宝石コラム

【タンザナイト買取】ティファニーが認めた宝石、タンザナイトの魅力とは

  • タンザナイト買取
  • タンザナイトは、近年人気が上昇しており宝石ファンにはお馴染みの宝石となっています。
    一流宝石ブランドのティファニーがいち早く着目したことが有名で、アメリカを中心に人気に火が付いた宝石です。
    またタンザナイトは12月の誕生石としても知られており、他の宝石類より比較的安価で手に入れることができるため、世界中で親しまれている宝石なのです。

    皆さんの中にもタンザナイトのアクセサリーをお持ちの方もいるのではないでしょうか。ここでは宝石の買取市場でも人気の高いタンザナイトについて、どういった宝石なのか、また買取をお考えの方へ、知っておきたい買取相場や査定時のポイントをご紹介します。

    タンザナイトとは

    宝石の買取でも人気のあるタンザナイト。世界中で愛されているこの宝石は、この記事をご覧の方の中にもお持ちの方も多いのではないでしょうか?

    ここではタンザナイトがそもそもどのような宝石なのか、特徴や歴史に触れつつ、人気の理由をご紹介したいと思います。

    タンザナイトの産地

    タンザナイトはその名前の由来ともなっている、東アフリカのタンザニアが産出国となっています。
    タンザナイトは他の宝石に比べると、歴史の浅い宝石で1967年に、タンザニア、アルーシャ地区メレラニ鉱山でルビーの採掘中に初めて発見されたといわれています。

    現在もメレラニ鉱山でのみ採掘が行われており年々産出量も減少傾向にあります。その希少性はダイヤモンドの1000倍とまでいわれています。

    また近年では埋蔵量の限界も囁かれており、今後も希少性はより高まっていくことが予想されます。希少価値の高さに加え、比較的新しい宝石であることから宝石コレクターからも人気は高く、買取においても相場は高いようです。

    タンザナイトの歴史とティファニー

    1967年にメレラニ鉱山で初めて発見されたタンザナイトは、程なくしてGIA(Gemological Institute of America)の鑑定によりゾイサイドの一種であると確認されます。

    それまで採掘されていたゾイサイドは不透明なピンクやグリーンだったこともあり、タンザナイトは全く新種の宝石であると認定されました。

    当初はブルーゾイサイドというなんとも味気のない名前で、宝石市場でもごく一部のコレクターにしか認知されていませんでした。ところがあるときを境にタンザナイトと名づけられ、米国を中心に一気にその名は世界中の宝石ファンに知れ渡ることになります。

    アメリカの宝石商ティファニーが、このブルーゾイサイドに目を付けたのです。ティファニー・アンド・カンパニーは、このブルーゾイサイドに宝石としての可能性を見出し、1968年には主要販売業者となる契約を行いました。

    その後現在のタンザナイトという名前に改変、世界中に向けてプロモーションが行われ、すぐに多くの宝石ファンや、宝飾デザイナーの目に留まり人気を博すことになったのです。

    現在タンザナイトといえば、宝石のビッグ3に並ぶ人気がある宝石といっても過言ではないでしょう。

    タンザナイトの持つ“多色性”について

    タンザナイトの発見以前のゾイサイドは、不透明のピンクやグリーンが一般的でした。タンザニアのメレラニ鉱山で採れるゾイサイドのみが、青紫色の輝きを持っていたのです。かつてはその鮮やかなブルーからサファイアの代替品として用いられていましたが、現在はタンザナイトとして唯一無二の地位を確立しています。

    タンザナイトの色は、「タンザニアの夜」や「キリマンジャロの夕暮れ」とも喩えられることがあり、その独特のカラーと輝きは多くの宝石ファンを魅了しています。

    それではこのタンザナイトがなぜ宝石ビッグ3に匹敵するほどの人気を持つことになったのでしょうか?
    その理由の一つに、タンザナイトの持つ「多色性」という性質が挙げられるでしょう。

