宝石コラム

【ルビー買取】買取の前に知っておきたい相場や高額買取のポイント

ルビー買取

皆さんの中には、過去にルビーの付いたリングやネックレスを身につけたことのあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ところが現在、「アクセサリーのサイズが合わなくなった」「ルビーのような色合いはなかなか身に着けづらい」といった理由で買取を決断する方の数も増えてきています。

ルビーは宝石の買取市場でも需要が高く、高額で買取が行われています。

ここでは、ルビーという宝石について、どのような宝石なのか、また買取に出すときに知っておきたい相場や高額査定のポイントをご紹介します。

ルビーってどんな宝石?

ルビーの燃え盛るような鮮やかな真紅は、世界中の女性宝石ファンを魅了し続けています。

まずはルビーがどのような宝石なのか、まずは歴史や色石の特徴などに触れ、次に産地やカラーに焦点を当て、人気の秘密を紐解いていきましょう。

ルビーの歴史

ルビーの歴史は古く、古代から存在が知られており、中世ヨーロッパの貴族の間でも宝飾品として珍重されてきました。

中世の絵画からもルビーを身につけた人物の描写が確認できます。

ちなみに18世紀以前にルビーとされていた宝石の中には実際には、ガーネットやレッドスピネルも含まれていたと考えられています。

内包成分の科学的分析が始まったのち、赤色の宝石の分類がなされたようです。

またルビーはダイヤモンドよりも希少性が高いとも言われています。

過去60年の間で、ダイヤモンドの新しい鉱脈は絶えず発見され続けています。

対して、ルビーは東南アジアを中心とした一部の限られた地域でのみ産出されています。

年間の産出量を見ても、約4万カラットと極めて少なく、ダイヤモンドが約1500万カラット、サファイアが約2000万カラットということを考えると、その希少価値にも頷けます。

ルビーという色石の特徴

ルビーは鉱物としては、コランダムと呼ばれる鉱物群に属します。

サファイアもまたコランダムに分類されるため、鉱物学的には親類ともいえる宝石です。

このコランダムに分類される鉱物の中で赤色に発色するものがルビーと呼ばれています。

透明度の高いものから、不透明なものまで色合いは実に多様ですが、宝石市場では、透明度が高く、インクルージョンの少ないものが高い評価を受けています。

コランダムの示す色が変わる理由としては、不純物(金属イオン)の違いがあります。

クロムと呼ばれる不純物が内包されると赤色を示します。

このクロムの含有率が1%を超えると一般的に濃い赤色のルビーとなります。

後述しますが、クロムの含有率によってカラーが大きく異なるため、ルビーにはカラーによって異なった呼称がつけられています。

ルビーの産地はどこ?カラーとの関係性は

世界的に人気の高いルビーですが、主要産地は東南アジアになります。

主に、ミャンマー、タイ、スリランカ、ベトナムなどが挙げられます。

ルビーは産地によってカラーが異なります。

 

以下で代表的な産地と、産地ごとのカラーの特徴を解説します。

ミャンマー

ミャンマーは世界的に有名なルビーの産地として知られています。

ミャンマー産のルビーは、クロムの含有率が1%と高いため濃い赤色を示しますが、不純物である鉄分の含有率が極めて低く透明度も高いのが特徴です。

別名をピジョンブラッドとも呼び、鳩の血にも喩えられる鮮やかな赤色は、ルビーの中でも最高級の評価を受けています。

またミャンマー産のルビーの中でも、モゴック鉱山で採掘されるルビーは特に良質とされ、加熱処理がされていないものともなると、驚異的な高額で取引が行われているようです。

