おすすめコラム

不要な着物はリサイクルショップよりも買取専門店へ

  • 不要になった着物、箪笥に眠ったままになっていませんか?特に着物は処分せずに自宅に保管される方も多いのではないでしょうか。でも、もしもこういった着物を買取ってくれるところがあるなら相談してみたいですよね。ここではそんな不要な着物を処分せず良い形でリサイクルする方法を紹介します。

    不要な着物はどうするべき?着物の処分に困ったら?

    着物は思い入れもあり処分に困る・・・なんてお考えの方も多いことでしょう。不要な着物を処分せずにリサイクルするとしたら何がいいのか?いろいろな方法がありますが、具体的にどうしたら良いかがなかなか決められないと思います。

    着物をリサイクルするといってあなたが思い描く言葉は何でしょうか?中にはリサイクル着物買取などもあるようです。不要な着物の処分について、それぞれの方法とメリットデメリットを見てみましょう。

    着物をリメイクする

    着物をリメイク、最近ではリフォームという言葉もありますね、 大事にしていた着物なので、お気に入りの着物なのでそのお気持ちはわかります。 そして、何より着物をリサイクルするので、世界にたったひとつだけの商品ですので 日傘にしたり、バックにしたり、ワンピースやシャツなどに お孫さんへのぬいぐるみにリメイクしても楽しいですね。 ただ、沢山の着物を依頼するとなると非常に大変です。

    着物屋さんに持っていく

    なじみの着物屋があれば、そこで「この着物をリサイクルして!」 と言い買取って貰うこともあると思います。 しかし、逆に知っている間柄ならではの恥ずかしさもあります。 着物を売ったという評判も、思った以上に早く伝わってしまいます。

    オークションに出す

    最近は、簡単にオークションに出せるようになりました。 しかし、リサイクルとして出品するためには大事な着物を箪から引っ張り出して、 写真を取ったり、配送したり、お金を受け取ったりとやることが多くて 初めて行うには非常に手間がかかります。 大半の方は途中で投げ出してしまうこともしばしばあります。

    フリーマーケットに出す

    着物をリサイクルするなら、地域の情報誌などでフリマを見かけたこともあるでしょう。 料金等さまざまですので、一度出品者となる前に、自分で見に行って見ると良いでしょう。 もちろん、あなたの大事なお着物ですので、その日の天候が気になってしまいます。

    友人にあげる

    あなたの大切なお着物を、あなたの大切なご友人にあげるという選択肢もあります。 好みが同じ方であれば喜ばれるケースもありますが、好みが違う方には、逆に迷惑をかけるケースもあります。 ここで考えるなら、思い切って捨てるのもひとつの手です。

    ゴミとして処分

    今は、捨てるにしてもお金がかかりますよね。 着物をお持ちの方は、大量にお持ちの方が大半です。 当時購入した着物の中には、お気に入りの作家さんやデザインなどの思い出もあるでしょう。しかし、 今は捨てるだけでもお金がかかってしまいます。

    着物はリサイクルショップでは高く売れない

    あなたがお住まいの地域にもリサイクルショップはあると思います。 リサイクルショップは多様な商品を扱っている分便利ですが、 あなたが納得できる値段が付くかどうかは不明です。なぜならリサイクルショップは着物への深い知識がない場合があり、そうなると着物の価値を見落としてしまうケースがあるからです。

    いざ売るまでには着物をお店まで持っていく手間やあなたが大事にしてきた思い出のある着物の中には売れない商品や、 納得できない引き取り額が表示されることもあるでしょう。 手間暇かけた割に労力が見合うかは不明です。

    不要な着物は専門の着物買取業者へ依頼しよう

    「買い取る」という点ではリサイクルショップと大差がないように感じますが、どのような点が強みなのでしょうか。

    着物専門の買取業者は着物の価値を知っている

    着物にはとても種類が多いだけでなく、歴史が古いので価値を見極めるためには相応の知識が必要です。そういった点で、素人が見ても価値を見抜くのは困難と言え、よって着物の買取を専門としてる業者へ出すのが価値の見落としを防ぐことができるのです。

    また、着物の買取業者であれば着物に特化した知識を持つが故、箪笥の奥に眠っていた着物が高値になったというケースはよく聞く話です。

    頼めば出張買取もしてくれる

    着物買取業者の多くは電話やメール1本で自宅まで査定に来てくれます。着物は数枚ならまだしも、枚数が多くなればそれだけ持ち出しも困難になります。箪笥まるまる着物が詰まっている、なんて方もおられるでしょう。

    着物の出張買取は、着物をお持ちになっている方の負担軽減を第一に考慮して生まれたサービスだとお分りいただけると思います。

    着物はいくらになる?気になる着物の買取相場は?

