着物買取について

藤娘きぬたやの魅力と着物を高く売るためのコツとは?

藤娘きぬたやの魅力と着物を高く売るためのコツとは?

藤娘(ふじむすめ)きぬたやは、1947年に創業した名古屋にある女性用の呉服メーカーです。

振袖・訪問着・浴衣をはじめ、袋帯・名古屋帯・草履なども展開しており、鮮やかな色味と豪華なデザイン、繊細な本疋田(ほんひった)絞りが特徴的です。

今回は、藤娘きぬたやの概要や作品の特徴に加えて、藤娘きぬたやの作品を少しでも高く売るためのコツをご紹介いたします。

気になる方は、ぜひご覧ください。





藤娘きぬたやとは

藤娘きぬたやとは

藤娘きぬたやの概要

藤娘きぬたやは、図案の作成から製造・販売までを自社で一貫して行っており、全体に大きな柄が施される総絞りを用いた着物を制作しています。

「誰も創ることが出来ない絞り・誰も創ろうとしない絞り」をコンセプトに掲げ、他の着物メーカーの追随を許さない圧倒的な品質と美しさを持った着物を作り上げています。

また、藤娘きぬたやでは毎年社内で絞り職人のテストが行われ、それに合格した人だけが最高級の絞りを作る資格を得られます。

技術を極限まで磨いている職人だけが絞れる最高級の藤娘きぬたやは、まさに逸品と呼ぶにふさわしいでしょう。

職人の手で一つひとつ丁寧に色を染めていく手挿し染めによる染色により、鮮やかな発色と華やかな雰囲気を生み出すことができます。

それだけ職人技にこだわっており、自信のある作品のみを世に送り出すことを重要視しているメーカーです。

藤娘きぬたやの作品の特徴について

藤娘きぬたやの着物は、パステルカラーを中心とした色彩で染め上げることが特徴で、人の目を一気に引き付けるような、はっきりとした色味が多く用いられています。

藤娘きぬたやの着物の魅力は、なんといってもその華やかさです。

着る女性はもちろん、着ている時間や空間がきらめきで満たされるような作風が魅力的ですよね。

デザインを含むすべての着物のプロデュースを、現社長の伊藤嘉秋(かしゅう)氏が手がけています。

伊藤氏は自身のことを社長ではなく芸術家だと語っており、作品を制作する際には徹底的に着物の品質にこだわっています。

色の選択やデザイン性はもちろん、高い技術が用いられているかを厳しくチェックします。

鍛錬を積んだ職人の確かな技と、伊藤氏の着物への妥協を許さない姿勢により、目を見張る優美な着物が作り上げられるのです。

藤娘きぬたやは繊細な本疋田絞りが得意

藤娘きぬたやは本疋田絞りが得意であり、本疋田絞りの着物は藤娘きぬたやの中でも最高級品です。

本疋田絞りとは生地を四角くつまんで4つ折りにし、絹糸をぐるぐると巻きくくって粒状にして絞り、染め上げた後に糸を解くという染色技法です。

一般的な疋田絞りでは通常6~7回ほど絹糸を巻きますが、藤娘きぬたやの本疋田絞りは11~12回巻いて1粒あたりの白地を多く残すように染めます。

先端に染まる色が針のように細かくなるため、他のブランドの本疋田絞りよりもさらに繊細なデザインと美しさが表現できます。

藤娘きぬたやの本疋田絞りは、わずか2mmしかない絞り目を斜め45度ずつ等間隔に配置せねばならないため、緻密な計算と高い技術力が必要になります。

粒と粒の間にある隙間がとても狭く、立体感と細やかさは他のどのメーカーの着物にも負けません。

1着の着物を作るのにトータルで15万粒以上の絞りを施したりと、絞り作業に時間がかかり、中には2年もの期間を要したりするものもあります。

高い技術力を有している藤娘きぬたやだからこそ、高品質で豪華絢爛な本疋田絞りの着物を制作できるのです。

藤娘きぬたやの着物は有名人御用達

そんな藤娘きぬたや、実は有名人でも愛用している方が多いようです。

最近では、元卓球選手の福原愛さんが結婚会見を行った際に、藤娘きぬたやの本疋田絞りの振袖を着用しており話題になりました。

白と淡い群青色をベースに、柔らかな桃色やはっきりとした紅梅色の花がいくつも咲き誇っており、大変きらびやかで美しいです。

高級百貨店で販売するレベルで、1着200万円ほどではないかと推測する声も見受けられます。

疋田絞りではありますが、スキージャンプの高梨沙羅選手が、成人式翌日のイベントに出席した際に着用した振袖も藤娘きぬたやのものです。

落ち着いた青緑色の生地に、輝かしい鳳凰(ほうおう)や色とりどりの花がたくさん描かれています。

藤娘きぬたやの疋田絞り・本疋田絞りは、会見やイベントなど晴れの舞台に登場する際に多く使用されており、有名人御用達の高級着物であることが分かります。

