宝石コラム

10月生まれの宝石「オパール」の魅力

  • 10月生まれの誕生石であるオパールは虹色に揺らめく光が幻想的な宝石です。見る角度によってさまざまに表情を変える色の変化のことを「遊色効果」と言います。すべてのオパールにこの遊色効果があるわけではありません。

                           

    オパール最大の魅力は遊色効果

    オパール最大の魅力は、角度を変えることによって七色の光を放つ遊色効果です。大半は遊色効果がなく、そうした石はコモンオパールと言われています。遊色効果のあるオパールはプレシャスオパールと呼ばれ鮮やかなものほど価値が高いとされています。そのオパールごとに持つ色の組み合わせや表情は様々で、1つとして同じものはありません。石ごとの個性が強く現れるので人と違ったジュエリーを持ちたい人におすすめです。 オパールは色合いや産地によって数種類の名称があります。

    オパールにもさまざまな種類が

    最もなじみのあるオパールが柔らかな輝きの「ライトオパール」です。白から淡い黄色のオパールは「ホワイトオパール」と呼ばれ、その中でも遊色効果が際立つものを「ライトオパール」と称しています。優しい輝きのライトオパールはブラックオパールなどと比べると手に入りやすく日本人に人気があります。「メキシコオパール」は赤やオレンジのものが代表的で、その色合いから「ファイヤーオパール」とも呼ばれます。アステカ文明の古くから装飾品として珍重されてきたメキシコオパールは、オレンジがかった地色のものが一般的です。その名の通り、炎が石の中で燃え盛るように見えます。ほかにも青みがかった地色の「ウォーターオパール」もあります。これは澄んだ水の中に虹が光り輝いているように見えます。オパールの中でもとりわけ希少価値のあるものが「ブラックオパール」です。世界中でオーストラリアのライトニングリッジからしか産出されません。地色の黒を背景に虹色が鮮明にゆらめく美しいオパールです。オーストラリアのクイーンズランド州でしか産出されないのが「ボルダーオパール」です。英語で「大きな石」を意味する言葉から名前が付けられたボルダーオパールは母石と共にカットし研磨されます。個性的な形状と鮮やかな色合いが特徴となっています。

    自然と偶然が生み出す希少なオパール

    オパールがプレシャスオパールになるには、素材となるケイ酸がミクロの粒で均等な大きさで規則正しく並ぶことが条件となります。プレシャスオパールは特別な自然環境が偶然整った時にしか誕生しない貴重な宝石です。それだけにオパールの語源はラテン語で「オパルス(貴重な石)」というのも納得できます。

    自分のオパールはいくらくらい?

    光を受けて表情を変えるオパールは指輪やネックレス、ブローチといったアクセサリーに加工されても大きな存在感があり人気がある宝石です。どこの家庭にも譲り受けたもののしまい込んでいるオパールなど1つや2つあるのではないでしょうか。自分で購入したものでなければ、そのオパールの価値がいかほどのものか分かりません。オパールの良し悪しを判断する上で重要となるのが遊色効果です。多くのカラーがあり、その組み合わせの幅が広ければ広いほど価値があります。表出するカラーも青や緑といった寒色よりも赤やオレンジといった暖色の方が評価は高くなります。持っているオパールの価値が気になったなら出張買取で査定してもらうのもいいでしょう。もし思っているよりも高い値が付いたらそのまま売ってしまいましょう。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報