毛皮知識

【毛皮コラム】チンチラ

チンチラ

  • げっ歯類のチンチラはアンデス山地の岩場に生息し、非常に繊細で上質なことから“毛皮の女王”と呼ばれています。

    現在は養殖でその全てがまかなわれているチンチラの最大の特徴は「刺毛が無く、綿毛のみで構成される毛皮である」ことと「皮が薄いため、デリケートで耐久性が低い」ことで、本来身を守るために弾力や耐水性を持つ刺毛が退化により失われていることから着用時の皮脂や汗の付着に大変弱く、シートベルトや斜め掛けのバッグなどの摩擦でスレや剥げが起こりやすいのがネックです。こうした特性上、チンチラのメンテナンスは大変手間がかかるという点はありますが、1シーズン着用したら買取業者へ出し、次のシーズンに新しく購入する毛皮愛好家は多く、同様に状態の良い中古のチンチラ製品を購入して上手に使い分ける方も珍しくはありません。襟元や袖口に部分使いであしらうとなんとも上品でふんわりとした印象が可愛らしく、色味も全体的に青みを持つ黒~灰色と上品な装いに合わせて身につけるのに具合が良いことも高級毛皮製品で重用される理由の一つでしょう。

    毛皮製品への個人のメンテナンスはどうしても割ける手間に限界がありますのが、きちんとした中古毛皮取扱業者を見つけて置けば、素材に合わせてしっかりとメンテナンスをした物が中古価格で購入できます。高級毛皮に興味はあるけれど値段が高いとためらう方にとっても有意義に活用していただけることでしょう。仮に一部が皮脂などにより劣化していたとしても、ショールやマフラーなどの小物製品へのリメイクに用いる需要が高いのも大切なポイントです。

毛皮買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
毛皮処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報