ニューヨークで個展を開催

藤娘きぬたやは、ニューヨークで個展を3回開催した実績があります。

さらに、個展開催の機にメトロポリタン美術館からのオファーで「宴(うたげ)」という作品が永久所蔵されました。

これは製作期間5年という長い歳月を要した総絞り振袖で、日本の絞り技術の代表として収められているものです。

メトロポリタン美術館は2017年時点で年間700万人もの来場者数を誇り、世界の美術館の入館者数ランキングでは第3位です。

加えて、ただの所蔵ではなく永久所蔵です。

日本の最高級着物が世界中の人に長きにわたって観てもらえるという、とても名誉ある功績となっています。

藤娘きぬたやの買取相場っていくら?

藤娘きぬたやの買取相場っていくら?

藤娘きぬたやの着物は、近年の着物買取市場では35,000円前後で買取される傾向にあります。

もちろんシミやシワがないなど状態が良ければ高価買取が期待できますが、作家名や製造メーカーが作った証である落款や、生地の素材や染め方・織り方などを証明する証紙がない場合は買取価格が下がります。

買取価格は参考程度に留めておき、着物買取のプロに査定を依頼して適正な買取価格をつけてもらいましょう。

藤娘きぬたやを高値で売るコツとは?

藤娘きぬたやを高値で売るコツとは?

着物専門の買取業者に査定してもらう

せっかく買ったり譲ってもらったりした着物、まだまだ着られそうなら捨てるのはもったいないので、リサイクルして次の人に使ってほしいですよね。

そんなときにまず思いつくのはリサイクルショップではないでしょうか。

多くのリサイクルショップは着物以外にも、洋服・電化製品・楽器・家具・アクセサリー・フィギュアなど、様々なものを取り扱っています。

多種多様な品物を同時に査定しているので、着物にだけ集中して査定することは難しいです。

つまり、本当はもっと価値があるものにもかかわらず、ただ「着物」とだけ分類されて粗雑に扱われてしまうかもしれません。

また、着物を含めた服専門のリサイクル業者だとしても、ワンピース・カーディガン・シャツ・ジーンズ・シューズなど毎日たくさんの衣類を扱っているので、着物だからとって特別な対応をしているという業者は少ないです。

着物を1点1点チェックしてくれる業者もありますが、中には1kg150円など計量・換算して買い取るところもあります。

価値がある高級な着物でも、ファストファッションやノーブランドの衣類と一緒くたにされて買い取られたら残念ですよね。

着物の正しい価値を見極められないまま買取されてしまうケースを防ぐためにも、着物の価値をしっかり理解しており、1着ずつ丁寧に査定してくれる着物専門の買取業者に査定してもらうことは大切です。

着物に関する豊富な知識と確かな査定力で、それ相応の値段をつけて買い取ってもらうのがベストでしょう。

複数の買取業者で査定・見積もりしてもらう

いざ着物専門の買取業者に依頼しようと思っても、たくさんあるので選ぶのは難しいですね。

どこにしようか悩んだときは、複数の業者に着物を査定してもらいましょう。

1社だけだと本当にその価格が適切か図りかねますし、もしかしたら不当に安く買い取られてしまうかもしれませんが、複数の業者に頼めば、着物にどのくらいの価値があるか見当が付いて安心できますし、その中で1番高い値段をつけてくれた業者で買い取ってもらえればお得ですね。

また、一度査定してもらうと業者の良し悪しが分かります。

「あの会社は親切丁寧に対応してくれたな」「この会社はしっかり査定している素振りがなくて怪しい」など、自分自身が感じることで安心できる業者を選択できます。

信頼できる買取業者を選ぶためにも、複数の業者に見てもらうことは大切です。

藤娘きぬたやの魅力と着物を高く売るためのコツとは?:まとめ

藤娘きぬたやの魅力と着物を高く売るためのコツとは?:まとめ

選び抜かれた渾身の職人技、社長の誠実なプロデュース力、人の目を引く彩りの色やデザイン、他に類のない繊細な本疋田絞り…これらが合わさってこそ、藤娘きぬたやのブランドは人気を誇り、確かな実績を残せるのでしょう。

ご自宅に藤娘きぬたやの着物は眠っていませんか。

着なくても着物のどんどん状態は悪くなってしまいますので、すぐにでも着物専門の買取業者で査定してもらいましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!