宝石コラム

産地や処理方法で変わる?ルビーの価格について

産地や処理方法で変わる?ルビーの価格について

真っ赤な色が美しく透明度も高いルビーは、幅広い年代の人から人気があります。

リングやペンダント、ピアスなど、手持ちのルビーがいくらくらいになるのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、ルビーの価格や高く買い取って貰うためのポイントなどを説明していきます。





ルビーの適正価格とは?

海外のオークションなどでは、ルビーの価格差が大きいことがあります。

数十倍の価格差があることもあり、同じルビーという宝石でも明らかに価値が異なっています。

ルビーなどの色石は色や透明度、輝きなどでその価値が評価されますが、産地や加熱・非加熱の処理によっても価値が変わってきます。

特にヨーロッパではルビー信仰が強いため、良いルビーはこれから先も値下がりすることはなく、財産価値も高いままの可能性が高いです。

有名なのは「ピジョンブラッド(鳩の血)」と呼ばれる色のルビーで、希少性が高く高額なルビーとなります。

他にも「ビーフブラッド」や「チェリーピンク」なども希少性の高いルビーとされています。

ルビーの加熱処理について

現在市場に出回っているルビーの多くが、加熱処理を行ったものになります。

ルビーの原石は暗い石やあまり綺麗ではない石もありますが、加熱処理を行うことで綺麗な赤色にすることができます。

加熱処理によって石の透明度が増すという効果もあり、不透明なルビーを赤く透明度の高いルビーにすることが可能です。

ルビーの加工処理の技術が向上したため、市場には安価なルビーも多くなりましたが、価値としては無加工の非加熱ルビーの方が高くなっています。

ルビーやサファイアは簡単に加工できるようになっているため、手頃な価格で手に入るというメリットはありますが、本当に価値の高い無加工で自然のままの美しいルビーを求めている場合は、表示などに注意したり、販売者に問い合わせたりすることも大切ではないでしょうか。

産地によって変わるルビーの価格

ルビーの産地には、ミャンマーやスリランカ、タイ、ベトナムなどがあります。

その中で最も高額なものがミャンマー産のルビーです。

ミャンマー産のルビーは主に「ピジョンブラッド」と呼ばれ、最も希少性が高く、高価なルビーとされています。

昔から権力や財力の象徴として、最高級のピジョンブラッドのルビーを身につける人も多かったようです。

タイ産の「ビーフブラッド」のルビーもよく見かけたり、聞いたりすることが多いのではないでしょうか。

ミャンマー産ルビーに比べるとやや黒みが強く、落ち着きのある赤色が特徴です。

タイ産ルビーも希少価値が高く、市場では高値で取引されています。

ルビーを高く買い取って貰うにはどうすればいい?

幅広い年代の人に人気のあるルビーですが、自分の家で眠っているルビーを売ろうかと考えている人もいるのではないでしょうか。

どの買取ショップでルビーを査定して貰うかによって、買取価格に差が出てきます。

ルビーを納得のいく価格で買い取って貰うためには、事前に買取ショップをリサーチして複数の店舗に査定してもらうのもおすすめです。

ルビーはトレンドに左右されず、幅広い層から根強い人気のある宝石なので、価格相場も安定しています。

手持ちのルビーの価値を知りたい人も、気軽に買取ショップの査定に申し込んでみると良いでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!