    多色性はゾイサイドに見られ、見る角度によって色が異なって見えるという性質です。
    タンザナイトの場合は、角度によって青色や紫色の強さが変化します。自然光の下では透き通った群青色、白熱灯の下では気品の高い紫色へと変化します。また光の加減では、深みのある赤色に変化することもあります。

    一度手にとって見てみると、角度によって表情を変えるタンザナイトの神秘的なカラー、息を呑むほどの輝きに、宝石の買取市場でも絶大な人気を誇っている理由にも頷けるでしょう。

    タンザナイトを買取に出すなら―気になる買取相場や査定ポイント

  • タンザナイト宝石買取
  • タンザナイトという宝石ついてお分かりいただけたでしょうか。 世界中で愛されているタンザナイトは、中古であっても高額で取引されており、買取市場でも高い需要があるのです。買取に出すといくらくらいになるのでしょうか?
    次に気になるタンザナイトの買取相場や、査定を受ける前に知っておきたいポイントをご紹介します。

    タンザナイトの買取相場はどのくらい?

    タンザナイトは、タンザニアのメレラニ鉱山でのみ採掘が行われており、年々産出量は減少傾向にあります。今後も希少価値は高まり、比例して買取相場も上昇してゆくでしょう。

    またタンザナイトの一番の魅力はやはり、その多色性でしょう。
    見る角度によって色を変えるという多色性という特徴ですが、石によっては成分割合が多少異なりカラーも変化します。同じタンザナイトでも買取相場は異なってくるようです。

    タンザナイトで最も需要の大きい色は、最上級のサファイアのような純青色、または強烈なバイオレット・ブルーです。
    青紫のタンザナイトも安定した需要はありますが、純青色、バイオレット・ブルーのものと比較すると相場は落ちるようです。

    またどのような色合いであっても、淡色であったり飽和度の高い色ですと相場も低下する傾向があります。

    とはいえ、宝石の買取市場では絶大な人気を誇っているタンザナイトです。買取に出せば高額査定を期待してもいいかもしれません。

    タンザナイトを買取に出す前に知っておきたい

    さて高額で取引が行われているタンザナイトですが、実際に買取に出すときにはどのようなことに注意しておくべきなのでしょうか。高額になる可能性も高いタンザナイトですので失敗はしたくないですよね。

    次にタンザナイトの買取査定を受ける前に知っておきたいポイントをご紹介しますので、実際に買取に出すことをお考えの方は参考にしてみてください。

    タンザナイトの買取に鑑別書は必要?

    宝石の鑑別は容易ではなく、タンザナイトについても例外ではありません。
    宝石全般にいえますが、鑑別書の有無はそこまで買取金額に影響を与えない業者が多いようです。

    買取実績の豊富な買取業者やタンザナイトの査定経験が多い鑑定士であれば、鑑別書が無くても、タンザナイトの持つ価値を見逃すことはありません。

    加えて宝石の中には購入時から鑑別書が付属していないものもございます。鑑別書が無いからと買取に出すのをためらうのは得策とはいえないでしょう。

    とはいえ鑑別書はその宝石の品質を証明するものですので、多少の評価額の変化は見られるかもしれません。付属品があれば一緒に査定に出すことをおすすめします。

    タンザナイトは早めの売却もポイントです

    宝石類全般にいえることですが、ジュエリーには流行があります。

    貴重なタンザナイトですので、デザインが古いものでもおそらくほとんどの買取業者で買取の対象となっているでしょうが、流行のデザインやブランドのものであればプラスαの査定が期待できるかもしれません。

    加えてタンザナイトはジュエリーブランドとの関わりも深い宝石です。しっかりと買取業者を見極め、タンザナイトジュエリーの持つ、デザインの価値や、ブランドの価値をしっかりと査定してもらうことを心がけましょう。

無料査定お申込みフォーム

希望査定品
※以下よりお選びください(複数選択可)


※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について

宝石買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報