着物買取について

ろうけつ染めで有名な着物作家・青木滋芳とは?買取で気をつけたいポイントまとめ

ろうけつ染めで有名な着物作家・青木滋芳とは?買取で気をつけたいポイントまとめ

青木滋芳(あおきしげよし)は、東京都出身の着物作家です。

ろうけつ染めという独自技法を用いて着物を制作し、着物以外に屏風や衝立など数々の作品を生み出した人物です。

今回は青木滋芳の着物作品を売ろうと考えている方のために、彼の経歴や作品の特徴、買取相場や着物を買い取ってもらう時に気をつけたいポイントなどをまとめました。

青木滋芳作品を手放す前に、一度目を通しておくことをおすすめします。





青木滋芳とは

青木滋芳とは

まず青木滋芳がどんな経歴を持つ人物なのかを見ていきましょう。

彼の功績が分かれば、着物の価値も把握していただけると思います。

青木滋芳の経歴

青木滋芳は1914年に東京都四谷で生まれました。

1938年に東京美術学校(東京芸術大学美術学部の前身)の工芸科図案部を卒業後、着物の染色家としてキャリアをスタートします。

1952年の第8回日展に出品した「染色二曲屏風キャベツと蓮根」が特選となり、一躍有名になりました。

その後も着物以外に屏風や衝立など数々の作品を生み出し、1982年には紺綬褒章を受章するまでに至ります。

1962年の第1回日本現代工芸美術展に出品した染色二曲衝立「縞のある多角形」、1963年に第6回新日展に出品した染色二曲屏風「翔」、1979年の第11回日展に出品した「PARED DE LADRILLO(アルゼンチン風景)」が現在では東京芸術大学に所蔵されています。

青木滋芳の経歴年表

西暦 来歴
1914年 東京都四谷に生まれる
1938年 東京美術学校 工芸科図案部を卒業する
1952年 第8回日展出品作「染色二曲屏風キャベツと蓮根」が特選となる
1953年 第9回日展から無鑑査出品となる
1959年 第2回新日展で審査員に選抜される
1960年 第3回新日展で日展会員となる
1962年 日本現代工芸美術家協会創立に参画する
1969年 第8回現代工芸展出品作「古刹」を発表後、千葉県立美術館蔵品となる
1976年 千葉県教育功労者(芸術文化)に選出される
1982年 紺綬褒章を受章する

青木滋芳の買取相場とは?

青木滋芳の買取相場とは?

青木滋芳の着物の買取相場ですが、近年の着物買取市場の傾向では高いもので10,000円程度になります。

ただし、傷やシミ・シワ・カビがあるなど、保存状態によっては買取価格が下がってしまう可能性があります。

着用後の手入れや普段の保管方法など、着物の保存状態には十分注意してください。

これはあくまで相場ですので、お持ちの着物の正確な価値が知りたい場合には、まずは着物専門の買取業者に相談してみましょう。

青木滋芳を損しないで買い取ってもらうための方法

青木滋芳を損しないで買い取ってもらうための方法

続いては青木滋芳作品を、できるだけ損せずに買い取ってもらうためにすべきことを紹介します。

「着物を素早く手放したい」とお思いの方でも、せっかく売るなら損をしないで買い取ってもらいたいですよね。

その方法や注意点をまとめましたので、査定に出す前に把握しておきましょう。

保存状態を確認する

まずは売ろうとしている青木滋芳の着物がどんな状態かをチェックしましょう。

買取額は着物の状態によって左右され、未使用品に近ければ近いほど高額で買い取られる可能性があります。

反対にシミ・黄ばみ・汚れ・シワだらけなど酷い状態であれば、最悪の場合は買値が付かないケースも考えられるのでご注意ください。

着物を少しでも良い状態を保つためには、吸湿効果のあるたとう紙や桐たんすにしまう、定期的に広げて湿気を逃がすなどお手入れを欠かさないようにしましょう。

着物査定のプロに査定してもらう

着物を専門として取り扱っている買取業者に査定依頼をすれば、近所のリサイクルショップや質屋よりも高値で買い取ってもらえる可能性を高めてくれます。

リサイクルショップや質屋は買取対象品目が多い店舗が多く、すべてマニュアルに従って同じ項目を見て査定して買取金額を出す場合があります。

着物は傷や汚れなどの状態の他にも「有名作家の作品なのか」「有名織物で製造されたのか」「高品質な素材が使われているか」など、素人目やマニュアルでは分かりにくいところまで丁寧に査定しないと本当の価値は見抜くことが困難です。

