遺品・生前整理コラム

遺品整理で売れるものはある?どこに売るのが一番お得?

遺品整理で売れるものはある?どこに売るのが一番お得?

遺品整理をスムーズに進めるためには、「不用品処分」を避けて通ることはできません。

しかし、大量の物を処分するためには費用がかかります。

できれば少しでも出費を抑えたいというのが本音ではないでしょうか。

実は、遺品の中には「売れるもの」がたくさんあります。

思いもよらぬアイテムが高額で売れることもあるので、知らずにしまう前にこの記事をチェックしてみてください。

この記事では、遺品整理で売れるものや、おすすめの売り先について解説していきます。

遺品を売るメリット

遺品を売るメリット

最も大きなメリットは、「処分費用の削減」です。

遺品整理をしていると想像以上に処分費用がかかってしまう場合があります。

特に家具や家電は処分費用も高くなりがちです。

少しでも処分費用を抑えるためには、買取業者などを上手に利用することが大切です。

売りやすいもの

売りやすいもの

家具

有名ブランド家具や、デザイナーズ家具などは人気が高く、売りやすい物です。

ニトリやIKEA等のいわゆるファスト家具・組み立て家具の場合は、耐久性が低く、管理が難しいこと、中古でも欲しいという需要がないことから、買い取ってもらえないケースが多いです。

フリマアプリやオークションサイトなどを利用して売るのも一つの方法です。

家電

家電は、比較的買い手が見つかりやすい物です。

発売年数や経っておらず、いわゆるミドルクラス以上のモデルなら殆ど買い取ってもらえるでしょう。

さらに高機能・多機能を売りにしている人気モデルなら高額買取の可能性もあります。

食器

未使用・未開封の食器は、人気が高いです。

有名ブランドやシリーズの食器はコレクターもいるため、買い取ってくれる業者も多いです。

ブランドバッグ・財布

遺品の中でも特に多いのは、高級ブランドのバッグや財布です。

販売時期が最近であればあるほど売値も高くなります。

金は時代を問わず高額で取引されますが、相場によって変動するので、タイミングよく売却すれば予想外に高額で売ることもできます。

主な金が含まれている製品は、指輪やネックレス、ブローチ、時計などの貴金属、金縁メガネが当てはまります。

意外なところでは、金の純度が高い金歯なども当てはまります。

ただし、時計やアクセサリーに関しては、人気ブランドやデザインによっては金として売却するよりも、「ブランド品」として売却したほうが高額で売れるケースもあります。

洋酒

故人のコレクションや贈答品として、出てきやすい物の一つに洋酒があります。

特に高級酒はコレクターも多いジャンルで、年代ものは需要が高いです。

趣味の道具

ゴルフ用品

オーディオ機器

カメラ

将棋盤

等これらの趣味の道具などは、状態が良ければ買い取ってもらいやすい物です。

保存状態やブランド等で金額が大きく変わりますが、不慣れな人が掃除や手入れをしてしまうとかえって価値を下げてしまうこともあるので注意しましょう。

デジタル機器

パソコン

スマートフォン

タブレット

などのデジタル端末は比較的高額で売れる物です。

特に人気の高い、iPhone等Apple社の製品は高額で売却できる可能性があります。

仏具・仏像

お線香立や蝋燭立、お鈴等の仏具も、金製品の場合があります。

また金製品以外にも、銀製品の製品もあり、どちらも高値が付きやすいです。

仏像は、作られた年代や経緯、由来などで付加価値が付いたり、芸術品としての価値があったりと、素人判断では分りにくく、思わぬ高額で売却できるケースもあります。

仏具や仏像を売りに出すことにためらいを感じられるかもしれませんが、もしも家に置くところが無くて箱に仕舞ったままになってしまったり、管理が難しい場合などは、売却し大切にしてもらえる人のところで使ってもらった方が良い、という考え方もあります。

コレクション

人形/アンティークドール

玩具

切手

カード類

古銭

美術品

これらの物にはコレクターがおり、オークションなどで高値が付く場合があります。

特にアンティークドールは、美術品として価値があるものもあります。

買取業者などに査定してもらう場合は、出来るだけ個人が保管していた状態そのままで見てもらうようにしましょう。

良かれと思って洗ってしまったり、中身を空けてしまうと、価値がなくなってしまうものもあります。

遺品整理で売れる物はどこに売る?

遺品整理で売れる物はどこに売る?

遺品の買取業務を行っているところは主に、リサイクルショップ、買取専門業者、遺品整理業者等があります。

他にも自分でフリマアプリやオークションで販売する方法もあります。

それぞれの方法のメリット・デメリットをご紹介します。

リサイクルショップ

全国展開している大手リサイクルショップ、個人で営業しているリサイクルショップどちらでも遺品を売ることができます。

基本的には自分で直接店舗に持ち込むことになりますが、遺品が多い場合は出張査定や買取をしてくれる業者もあります。

メリットは、買い取ってもらったものをすぐに現金化できるという点です。

対してデメリットは、古い家電など買取を拒否されるケースがあることや、査定を行うスタッフに専門知識が無く、適正ではない買取価格を提示される可能性がある点です。

そのため、美術品など専門性のあるものは、避けたほうが良いでしょう。

買取専門業者

不用品全般の買取を専門に行っている業者です。

コレクターズアイテムや美術品・骨董品などの知識が豊富なスタッフも多く、安心です。

業者によっては出張査定や買取サービスを行っていたり、買取できない物を処分してくれる場合もあります。

ただし、買取専門業者の中には悪質な業者もあります。

処分費用として高額な費用請求をしてくるケースもあるので、「古物商許可証」等の資格を取得している業者を選びましょう。

ネットオークション

業者に依頼せずに、ネットオークションやフリマアプリを利用するのも良いでしょう。

メリットは、自分で出品価格を設定することができる点や、うまくコレクターに見つかれば、適正価格かそれ以上で競り落とされる可能性がある点です。

近年では、登録も簡単でスマートフォンから簡単に出品できるサービスもあります。

デメリットは、買い手が付かなければ処分できない点、さらに梱包や発送手続きを自分でしなければなりません。

物品の状態や配送中の事故などで出品者とトラブルになるケースもあることを忘れてはいけません。

遺品整理業者

遺品整理業者の中には、不用品の回収・処分、買取をしてくれる業者もあります。

遺品の整理と合わせて回収や処分をしてくれるので、遺品整理がスムーズに進みます。

ただし、その他の業者と同様、悪質業者を選んでしまうリスクがあります。

業者選びは慎重に行うようにしましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!