着物買取について

着物の処分を検討中の方へ!リサイクル・買取など着物の処分方法まとめ

不要な着物はリサイクルショップよりも買取専門店へ

古くなった着物や着なくなった着物は箪笥にしまいこみ、気付いたら箪笥に入りきらなくなってしまったなんて経験はありませんか?

不要な着物を処分したい気持ちはあるけれど、方法がわからない方や古い着物の処分に困っている方は多いのではないでしょうか。

ご自身で着る以外の使い道がなければリサイクルショップへの売却のほか、ごみとして捨てる・友人で着物を好きな方がいれば譲る・小物入れやバッグ等へリメイクするなどリサイクル方法は様々です。

多岐に渡る着物処分方法の中で着物買取専門店を利用される方も増えており、処分に困る方にとってはうってつけの方法であるといえます。

今回は着物の買取を通じたリサイクル方法や着物を買取に出したときの相場や高く売れるポイントも併せてご紹介します!





不要な着物の処分方法と特徴

不要な着物の処分方法と特徴

箪笥にしまいこんでいる着物や帯は若い頃に着用していたものや祖母や母親の愛用品という場合もあるでしょう。

よく見たら古くてサイズの合わず汚れやカビも目立つ・・・なんて場合ですと処分を検討されるのではないでしょうか。

そのままごみとして出す以外にもリメイク品として使うほかに買取に出せば古い着物であっても値段が付くこともあります。

ここではそんな不要になった着物の処分方法を紹介するとともに、古い着物の処分方法を考えてみましょう。

着物処分方法その1 ごみとして捨てる(断捨離)

ごみとして捨てる(断捨離)

不要な着物を見つけた方の多くがまず最初に考える処分方法ではないでしょうか。

しかし古い着物は現在作られている着物よりも生地がしっかりしており縫製や加工にも価値が付くことがあり、何も考えずに捨ててしまうのはもったいないです。

古くて汚れのひどい着物ですとそのまま捨ててしまうケースも中にはあるかもしれませんが、着物はリメイクや買取に出したりとリサイクルする方法がありますので、ごみとして処分するのは最後の手段として考えておきましょう。

処分方法その2 リサイクルショップ(着物買取専門店)やオークションで売る

買取専門店やオークションで売る

古くて使い道がないと思っている着物も、実は需要が高まっているので売れる可能性は少なからずあると思って良いでしょう。

近年はインターネットの発達に伴い昔に比べて着物を簡単に売ることができるようになってきました。

着物を売る方法は着物を専門で買取を行っている買取業者に売る方法やネットオークションもしくはフリーマーケットで自分で売る方法があります。

着物買取専門店で売る

着物買取専門店で売る

着物買取専門店は着物に関する多岐に渡る販路を持っているので、汚れていても古くても査定対象となっています。

また、着物買取専門店は熟練した査定技術を持っていますので、カビが生えてしまっている・破れているなどの致命的なダメージの着物や帯であっても値段を付けてくれる場合もあるので試す価値はあります。

リサイクルショップで売る

リサイクルショップで売る

リサイクルショップは多様な商品を扱っている分便利ですが、あなたが納得できる値段が付くかどうかは不明です。

なぜならリサイクルショップは着物への深い知識がない場合があり、そうなると着物の価値を見落としてしまうケースがあるからです。

いざ売るまでには着物をお店まで持っていく手間やあなたが大事にしてきた思い出のある着物の中には売れない商品や、納得できない引き取り額が表示されることもあるでしょう。

