着物買取について

着物を安全に買取してもらうには?着物買取でよくあるトラブルと失敗しない方法

着物を安全に買取

着物を買取に出そうと思ってネットの口コミを調べてみると、「破格の安値で買い取られて損した」「査定員の態度がとても悪くて驚いた」といったものを目にしたことはありませんか。 せっかく着物を買取に出そうと思い立っても、怖い内容の口コミを読むと気が引けてしまいますよね。

今回は着物を安心・安全に買い取ってもらう方法や、悪徳業者の見抜き方などをしっかりお教えいたします。 大切な着物をわだかまりなく手放すためにも、本コラムを一読しておくことを強くおすすめします。





着物買取の悪徳業者は実在する

着物を安全に買取

「これから着物を着る機会がない」「柄に飽きてしまったから買い換えたい」などの理由でお持ちの着物が不要になったら、まず思いつくのは業者に買い取ってもらうことでしょう。

ですが、「業者なんてどこも同じ」と悠々と構えていると、買取時に損してしまうかもしれませんよ。 実際に報告された買取トラブルにはどんなものがあるのか、一例を取り上げましたので注意しましょう。

着物の査定だけではなく貴金属の買取を執拗に迫る

金・銀・プラチナなどの貴金属は、「世界中で取引されている」「希少性が高い」「世界基準があるので価値が変動しにくい」などの理由で高値で転売しやすいと言えます。 悪徳業者は利益を生み出しやすい貴金属がたくさん欲しいので、買取をお願いした利用者からとにかく貴金属を買い付けたいのです。

着物も買い取るという名目で利用者に近づき、いざ査定となったら着物はないがしろにして「貴金属はありませんか」「どんなに小さいものでも良いです」と迫るのが悪徳業者の手法です。 着物の買取だけお願いしたいのに、これでは査定に出した意味がありませんよね。

売ってくれるまで居座り続ける

悪徳業者の査定員の中には、何とかして自分の営業成績を上げたかったり、上司から命令が出されたりして、利用者から無理矢理にでも品物を買い取ろうとする人もいます。

「買い取れないと上司に怒鳴られるので会社に帰れません」「今月の営業実績が目標成績を下回るとクビになります」など利用者の情に訴えかけてくる査定員がいるという事例もあります。 査定員はどうにかして利用者に品物を売らせようとするので、同情する気持ちをグッとこらえて帰ってもらわねばなりません。

宅配買取の返品時に着物がシワシワになっていた

宅配買取とは、利用者が売りたい着物を段ボールに詰め、買取業者に送って査定してもらうというサービスです。 宅配買取の査定結果に納得がいかなかったので返品したところ、段ボールの中はぐちゃぐちゃで着物がシワシワになっていたという事例があります。

悪徳業者の「儲けにならないなら物はどうでも良い」と言わんばかりの態度が表れています。 せっかく手間暇かけて売りに出したのに、着物が乱雑に取り扱われたと思うとやり切れない気持ちでいっぱいになりますね。

悪徳な着物の買取業者の特徴

着物を安全に買取

悪徳業者には以下のような特徴があります。 「この業者は怪しいな」と感じたら、すぐに引き取ってもらわねばなりません。 悪徳業者をちゃんと見抜くためにも、しっかり把握しておきましょう。

アポなしに突然訪問してくる

特に買取業者に査定依頼をした訳でもないのに、いきなり査定員が家を訪問してきた際は悪徳業者の可能性が高いです。 「突然訪問してしまったので、お詫びにお品物を高額で買い取らせていただきます」「今だけのチャンスですよ」というのが常套句ですので注意しましょう。

「ちょうど買取に出したい物があったの」「この機会に買い取ってもらおうかな」と飛びついてはいけませんよ! 断固として耳を傾けず、「不用品はありませんから結構です」と突き返してくださいね。

