毛皮知識

フォックスの毛皮は買取でも需要が高い?産地や毛皮の特徴について

フォックスの毛皮

皆さんはフォックスという毛皮についてご存知でしょうか?バブル期の毛皮ブームを経験した方には馴染みの深い毛皮なのではないでしょうか。

ところが1990年代後半の毛皮業界全体への逆風により、フォックスの毛皮産業は下火となりました。しかし近年毛皮人気の再燃により、フォックスの毛皮は再び注目を浴び始めています。

フォックスは毛皮の買取においても需要の高い商材となっているようです。ここではフォックスという毛皮がどのような毛皮なのか、産地や特徴に触れご紹介します。

買取でも人気!フォックスってどんな毛皮?

フォックスは、大きく「レッドフォックス」「ブルーフォックス」「シルバーフォックス」の3色に大別されます。天然の毛色を活かした品も多く、シルバーが特に価値が高いとされています。

南米を除いた全大陸に生息するレッドフォックスは、生息地域によって品質が大きく異なる傾向にあります。
ブルーフォックスはその多くがスカンジナビア産で、フォックスの中で最もシルキーな手触りが魅力です。
シルバーフォックスは、元はレッドフォックスの突然変異種で、現在ではその全てが養殖によって管理されています。

ボリューム感に富み、様々なスタイルに合いやすい地色を持つフォックスは個体差による色の違いも大切な要素ですが、染毛により多くの色合いを演出できるのも人気の理由です。

安定した供給量に伴う価格の幅広さで得た支持は、毛皮初心者から毛皮愛好家まで、フォックス素材を1つも持たない方はいないほどに堅固なもので、実際にフォックスはあらゆるファー製品で重用されています。

キャット系やイタチ系とは異なる質感を持ち、しっかりとした毛質は弾力ともまた少し違う、芯が通ったふくらみを持ちます。

一方で、褐色しやすい性質を持ち、長時間紫外線にさらされると赤みを帯びてしまったり、染色タイプのものだと一部が変色してしまいます。

そうなってしまうと、たとえどれだけ良いフォックスを購入したとしても、いざ買取業者に見せたら査定金額が通常よりも低くなってしまう可能性もあります。

そのためクローゼットの入れ替えをしてこまめに整理する方が少なくないのもフォックスの特徴です。

毛皮買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
毛皮処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報