着物買取について

【着物の宅配買取について】利用方法や買取対象の着物の買取相場

 
着物女性

着物の宅配買取サービスに密かな人気が集まっているのはご存知でしょうか?

引越しや片付けで着物が出てきたけれど、枚数の多くなった着物は思った以上に重くて運ぶのも大変。

箪笥にぎっしり詰まった着物を前に、どうしたら良いのかわからないとお悩みの方を中心に着物買取サービスが注目を集めています。

今回は着物買取サービスに関する紹介と、着物買取の中でもまだまだ知らない方の多い「宅配買取」についてスポットを当てて紹介していきます。





着物買取サービスの種類について

着物の買取サービスの種類

着物買取サービスには大きく分けて3つの買取方法があります。

  • 1,宅配買取
  • 2,出張買取
  • 3,持込買取

どれも利便性の高い買取方法ではあるものの、着物を売りたい方の状況によってはメリットにもデメリットにも感じるポイントがあります。

それぞれの特徴を簡単に紹介していきますので、ご自身に合った方法を選ぶと良いでしょう。

1,宅配買取

宅配買取のメリットといえば、なんといっても「自分の好きなタイミングで査定してほしい分だけ査定してもらうことができる」ことです。

着物を売りたいけど仕事などで日中はなかなか時間を取れない方におすすめです。

加えて査定してほしい着物を専用ボックスに詰めて専門業者へ送る方式ですから、対面せずに不要な着物を買取してもらえます。実は、「対面の査定だと気を遣ってしまいキャンセルしづらい」という方は意外と多く、宅配買取なら対面ではないので、査定金額に納得できなければ気を遣わずにキャンセルすることができます。

宅配に伴う送料は基本無料の専門業者も多く、宅配に必要な梱包キットも業者が用意してくれますので、手数料の心配はしなくていいですね。

唯一デメリットを挙げるとすれば、宅配買取という性質上、どうしても郵送、送付などに日数が掛かってしまいますので、とにかく急ぎでその日のうちに査定してほしいと考える方には不向きと感じるかもしれません。

次項からは、この宅配買取についてさらに少し詳しく紹介しています。

2,出張買取

出張買取では、自宅で査定してもらえるので、着物をわざわざ用意したりする必要がない手軽さがメリットです。また持込み買取と同様に、査定後にその場で買取代金を受け取りできるのも嬉しいですね。

デメリットとしては、査定員が自宅に訪ねてくるので、女性の方はやや抵抗を感じるかもしれません。しかし着物買取専門店の中には大手と呼ばれるアフターケアが万全の専門業者もいますので、急がずじっくりサービス内容を照らし合わせてみることで不安は解消できると思います。

3,持込買取

店舗まで自ら持ち込むので、目の前で着物の査定を受けれて安心ですし、査定後に買取価格に納得すれば代金をその場で受け取りできることがメリットといえそうです。

ただし、ご自身で着物を持込む必要があるので、持ち込むための準備や用意を行わなければなりません。箪笥に眠っている着物を一枚一枚運び出す準備に時間がかかってしまうのがネックです。また金額に納得できず、買取に至らなかった場合は着物を持ち返らなければいけませんので注意しましょう。

時間の無い方にオススメ!着物の宅配買取の利用方法

宅配買取の利用方法

宅配買取は、出張査定や持ち込み査定と同様に、まずは電話やメールで申し込みが必要です。

その後、買取業者から商品の発送に必要な宅配キットが送られてきます。段ボールの宅配キットの中には、申込書類一式、梱包用袋、段ボール梱包用テープなどが同梱されていますので、利用者側で用意する必要はありません。

次に、必要書類と商品を宅配キットに詰めて返送します。業者によって集荷方法は異なりますので、事前に確認しておくといいでしょう。

基本的に、1~3日以内に査定が行われ、査定結果が伝えられます。査定額をメールや専用サイトで確認する場合や、電話で連絡をもらえる場合など、業者によって異なってきます。

次に買取金額に納得の場合は、指定した銀行口座まで、買取金額が振り込まれます。ちなみに査定額に納得できなかった場合は、もちろんキャンセルも可能ですので安心して使うことができます。

ここまでが基本的な宅配買取の流れで、買取完了までは、長くて一週間ほどを見込んでおくといいでしょう。

また、平日15時以降は翌日支払いになるといいうことと、土日祝日は除外となりますから注意下さい。

宅配買取での取り扱い品は着物だけじゃない?

