着物買取について

古着屋の着物買取は損をする?古い着物の処分方法は何が良い?

古着屋の着物買取は損をする?古い着物の処分方法は何が良い?

近年、国内外で中古着物の需要が高まっていることで、ひと昔前まで着物の買取を行っていなかった古着屋やリサイクルショップなども買取を行うようになりました。

そのため古い着物をただ処分するのではなく、買い取りに出そうと考える人も多くなっているのではないでしょうか。

しかし、適切な買取店を選び着物を売らなければ、損をしてしまう事例もあります。

今回の記事では、着物の買い取りを利用して損をする理由と、損をしないおすすめの買取方法をご紹介します。





 

古い着物だからと処分するのはどうなの?

古い着物だからと処分するのはどうなの?

「着物はあるけど古い着物だから・・・」という理由でゴミに出し処分してしまう方が多くいらっしゃいます。

古い着物も査定してくれる買取業者が多数ありますので、古いからといって諦めて捨ててしまうのは勿体ないと言えます。

古い着物でも査定を行い、価値がある着物と分かれば値段が付くケースもあるため、お手持ちの着物を捨てるのではなく買取に出してみることも検討しましょう。

着物の買取先には何がある?

着物の売却方法は?

着物の売却方法を大きく分類した場合「リサイクルショップへの売却」「店舗型の着物買取専門店への売却」「ネットの着物買取専門店」の3つの方法があります。

着物を売る前に、上記3つの買取方法の特徴知っておくと、どの方法が自分に合っているのか明瞭になりますでの、ぜひ参考にしてください。

店舗型の着物買取専門店で着物を売る

着物の買い取りを専門としている実店舗であれば、リサイクルショップほど店舗数は多いとは言えないものの、専門で着物の買い取りをしているからこそ、他の買取先と比べて買取価格が高くなりやすい傾向があります。

ネットの着物買取専門店で着物を売る

ネットの着物買取専門店は主にインターネットを介して着物を買い取る業者のことを指し、実店舗が持ち込み買取を対応しているのに対し、ネット型の場合は宅配や出張で着物を買い取っている場合が多いです。

古着屋やリサイクルショップで着物を売却すると損をしてしまう?

古着屋やリサイクルショップで着物を売ると損をしてしまう?

近年、中古品の着物の需要が増加したことで、古着屋でも着物を買い取っているケースが増えています。

しかし古着屋やリサイクルショップをはじめとする中古品買取店で着物を売るとかえって損をしてしまう場合もあります。

なぜ損をしてしまうのか下記にて、その理由を説明していきます。

古着屋の持ち込み買取は買取相場が低めに設定される?

着物の持ち込み対応をしている買取店の場合には人件費はもちろんのこと、テナント管理費や水道光熱費といった諸経費がランニングコストとして毎月かかっています。

そのため、売上からランニングコストを引いて利益を確保しなければならないので、買取価格の上限も他の買取方法に比べて低く設定されている傾向があります。

また買取店によっては、販路が「店頭での販売」のみの場合も多く、店頭で抱えられる在庫にも限度があるため、買い取り自体が断られてしまう場合や買い取りが可能でも安価になってしまうケースが少なくないです。

総合リサイクルショップでは着物が重量で査定されてしまうことも

取り扱い品目の多い総合リサイクルショップでは、着物を洋服と同じようにあくまでも「衣類・古着」として扱っているケースも多く、着物の重さを測り査定額を算出する「重量査定」を行っている場合が多々あります。

着物は著名な作家が仕立てたものや、有名な産地やブランド品といった場合もあります。

しかし、「重量査定」の場合だとどんな着物であっても重さで価値を判断されてしまうので、利用者側からすると非常に損してしまう事例もあります。

そのためご自身の大切な着物を売る際には、重量査定を行っているような買取店は避けることをおすすめします。

大量の着物を近くの店舗への持ち込む場合?

