宝石買取について

アメジストの宝石買取、その相場や注意点を知ろう!

アメジストの宝石買取、その相場や注意点を知ろう!

神秘的な紫の水晶として知られるアメジスト。その石をあしらった指輪やネックレス、あるいは原石に近いクラスターやアメジストドームを持っているという人もいるかと思います。

それらをもしも宝石買取に出すとしたら、どのような業者に依頼すべきなのでしょうか。今回は、アメジストの宝石買取について、その相場や注意点をまじえてご紹介しましょう。





アメジストの基本知識

アメジストは紫水晶とも呼ばれるとおり、水晶(クォーツ)の一種です。おもな産出国はブラジルとウルグアイで、ほかにもインド、スリランカ、南アフリカなどの各国、日本でも宮城県や鳥取県で産出されます。

色はピンクに近いものから淡いライラック色、褐色や灰色がかったもの、濃い紫までバリエーションがあり、微量の鉄イオンが放射線によって配列を変えて発色することがわかっています。

しかし、紫外線に長時間当てるとアメジストの色は徐々に褪せていきます。色が抜けてしまうと再び紫に戻らないため、アメジストを直射日光の当たる窓際などに置くのは厳禁です。

2月の誕生石でもあるアメジストは、指輪やネックレス、ペンダント、ブレスレット、イヤリング、ピアスなどのジュエリーやアクセサリーに使用されています。

一方でパワーストーンとしても人気があり、原石に近い石を持っている人も多くいます。

通常、水晶は母岩と呼ばれる岩石の上にクラスター(水晶の集合体)となって生成されます。この岩石の中に空洞が生じて、その内側にびっしりとアメジストの結晶が存在する状態のものはアメジストドームと呼ばれます。クラスターやアメジストドームは魔除け、邪気を祓う効果があるとされ、玄関や居間に置くためのオブジェとしてコレクターに愛されています。

また、クラスターをアクセサリーのように半加工したもの、アメジストを数珠状にしたブレスレット、丸玉、勾玉のアメジストなども商品として流通しています。

アメジストという名前は「酒に酔わない」という意味のギリシャ語「amethystos」から来ています。古代ギリシャでは魔除けのほか、眠気覚ましや知性を磨く石、戦地に向かう戦士が怪我から身を守るための石としても知られていました。

古代ローマではアメジストで作られた盃でお酒を飲むことで、酒だけなく人生の災いから身を守るという意味が伝えられていたといいます。

キリスト教では禁酒・禁欲を象徴する石、「司教の石」として知られ、聖職者が好んで身につけていたようです。実際に「Papal ring」(教皇の指輪)と呼ばれる指輪にも、アメジストをあしらったものが存在します。

アジアや日本では紫は高貴な者のみが身につけることが許される色であり、アメジストにも高貴なイメージを抱く人が多いでしょう。現代日本では、風水的な意味を込めて家の中に置く人が増えています。

このように神秘的な石として知られるアメジストですが、近年では合成アメジストを作る技術も飛躍的に進歩しています。天然のアメジストとの鑑別は専門家でないと難しく、価値を調べるときは鑑定書の存在が大きな意味を持っています。

アメジストの買取はどこに持ち込むべき?

上述したように、アメジストには指輪やネックレスなどのジュエリーと、クラスターやアメジストドームなどの原石に近い石という、大きく分けて2つの形態があります。これらを所有していて売却するとしたら、どのような業者を選ぶべきなのでしょうか。以下で見ていきましょう。

質屋、リサイクルショップ

気軽な質屋やリサイクルショップでは、ジュエリーでも原石に近いものでも、買取に応じてもらえる可能性は高いでしょう。

ただし、質屋は本来、品物を預けてお金を借りることができる金融業者です。

質草として品物を預けてお金を借り、その後、毎月決まった額を支払って、利息を含めて全額返済したら、品物が返ってくるというのが、その大まかな仕組みです。お金を借りたいときには便利ですが、単に買取をしてもらいときは金額的に不利になることもあります。

また、リサイクルショップは気軽に利用できますが、宝石の査定に詳しい人があまり多くないという難点もあります。同じアメジストでも、もともとの価格が安い品物なら、生活用品を売る感覚で引き取ってもらうのも悪い選択肢ではないでしょう。

しかし、高額なアメジスト商品の場合は、もっと高度なスキルを持つスタッフがいる業者に査定してもらわないと、本来の価値をわかってもらえない可能性があります。

専門の買取業者

より専門性の高い業者として挙げられるのは、宝石を積極的に取り扱っている、もしくは専門に扱っている買取業者です。

高価なアメジストのジュエリー、アクセサリーほど、専門的な宝石買取業者でしっかりとした査定をしてもらうことが重要です。

クラスターやアメジストドームなどはどうかといえば、これも宝石買取業者で査定・買取を行っているところが存在します。

宝石買取業者の多くは、現在ではインターネット上にウェブサイトを持っています。アメジスト製品の買取を受け付けているか、買取実績があるのかをウェブサイトで確かめてみましょう。

