宝石コラム

翡翠の最高級品とされる「琅かん」

  • 琅(ろう)かんと呼ばれる宝石を知っていますか。これは翡翠の中でも古来高貴な人しか持つ人が許されなかった最高級の翡翠のことです。一般の翡翠には備わっていない琅かんだけが持つ魅力とは何でしょうか。

                           

    「硬玉」と「軟玉」に分けられる

    翡翠と言われる宝石は鉱物学的には「硬玉」と「軟玉」に分けられ、別の鉱物として区別されます。宝石として価値が高いのは硬玉です。軟玉は産出量が多いため価格も安く価値も低くなっています。中国で安く売られている翡翠の大部分は軟玉と見て良いでしょう。硬玉と軟玉の区別は肉眼では判断しにくいので、翡翠を購入する際には注意しましょう。日本での硬玉の歴史は浅く、日本に持ち込まれたのはわずか200年ほど前です。軟玉は中国で4000年にわたって彫刻や玉として用いられてきました。

    翡翠の最高級品は琅かん

    翡翠は緑色という印象がありますが実は幅広い色の種類があります。緑のほかにはラベンダー、赤、白、黄、オレンジ、黒など豊富です。とりわけラベンダーカラーは優しい色合いで人気が高くなっています。価値の点からすれば緑色が最も評価が高くなります。その中でも最高級品とされる琅かんは濃いエメラルドグリーンです。銀杏の色を濃くして表面に油を垂らしたようなとろみのあるものです。透明度の高い緑が鮮やかな琅かんはインペリアル・ジェードと呼ばれ、珍重されています。白熱灯の下では透明度の高いものに青みが見られるものは「青(せい)かん」と呼ばれます。緑に次いで評価されるのは人気のあるラベンダー翡翠で、そのほかのカラーはあまり評価されません。これはお国柄もあり、日本や台湾では色の濃いものが好まれますが、マレーシアやシンガポールでは淡いものが人気です。どの場合も透明度は重視されます。

    翡翠の産出状況

    翡翠の価値は第2次世界大戦後に非常に値上がりし、それまでの数十倍の値が付いたこともあります。その後は高値安定が続いています。日本と中国以外ではあまり人気のなかった翡翠ですが、東洋の神秘的な雰囲気で欧米でもその価値が見直されています。産出よりも需要が多く希少性が増している状況です。とりわけ琅かんは絶対量が不足し今後も価値が上がると予想されます。

    翡翠の選び方

    研磨された翡翠は午前中の光で判断するのが良いとされています。雨の日は避けた方が判断に狂いがありません。質の良い翡翠ほど透明なため色だけではなく、透明度も確認しましょう。ペンライトの光を翡翠の横から当て光が浸透するものは透明度が高いと言えます。帯留め用の翡翠の板は新聞紙の上に置いても下の字が読めるくらいに透明度の高いものが良品です。指輪にするなら3カラット以上のものが映えます。同じ予算でより良い翡翠を購入するためには、国民性の違いをおさえておきましょう。琅かんなどの特別なものを除けば好まれる翡翠の色合いは国によって違います。中国などでは明るめの色合いが好まれます。そのため中国人の好みに合わない濃い目の翡翠は日本人向けに安く卸すことがあります。海外で購入する場合は科学的な分析がされた鑑別書を求めましょう。翡翠の場合は熱処理されたものは色が退色しやすくなり、宝石としての価値が下がってしまうことになりかねません。

宝石買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報