宝石コラム

【トルマリン買取】気になる相場や人気の秘密を徹底解説

  • トルマリン買取
  • トルマリンはカラーバリエーションも豊富で、宝石類の中では比較的安価で入手が可能なこともあり、宝石の買取市場でも高い人気を誇っています。

    加えて近年では、トルマリンはマイナスイオンを発生しておりリラックス効果があるとされていて、トルマリン付きのアクセサリーを身に着ける方の数も増えてきているようです。

    ここではそんなトルマリンについて、どのような宝石なのか、また買取に出したときの相場をご紹介します。トルマリンの買取をお考えの方は是非ご覧になり参考にしてみてください。

    トルマリンは買取でも人気!どんな宝石?

    宝石の買取でも人気の高いトルマリン。それではトルマリンとはどのような宝石なのでしょうか。
    ここでは産地や、トルマリンが持つマイナスイオン効果、そして人気の理由の一つでもある豊富なカラーについてご紹介します。

    トルマリンの産地

    トルマリンの主な産地としては、ブラジルが最も有名で、産出量も世界一です。代表的なものとして、グリーン・トルマリンが挙げられます。

    またカラーが豊富なトルマリンの買取でも、最も高い相場で取引され、幻の宝石とも呼ばれる「パライバトルマリン」は、1989年にブラジルのパライバ州で発見されたことから名づけられました。

    またブラジル以外の産地では、現在、アメリカのカリフォルニア州やメーン州、そしてアフリカのマダガスカル・モザンピーク、ロシア、スリランカなどでも採掘が行われていることが知られています。

    トルマリンの持つマイナスイオン効果

    トルマリンは、熱を与えると電気を帯びるという性質を持っており。和名では「電気石」とも呼ばれています。

    またトルマリンは、手で揉みこむなど外部からの圧力を加えることでマイナスイオンを発生すると言われています。日本でも古くから民間療法として取り入れられているようです。

    近年ではマイナスイオン効果が広く知られ、トルマリンをアクセサリーとして身につける方の数は増えてきています。宝石の買取でもトルマリンは活発に取引が行われています。

    トルマリンの代表的なカラー

    トルマリンは実にさまざまなカラーバリエーションを持つことで知られており、その豊富な色彩から「トルマリンはすべての色を持つ」とも言われているようです。

    そしてすべての色が個別に名前を有していることも特徴です。パワーストーンとして、トルマリンの豊富な“色”が持つ意味合いは大きく、色ごとに波動は異なりパワーも多岐に渡るようです。身につける人に実に多様な魅力を演出してくれることでしょう。

    以下でトルマリンの買取において、取引が活発に行われているカラーをご紹介します。

    ピンク~赤色 ピンクトルマリン・ルベライト

    ピンク色の石は「ピンクトルマリン」、赤色の濃い石は「ルベライト」と呼ばれています。

    パワーストーンとしては双方、恋愛に関わる石として知られています。宝石買取でも需要の高いカラーで透明感が高いほど相場も高くなるようです。

    青色 インディゴライト・ブルートルマリン

    明るいものかた深みのある色合いまで、さまざまなブルーが見られるインディゴライトトルマリン。

    主にスリランカで採掘されています。市場にはカラットの小さいものがほとんどで、大粒のものは買取でも高い相場が期待できるでしょう。

    緑色 グリーントルマリン・ヴェルデライト

    グリーントルマリンはインクルージョン(内包物)が少ないのが特徴で、エメラルドの魅力も兼ね備えた透明度の高いジェムストーンです。
    ここ数年、宝石コレクターの人気が急上昇しているトルマリンです。

    黒色 ショールトルマリン・ブラックトルマリン

    トルマリンの中でも最も産出量が多いカラーです。
    宝石としてよりも、パワーストーンとして大きな力を持つことで知られています。健康グッズの素材としての需要が高いトルマリンです。

    ピンク色+緑色(青緑) ウォーターメロントルマリン

    スイカのような色合いが特徴で、ヒーリングの効果があるトルマリンとして有名です。
    このカラーのトルマリンはすべて天然で、同じ模様は世界に二つと存在しません。希少性が高く買取相場も高いようです。

