毛皮知識

馴染みと機能性抜群!ムートン毛皮の魅力について

  • ムートンの毛皮は、肌馴染みや機能性に優れ世界中で愛されているものです。ここでは、ムートン毛皮の魅力やお手入れ方法について紹介します。もし、自宅に使用しなくなったムートンの毛皮があれば、買取業者に査定してもらうことがおすすめです。状態が良ければ、思わぬ高値がつくという可能性もあるでしょう。

                           

    ムートン毛皮ってどんなもの?

    ムートンとは、羊の毛皮を伸ばして色染めしたものになります。他の毛皮にみられる毛の荒い部分がなく、肌触りがしなやかで柔らかいのが魅力です。また、綿毛のみが密生していて人体になじんだ「ラノリン」が含まれているので、赤ちゃんからお年寄りまで肌の弱い人にも安心して使用できます。さらに、天然のムートンには1?に3000本以上の毛が生えているので、その弾力性から優しい肌触りが人気の要因になっています。肌触りに加え保温性も抜群で、寒い季節にコートとして着用することで暖かい状態を保ってくれるでしょう。毛の間に厚い空気の層を作り、肌からの熱をしっかりとキープする機能性の高さを発揮します。

    吸水性の良さと抜群の弾力性が人気

    ムートンの特徴の一つに吸湿性の良さが挙げられます。繊維の奥に水分を吸収する性質があるので、いつでもさらっとした状態を保つことが可能です。また、重なり合ったムートンの表面が湿度に合わせて自然のエアコンのような役割をするので、汗をかいてもべたつくことが少ないといえます。寝具に用いられる場合は、汗ばみがちな睡眠時を快適な状態に保ってくれるでしょう。さらに、ムートンの毛は繊維がウェーブ状にねじれています。それが数多く密集することで、ほかの毛皮にない弾力性を生み出し、ふんわりとした肌触りにつながっています。

    さまざまな現場で活用されるムートンの特徴

    ムートンは保温性の高さにも定評があります。熱伝導率が低いので外気遮断につながり着用時の暖かさを保ってくれるのです。海外ではこの保温性の高さを利用し、ムートンシーツを常備している病院もあるほどです。あまり知られていませんが、消防服やレーシングスーツに使用されるほど、燃え広がらないという特徴もあります。火がついても表面だけが燃え焦げるだけで、内部は燃えにくくなっています。煙が少なく有毒ガスも出さないというすぐれもので、多くの現場で重宝されているものです。

    特別なお手入れ方法ってあるの?

    ムートンは非常に撥水性が高いので、汚れを吸い込むということが少なく比較的お手入れしやすいといえます。主な手入れ方法はこまめなブラッシングです。使用していくうちに繊維が絡まることがあるので、綺麗な毛並みを保つためにムートンブラシを使用しましょう。絡まりがひどい時は霧吹きなどで軽く水分をふくませ、ゆっくりとブラッシングしていくことで、毛並みが美しく戻ります。その後は影干しし、自然の風をあててあげます。このようにムートン毛皮を良い状態に保つためには、こまめなお手入れが必要になります。もし、使用しなくなったムートン毛皮がある場合は、早めに買取に出すことがおすすめです。機能性の高さや品質の良さから、中古品でも需要が高いといえます。家に眠らせたまま時間が経つことで、質が落ちてしまうこともあるので、早めに査定してもらう方が良いでしょう。

毛皮買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報