宅配買取は専用ボックスに売りたい着物を詰めて送ります。

ですから着物だけでなく帯や和装品など、「もしかしたら売れるかも?」と思うものならまずは詰めて送ってみましょう。

一度に大量の荷物を送れるというのは嬉しいメリットの一つです。

宅配着物買取サービスで信頼できる業者の選び方

宅配買取業者の選び方

そんな宅配着物買取サービスで、信頼できる業者の選び方にはコツはあるのでしょうか?

信頼できる業者にはいくつか共通の条件があるので紹介しましょう。

豊富な買取実績を持っていること

着物の買取業者はそれぞれ独自のサービスを打ち出していますが、信頼できる業者はそれだけ利用者も多く、それだけ豊富な買取実績を持っています。

着物買取業者の多くはインターネット上に着物買取専門のサイトをオープンしています。

そこにどのくらいの買取実績があるのかをチェックしてみましょう。

日本全国対応であること

着物買取業者の多くは地域密着型といい、各地域にそれぞれ買取専門店があります。

しかし中には利用者の利便性の向上を目的に日本全国対応で着物買取サービスを実施しています専門業者も存在しています。

ですから、これまで遠方で着物を売りたくても売れなかったという方も安心してお使いいただけますね。

買取だけじゃない、アフターケアも万全

買取業者を選ぶポイントとして、業者のサービスの質についても重要です。

着物買取だからとって、ただ買い取るだけでなく、細やかなサービスや査定員の心使いや、買取が終わった後のアフターフォローなど。

そしてクーリングオフにもしっかり対応している業者を選ぶと良いでしょう。

着物の宅配買取で買取対象となる着物の種類

宅配買取で対象となる着物の種類

宅配買取だから買取対象となる着物が変わるということはありません。以下の着物が対象となりますので、ご利用の前にご確認ください。

  • ・留袖
  • ・振袖
  • ・訪問着
  • ・付け下げ
  • ・小紋
  • ・色無地
  • ・紬
  • ・友禅
  • ・上布
  • ・沖縄着物
  • ・アンティーク
  • ・男性着物
  • ・作家着物
  • ・袋帯
  • ・名古屋帯
  • ・丸帯
  • ・半幅帯
  • ・反物
  • ・和装小物
  • ・和装上着

色留袖や黒留袖、色無地、付け下げ、訪問着といった着物だけでなく、反物や帯、和装小物など、着物に関するアイテムであれば買取対象となります。

どんな着物でも、まずは一度査定を受けてみることをオススメします。

宅配買取では着物はいくらで売れる?着物の買取相場と高く売るコツ

宅配買取で対象となる着物の買取相場

着物の買取相場には種類や着物の状態によって値段の幅がとても大きいことが特徴です。

着物はとても繊細でデリケートな性質を持っており、非常に汚れやすくシワが付きやすいです。

また、素肌に触れた時に汗染みがつきやすいので、着用のたびに細やかなお手入れが必要となります。

宅配買取で取り扱われる着物の多くは過去に着用されたことのある中古着物で、買取される着物の半数以上が何かしらの汚れがついたものが多いです。

そのため、状態の良い着物と悪い着物の買取価格にはとても幅があるのです。

買取相場の高い着物の特徴

状態や柄行にもよりますが、留袖、訪問着、付け下げ、色無地、振袖などの、準礼装から略礼装に分類される着物は、何かと出番も多いことから、現代でも需要があります。

そして作家物や伝統工芸品の着物も高値で買取が行われています。

手描き友禅の羽田登喜男、芭蕉布の平良敏子など、人間国宝にも認定される作家の作品であれば数十万円の額で買取が行われることもあります。

大島紬、結城紬、牛首紬、名古屋友禅、京友禅、加賀友禅などは伝統工芸品に含まれ、十万円程の額が付くことも珍しくありません。

着物を高く売るコツ

着物をより高く売るために必要なことはお手入れだけではありません。

着物は購入した際に付属品が一緒に残されています。

着物買取において大切な付属品は「証紙」と呼ばれる、その着物の価値を保証する証明書があります。

証紙の有無で再販価値が変わるため、証紙があれば買取業者は買取価格に上乗せすることができます。お持ちであれば一緒に査定してもらいましょう。

【着物の宅配買取について】利用方法や買取対象の着物の買取相場:まとめ

宅配買取は数ある着物の買取方法の中で大きなメリットがあるとご理解頂けたと思います。

自宅に不要な着物が眠っていたら、まずは宅配買取で専用ボックスを取り寄せて売りたい着物を詰めて送ってみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!