    青+ピンクなど、二色以上 バイカラートルマリン・パーティカラートルマリン

    青×ピンク、青×緑、黄色×ピンクなど様々な種類が存在するトルマリンです。長い時間をかけて生まれる天然石で、全く同じ配合の色は存在しません。
    全体的に流通量が少ないため美しい配色の石は非常に高額で買取が行われているようです。

    ネオンブルー パラバイトルマリン

    銅やマンガンによる発色は、独特の輝きを持ったブルー(もしくはグリーン)です。
    1989年にブラジルのパライバ州で発見されたトルマリンで、現在は鉱脈が尽きたとも言われており「幻の宝石」と呼ばれています。
    買取においても、ダイヤモンドに匹敵する高額での買取が行われているようです。パライバトルマリンについては次項で詳しく説明していますのでぜひご覧ください。

    「幻の宝石」パライバトルマリン

    上でも少し触れましたが、トルマリンの買取においては確実に知っておきたい「パライバトルマリン」についてより詳しくご紹介させていただきます。

    パライバトルマリンは、すべてのトルマリンの中でも、最も高い評価を受け世界中の宝石コレクターの羨望の的となっています。銅やマンガンによる、青緑のネオンのような独特の輝きが特徴のトルマリンです。

    1989年に、ブラジルのパライバ州で始めて発見されたということが知られていますが、実はそれ以前も、世界中でこのような色のトルマリンは採掘されていたようです。

    しかし非常に小粒なものばかりであったため、そこまで認知をされていませんでした。

    ブラジル産の良質な結晶からカットされたこのトルマリンが世界の宝石市場に供給されると一躍脚光を浴び、「パライバトルマリン」という名前がつけられました。

    世界中で人気を集めたパライバトルマリンでしたが、その後、ブラジル国内では採掘権をめぐってトラブルが起こり、約10年の間採掘がストップされました。やがて、供給の停止した宝石業界では「パライバトルマリンは鉱脈が枯渇した」という噂が流れ始め、市場での価格はさらなる高騰を見せました。

    ネオンブルーカラーのトルマリンは、ブラジルだけでなく世界中で採掘されていますが、銅の含有量はパライバ産のものが群を抜いており、ネオンブルーの発色は唯一無二と言えるでしょう。

    パライバトルマリンは買取市場でも供給量が非常に少なく、1Ct単位の価格では最も高額であるとも言われています。

    もしパライバトルマリンをお持ちの方は、是非一度買取に出し査定を受け、価値を把握してみてはいかがでしょうか?

    トルマリンの買取相場はどのくらい?査定の前に知っておきたいポイント

  • トルマリン買取
  • トルマリンについて少しはお分かりいただけたでしょうか。次にトルマリンをお持ちで買取に出すことをご検討中の方のために、気になる買取相場や、査定を受ける前に抑えておきたいポイントをご紹介します。

    トルマリンの買取相場は?

    トルマリンの買取相場は、近年の美容健康ブームの煽りを受け年々上昇傾向にあります。加えてパワーストーンとしての注目もあり、心身の健康への効果を期待して身につけるという方も増えているのではないでしょうか。

    そしてカラーが豊富であることも、買取相場を高める要因となっています。先ほどもご紹介したように、トルマリンには赤・緑・黒・ブルー・無色など幅広いカラーが存在します。様々なファッションに取り入れられるという特性から需要も高まっているようです。

    またこのカラーによっても買取額は変動します。同じグリーン・トルマリンでもクロムの入ったグリーンは希少性も高く買取相場も上昇が見込めます。

    加えてバイカラートルマリンのような、2色以上の色を含んだトルマリンはその配色バランスによっても相場には変動が見られます。

    トルマリンの買取査定では、非常に繊細な要素によって金額が算出されます。買取を検討中のトルマリンは、査定を受ける前にご自分で状態やカラー、買取相場をある程度把握しておくと良いかもしれません。

    トルマリンを買取に出すときの方法は?