買取専門業者で買取ってもらう方法

実店舗がある業者なら、直接、店頭に品物を持ち込んで査定を受けることができます。

さらに便利なのは、ウェブサイトのフォーム入力から査定の申し込みをする「宅配買取」と呼ばれる方法です。宅配買取では、梱包キットを送ってもらって、それに品物を入れ、宅配便で送ると、無料で査定が受けられます。宅配買取では、ほとんどの場合、査定料や送料もかかりません。

足を運ぶ手間が省けるだけでなく、売りに行くところを誰かに見られなくてすむというメリットもあります。

あるいは、宅配便で送るのが不安というのであれば、業者によって出張買取を申し込むこともできます。こちらは担当者が自宅に訪問して来て、その場で査定をしてくれるというものです。この場合も査定料は無料というのが一般的です。

アメジストの買取相場とは?

アメジストの宝石買取、その相場や注意点を知ろう!

アメジストの買取相場はどれくらいなのでしょうか。以下で見ていきましょう。

アメジストのジュエリー

率直なところ、アメジスト自体は、ダイヤモンドやルビー、エメラルドといった価値の高い宝石と比べると評価の低い石です。それでも10カラットを超えるもの、透明度が高く色の深いものなどは一定の評価をされるはずですが、過度な期待はしないほうがいいでしょう。

ただし、指輪やネックレス、ペンダントなどは、アメジストだけでなく、ダイヤモンドなどの宝石があしらわれていることがあります。また、リングやチェーンが金、プラチナということもあるでしょう。こうした複数の石や地金が使用されているジュエリーやアクセサリーは、ある程度、高い値段が付きます。

そのほか、ブランドジュエリーと呼ばれるような有名ブランドの商品も高く評価される可能性があります。デザインが新しいか古いか、状態が良好かどうかも査定価格に影響します。

最終的には、査定担当者(鑑定士)が鑑定書なども参考にしながら、ブランド、デザイン、一つ一つの石、地金の価値を見定め、それらを合計して買取価格を提示してくれます。

原石に近いアメジスト

クラスター、アメジストドーム、ラフカットのアメジスト、数珠状のブレスレットなどは大きさ、重量、アメジストの透明度、色の濃さ、状態、デザインなどで査定額が決まります。金額は品質にもよりますが、ブレスレット類などなら恐らく数千円程度に留まることが多いでしょう。

クラスターやアメジストドームの場合は、トップクオリティーで、なおかつ鑑定書などで出所が明確なら、重量や大きさに応じて1万円~数万円の査定価格になることもあるはずです。

アメジストの宝石買取での注意点

アメジストの宝石買取においてとくに注意が必要なのは、アメジストだけでなく、ダイヤモンド、金やプラチナなどが使われた品物の査定をしてもらう場合です。

石や金属の価値を一つひとつ確かめるには、それだけ複雑な工程を要します。また、全体のデザインや状態を判断するのも知識が必要です。

そのため、こうしたアメジスト商品を売るときは、高度な鑑定スキルを持つ担当者がいる業者を選ぶことを意識してください。査定価格を提示されるときも、それぞれの石の金額、地金の買取相場に基づいた金額がきちんと示されているかどうかを必ずチェックしましょう。どの石がいくら、デザインがいくらという明細がわかれば、提示された金額にも納得できるはずです。

しっかりとした業者を探すには、業者のウェブサイトを訪問してみるのが近道です。

まずは宝石買取に力を入れている業者であることを確かめてください。

どのような流れで査定をしているのかもわかれば、安心感が得られるでしょう。ウェブサイトに会社案内や個人情報保護方針などが掲載されているかも要チェックです。信頼できる企業かどうかを慎重に見定めてください。

そして、査定を依頼してみて提示価格に納得がいかない場合は、自由にほかの買取業者へ切り替えることもできます。

無料で査定を依頼できるのが宝石買取のいいところです。インターネットを介した宅配買取や出張買取を利用するのであれば、さほど労力もかかりません。こうしたお得で便利なサービスを賢く活用しましょう。

宝石買取業者にアメジストを買取ってもらおう

今回はアメジストの宝石買取について、相場や注意点などをご紹介しました。ポイントを理解していただけたでしょうか。

アメジストは単体としてはそれほど価値が高いものではありませんが、人気は高い石です。また、ジュエリーだけでなく原石に近い商品も取引される点は、とてもユニークだと言えるでしょう。しかるべきところで査定してもらえば、それなりの買取価格で取引を成立させることが可能です。

ぜひ、宝石買取に定評のある業者を探して、査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!