毛皮知識

アライグマで有名なラクーン毛皮の魅力と注意点

  • 毛皮にはミンク、フォックス、ラビットなどさまざまな種類があります。そして、ラクーンもそのひとつです。しかし、ラクーンは何の動物を指す言葉か知っているでしょうか。ここでは、ラクーンの毛皮についての説明をしていきます。

    2種類のラクーン

    毛皮業界において、フォックスと言えばキツネの毛皮を意味し、ラビットと言えばウサギの毛皮を指します。しかし、ラクーンはかつて2種類の意味を持ち、一部の消費者が混乱していた時期がありました。ラクーンとは英語でアライグマですが、一方、ラクーンドッグという似た言葉もあります。これはタヌキという意味です。しかし、店頭に毛皮を並べられる際は、アライグマもタヌキも両方ともラクーンと表記されたため、区別がつきにくかったのです。なぜ、そのような表記にしていたのかというと、ロシア産のタヌキや中国産のタヌキがロシアンラクーン、チャイニーズラクーンと呼称され、それが世界的に浸透していたのが要因だと言えます。毛皮を英語で表記していた日本のメーカーは、全体の整合性を保つために、他国に合わせてタヌキをラクーンと表記したというわけです。しかし、2007年に公正取引委員会は、『日本の店舗での商品表記は、あくまでも日本人に分かりやすいものにするべきである』との見解を示し、従来の表記を改めるように指導を行いました。それ以降、『ロシアンラクーン/タヌキ』という具合にタヌキとラクーンは併記されるようになり、ようやく混乱は解消されたのです。

    2007年以前にラクーンを購入した人は注意が必要

    タヌキとアライグマにおける表記問題で注意が必要なのは、2007年以前に購入したラクーンの毛皮です。タヌキとアライグマの毛皮は素人では識別が困難なため、勘違いして購入している人がいるかもしれません。また、昔購入したラクーンの毛皮を買取に出す場合も気をつける必要があります。専門家であればまず間違えないでしょうが、買取業者が毛皮に詳しくなかった場合、タヌキとアライグマの毛皮を誤って認識してしまうかもしれません。したがって、気になる場合は一度専門業者に依頼して、アライグマとタヌキのいずれの毛皮なのかを調べてもらった方がよいでしょう。

    ラクーンの魅力

    毛皮に使用されるラクーンは主に北米のアライグマです。しかも、アメリカ産とカナダ産があるため、アメリカンラクーン、カナディアンラクーンと呼ばれています。ロシアンラクーンとチャイニーズラクーンは、ロシア産と中国産のタヌキなので混同しないように注意が必要です。また、ラクーンの毛皮は保温性と耐久性に優れており、長く使用したい人にはおすすめの素材です。さらに、価格も比較的安価なため、安くて実用性の高い毛皮を求めている人にとっても有力な選択肢となるでしょう。ちなみに、アライグマの毛皮は襟巻きや帽子などにも利用され、特に、デヴィッド・クロケットにちなんで名付けられたクロケット帽は有名です。

    毛皮を買取に出す際の注意点

    アライグマは繁殖力が強く量産しやすく、高値での買い取りはそれほど期待できません。ただ、アライグマの綿毛の部分は染色しやすいという特徴があるため、個性的なデザインの毛皮で、他の製品に加工が可能なものであれば付加価値が付き、高価買取の可能性もあります。また、少しでも高値で買取ってもらうためには、日ごろの手入れが重要です。毛皮はシミや汚れがあると、大きく価値を下げてしまいます。購入時のコンディションを保つため、汚れた時は、すぐにクリーニングに出すことをおすすめします。また、日頃のお手入れもなるべくこまめに行った方がよいでしょう。さらに、買取に出す前に、インターネットでおおよその買取相場を調べておくことも大切です。そうすれば、相場と査定額との乖離が大きかった時にその理由を尋ねられますし、買取をキャンセルするかどうかの判断材料にもなります。同じ品物でも業者に専門知識があるかどうかで買取価格は大きく変わってきます。複数の業者に査定を依頼し、できるだけ高値で買取ってくれるお店を探すのが賢明です。

毛皮買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報