オークションやフリマアプリで売る

オークションやフリマアプリで売る

オークションやフリマアプリを利用し自分の着物を売る方法です。インターネットの発展と共に誰でも簡単に利用できるようになってきました。

しかし出品するためには大事な着物を箪から引っ張り出して、写真を取ったり、配送したり、お金を受け取ったりとやることが多くて初めて行うには非常に手間がかかります。

なによりも個人間でのやりとりのためトラブルに巻き込まれてしまうケースもあるのでご注意下さい。

処分方法その3 着物をリメイクや知人に譲ってリサイクルする

着物をリメイクや知人に譲ってリサイクルする

着物の処分方法としてもうひとつポピュラーな方法といえばリメイクや知人に譲る方法です。

着物をリメイク

着物をリメイク

着物のリメイクは趣味としてご自身で行ったり、リメイク専門店へ依頼すれば小物などへ作り変えてくれます。

リメイクの魅力は世界にたったひとつだけの商品ですので日傘にしたり、バックにしたり、ワンピースやシャツなどリサイクルするのは楽しいですね。

知人に譲ってリサイクル

知人に譲ってリサイクル

知人に着物が好きな方がいれば譲るという方法も良いでしょう。

着物は基本的に所有者の体のサイズにぴったり合うように作られているため、体のサイズが合わないとなかなか貰い手が現れない場合もあります。

しかしサイズの大きな着物であれば丈を詰めるなど行うことで活用可能です。

不要な着物を買取に出すメリット

不要な着物を買取に出すメリット

着物を買取に出すメリットとしては、着物を現金化できるという点ではないでしょうか。ごみとして処分していたら手に入っていなかったお金を手に入れることができます。

そして古くても生地の状態が良く再販価値があるとなれば、査定結果次第ではありますが高値が付く可能性もあります。

自宅の箪笥や押し入れに場所をとっていた着物を買取に出すことで場所を取っていた着物が一度にスッキリ片付くので新たに生まれたスペースとして活用できます。

着不要な着物は捨てずに買取に出せばお金に変わる!

不要な着物は買取に出せばお金に変わる!

不要は着物は捨てずに着物買取専門店へ売りましょう。捨てようとしていた着物がお金に変わります。

そこで利用したいのが着物を現金化してくれる買取ショップの利用で、対象となっているのがリサイクルショップと着物買取専門店です。

「買い取る」という点ではリサイクルショップと大差がないように感じますが、どのような点が着物買取専門店の強みなのでしょうか。

着物買取専門店の強み1 着物の価値を知っている

着物の価値を知っている

着物は着用シーンによって留袖(色留袖)・振袖・訪問着・付け下げ・小紋・紬などに分類され、それぞれ価値も異なります。

加えて産地物や作家物などに該当すれば買取価格が変わりますので適正な価値を見極めるためには相応の知識が必要です。

そのためリサイクルショップでは着物買取専門店に比べて着物の査定に強くないことから買取価格が安くなり損をしてしまう恐れもありますので注意しましょう。

着物買取専門店の強み2 好きな買取方法を選べる

好きな買取方法を選べる

着物の買取において買取方法が選べるのは実はとても大きなメリットです。自宅に眠っている着物を売るためには、着物を出して売る準備を整えるため少なからず時間を要してしまいます。

着物買取専門業者では「出張買取」「宅配買取」「持込買取」という3つの買取方法を用意しており、利用者のニーズに合った買取方法が選べるようになっています。

着物の買取方法1 出張買取
着物の買取方法1 出張買取

査定員が自宅へ訪問し着物を査定してくれます。着物は枚数が多くなると準備に時間がかかるだけでなく運び出しも困難です。

出張買取は電話もしくはメールで予約を入れると自宅へ訪問してくれるのでわざわざ着物を準備する必要がなく便利です。買取価格に納得すればその場で現金を受け取ることもできます。

着物の買取方法2 宅配(郵送)買取
・着物の買取方法2 宅配(郵送)買取

着物を売りに行く時間や着物の査定を受ける時間が取れない方におすすめな買取方法で、査定申込後に着物買取業者が査定用段ボール(宅配査定用キット)を送ってくれます。

送料を無料としているところも多く利便性も高い反面、宅急便(もしくは郵送)を用いた発送方法のため査定結果が出るまでに若干時間がかかります。

着物の買取方法3 持込買取
着物の買取方法3 持込買取

店舗を持つ着物買取店で実施している買取方法で、利用者自身で着物を買取店へ持ち込み査定してもらいます。

着物は枚数が多くなると運び出しに時間がかかるほか、買取店が遠方だと利用できないなど利用が制限される場合もあります。

着物買取業者の中には店舗がないけれど運営会社の専用ルームで持込買取サービスを提供している買取業者も存在しています。

着物はいくらになる?気になる着物の買取相場は?

