着物買取実績

まずは私たちの買取実績と
買取品目の多さをご確認ください!

  • 2代目久保田一竹や翠山工房を含む逸品の数々をお譲りいただきました
    着物
    参考買取金額81,000円

    2代目久保田一竹や翠山工房を含む逸品の数々をお譲りいただきました

  • 着物10着の中に未着用の作家物を含む状態の良い着物で
    着物
    参考買取金額40,000円

    着物10着の中に未着用の作家物を含む状態の良い着物で

  • 都喜ヱ門の白大島紬・泥染大島紬、大脇一心監修の着物と帯のセットが
    着物
    参考買取金額45,000円

    都喜ヱ門の白大島紬・泥染大島紬、大脇一心監修の着物と帯のセットが

  • 華やかな見栄えが印象的な総刺繍の訪問着や加工の良い上質な袋帯が
    着物
    参考買取金額40,000円

    華やかな見栄えが印象的な総刺繍の訪問着や加工の良い上質な袋帯が

  • 着物7枚、帯3本の中に友禅調の振袖や唐織の帯が含まれ
    着物
    参考買取金額13,000円

    着物7枚、帯3本の中に友禅調の振袖や唐織の帯が含まれ

  • 前田仁仙(まえだじんせん)の付け下げと小紋や大島紬ほか、全て状態よく
    着物
    参考買取金額37,000円

    前田仁仙(まえだじんせん)の付け下げと小紋や大島紬ほか、全て状態よく

  • 改石牛首紬や西陣製組織り帯といった希少な着物や帯を複数で
    着物
    参考買取金額75,000円

    改石牛首紬や西陣製組織り帯といった希少な着物や帯を複数で

  • 総刺繍の袋帯をはじめ樽本伊勢蔵の訪問着など状態の良い数々が
    着物
    参考買取金額40,000円

    総刺繍の袋帯をはじめ樽本伊勢蔵の訪問着など状態の良い数々が

※上記買取実績はあくまで一例です。状態によっては、ご希望の金額に添えないものや、お値段が付かないものもございますのであらかじめご了承ください。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2526
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2526
簡単メール申込

選べる3つの買取方法
送料・査定料0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、バイセルでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 出張買取ピクトグラム

    出張買取

    お電話またはメールにて受付後、査定員がお客様のご自宅へ着物を買取にお伺いします。査定額にご納得いただければその場で現金をお渡しします。

    詳しくはこちら▶︎
  • 出張買取ピクトグラム

    宅配買取

    「売りたいけれど時間がない・・」そんなお客様の声から生まれた買取方法です。査定希望品を弊社までお送り下さい。送料は無料です。

    詳しくはこちら▶︎
  • 出張買取ピクトグラム

    お持込み買取

    査定希望のお品物を弊社へお持ちください。完全予約制なのでプライベートを重視した買取方法です。

    詳しくはこちら▶︎

※買取方法に関しては、ご希望に添えない場合もございますので、まずはオペレーターへお問い合わせください。

※宅配買取で返送をご希望の場合、着払い(お客様負担)での対応となりますので、予めご了承ください。

※古銭は法令により宅配での買取は対応いたしかねます。

着物の種類

日本の民族衣装である着物をご自宅ないしご実家にお持ちの方は、現代においてもとても多く存在します。しかし、あなたはそれがどのような素材で仕立てられているどういった型の物か、どのくらいの価値をもつ品なのかをご存知でしょうか。ご自身で購入された物でしたら勿論把握しておられると思いますが、いつの間にか証紙を紛失してしまい、価値が分からなくなったものがありませんか?良質な着物であるほどに母から子へ、子から孫へと受け継がれていくのもまた着物の醍醐味です。しかし、どれだけ良い品物であっても、ただタンスに眠らせるだけではもったいない。そんなあなたのためのサービスであるぼくらの出張買取サービスですが、多くの方は「振袖」と「留袖」は分かるけれど「訪問着」と「付け下げ」の違いは分からないと言ったお話しを多く耳にします。そのため、リサイクルショップなどの買取業者へ持ち込んでも「適当に言いくるめられてるのでは?」と不安を感じる方は珍しくありません。 そんな時にご確認いただきたいものを並べました。あなたがお持ちの着物の型や特徴からご参照ください。広げた時に留袖ですか?振袖ですか?それぞれの着物が持つ特徴に基づき、有名どころの一部ではありますがご紹介させていただきました。特に人気の高い物をご紹介しておりますので、あなたのきものがどれであるか、分かるかもしれません。 全てのお客様にご満足いただくためにも、あなたがお持ちの着物を安心して整理していただくために、あなたにとって最も有益な形を見つけるお手伝いをさせていただきます。

