ですと、価値はガクッと下がり、最悪買取不可となることもあるでしょう。

それではどのような着物だと値段が付きづらいのでしょうか。以下のような特徴があると、買取査定で値段が付きづらいので注意しましょう。

1,シミやカビなど汚れのある着物


2,喪服、もしくは黒無地の羽織、浴衣など


3,ポリエステルなどの化学繊維や、ウール、麻、綿の着物


4,丈の短い着物

※上記はあくまでも例であり、買取業者によって査定基準は異なります。どんな着物でもまずは無料査定などを受けてみることをオススメします。

いらない着物を少しでも高く売るために!高額査定のポイントを知っておこう

いらない着物を少しでも高く売るために!高額査定のポイントを知っておこう

次に、いらない着物の査定を受ける前に知っておきたい高額査定のポイントをご紹介します。ぜひ頭に入れたうえで査定に臨みましょう。

1,適切な保管方法でコンディションを維持する


2,証紙などの付属品も併せて査定に出す


3,着物買取専門店で着物の価値を正確に見極めてもらう

おわりに

近年、日本の伝統衣装である着物は、世界中で注目を浴びています。中古でも価値は衰えず、いらない着物であっても売ることができ、高額買取してもらえるかもしれません。

査定を受ける際には今回の記事を参考に、損のない売却を目指しましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!