着物はいくらになる?気になる着物の買取相場は?

箪笥に眠っている着物を売ろうと心に決めたら、気になるのが「自分の持っている着物はいくらになるのか?」ですよね。

着物と一言で言っても留袖・振袖・訪問着・小紋・紬など・・・とてもたくさんの種類があるだけでなく、買取相場を決めるポイントというのがあるとご存知でしょうか。

着物の買取相場を決めるポイントは以下の通りです。

着物買取の相場について

着物買取の相場について

着物の買取相場を決めるポイントは「格」というものが大きく関係しています。格の高い着物は礼装着、次いで準礼装着の順に買取相場が変わっていきます。

着物の買取相場は格の高さに加え、着物作家であることや伝統的な技法で織られているかなど、「どれだけ手間がかかって作られているか」という点も評価されるポイントとなります。

着物買取で値段が付きやすい傾向の種類と相場は以下の通りです。

着物の種類 買取相場
作家物(有名作家物/人間国宝など) ¥3,000から¥80,000
留袖(色留袖/黒留袖) ¥2,000から¥20,000
振袖 ¥2,000から¥50,000
友禅(京友禅/加賀友禅/東京友禅/十日町友禅など) ¥3,000から¥50,000
訪問着 ¥2,000から¥50,000
付け下げ ¥2,000から¥30,000
紬(大島紬/結城紬/黄八丈紬/塩沢紬/牛首紬など) ¥1,000から¥50,000
小紋 ¥1,000から¥20,000
色無地 ¥1,000から¥30,000

※上記に記載のある買取相場はあくまでも目安のため、お持ちの着物の状態次第では大きく買取価格が変わる可能性もありますのでご注意ください。

帯や和装小物も買取可能

帯や和装小物も買取可能

ここで注目してほしいことが一つ、それは帯や和装小物の中にも買取相場の高い逸品があるということです。

特に帯の中には着物同様に作家が作ったものや老舗機屋が作っている伝統工芸品というのもあります。

また、和装小物はこういった傾向はあまり見られないものの、流行をおさえたバッグや買取需要が高まっている小物もあります。買取相場を紹介します。

帯と和装小物の種類 買取相場(相場価格)
名古屋帯 ¥500から¥50,000
袋帯 ¥500から¥50,000
丸帯 ¥1000から¥30,000
半幅帯 ¥500から¥15,000
和装小物 ¥100から¥50,000

※上記に記載のある買取相場はあくまでも目安のため、お持ちの着物の状態次第では大きく買取価格が変わる可能性もありますのでご注意ください。

値段のつきにくい着物の種類と処分方法について

値段のつきにくい着物の種類と処分方法

前段で説明したように、着物には様々な種類や値段がつくポイントがあることがおわかりいただけたと思います。

値段が付く着物もあれば、残念ながら値段が付かない、もしくは付きづらい着物もあります。

それはどんなものが該当するのか見ていきましょう。

着物の価値をあっという間に下げるシミとシワ

着物の価値をあっという間に下げるシミとシワ

着物買取で値段を下げてしまう要因として、汚れやしわには注意しましょう。

着物の多くは着てから余程の汚れが見られない限りそのまま箪笥にしまってしまうこともあると思います。

着物を着て外出すれば着用シワがつきますし、知らず知らずのうちに汚れがついてしまいます。

このままの状態で箪笥にしまうとダメージが蓄積して、着物の価値を下げる原因になります。

買取価格のつきにくい着物の種類とは?

買取価格のつきにくい着物の種類

着物には絹・綿・麻・ウール・ポリエステルという5つの素材が使われ織られています。

この中でウールやポリエステル製の着物は買取価格がつきにくい種類です。

着物買取においては絹・綿・麻の3つの種類が推奨されていますが、着物に詳しくない場合ですと何の素材が使われているのかを判別するのが困難です。着物買取業者なら手触りで判別できます。

着物の査定を受けてみよう!