着物買取の査定ポイントをご紹介します

若い頃に着ていた着物や帯。着る機会もなくなり、いつのまにか箪笥の肥やしに。処分したいけれど思い入れもあって捨てられない。そんなお悩みはバイセルにお任せ下さい。あなたの悩みを解消し、ご満足いただけるよう、ご期待にお応えします。わたしたちの強みである着物査定のチェックポイントをご紹介します!

まず押さえておきたいポイント、それは「着物の流行」です。

着物は洋服のように流行もありますが、中古着物においては「四季」が大きく関係しています。着物は季節ごとに着用される種類が違います。10月~5月の着物なら紫袷、6月と9月なら単衣、夏着物なら7、8月など。もしあなたが着物を少しでも需要の高い状態で手放したいとお考えなら、本格的なシーズンが始まる前に手放すことをおすすめします。例を挙げると、夏着物を手放すのであれば、シーズンが始まる春頃などがベストといえるでしょう。

次に「老舗ブランドの品か作家物か」というのも大切なポイントです。

着物や帯は老舗呉服店で仕立てられた品や人間国宝が制作した品もあれば、大量生産された安い品まで多種多様です。着物査定においては伝統的な技法で作られたものや有名作家が制作したなど、”ブランドネーム”は重要で、高値で買取される根拠となりうるのです。しかしこういった知識やポイントは着物に詳しくない素人だとなかなか判別できませんが、バイセルの査定員は経験豊富なのでご安心ください。

そして忘れていけない、大事な「生地の素材」について。

着物の生地は大きくわけていくつかに分類されます。その中でまず見ておきたいのが正絹(しょうけん)かどうかという点です。これは絹糸で織り上げた着物の生地を指し、絹100%の着物のみを正絹と呼ぶことができるのです。よほど状態が悪い品でない限り正絹であれば査定対象といえるでしょう。ただし、科学繊維で織られたものなど一部の素材は買取対象外になるケースもありますので、一度どんな素材で作られているのかをチェックすることをおすすめします。もしも生地の判断が難しい場合はわたしたちにお任せ下さい。弊社の査定員は実際に品物をみさせていただくことで的確に素材を判別することができます。

「シミや汚れ」も外せないポイントです。

着物買取をご利用いただく多くの着物は過去に着用していたものが多く、知らず知らずのうちにシミや汚れがついてしまう場合があります。そのような状態で長年箪笥に眠ったままですと、カビや虫食いも心配されます。着物は洋服と違い汚れやすい性質を持っています。ですから一度状態が悪くなると再び良い状態に戻すのは難しく、結果、査定に出された場合も価値の低下を避けられないと言えるでしょう。

着物を査定するためのチェックポイントはここに挙げた以外にもまだまだあります。下記の画像もご覧いただき、着物査定に関する質問がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい!

こんな状態でも大丈夫?まずはバイセルにご相談ください

着物を査定するためのチェックポイントはここに挙げた以外にもまだまだあります。
下記の画像もご覧いただき、着物査定に関する質問がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい!
経験豊富な査定員が在籍していますので、まずはバイセルにご相談ください!

