毛皮買取について

長く保管していた古い毛皮の処分は早めに毛皮買取に売却してリサイクル

長く保管していた古い毛皮の処分は早めに毛皮買取に売却してリサイクル

若い頃に奮発して購入した毛皮や、ご家族から譲り受けた毛皮、着なくなりクローゼットに眠らせたままになっていませんか?

毛皮をふんだんに使っているコートや思い入れも深いものですと気軽に処分、というわけにはいきませんよね。

着る機会がないならば思い切って処分や毛皮のリサイクルを検討しても良いのかもしれません。

そこで今回は長く保管していた毛皮の処分と毛皮買取を利用したリサイクルに関して紹介していきます。





古い毛皮を活用する場が少ない理由

古い毛皮の多くがクローゼットに眠ってしまっているという方は多いのではないでしょうか。

「昔は毎日のように着ていたのに・・」なんて感じる方もいらっしゃるかもしれません。

その理由に迫ってみましょう。

新しい毛皮を購入した

毛皮を用いたアイテムは数多く存在しています。

いわゆる「古い毛皮」に該当するジャンルといえば毛皮のコートではないでしょうか。

全身を覆うような毛皮のコートを新調した、新しく買ったなどの場合ですと古い毛皮の着用頻度は減ってしまいますね。

年齢と共に服装の趣味が変わり着なくなった

時代と共に服装の趣味や好みは少しづつ変わっていきます。

例えばバブル期などに購入した毛皮は重厚感があり現在のファッションにはなかなか合わせづらいという面があります。

加えてファッションの流行は大きく変わり、その頃の毛皮の多くがクローゼットに眠るきっかけとなりました。

毛皮が流行した時代背景

毛皮は毎年寒くなると各ファッションブランドから毛皮素材を用いたアイテムが発売されます。

毛皮のコートはもちろんブーツ、小物に至るまで幅広くリリースされています。しかし、今よりもさらに昔のバブル期(1990年代)には空前の毛皮ブームが日本だけでなく世界中で巻き起こりました。

しかしその後、毛皮用の動物たちの扱いが問題視されたことで、動物愛護の観点から毛皮への逆風が巻き起こり、それと共に当時大量に出回っていた重厚感のある毛皮コートは敬遠されました。

現在はファッション業界で再び注目を集めつつありますが、1990年代のような一大ブームには至っていません。

毛皮買取の基礎知識

着なくなった古い毛皮を対象に買い取りしてくれる専門サービスがあります。

毛皮専門店というだけあり、毛皮ならコートでもブーツでも小物でもなんでも査定、値段をつけて買い取ってくれます。

対象となる毛皮は、基本的に国内で流通している毛皮ならほぼ全て対応しています。

ただし、近年ワシントン条約で禁止された種類に該当する毛皮は買取不可となりますのでご注意ください。

古い毛皮は売れる?売れない?

毛皮は使用されている種類と状態により、売れる売れないが判断されます。

売れる種類(値段の付きやすい種類)は主に「セーブル」「ミンク」「チンチラ」「フォックス」であれば古くても値段が付きやすいといえます。この4つの毛皮は数ある毛皮の中で稀少性が高く、中古毛皮市場において常に需要があります。

次に毛皮の状態。これは後ほど詳しく説明しますが、古い毛皮の多くは毛皮が汚れている・劣化が激しいなどといった毛皮の状態で買取業者側から再販できないと判断されてしまうと、買取り不可となってしまいます。

特に毛皮はデリケートですので古い毛皮になると想定以上の劣化が起こりうる性質があります。

高く売れる毛皮の種類

どんな種類でも査定してくれる毛皮買取専門店ですが、高く売れる毛皮の種類は先程紹介した「セーブル」「ミンク」「チンチラ」「フォックス」この4種類がメインとなっています。

ただし、これはあくまで”毛皮素材”として稀少性が高い種類を列挙しておりますので、この4種類には該当しないけれど有名ファッションブランドや有名毛皮メーカー品ですと高く売れる場合もあります。

毛皮の売り時がいる?タイミングが大切

毛皮は売り時を見極めることで通常よりも高値になる場合があります。

毛皮は寒くなる前に売った方が売れる確率が高い

毛皮が最も需要の高くなる時期は寒くなってからなのですが、肌寒くなってくる秋口頃には需要が高まってきます。

ですから寒くなってからの季節を見越して、本格的な冬が始まる前が最も売り時といえるでしょう。

ちなみに衣類における流行時期に関しては、「その季節が始まる約1ヶ月程度前」となっているので毛皮を含め売りたい衣類がある時はこのコツを覚えておきましょう。

売り時を踏まえて古い毛皮の処分は早めに毛皮買取へ

毛皮の売り時や高値になる毛皮に関するお話をご紹介しました。

もちろんこういったコツやポイントを踏まえた上で、着なくなった古い毛皮があるならば、極力早めに毛皮は買取に出しましょう。

着ないのに家で眠らせておいたままでは一円にもなりません。今すぐ売る予定はない場合でも査定してみて価値を知るというのも良い方法ではないでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

毛皮処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!