着物の査定を受けてみよう

着物は様々な条件が相まって買取価格が算出されます。

よって箪笥に眠った着物を前にして「この着物は値段が付かないのではないか」と思ってしまうのは少し早いです。

着物はしっかり価値を見極めてもらうことで思わぬ値段がついたりします。

まずは価値があるかどうかを見てもらい、残念ながら値段が付かなかった着物は処分するなどの方法を考えればよいのです。

着物をより高く売るには?着物買取のコツ

着物をより高く売るには?着物買取のコツ

不要に感じる着物であっても、せっかく売るなら少しでも高値で買い取って欲しいものですね。

実は着物はちょっとしたコツで今よりも高く売れる場合もあるのです。ここではその方法をみていきましょう。

着物を高く売るためにはある程度の長さが必要

着物を高く売るためにはある程度の長さが必要

高く売れる着物というのはそれだけ買取需要も高く、例えば子供サイズの着物と大人サイズの着物で比べたときに、どちらの方が欲しがっている人が多いのかといえば、着用人口の多い大人サイズですね。

よってサイズは標準よりもやや大きめのサイズですと良いでしょう。

着物には証紙という「証明書」がついている

着物には証紙という「証明書」がついている

着物の多くは購入した時にどういった価値を有する着物なのかという証明書が発行されます。

これは証紙とも呼び、中には使わないからといって捨ててしまう方もいるようです。

価値がわからない着物であっても、この証紙がついていることで価値を見極めてくれる重要なものですので必ず保管しておきましょう。

たんすに眠っているなら早めに検討することのすすめ

たんすに眠っているなら早めに検討することのすすめ

着物をより高く売るコツ、それは少しでも早く査定を受けてみるということです。

なぜなら、箪笥で眠っている着物はこの瞬間も少しづつ劣化しています。

そのくらい着物はデリケートですから、ちょっとした汚れや保管中の湿気などでダメージが蓄積していきます。

後になってから「もっと早く査定を受けておけばよかった・・・」と思っても過ぎた時間は戻ってきません。

後悔してしまう前に検討してみるのも良いでしょう。

着物買取の業者を選ぶポイント

着物買取の業者を選ぶポイント

着物の買取業者は大小様々あり、地元密着型から全国規模で着物を買取している業者まで多岐に渡ります。

どんな業者を選べばよいのか、ポイントを挙げていきましょう。

着物の買取実績の多い業者を選ぼう

着物の買取実績の多い業者を選ぼう

なんといっても買取数の多い業者であったり、買取実績がたくさんある方が、査定してもらった着物の査定経験があるかもしれません。

また、買取実績が豊富ということはそれだけ着物査定に関する知見も豊富です。

スタイルに合わせた買取方法を実施している

スタイルに合わせた買取方法を実施している

着物の買取を実施している業者には出張、宅配、持込という3つの方法があります。

業者によって強みも異なりますので、不要な着物を処分したいと考えているあなたに合った方法を推奨している買取業者を選ぶと良いでしょう。

利用料や買取後の代金支払い・アフターフォローは?

利用料や買取後の代金支払い・アフターフォロー

お見積り・査定料・買取手数料が無料なのはもちろん、 キャンセル料がかからない業者が良いです。

せっかく買取に出したのに利用代金を支払わなければならないのは大変ですね。

そして大切な着物を売ったあとすぐに代金を受け取れるサービスかどうかも選ぶポイントです。

着物を売った後もしっかりアフターフォローを怠っていない業者も良いでしょう。

大切な着物を安心して買取に出すためには、こういったポイントは必ず押さえておきましょう。

着物買取は専門業者がおすすめな理由のまとめ

着物買取は専門業者がおすすめな理由のまとめ

不要な着物はリサイクルショップよりも買取専門店へ出した方がたくさんメリットがありますね。

価値の不明な着物が出てきたら、まずは着物買取専門店へ相談することでその後の結果も大きく変わってきます。

大切な着物だからこそ、前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!