ミャンマーでは1990年代には、マンシューという鉱山も発掘され、こちらでもクラリティーの高いルビーが発見されています。

タイ

ルビーの産出量で世界一を誇るのが、タイです。

またタイ産のルビーは、ミャンマー産のものと比較すると暗い印象を受けます。

タイ産のルビーのその黒味がかった赤色は、牛の血の色に喩えられ「ビーフブラッド」と呼ばれています。

ルビーが属するコランダムには、不純物として鉄分やチタンなどが含まれると、青色に発色するという特徴があります。

タイ産のルビーは、鉄分の含有量が高く、赤色に青の色素が加わり紫の発色を示すのです。

品質の評価や価値は、ミャンマー産に劣りますが、ミャンマー国内の政治情勢による産出量の減少で、タイはルビーの産出国として宝石市場で重要な地位を築いています。

スリランカ、ベトナム

スリランカ産、ベトナム産のルビーは、透明度の高い淡い赤色が特徴です。

さくらんぼ色を想像すると分かりやすく、チェリーブラッドとも呼ばれています。

これはクロムの含有率が低いことに起因しており、高級感や重厚感には欠けますが、可愛らしい印象が好まれ、アクセサリーに用いられることが多いです。

宝石市場でも女性からの人気が高く、常に安定した需要が存在しています。

ルビー買取の前に知っておきたい相場や査定ポイント

ルビー買取

ルビーについての基本的な特徴について把握いただけたでしょうか。

ルビーは希少価値も高く、宝石の買取でも活発に取引が行われています。

ここからはルビーの買取をお考えの方へ、査定を受ける前に知っておきたい買取相場や、査定時のポイントをご紹介します。

ルビーの買取相場

ルビーは希少性が高まっており、買取相場も上昇しています。

主要な産地であるミャンマーでは、鉱山の国営化や、紛争の勃発など国内の情勢が不安定なこともあり、年々ルビーの産出量が減少しています。

供給量が不安定なため、中古のルビーは第二次流通でも非常に高い需要があるのです。

ルビーの中でも特に買取相場が高いとされるのは、やはりミャンマー産のルビーです。

買取業者によって鑑定の基準は異なりますが、ミャンマー産の加熱処理のされていないものは数十万円で買取が行われることもあるようです。

またルビーは宝石の硬さを表すモース硬度と呼ばれる数値が、ダイヤモンドに次ぐ数値となっています。

硬度が高いほど、研磨に対する耐久性が高くカットの幅も広くなります。

繊細なカットが可能となるため、カットが美しいものほど買取相場も高くなる傾向が見られます。

ルビー買取における査定のポイント

ルビーは基本的に、カラー、カット、大きさ、透明度を元に査定が行われます。

大きさに関しては明確な数字によって評価額を算出することが可能です。

しかしカラーやカット、透明度においては、鑑定する人の主観も査定額に反映されてしまうというのが実情です。

ここで重要となるのが、しっかりとした鑑識眼を持った買取業者に査定を依頼するということです。

中には買取実績を掲載しているページもありますので、査定を受ける際にご自分のルビーがいくらくらいになるかの目安となるかもしれません。

また業者の選定が重要な理由はまだあります。

買取業者によっては、宝石の色石部分のみの買取か、それとも色石の土台となっている地金の部分の査定も行うかが異なってきます。

当然ですが地金とセットであれば、査定額にはプラスとなりますし、アクセサリーとしてのデザイン性やブランドの付加価値も付く可能性があります。

少しでも高く買い取ってもらうためにも買取業者の選定はしっかりと行いましょう。

ルビーを買取させていただいたお客様の声

  • 50代 女性
    使っていなかったルビーのリングを買い取ってもらいました
    綺麗なルビーですし、ダイヤモンド付で価値はあるものだと思っていましたが、古いデザインですし、なかなか合わせる洋服もなく買取に出すことにしました。
    出張買取も便利なサービスでしたし、査定額も納得できるものでした。嬉しい副収入で夫と一緒に喜んでおります。
    またの機会があれば是非利用したいと思います。
    ダイヤモンド付のルビーのリングをお売りいただきました
    今回は弊社の宝石買取サービスをご利用いただきありがとうございました。
    今回お売りいただいたのはダイヤモンドの付いたルビーのリングで、大粒の立派なルビーが美しい逸品でした。
    古いジュエリーは派手なデザインが多くなかなか着ける機会がなく仕舞い込んでいるという方も少なくありません。
    お値段のほうもご納得いただけたようで嬉しい限りです。またのご利用心よりお待ちしております。
  • 40代 女性
    安心してルビーを売却できました
    ルビーつきのペンダントを買い取ってもらいました。
    宝石を買取に出すのは初めてだったので、不安と緊張もありましたが、査定スタッフの方が親切に対応してくれたので、安心して売ることができました。
    納得できる金額をつけてもらえましたし、サービスにも大満足です。また利用したいと思います。
    弊社のルビー買取サービスにご満足いただけたようで何よりです
    このたびはスピード買取.jpをご利用いただき誠にありがとうございました。
    買取サービスにご満足いただけたとのことで、査定員一同嬉しく思っております。
    また今回お売りいただいたルビーのペンダントは、スタールビーがあしらわれており、希少性や状態を考慮して今回のお値段をつけさせていただきました。
    まだ使っていない宝石をお持ちということで、またの買取をお考えの際には是非ご利用お待ちしております。
  • 30代 女性
    複数業者を比較して一番買取価格が良かったです
    ルビーの指輪を買い取ってもらったのですが、粒も大きく購入したときも高かったので、売るときには少しでも高く売ろうと決めていました。
    いくつかの業者に査定してもらい、最終的にこちらに決めました。無料で出張査定を受けれるのは嬉しいですね。
    ダイヤモンドも売りたいものがあるので、次もお願いしたいと思います。
    ピジョンブラッドルビーを買い取らせていただきました
    この度は数ある宝石買取業者の中から弊社をお選びいただきありがとうございました。
    お売りいただいたルビーは、ピジョンブラッドのルビーで、希少性や粒の大きさからお値段頑張らせていただきました。
    またスピード買取.jpは、手数料すべて無料でお使いいただけます。またキャンセルの際にもキャンセル料などは頂戴しませんので、査定だけといった場合でもお気軽にご利用いただけます。
    弊社ではダイヤモンドの買取実績も豊富ですので、次回またご相談いただければと思います。この度はご利用ありがとうございました。

宝石買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報