最新コラム

不要になった毛皮のコートは売れる?買取相場はどれくらい?

  • 若い頃に奮発して購入した毛皮や親から譲り受けた毛皮。昔は着ることも多かったけれど今はクローゼットに眠らせていませんか?こういった毛皮は専門で買取してくれるお店や業者があります。着用しない毛皮があるなら、こういった便利なサービスは積極的に活用したいですね。ここでは不要になった毛皮コートを買取してくれるサービスや毛皮ごとに異なる買取相場について解説していきます。

    毛皮のコートが不要になったとき

    毛皮とは、その名の通り動物の皮を使い作られています。その多くに哺乳類の皮が使われており、哺乳類の体表に生える毛は断熱性に優れ、人類が文明を築く太古の昔から防寒を目的に活用されてきました。

    日本で毛皮が流行したのはいわゆるバブル期にあたる1990年代頃で、この頃は毛皮をふんだんに使った重厚感のある形が好まれ、防寒というよりは毛皮を着用することがステータスの一つとして人気がありました。動物の毛をふんだんに使われている性質上、新品で購入すると安くても何十万円から高いもので百万円をゆうに超える毛皮もあります。

    では、そんな高級品である毛皮を着なくなったらどう処分したら良いのでしょうか。

    着なくなった毛皮を処分せずに有効活用する方法

    着なくなった毛皮をお持ちの方の多くが毛皮の処分方法に悩み、クローゼットに保管しているケースが多く見られます。この一番の理由はなんといっても何十万円もした毛皮や思い入れの深い毛皮ですから、そう簡単に捨てるわけにはいきませんよね。そこでまず知っていただきたいこと、それは「毛皮は売れる」ということです。

    毛皮を売りに出す方法はいくつかあり、オークション等で毛皮を売ることもできますし、買取専門店に査定を依頼して毛皮を買取してもらうことができます。どちらもメリットはありますが、中古の毛皮はとてもデリケートですのでその毛皮が売れる状態のものなのか、そして買取相場はいくらなのかを少しでも把握しておいた方が良いでしょう。

    毛皮を買取に出した時の価格は?

    毛皮の買取価格や買取相場といったさらに深い情報は追ってお伝えしてまいりますが、まず第一に覚えていただきたいことは「毛皮は売れる」ということです。ただし、いくらになるのかという点においてはどんな毛皮が使われているのか(毛皮の種類)によります。次項で毛皮の買取相場を紹介します。

    毛皮の買取相場は?どのくらいで売れる?

    毛皮の買取相場はどんな毛皮が使われているかで大きく異なります。それは毛皮の買取市場における需要が関係しているためです。需要のある毛皮はいくつかありますが、一例を挙げるとミンク・セーブル・チンチラ・フォックスなどの毛皮が買取市場でよく見かける種類です。

    そして毛皮の種類もさることながら毛皮を生産している著名なブランドも存在します。有名なブランドといえば「エンバ(EMBA)」で、特に高品質なミンクやフォックスには「サガ」という名称がつき、サガミンク・サガフォックスと呼ばれ高い需要があります。

    ミンク等の毛皮に限らず、有名ブランドや高い品質が保障された毛皮に至ってはコートにラベルが付いていますので、毛皮のコートを買取に出す前に一度目を通しておきましょう。

    毛皮の種類ごとの買取相場について

    それでは毛皮の買取相場を知る上で必要となる毛皮の種類について詳しく解説していきましょう。

    毛皮のサイズについて

    毛皮買取において、毛皮のサイズはとても重要です。同じ素材であってもサイズによって買取相場が全く異なります。ちなみに種類やデザインが同じものがあった場合、単純に大きければ大きいほど値段として上がりやすいです。これはどれだけ多くの毛皮が使われているのか、という部分も関係しています。

    ロング

    膝が隠れるほどの長さで、毛皮の使用面積が多いという点においてはロングコートが買取相場が高い傾向といえます。サイズは平均90cm~110cmです。

    ハーフ

    お尻がギリギリ隠れるくらいの長さで、ハーフサイズは製品ごとに大きさの違いがあります。平均70cm~90cmです。

    ショート

    腰くらいまでしかない長さです。こちらも製品ごとに大きさの違いがあります。平均50cm~70cmです。ショートサイズは若年層を中心に人気が高まっています。

    ベスト

    袖のないタイプで、こちらも着やすさや他のファッションに合わせやすいという理由から若年層を中心に人気があります。

    ショール、小物類

    ショールはいわゆる襟巻きで、コートに比べて入手しやすい点もあり人気です。様々なデザインや大きさがあり、価格も異なります。

    毛皮買取においては「ミンク」「セーブル」「チンチラ」「フォックス」の4つが主要な毛皮

    様々な種類の毛皮が生産させているものの、毛皮買取においては「ミンク」「セーブル」「チンチラ」「フォックス」の4つが買取市場での需要の高い毛皮といえます。他にもラビットやラクーンなどの毛皮もありますが、買取相場という点においては高値を見込むのはやや難しいかもしれません。各毛皮素材について詳しく説明したページがございますのでこちらも合わせてご覧下さい。