  • 証紙,証明書がない着物

  • シミのある着物

  • 柄や色が古い着物

  • 大量の着物

  • 紋付の着物

  • 仕立てる前の反物

  • 帯だけ

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2526
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2526
簡単メール申込

「着物買取」でバイセルが
選ばれる6つの理由

  • スピード対応アイコン

    安心買取

    わたしたちは着物や帯、和装品を主軸とした買取を行っています。だから一般的なリサイクルショップで査定が難しい着物を買取できるのです。

  • 満足買取アイコン

    安心無料のサービス

    着物にまつわるお悩みやご相談はなんでもお答えします。ご利用に関する料金はかかりません。無料でご利用できます。

  • 様々な無料サービスアイコン

    こだわりの顧客サポート

    少しでも気持ちよくご利用いただくためにサポート体制も充実。ご利用頂いた際に感じたご意見ご感想、ぜひお聞かせ下さい。

  • スピード対応アイコン

    満足買取

    着物の買取でご満足いただける買取価格を目指します。査定サービスのクオリティには自信があります。

  • 満足買取アイコン

    スピード対応

    あなたが「着物を売りたい」と思ったらすぐにお伺いできるよう、経験豊富な査定員が全国各地でスタンバイ中。

  • 様々な無料サービスアイコン

    利用者も増えております

    着物買取を行っているバイセルは独自ノウハウを元に上質のサービスを提供できるよう努めています。わたしたちの取り組みが好評いただき毎月多くのお客様にご利用いただいております。

着物の買取でよくある質問

  • 着物の買取でよくある質問

    着物であれば何でも買い取ってもらえるのですか?

    答え
    状態にもよりますので一度拝見してからの判断となります。お気軽にご相談ください。
  • 着物の買取でよくある質問

    作家を証明するものが無くても買取できますか?

    答え
    作家物以外でも買取はできますが、一度拝見してからの判断となります。
  • 着物の買取でよくある質問

    着物の量がたくさんあるのですが買取枚数の制限はありますか?

    答え
    基本的に着物買取の枚数制限はございません。何枚でも結構です。
  • 着物の買取でよくある質問

    着物一枚で、だいたいいくらぐらいで買取ってもらえますか?

    答え
    着物にはとても沢山の種類があり、査定のポイントになる色柄、素材、年代、シミなど お着物の状態を実際に拝見しないとお値段はつけられません。

他の質問はこちら

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2526
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2526
簡単メール申込

着物買取対象エリア

バイセルは全国のお客様を対象に
幅広い品目の買取を行っています。

北海道|北海道
東北|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県
北陸・甲信越|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県
関東|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県
東海|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県
関西|大阪府|滋賀県|京都府|和歌山県|奈良県|兵庫県
中国|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県
四国|香川県|徳島県|愛媛県|高知県
九州|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県
沖縄|沖縄県

特に出張買取は全国に査定員を配置しており、最短での訪問が可能です。着なくなった着物をお持ちのお客様は是非一度、ご利用下さい。

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。
ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

安心したサービス提供へ向けた
お客様とのお約束

バイセルでは、安心して着物買取サービスをご利用いただくために、クオリティ重視のサービス提供に努めております。全国のお客様にご利用頂いたお声やよくある質問、査定員に関する情報を紹介しています。

  • スピード対応アイコン

    お客様の声

    当社をご利用いただいた、全国から届いた喜びのお声を紹介しています。是非ご覧ください。

    詳しくはこちら▶︎
  • 満足買取アイコン

    よくある質問

    初めてご利用いただくお客様から、リピーター様まで、利用に関する幅広い質問を掲載いたしました。

    詳しくはこちら▶︎
  • 様々な無料サービスアイコン

    査定員紹介

    弊社の査定員は業界ナンバーワンのサービス提供を目指しております。こちらで日々の取り組みをご紹介しています。

    詳しくはこちら▶︎

ご存知ですか?着物の価値を下げてしまう理由

日本の伝統衣装であり、文化の象徴である着物。
しかし時間が経つごとに価値が下がってしまうことをご存知ですか?
着物の生地には、正絹・木綿・ポリエステル・ウール・麻などが素材として使用され、伝統工芸品や作家物のような高級着物の多くは「正絹(しょうけん)」つまり、絹100%素材が使用されています。

木綿やポリエステルであれば、洗濯することも可能で、多少湿気の多いところで保管していてもそこまで傷みません。しかし、絹は動物性の天然繊維であり、湿気の多いところで保管すると、タンパク質を栄養源にカビが発生してシミになってしまいます。
シミや汚れのある着物は、再販価値が低下してしまうため、買取価格も下がってしまいます。
価値のある着物は、状態が劣化して価値を落としてしまう前に早めの売却も重要となってくるでしょう。