査定員に知識がない

査定員が査定している様子はしっかり確認しておきましょう。 しっかり着物を見ていないのに「こんな状態では値段がつきませんよ」「1枚〇十円ですね」と言って乱暴な態度を取ってくる査定員は怪しいです。

なるべく安く品物を仕入れて、後で高値をつけて売りさばこうという悪徳業者の策略です。 査定員に着物に関する知識がないのは明白ですので、何も買取に出さずに帰ってもらいましょう。

他の品物を査定に出すことを勧誘してくる

先の項目で紹介したように、着物以外の品物も買い取らせようとするのは悪徳業者の王道の手口です。 査定を頼んでいないのに「あの絵画は××円で買い取りますよ」「お召の指輪は高額で買い取らせていただきます」などと勧誘してくる査定員には注意しましょう。 いくら高額買取と言えど、利用者からすれば迷惑な話ですので、惑わされずしっかり断ってください。

とにかく態度がしつこい

アポなし訪問にしかり、他の品物の査定勧誘にしかり、利用者が断っているのに何度も営業をしてくる査定員には特に注意が必要です。 どうにかして買取を成立させたいために「どうか査定だけでもさせてください」「どうしても売っていただきたいです」と必死に食い下がる査定員もいます。

「しつこいから売ってしまおう」「相手にするのが面倒だから査定に出そう」と利用者を諦めさせるのが魂胆ですので、その手に乗ってはいけません。 どれだけ断っても査定員が諦めない場合は、国民生活センターの消費者ホットライン(局番なし188)に連絡しましょう。

強い口調で迫ってくる

査定員の中には強い口調で査定を迫ってくる人もいるようです。 買取額に納得していないのに、横暴な態度で低くいかつい声音で「さっさと同意書にサインしてください」などと言われたら恐ろしいですよね。 ハッキリと言葉にして断るか、怖くて言いづらければ査定員の目の前で消費者ホットラインに電話しましょう。

着物の買取でトラブルに遭わないために気をつけること

着物を安全に買取

上記のトラブルがもし自分の身に起こったら…と想像すると不安で堪りませんよね。 着物の買取でトラブルに遭わないために、安心して着物を買取に出せるようにするために、査定に出す前に確認しておくべきことがあります。 「あんな業者に着物を売らなきゃ良かった…」と後悔しないように、しっかりチェックしておきましょう。

1.着物専門の買取業者に査定依頼する

着物専門の買取業者に査定をお願いすれば、着物の知識と査定技術がしっかり身についた査定員が対応してくれるでしょう。

着物を隅から隅まで丁寧に査定してくれるので、着物の価値に相当する買取額を提示してくれます。 着物を大して査定もせずタダ同然で買い取られる心配は少ないため、安心して査定を任せられるでしょう。

2.出張買取を利用し、対面でやり取りする

出張買取とは、利用者が業者に査定を依頼後、査定員が利用者宅まで出張してきて買取を行うというサービスです。 宅配買取と違い、目の前で査定が行われるので着物をぐちゃぐちゃにされる心配が少なく、査定員の顔が見えるため安心できます。

また、査定時に「どんなポイントを見て査定していますか」「何故その買取額になったのでしょうか」と尋ねてみることで、着物の素人でも査定員の技量が分かります。 利用者に納得がいくようにスラスラと説明してくれれば優良な業者でしょうし、しどろもどろに雑な説明がされれば悪徳業者の可能性が高いです。

3.家族や友達に立ち会ってもらう

もし査定員が脅してくるような態度を取ったら、一人きりでは心細くて立ち向かえませんよね。 また、しつこい査定の勧誘が続いたら、心が折れて品物を嫌々査定に出すことになりかねません。

そんな事態を防止するため、査定の勧誘が来たり査定してもらったりしている時は、家族や友達に立ち会ってもらいましょう。 他の人と一緒にいれば、心細くて不安で押し潰されそうになることを回避できますし、一人では気づけなかった業者の怪しい点が見えてくるかもしれません。

