毛皮知識

チンチラの毛皮、変色を防ぐ保存方法とは

  • チンチラは毛皮の中でも高品質であり、売られているコートの中には数百万円もする商品もあります。高級なチンチラの毛皮を持っているのなら、変色しないように保存することが大切です。今日はチンチラをはじめとした毛皮の変色を防ぐ保存方法についてまとめてみました。

                           

    チンチラの毛皮とは

    チンチラとは高い標高に住む小型の動物です。一見すると、ウサギのような愛らしい外見であり、黒を基調とした美しい毛並みが特徴です。今は自然界におけるチンチラの数は激減していて、アメリカを中心に毛皮用の養殖が行われています。チンチラは毛皮の中でも肌触りの良さがとびぬけており、美しい毛並みの質感もあることから高価な毛皮として昔から売買されてきました。チンチラは昔から毛皮のジュエリーとも言われていて、世界中のセレブからも人気のある毛皮です。とても柔らかい綿毛が特徴で、密集して生えていることから何とも言えない柔らかい質感が人気です。ただ皮が極めて薄く耐久性が低い素材で出来ているため、自分でケアをするのはもちろんクリーニング店でも断られてしまうことがあります。

    なぜ変色してしまうのか

    チンチラをはじめとした毛皮は、使っているうちにどうしても変色してしまうことがあります。理由として挙げられるのは3つあります。まず、日焼けや蛍光灯などによる光線が原因となるものです。毛のタンパク質は紫外線を浴びると化学変化を起こし黄色っぽくなってしまいます。染色された毛皮でも同様のダメージを受け変色してしまいます。次に、チンチラにはあまりないのですが、染色された毛皮の場合、その染料が原因となり変色してしまうこともあります。チンチラの毛皮は非常にデリケートなため、他の毛皮の材質と合わせて商品化されることも多く、それぞれの材質により変色を引き起こしてしまうこともあります。最後に、汚れによる変色があります。飲食物が付着してしまったり、汗をかいて毛皮に付着してしまったりした場合、ほぼ多くの毛皮が変色してしまいます。特に女性の場合、知らない間に化粧品や香水などが毛皮に付着していることも多く、これらも変色の原因となるので注意が必要です。

    変色を防ぐ保存方法

    いろいろな要因があって変色してしまう毛皮ですが、きちんとした保存方法をすればある程度の変色は防ぐことができます。まず、毛皮を着用するのは基本的に冬が多いでしょう。もう着ない時期になれば、しっかりと汚れを落としてから保存することが大切です。毛皮のクリーニングを専門に扱っている業者にてきちんとクリーニングをしてもらい、その後は直接光を浴びない場所に保存することが大切です。業者によっては、紫外線を防ぐ通気性の良いカバーを付けてくれることもあるでしょう。そして、防虫剤を使う際は必ず1種類だけにしましょう。多種の防虫剤は化学変化を起こす原因にもなりますし、さらには毛皮の変色が進んでしまうこともあります。

    不要な毛皮は買い取り業者を利用しよう

    チンチラの毛皮はとてもデリケートであり、きちんと保存をしないとすぐに変色したり、毛が抜けやすくなったりします。使い終わったら専門のクリーニングに出すなどの配慮が必要です。しかし、全く使用していないチンチラの毛皮があれば、それは宝の持ち腐れとなってしまいます。専用クリーニングは結構値段がかかりますし、ボリュームのある毛皮は置き場所も取ってしまいます。そんなときは、ぜひ買取業者を利用してみましょう。チンチラは国内をはじめ海外でも人気のある毛皮であり、高い値段で買い取りされることが多い毛皮です。保存状態が良い品であればさらに高額買取にも期待できるので、まずは査定に出してみるのをおすすめします。

毛皮買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報