    トルマリン含む宝石類の買取は、プロの鑑定士が直接手にとって査定を行います。実際に手で触れ、目で見て状態やカラー、カットやカラットをチェックします。

    トルマリンなどの宝石の買取には、主に、専門業者に宝石を郵送して査定を受ける「宅配買取」、専門業者の店舗や特定の査定場所へ自身で持ち込む「持ち込み買取」、自宅まで専門業者が訪問して査定を行う「出張買取」があるようです。

    それぞれの買取方法に異なるメリット・デメリットがありますので、ご自身に合った買取方法を選びましょう。

    トルマリン買取は業者の選定で悔いの無い売却を

    トルマリンの買取相場はわずかな要素で変わってくるので、お手持ちのトルマリンの価値を適切に評価してくれる買取業者を見つけることは重要なポイントとなってくるでしょう。

    確かな査定技術を持ち、そのときどきの買取市場における相場に精通している業者でないと、宝石の価値を見落とされてしまう可能性もあるのです。

    複数の買取業者に査定を依頼して、評価額を比較するのも一つの手といえます。最近では無料で訪問査定を行っている買取業者も多くございますので、積極的に活用して後悔のないようにトルマリンを売却しましょう。

トルマリンを買取させていただいたお客様の声

  • 50代 女性
    若いときにプレゼントでもらったトルマリンを買取してもらいました
    若いときに知人からプレゼントされたトルマリン付きのネックレスを買取してもらいました。
    綺麗な赤色で気に入っていたのですが、最近は落ち着いた色合いを好むようになったのでしばらく着けていませんでした。
    石には意外といい値段つきましたし、買取に出してよかったです。またジュエリーを売りたくなったら利用したいと思います。ありがとうございました。
    大変美しいルベライトトルマリンでした
    この度はスピード買取.jpの宝石買取サービスをご利用いただき誠にありがとうございました。
    深みのある赤色が美しいトルマリンを買い取らせていただきました。ルベライトと呼ばれる赤色のトルマリンは、「恋愛の石」としてもしられ、需要も大きく買取市場でも人気のトルマリンです。状態も問題なく今回のお値段となりました。お値段満足いただけて私としましても嬉しい限りです。
    この度はご利用ありがとうございました。またのご利用心よりお待ちしております。
  • 40代 女性
    トルマリン付きのリングは地金もしっかり査定してくれました
    昨年購入したトルマリン付きのリングを買取してもらいました。大切に使用していたので傷などが無かったことが評価され、満足できる金額で買取してもらえました。
    またリング部分の地金もしっかり査定していただけました。
    スタッフの方の対応も良かったですし、こちらに買取を依頼してよかったと思っています。
    バイカラートルマリン付きリングの買取でした
    青とピンクの配色が美しいバイカラーのトルマリンがついたリングを買い取らせていただきました。配色バランスの良いトルマリンは、市場に出回る数も少ないことから、状態だけでなく希少性も今回の査定額に反映させていただきました。
    またスピード買取.jpの宝石買取では、石だけでなく地金部分もしっかり査定いたします。また宝石の買取をお考えの際は、是非お気軽にお問い合わせください。
    この度は数ある宝石買取業者の中から、スピード買取.jpをお選びいただき誠にありがとうございました。またのご利用心よりお待ちしております。
  • 30代 女性
    鑑定書のないトルマリン付きペンダントを売却しました
    新しく欲しい宝石を見つけたので、そちらの費用の足しになればと思いトルマリン付きのペンダントを買取に出しました。
    鑑定書が無かったのですがしっかり査定していただけました。査定額の内訳の説明が詳しかったので安心してお任せできました。
    いい金額になったので新しい宝石を買うのが楽しみです。ありがとうございました。
    明るい色みのインディゴライトトルマリンをお売りいただきました
    インディゴライトトルマリンは、希少性も高く高品質であることからコレクターからも高い人気を誇っています。
    今回のお品のようにカラット数の大きいものは、買取市場でもなかなか出回らないこともあり今回の査定額提示させていただきました。
    また弊社の宝石買取サービスでは、鑑定書のない宝石類も喜んで査定いたします。そういった宝石の買取実績も豊富ですので、安心してご利用いただけます。
    この度はご利用いただき誠にありがとうございました。またの機会がございましたらよろしくお願い致します。

無料査定お申込みフォーム

希望査定品
※以下よりお選びください(複数選択可)


※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について

宝石買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報