4.押し買いには絶対に応じない

アポなし訪問や電話勧誘などの押し買いには、決して応じてはいけません。 「ちょっと話だけでも聞いてみようかな」と耳を傾けると、悪徳業者はその隙をついて強引に品物を買い取ろうとしてきます。

断り方として「売るつもりはありません」と言うと「金目になる物を持っている」「押し通せば買い取れるかもしれない」と業者に悟られてしまうので注意しましょう。 「宝石も貴金属も持っていません」「結構です」とキッパリ断り、絶対に相手にしないようにしてください。

もし勧誘に遭ったら、インターホン越しにしっかり断ったり、勧誘だと分かった時点でドアを閉めたり、ガチャンと電話を切ってしまいましょう。 「相手にするだけ時間の無駄だな」と悪徳業者に思わせれば、繰り返し勧誘してくる可能性は低くなるでしょう。

5.納得のいかないまま買取されたらクーリングオフを利用する

万が一査定員に押し切られて大切な着物を買い取られてしまったら、クーリングオフを利用しましょう。 クーリングオフとは、買取が成立した日から数えて8日以内に申し出れば、原則無条件で品物を返却してくれる制度です。

法律で決められていることですので、業者はこれに返却に応じなければ罰則がつきます。 クーリングオフを利用し、大事な着物を悪徳業者から取り返しましょう。

もしも「業者が返品に応じない」「返品されたけど一部の品物が返ってきていない」「そもそも業者名や電話番号が分からない」などのトラブルがあれば、警察に被害届を出して消費者ホットラインに通報してください。

6.買取実績が豊富にある有名な業者を選ぶ

こうした悪徳商法に巻き込まれないためにも、有名な買取業者を選ぶことは最も大切です。 有名業者が有名たる所以は、これまで多くの人に利用されて信頼性が充分にあり、買取実績が豊富で利用者の満足度が高い点です。

利用者が納得していないのに強引に品物を買い取ったり、脅してくるような態度を取ったりすることはないでしょう。 「有名な買取業者がどこか分からない」という場合は、検索サイトに「着物 買取業者 おすすめ」などと入力して検索してみましょう。

上位に表示された口コミサイトで頻繁におすすめされている業者は、人気がある優良業者の可能性がとても高いです。 いくつか優良業者だと思えるところをピックアップできたら、業者のホームページや口コミなどを参考にして、実際に着物を査定に出す業者を決めてくださいね。

7.2社以上の業者に査定してもらい比較すること

買取業者と一口に言えど、買取実績や対象品目の多寡など規模には差があり、査定員の質も異なります。 優良として有名な業者もいくつかありますが、それぞれサービス内容や買取後の販路などに違いがあるでしょう。

業者によって買取価格に差が出るのは仕方がないことですので、複数の買取業者に査定してもらって相見積もりを取りましょう。 1社だけ査定してもらうと、その価格が着物の適正な買取価格かは分かりませんし、相見積もりを取れば1番高値をつけてくれた業者に買い取ってもらえればお得です。

「いくつか業者を呼ぶなんて手間がかかって面倒くさいな」と思うかもしれませんが、悪徳業者に捕まらず、着物を買い叩かれないようにするための予防策ですので、ぜひ実践してみてください。

着物を安全に買取してもらうには?:まとめ

着物を安全に買取

突然アポなしで訪問してきたり、宅配買取で激安で着物を買い取ったりするような悪徳業者は、近年増加傾向にあるそうです。 そういった手口で着物を買取し、不当に儲けていると思うと腹が立ちますよね。

悪徳業者は徹底的に相手にしないのが、自分の身を守る最大の盾です。 着物を売りたいと思ったら、査定を頼んでいない業者には応じず、有名な買取業者に連絡して査定してもらいましょう。 それでも不安であれば、家族や友達に立ち会ってもらい、さらに2社以上の買取業者に査定してもらってくださいね。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!