「近くに中古品買取店があるからそこで着物を売ろうかな」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、例えお近くにあったとしても大量の着物を店舗へ持ち込むは不向きと言えるのではないでしょうか。

サイズにもよりますが、着物1枚の重さは約1キロと言われています。

それを何十枚も売る場合は、数十キロ分の着物を中古品買取店に持っていかなければなりません。

仮に車を使ったとしても1度に持ち運べる着物量は制限されてしまいますよね。

それに何度も往復することになれば、ガソリン代などもかかってきますし、手数料等がかからない宅配買取や出張買取よりも損してしまう可能性が高いです。

「着物買取専門店」で着物を売却すると良い理由は?

「着物買取専門店」で着物を売却すると良い理由は?

着物を高く売るには、その着物の価値を正確に判断してもらわなければなりません。

しかし、着物は数ある中古品ジャンルの中でも査定が難しいジャンルとされています。

その理由として、そもそも着物にはたくさんの種類があり、また他にも「どの作家が作ったものなのか」「どういったブランドなのか」「着物の産地はどこか」といったように査定の際に着物の価値を正しく見極めるためには豊富な専門知識が必要です。

着物専門の買取店ではない知識の乏しいお店を利用した場合には、価値を見誤れたまま売ることになってしまうケースも多いです。

だからこそ「着物を高く売りたい」ということであれば、着物の価値が見極められる着物買取専門店を利用した方が得策と言えます。

着物買取専門店が着物を高く買い取ってくれる理由

着物の買取専門店が着物を高く買い取れる理由には何があるのでしょうか。

着物買取専門店の場合、その名の通り着物を専門で買い取ってくれるため、国内だけではなく海外にも幅広く販路(売り先)を持っていることが多く、またネットを活発に活用している業者もあります。

そのため「Aの着物は着物の市場へ」「Bの着物は海外へ」「Cの着物はネットで販売」といったように、その着物が1番高く売れる販路を選べることもあり、その分販路の少ない古着屋やリサイクルショップと比べると着物を高く買い取ってくれる場合が多いようです。

着物の買取方法は何がおすすめ?

着物の買取方法は何がおすすめ?

着物の買取方法は持ち込み買取の他に宅配買取や出張買取の2つの方法があります。

近くの買取店へ数枚の着物を持ち込むといった場合は良いかもしれませんが、1度に大量の着物を売りたい場合やそもそも近くに着物の持ち込み買取に対応しているお店がない場合は宅配買取と出張買取の利用を検討した方が良いでしょう。

宅配買取について

宅配買取は買取業者から送られてきた宅配キット(段ボール)に、査定を依頼したい着物を詰めて返送し、査定結果が出るまで待つといった買取方法で、宅配なので他人と会わずに自宅に居ながら利用できるのがメリットです。

また宅配キットは重さの制限がないため、宅配キットに入るだけ着物を詰めることができるので、持ち込み買取だと現実的ではない「一度に大量の着物を売りたい」といった場合でも利用できます。

誰とも会わずに査定を利用したい、もしくは対面だとキャンセルしづらいという人にもおすすめの買取方法です。

出張買取について

出張買取は着物の専門知識を持った鑑定士が直接利用者の自宅を訪問し、着物を査定する方法です。

利用者側は見てもらいたい着物をタンスやクローゼットから出しておくだけという最低限の準備で利用できるのがメリットです。

宅配買取が査定結果が出るまで時間がかかる場合もありますが、出張買取であればその場で査定結果が分かるため、査定結果に満足できれば即現金化ができます。

中々時間が取れない人や自宅に居ながら利用したい人、今すぐお金が欲しい人におすすめです。

まとめ:古着屋の着物買取は損をする?古い着物の処分方法は何が良い?

まとめ:古着屋の着物買取は損をする?古い着物の処分方法は何が良い?

古着屋やリサイクルショップで着物を買い取ってもらおうとすると損をしてしまう事例が多々あるようです。

これまでご自身が大切にしてきた着物を高く売りたい場合には、やはり着物の買取実績が多い業者を選択することおすすめします。

また持ち込み買取だけに捉われず、宅配買取や出張買取も念頭におき吟味しましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!