    着物の買取相場を決めるポイントは以下の通りです。

    着物買取の相場について

    着物の買取相場を決めるポイントは「格」というものが大きく関係しています。格の高い着物は礼装着、次いで準礼装着の順に買取相場が変わっていきます。着物の買取相場は格の高さに加え、着物作家であることや伝統的な技法で織られているかなど、「どれだけ手間がかかって作られているか」という点も評価されるポイントとなります。

    帯や和装小物にも買取

    ここで注目してほしいことが一つ、それは帯や和装小物の中にも買取相場の高い逸品があるということです。特に帯の中には着物同様に作家が作ったものや老舗機屋が作っている伝統工芸品というのもあります。また、和装小物はこういった傾向はあまり見られないものの、流行をおさえたバッグや買取需要が高まっている小物もあります。

    値段のつきにくい着物の種類と処分方法について

    前段で説明したように、着物には様々な種類や値段がつくポイントがあることがおわかりいただけたと思います。値段が付く着物もあれば、残念ながら値段が付かない、もしくは付きづらい着物もあります。それはどんなものが該当するのか見ていきましょう。

    着物の価値をあっという間に下げるシミとシワ

    着物買取で値段を下げてしまう要因として、汚れやしわには注意しましょう。着物の多くは着てから余程の汚れが見られない限りそのまま箪笥にしまってしまうこともあると思います。着物を着て外出すれば着用シワがつきますし、知らず知らずのうちに汚れがついてしまいます。このままの状態で箪笥にしまうとダメージが蓄積して、着物の価値を下げる原因になります。

    買取価格のつきにくい着物の種類とは?

    着物には絹・綿・麻・ウール・ポリエステルという5つの素材が使われ織られています。この中でウールやポリエステル製の着物は買取価格がつきにくい種類です。着物買取においては絹・綿・麻の3つの種類が推奨されていますが、着物に詳しくない場合ですと何の素材が使われているのかを判別するのが困難です。着物買取業者なら手触りで判別できます。

    着物の査定を受けてみよう!

    着物は様々な条件が相まって買取価格が算出されます。よって箪笥に眠った着物を前にして「この着物は値段が付かないのではないか」と思ってしまうのは少し早いです。着物はしっかり価値を見極めてもらうことで思わぬ値段がついたりします。

    まずは価値があるかどうかを見てもらい、残念ながら値段が付かなかった着物は処分するなどの方法を考えればよいのです。

    着物をより高く売るには?着物買取のコツ

    不要に感じる着物であっても、せっかく売るなら少しでも高値で買い取って欲しいものですね。実は着物はちょっとしたコツで今よりも高く売れる場合もあるのです。ここではその方法をみていきましょう。

    着物を高く売るためにはある程度の長さが必要

    高く売れる着物というのはそれだけ買取需要も高く、例えば子供サイズの着物と大人サイズの着物で比べたときに、どちらの方が欲しがっている人が多いのかといえば、着用人口の多い大人サイズですね。よってサイズは標準よりもやや大きめのサイズですと良いでしょう。

    着物には証紙という「証明書」がついている

    着物の多くは購入した時にどういった価値を有する着物なのかという証明書が発行されます。これは証紙とも呼び、中には使わないからといって捨ててしまう方もいるようです。価値がわからない着物であっても、この証紙がついていることで価値を見極めてくれる重要なものですので必ず保管しておきましょう。

    たんすに眠っているなら早めに検討することのすすめ

    着物をより高く売るコツ、それは少しでも早く査定を受けてみるということです。なぜなら、箪笥で眠っている着物はこの瞬間も少しづつ劣化しています。そのくらい着物はデリケートですから、ちょっとした汚れや保管中の湿気などでダメージが蓄積していきます。

    後になってから「もっと早く査定を受けておけばよかった・・・」と思っても過ぎた時間は戻ってきません。後悔してしまう前に検討してみるのも良いでしょう。

    着物買取の業者を選ぶポイント

    着物の買取業者は大小様々あり、地元密着型から全国規模で着物を買取している業者まで多岐に渡ります。どんな業者を選べばよいのか、ポイントを挙げていきましょう。

    着物の買取実績の多い業者を選ぼう

    なんといっても買取数の多い業者であったり、買取実績がたくさんある方が、査定してもらった着物の査定経験があるかもしれません。また、買取実績が豊富ということはそれだけ着物査定に関する知見も豊富です。

    スタイルに合わせた買取方法を実施している

    着物の買取を実施している業者には出張、宅配、持込という3つの方法があります。業者によって強みも異なりますので、不要な着物を処分したいと考えているあなたに合った方法を推奨している買取業者を選ぶと良いでしょう。

    利用料や買取後の代金支払い・アフターフォローは?

    お見積り・査定料・買取手数料が無料なのはもちろん、 キャンセル料がかからない業者が良いです。せっかく買取に出したのに利用代金を支払わなければならないのは大変ですね。そして大切な着物を売ったあとすぐに代金を受け取れるサービスかどうかも選ぶポイントです。

    そして、着物を売った後もしっかりアフターフォローを怠っていない業者も良いでしょう。大切な着物を安心して買取に出すためには、こういったポイントは必ず押さえておきましょう。

    着物買取は専門業者がおすすめな理由のまとめ

    いかがでしたでしょうか。不要な着物はリサイクルショップよりも買取専門店へ出した方がたくさんメリットがありますね。価値の不明な着物が出てきたら、まずは着物買取専門店へ相談することでその後の結果も大きく変わってきます。大切な着物だからこそ、前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報