着物の価値を下げないための保管方法

着物は桐箪笥での保管が最適です

桐箪笥が着物の保管に最適な理由として、桐の「湿気を寄せ付けにくい」という性質が挙げられます。桐箪笥は、湿度が高くなると湿気を吸収して膨張し、湿度が低くなると湿気を放出して収縮します。湿気の多いときに膨張した桐箪笥は箪笥の気密性を高め、外気の湿気の侵入を防ぎます。箪笥の中の着物は余分な湿気を溜めることがなくなるため、カビの発生を予防できるというわけです。加えて湿度の少ないときには、収縮して箪笥に隙間ができるため、乾燥した空気を取り込むことができるのです。この桐箪笥の持つ ”箪笥内の湿度はほぼ一定に保つことができる" という性質こそ、湿気に弱い着物の保管に最適と言われる所以となっています。

着物はたとう紙に包んで保管する

着物は購入時、たとう紙と呼ばれる和紙でできた包装紙に包まれています。吸湿性の高い和紙に包んで保管すれば、より湿気を防ぐことができるでしょう。またごわつかないたとう紙は着物を平らに保管するのにも適しており、たたみシワの発生も防ぐことができます。しかし、たとう紙の使用には注意が必要です。というのもたとう紙にも種類があり、質の高い手漉きの和紙が素材に使われていれば問題ありませんが、アクリル樹脂が含まれる和紙の場合、正絹と化学反応を起こし生地を傷つけてしまうこともあるのです。着物の保管用たとう紙も販売されているようですので、化学系の素材が使われたたとう紙しかお持ちでない方は、新たに購入してみてもいいかもしれません。

虫干しなどの定期的なお手入れは欠かせません

着物の保管では湿気を取り除くため、定期的なお手入れをしてあげることも重要です。最も大切なのは、着物を着た後には、きちんと湿気を飛ばし切ってから畳んで保管することです。着物の湿気を飛ばす最善の方法は、風通しの良い場所に吊るしておくことです。しかしスペースも必要となりますし、湿気の多い梅雨の時期などは却って湿気を吸収してしまうことにもなりかねませんので、エアコンの除湿機能や、除湿機をかけてあげるのも良いでしょう。そして、長らく着用する機会がなく箪笥に眠っている着物も、定期的に湿気を取り除く必要があります。ちなみにこの、湿気を取り除くため着物を吊るし風を通す手入れのことを「虫干し」と呼ばれています。この虫干しは、年に三回ほど行うのが良いと言われ、1月下旬から2月上旬、7月下旬から8月上旬、9月下旬から10月中旬が理想とされています。さらにこの期間でも、天候を見極め、湿度の低いタイミングで行う必要があります。着物の価値を維持するための保管には、何かと手間も時間も掛かってしまいます。不要な着物をお持ちの方は、状態が劣化して価値を下げてしまう前の早めに買取に出してみてはいかがでしょうか?

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2526
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2526
簡単メール申込

着物の高額買取を可能にした効率的なシステム

わたしたちはどこよりも「早く、高く、出張買取」をモットーにサービスを展開しています。少しでも高く買取ができるよう、さまざまな取り組みやコストカットを行いお客様へ還元することで高額買取の実現を目指しています。

お客様から買取りさせていただいた着物や帯は、国内外でeコマースを活用した販売や業者専門市場などへの卸売を行い、買取商品ごとに細分化したさまざまな販売網を開拓しています。あらゆる販路を利用することにより、商品の価値を最大限引き出し、収益に繋げています。

また、着物の査定において経験豊富な査定員が商品の価値を見極めた査定を実施し、加えてお客様へのおもてなしを第一に考えた査定を心がけています。その結果、たくさんのお客様から再度ご依頼をいただけるので無駄な広告費の削減に繋がっています。

そしてバイセルは店舗を持たない運営を行い、お客様のご自宅への出張査定による買取をメインとしているので、店舗経営でかかるような様々なコストがかかりません。その分、大切な着物や帯をお売りいただいたお客様へ高水準での還元に繋がっています。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2526
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2526
簡単メール申込

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報

もっとコラムをチェック