着物査定のプロは着物の知識や査定技術がしっかり磨かれているので、着物の価値に合った買取額を提示してくれるでしょう。

着物を損せずに買い取ってもらうためには、着物専門の買取業者を選ぶことが大切になります。

青木滋芳作品を買い取ってもらう時に気をつけたいこと

青木滋芳作品を買い取ってもらう時に気をつけたいこと

続いては青木滋芳作品を買い取ってもらう時に気をつけるべきことを紹介します。

どんな点に注意して買取御者を選べば良いか、どんな状態の着物を査定に出せば良いかなどをまとめましたので、必ず確認しましょう。

できるだけ状態がいいうちに査定してもらう

着物は長い間しまっておくと経年劣化します。

湿気は常に最大の敵ですので、放っておくとシミ・カビなどがつきやすいです。

また、折り畳んでしまっていればシワができやすく、日の光が当たるところに置いておけば色焼けする可能性が高いです。

しっかり日頃から手入れをしたとしても、摩擦により糸がほつれやすくなったり、ふとした瞬間に汚れがついてしまったりするかもしれません。

そのため、着物は「今」が1番綺麗な状態だと言えるので、今以上に価値を下げないためにも着物は綺麗なうちに査定に出しましょう。

複数の会社に査定してもらう

前の項目で着物専門の買取業者を選ぶことが大切であることを述べましたが、さらに複数の着物専門の買取業者で査定してもらうことも同じく大切なポイントになります。

1社だけに査定依頼すると「本当に着物の価値に見合った買取額をつけているのか」「悪徳業者ではないのか」が分かりづらいためです。

複数の業者に頼めば、見積書を見比べられるので買取相場が分かる上に、1番高値をつけてくれた業者で契約すればお得です。

良心的な業者を選び、自分が納得した上で着物を買取に出すことが重要になります。

査定料が無料の業者を利用する

着物専門の買取業者は数多ありますが、ただ査定・買取するだけで査定料・買取料が発生するところも中にはあります。

「買取に出すか決めていないけど、買取額だけでも知りたい」「複数の業者と比較したいから、見積書だけ欲しい」という方にとっては、業者に問い合わせるだけでも二の足を踏んでしまいます。

余計な出費を抑えて安心して着物を買い取ってもらうためには、各種手数料が無料である業者を選びましょう。

バイセルは買取方法を豊富にご用意

バイセルは買取方法を豊富にご用意

バイセルでは「出張買取」「宅配買取」「持ち込み買取」の3種類の査定方法をご用意していますので、お客様ご自身の都合に合わせて自由に選択していただけます。

それぞれのサービスの概要やメリットを説明するので、確認してみてください。

出張買取

出張買取は、バイセルの査定員がお客様の自宅までお伺いし、お品物を査定して買取金額を現金でその場で支払うサービスです。

家の中で買取の流れがすべて完結するので、「家にいながら簡単に品物を買取に出したい」「すぐに買取額が現金で欲しい」「大量の品物を一気に処分したい」「査定員や査定の様子を直接見て確認したい」という方にもおすすめできます。

出張料や査定料などは無料ですので、安心してご利用いただけます。

宅配買取

宅配買取は、お客様がご自身で査定に出すお品物を査定キットに詰めていただき、バイセル宛てにでお送りしていただき査定するサービスになります。

「自分で好きなタイミングでお品物を送りたい」「家にいる時間がほとんどなく査定員に来てもらうことが難しい」「急用が入りやすい生活パターンなので、事前予約制だと対応しづらい」という方におすすめです。

また、宅配送料は弊社が全額負担しますので、手数料の心配はございません。

持ち込み買取

持ち込み買取は、お客様がご自身で査定に出したいお品物を、バイセルの東京本社や各地方にあるセンターまでご持参いただいて査定するサービスです。

バイセルではお客様のプライバシーを守るために、事前予約制かつ個室でお品物を査定します。

出張買取と同じく「査定している様子を見て、査定額の理由を直接聞きたい」「その場ですぐに現金化して欲しい」という方に向いています。

また、バイセルがどんな業者か直接目で確かめることができ、心配事を減らせる点も安心できますね。

査定後のキャンセルにも対応

バイセルではすべての買取サービスにおいて、査定後にキャンセルしていただいても手数料を請求することはありません。

「急に親戚に譲ることになった」「手放して後悔したから」など、理由は何でも構いません。

キャンセル料は一切いただきませんので、気兼ねなくご相談ください。

買取金額のお支払い

出張買取と持ち込み買取においては、査定員が提示した価格にお客様が納得していただけましたら、その場で買取代金をお支払いさせていただきます。

バイセルは買取金額の上限はなく、例え100万円を超える金額もその場で現金でお支払いできることが強みです。

青木滋芳作品を買い取ってもらう時に知っておきたいポイントまとめ

青木滋芳作品を買い取ってもらう時に知っておきたいポイントまとめ

青木滋芳の着物を買い取ってもらう前に、まずは着物の価値を把握しましょう。

価値ある着物を買い叩かれることを防ぐためにも、ある程度価値や相場を知っておくことが大切です。

また、着物を買い取ってもらうための方法を把握しておきましょう。

自分にとってどんな買取方法が向いているか、着物の状態を鑑みながら決めてくださいね。

加えて、最低でも2社以上の着物専門の買取業者で査定をしてもらってください。

買い取ってもらった後に「あれは悪徳業者だった」「あの業者で売らなきゃ良かった」と後悔したくないですよね。

自分が信頼できる業者を選び、査定額をよく比較して買取を検討してください。

まとめ

まとめ

青木滋芳は数々の実績を残した染色着物作家です。

「もう着ないから」とゴミ箱へ易々と捨ててしまうのは惜しいので、まずは着物専門の買取業者で査定してもらい、買取額がつくか尋ねてみましょう。

もし買い取ってもらえたら、タダで捨てるよりよっぽど有意義でお得です。

各種手数料を無料に設定している業者を選び抜き、自分が納得して買取に出せるところで着物を売るようにしてくださいね。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!