毛皮買取について

ふわふわが特徴のムートンを長持ちさせるコツとムートンの毛皮買取について

毛皮買取ムートン

ふわふわが特徴で保温性の高いムートンの毛皮。

有名ブランドのムートン毛皮アイテムは高額で買取がおこなわれています。

保管や手入れも比較的容易で愛用している方も多いのではないでしょうか。

この記事ではムートンの人気の理由や長持ちさせるコツなどに触れつつ、買取についても解説していきます。





ふわふわが特徴のムートン

ムートンとは羊の毛皮を指します。

生後6か月から一年の子羊の毛皮は「ラム」と呼ばれ、大人になった羊の毛皮が「ムートン」と呼ばれます。

一般的にラムもムートン毛皮と同じ扱いをすることが多いようです。

そんなムートン毛皮は保温性に優れ、冬になるとムートンのコートを愛用しているという方も多いのではないでしょうか。

ムートンの毛皮には、刺し毛と呼ばれる身を守るための硬い毛が少なく、綿毛が密集しているため、ふわふわしとした柔らかな手触りが特徴です。

また湿度が逃げやすいのもムートンの優れている点で、コートだけでなく、ブーツや手袋にも使用しやすく、ムートンの人気の理由の一つといえます。

染色や加工もしやすく、これまでに多くのブランドから様々なデザイン、カラーのアイテムが発売されてきました。

実用性に加えてファッション性も兼ね備えた毛皮、それがムートンなのです。

毛皮買取で買取できるもの

ムートンの毛皮は買取に出すことができます。

まずはムートン毛皮で買取対象となる種類をご紹介します。

子羊の毛皮、ラムにはいくつか種類があり、買取に出すことも可能です。

チキャンラム、チベットラム、カラクールラム、そして大人の羊の毛皮、ムートン。

コートにブーツ、手袋など様々なアイテムが作られるムートン毛皮ですが、敷物などの一部製品は買取対象外となる場合もあるので注意しましょう

ムートンを長持ちさせるには?

もこもこしていて可愛らしい印象のムートンですが、気づいたら薄汚れていたり、毛が潰れてしまうこともあります。

査定の際にもマイナスポイントとなってしまいますので、日々のお手入れでできるだけ長持ちさせてあげるのが重要です。

手入れの基本はブラッシングです。

濡れタオルや霧吹きで潰れてしまった毛や絡まりを湿らせます。

その後専用のブラシで毛を起こすようにブラッシングします。

乾燥状態でブラッシングしたり、無理やりブラシを通そうとすると毛抜けやキューティクルを痛める原因になってしまいますので気を付けましょう。

また濡らす際には、革の部分に沁みないようにしましょう。硬化の原因になります。

そして手入れが終わったら日陰干しで乾燥させましょう。

完全に乾ききらずにクローゼットにしまい込うとカビやにおいの原因となり価値を落としてしまいます。

ムートンの買取価格

それでは実際に不要なムートンを買取に出すといくらくらいで売れるのでしょうか。

ムートンの毛皮は、羊から作られており大量生産が可能です。

そのためセーブルやミンクの毛皮にくらべると買取相場は低いようです。

ただし、ムートンを使用したアイテムはロエベなどの有名ブランドからも発売されており、ブランド物のムートンであれば高額買取も期待できるでしょう。

おわりに

ムートンの毛皮は多くの買取業者で買取対象となっています。

一円でも高く売りたいという方は、複数の買取業者に査定を依頼してみるのもいいかもしれませんね。

大切なムートン毛皮は上手に売って、後悔の残らない買取にしましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
毛皮処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!