毛皮知識

誰を連想する!?毛皮の似合う芸能人

  • 毛皮の似合う芸能人と言えば、あなたは誰を連想しますか。フワフワでゴージャスな毛皮というのは最近あまり見かけない気もしますが、芸能人が着ている姿をテレビで見ることはあります。今日は毛皮の似合う芸能人について考えてみました。





    バブルの時代には多くの芸能人が愛用していた

    毛皮の歴史は古く、それこそ石器時代からマンモスの毛皮を使って人は毛皮を着用していました。しかし、日本における毛皮が「お金持ちの象徴」として扱われはじめたのは1960年代頃と言われていて、バブルの時代には多くの芸能人やスポーツ選手がゴージャスな毛皮を着るようになりました。それこそ長者番付にのるような大物芸能人や野球選手は、プライベートでよく毛皮のコートを愛用していたようです。石原裕次郎さんをはじめとした俳優や、女性ではお立ち台に乗っているイメージが強い岡本夏生さんもよく着ていました。流行のトレンディドラマでも、クリスマスのシーンなどでは白いフワフワの毛皮のコートを着ている女優が多くいました。

    ファーオブザイヤーでは時代を代表する女優が目立つ

    バブル期にはよく見かけたゴージャスな毛皮のコートも、経済が減速していくのと比例するように街ではあまり見かけなくなります。そこで日本毛皮協会では毛皮の普及を目的とした「ファーオブザイヤー」を創設し、2004年から毛皮の服飾品が似合う芸能人を毎年選ぶようになりました。過去の受賞者の一例を見ると、米倉涼子さん、黒木メイサさん、土屋アンナさんなどがいます。その年に活躍していたモデルさんや女優さんが多く、印象としてはややクールビューティーな女性が目立ちます。やはり毛皮と言えばゴージャスなイメージが強く、アイドルというより背の高いモデルさんを中心に選ばれることが多かったようです。

    お金持ちのイメージが強い、毛皮の似合う芸能人

    毛皮のコートを身にまとった芸能人を調べてみると、今でもお金持ちの芸能人の方が多いようです。代表的なのが叶姉妹です。例年、私服をチェックするといった番組など出ていますが、ミンクやセーブルと言った超高級毛皮を身にまとい、値段はコートだけで1000万円という驚きの私服を公開したこともあります。また、デザイン界でも活躍している神田うのさんも毛皮のコートが似合う芸能人の1人です。やはりバブルの時代は終わっても、毛皮が似合う芸能人というのはある程度のステータスを持った方の印象があります。また、毛皮のコートはあまり見かけなくなりましたが、ファーやジャケットの装飾品など、小物の服飾品として毛皮が活用している場面は多くあります。

    最近では毛皮をリサイクルする動きが活発化

    ただ「毛皮の似合う芸能人」でネット検索をしてみると、実はとても批判的な意見が目立ちます。これは毛皮を生産するには多くの動物を殺すこととなり、ハリウッド俳優を中心に世界中でリアルファーに反対する動きが出ているからです。そこで最近注目されているのが、毛皮をリサイクルして使う動きです。バブル期を中心に日本でも多くの毛皮が売られていました。当時の毛皮は高級品が多く、品質も良いために時間が経った今でも高値で取引されることが多いのです。もし自宅に今後使う予定のない毛皮があるのなら、毛皮の買い取り業者を利用してみてはいかがでしょうか。毛皮もリサイクルされることになり、思った以上の買い取り金額をもらえるかもしれません。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
毛皮処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!