    参考:ミンクの毛皮について
    参考:サガミンクの毛皮について
    参考:セーブルの毛皮について
    参考:チンチラの毛皮について
    参考:フォックスの毛皮について


    この4つの毛皮は、代表的な種類であるとともに、実際に購入する場合の値段も高値です。フォックスやミンクは毛皮の品質レベルによりますが、4つの中で比較的購入しやすく、そして実際に買取に出した時の値段はセーブルとチンチラに比べるとそこまで高値を期待するのが難しいかもしれません。しかしながらフォックスやミンクはそれだけ多くの毛皮ファンを魅了している証であり、幅広く生産されています。

    ミンクに関して補足すると、品質の高いものになればセーブルやチンチラを上回る稀少なミンク毛皮もありますので、いまだに高い需要と根強い人気が見てとれます。前項で挙げた「エンバ」などの有名ブランドでは「ブラックグラマ」というアメリカの有名毛皮ブランドもトップクラスの品質を誇っています。

    毛皮買取の注意点

    毛皮の相場を決める基準、それはズバリ毛皮の種類と状態が関係しています。どちらも次項で説明してまいりますが、毛皮買取の相場はこの二つが大きく関係しています。そして、この二つの条件をどちらも満たしている毛皮こそ、買取相場の高い毛皮として高く評価されるのです。

    そして、毛皮はもう一つ注意すべき点があります。それは毛皮には「ワシントン条約」というものがあり、ここに該当する毛皮は残念ながら売ることも買取することもできません。ワシントン条約で禁止された毛皮について補足すると、過去に流通していたけれども後から追加された毛皮の品目などもあり注意が必要です。

    ご家族から譲り受けた古い毛皮の中には該当するものもあるかもしれませんが、そういった点においては例えば毛皮に詳しい専門業者へ相談するのも一つの方法だといえます。その毛皮がどんな毛皮なのか教えてくれますし、あなたの都合が良ければそのまま査定してもらうこともできます。

    毛皮買取の相場評価を落とす要因

    毛皮はとてもデリケートな性質を持っており、また衣類ですから着用するたびに目に見えないダメージは蓄積されていきます。よって昔着ていた毛皮がとても良い品質だったとしても、ちゃんとお手入れをしなかった、保管状況が悪かったなどの原因があった場合、久々にクローゼットを開いてみたら毛皮が無残な姿に・・・なんていうことはよくある話です。では、毛皮買取の相場評価を下げてしまうポイントがどういったことがあるのでしょうか。

    経年変化の影響で毛皮は劣化する

    他の項目にも付随するポイントですが、毛皮の買取相場を決める上で毛皮の劣化は最もチェックされるポイントです。毛皮はその名の通り動物の毛皮を使っていますので当然年数が経つと劣化し、買取価格に大きく影響します。劣化の代表的なダメージは抜け毛で、軽く毛を引っ張るとすぐに抜けてしまい、見栄えも悪いです。そうした劣化した毛皮の多くは光沢やツヤがあまり見られず、手触りもあまり良くありません。

    特にミンクなどの白い毛皮は日焼けに注意

    毛皮には白に近い色合いのものから茶系や黒など、様々な色合いの毛皮があります。その中で特に白系の毛皮は日焼けに注意しましょう。これはミンクやフォックスに特に多いカラーですが、日焼けをしてしまうと見た目の美しさを損ねるだけでなく買取価格にも影響します。保管は日陰で風通しの良い場所が良いでしょう。

    保管状況が悪いと毛皮にダメージを与えてしまう

    どんなに行き届いたお手入れを行ったとしても、保管状況が悪いと毛皮のダメージに直結します。実は毛皮本体のダメージよりも割合としてはこちらの方が多いケースが見られます。保管状況で最も気にすべきは湿気で、毛皮は湿気に弱く、カビが生えやすいです。一度カビが生えてしまうと修復は難しく、異臭の原因にもなりますので注意してください。また、ベタつきといって毛皮の内側がベタベタする感触があるものもありますから合わせてチェックしてみましょう。

    その他よくある毛皮のダメージ

    劣化に関連するダメージで毛皮の表面、特に肩口の色が抜けてしまうということもあります。また、着用時に何かに引っかけて破けてしまうケースもあります。特にチンチラは素材自体がそこまで強くないので何かの拍子にひっかけて破けてしまったということも見受けられますので注意下さい。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。冒頭でお伝えした通り毛皮は大変デリケートな性質を持っています。ですから購入時にいくら高かったとしても需要の高い毛皮素材であることや、その後の保管状況次第では買取に出す際の値段は大幅に変わってきます。このように毛皮買取には様々な条件があった上で値段というものが決まってくるというのはご理解いただけたかと思います。

    もしご自宅に価値の不明な毛皮や、毛皮を売りたいけれど良い方法がわからないという場合は毛皮買取専門店へ相談をおすすめします。毛皮買取のプロですから、古い毛皮でもしっかり査定してお値段を付けてくれることでしょう。毛皮に関する知識や査定に詳しい専門店ならば、眠らせたままの毛皮の価値を見抜き、高値で買取が実現する可能性が高まるかもしれませんね。

毛皮買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報