着物買取について

着物買取の相場はいくら?

 
着物買取相場

祖母から譲り受けた大きな桐たんす。

中には見たことがないような鮮やかな柄の着物や帯が出てきたものの、 取り扱いに困った…なんて経験ありませんか?

現代の私たちの生活は昔に比べ、和装をとりまく環境は大きく変化し、着物を始めとした日本文化に触れる機会というのはめっきり減りました。

着なくなった着物はどうすることが一番良い選択なのか(処分方法もしくは売ることができるのか)や、着物の相場の話に特化した情報があれば、その悩みも少し解消するかもしれませんよね。

ここではそんな着物を気持ちよく手放すために、買取に出した際の相場やその基準について情報をまとめました。





着物買取で相場の高い着物とは?

着物はかつて全ての日本人が日常的に着用していました。

しかし時代の流れとともに洋服文化が日本に定着するようになると、着やすさや着衣の手軽さから洋服が好まれるようになり、今では結婚式や成人式といった特定の儀式や行事以外では着用されなくなってきました。

着る機会の減った着物とはいえ、家族から譲り受けた品などは捨てるには忍びないですね。

思い切ってリサイクルショップに持ち込んだものの、二束三文または値段が付かないと言われるケースが着物は圧倒的に多く、良い方法を知りたいと思う方も多いはずです。

着物は新品で買った時の値段から考えると、価値が一気に下がる場合が多く、そのため売りに出した際に納得できる値段にならず、家に持ち帰ってきた、という方も多いようです。

着物買取において相場の高い着物の条件はいくつかあります。

その条件を一つでも多く満たす着物は価値が高い(=相場需要がある)と思って良いでしょう。

逆に、その条件や基準に該当しない着物は、残念ながら二束三文の値段しか付かない可能性が高いといえます。

では、着物買取の相場が高い着物の条件とはどういった項目があるのでしょうか。

着物買取において相場価格が高くなる条件とは?

着物の素材は何か?

あなたが持っている着物の素材は何ですか?

着物についてあまり知らない方だと、そもそも素材が何かという疑問すら抱かないかもしれません。

実は着物の素材は、大きく分けて正絹(しょうけん)、麻、木綿、ウール、化繊の5種類に分別されます。

そして、季節や時期、シーンによって着用される着物は異なります。

ここで大切なのは、着物買取において相場が高い着物(価値が高い着物)の素材は、ほぼ「正絹」だということです。

よって、正絹でない着物=買取を断られる、もしくは値段が付きづらい傾向があります。(麻素材は時期によっては需要が高まる場合もありますが。)

証紙(しょうし)はあるか?

証紙とは、一言で言うと「その着物の価値を証明する保証書」のような意味合いを持つものです。

買取において、この証紙があるかないかでは相場需要や価値も雲泥の差と言ってよいでしょう。

例えば、自宅の着物が本場大島紬で作られた希少な品だったとしても、その価値を証明する証紙がなければ、価値が低いと判断されてしまうケースもあり、そのくらい大切なものなのです。

落款(らっかん)は付いているか?

落款とは、正式名を落成款識(らくせいかんし)と言い、作家が着物を仕立てた後に自分の作品だと証明する意味を込めて印を押したものです。

この落款が付いてる着物は別名「作家着物」と呼ばれ、量産された着物よりも相場が高い着物の多くが該当します。

ただし、数多くの着物作家や帯作家が存在し、その価値も大きく変わります。

そのため作家物だから(落款が付いてる)といって、必ずしも価値が高い、買取相場が高い、というわけではありません。

着物の状態は?

着物の買取相場を決める重要なポイントとして、当然のことながら保存状態も買取相場に大きく関わってきます。

着物はその性質や素材の特性上、シミや汚れに弱いです。新品ならまだしも、一度でも着用すると、肌に触れたときに付く汗や着用する中で知らず知らずのうちに汚れが付いてしまいます。

付いた汚れはすぐに取ればダメージも少なくて済みますが、着物を普段から着用する機会が少ない方ですと、気付かずに汚れがついたまま箪笥へ…なんてこともあるでしょう。

そのまま放置すると価値の低下は避けられません。

着物買取の相場に詳しい業者とは?

昨今のリサイクルブームの影響で、着物をはじめとした古物の買取を行うお店も増えました。

街中にあるような、いわゆる一般的なリサイクルショップでも着物の買取をしてくれますし、質屋に出す方もいるかもしれません。

ですがここで注意すべきは、そのお店は「専門店かどうか」というのが重要です。

なぜなら、前述の通り着物は専門的な鑑定技術が乏しいと、価値を判断することが難しい品物だからです。

専門店でなければ、着物=ただの衣類と判別され、適正な価値を下げた判定を下される場合があるのです。

よって、着物の買取相場に詳しい専門店へ依頼するのがベストな選択といえるでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!