遺品・生前整理コラム

遺品整理でよくあるトラブルとは?トラブルを防ぐために

遺品整理でよくあるトラブルとは?

遺品整理を家族だけでするのはかなり大変です。

そこで業者に遺品整理を依頼するケースも多いかと思います。

業者に頼むことで手間が省けて助かることもあるかと思いますが、業者とトラブルになったという話もよく聞きます。

そこで今回は遺品整理の際に起こりやすい業者とのトラブルの事例とそれを事前に防ぐ方法、さらにはトラブルが起こってしまった際の対処法についてまとめていきます。

金銭にまつわるトラブル

金銭にまつわるトラブル

高額請求をされる

遺品整理の際によく起こるトラブルが高額請求です。

遺品整理を業者に頼む機会というのはそうそうありません。

そのため相場を知らない人がほとんどなのでそれを利用して相場よりもずっと高い値段を請求する業者がいます。

高いと思いつつ支払を終えたあとでネットなどで遺品整理の平均的な価格を調べた時に、実はかなり高い料金を請求されていたと発覚するパターンが多いです。

あとから高額請求をされる

大概の場合は遺品整理の前に見積りをしてもらいます。

しかし、整理をしてもらったあとでいろいろな理由をつけて追加料金を発生させ、最初の見積りよりもずっと高い金額を請求されることがあります。

追加の理由には処分するものの多さ、待ち時間の長さ、処分にお金がかかるものがあるといったものが多いようです。

リフォームの勧誘をされる

価格も安く、追加料金も請求されることがなかったとしても、そのあとで家を財産として残すならリフォームして修復をする必要があるとリフォームを迫ってくるパターンがあります。

その料金が高く、業者のうまい説得に乗せられてリフォームしてしまったという事例があります。

安い遺品整理の料金が、実はのちに高額のリフォームを迫るために都合のいい入口になっているのです。

業者の質の悪さによるトラブル

業者の質の悪さによるトラブル

貴重品も処分された

普通の処分品と一緒に残しておくべき貴重品まで処分されてしまったというトラブルが多いです。

例えば、通帳、貴金属、現金などがこれに当てはまります。

その他にも思い出の品だから処分しないで欲しいとお願いしたのに捨てられてしまったというパターンもあるようです。

作業の仕方が雑

遺品整理専門ではなく不用品回収もしている業者の場合は、適当な作業をする場合が見られます。

具体的には回収車にものを投げ入れて大きな音をさせたり、マンションやアパートなのに共用部分にゴミを撒き散らしたりといった様子が見られます。

大切な人が使っていたものなので丁寧に扱って欲しいですし、近所に迷惑をかけるような行為をされては困ります。

物を盗まれる

貴重品など高価なものがあったときに勝手に盗んで売りに出して儲ける業者もいます。

遺品整理をしていて高価なものが出てきたときには依頼主に知らせなければなりません。

業者に遺品整理を依頼するのはとても楽ですが、おかしい行動がないかを確かめるためにも現場への立ち会いはしておいた方が良さそうです。

事前にトラブルを防ぐ方法

事前にトラブルを防ぐ方法

相場を知っておく

金銭のトラブルを防ぐためにはまず遺品整理の相場を知っておくのがポイントです。

ネットにも相場をまとめているものがたくさんあるので調べてみましょう。

料金は部屋の大きさによって変わってくるので遺品整理をお願いする部屋の大きさを把握した上で調べるようにしましょう。

見積りをしたときにこの金額から大きく外れている業者は高額請求をしようとしていると判断して良いでしょう。

複数の業者から見積りをする

様々な業者を知るために複数の業者から見積りをしてもらいましょう。

この少しのやり取りでどういった業者なのかが分かって来るので、適当な対応をされたり怪しさを感じたら候補から外しましょう。

またこのときに見積書を書面で提出するようにお願いするのもトラブルを防ぐポイントになります。

業者の評判を調べる

候補が絞れてきたら、その業者の評判を調べてみましょう。

過去に実際に利用した人の声を知ればその業者の質がよく分かるはずです。

調べる際には出来るだけいろいろなページを見て幅広い意見を仕入れるようにしましょう。

「作業のあとで高額請求をされた」「違うサービスの勧誘がしつこかった」といった口コミがある場合は避けたほうが無難でしょう。

トラブルにあった時の対処法

トラブルにあった時の対処法

業者と話し合いで解決する

業者に問題を伝え話し合うのが1番シンプルな解決法です。

自分で解決するのでお金もかかりません。

しかし、トラブルを起こすような会社がまともに話し合いに応じて問題を解決しようとしてくれる確率は低いと考えられます。

自分で解決しようとする場合は話し合いの長期化を覚悟しておく必要があります。

第三者機関に相談する

自分だけでの解決が難しい場合は第三者機関に相談するという手があります。

遺品整理のトラブルで相談できるのは国民生活センター、消費者庁、消費者相談室などです。

ただしこうした機関に相談する人はとても多く、遺品整理を専門としているところも少ないので、完全に解決するまで対応してもらえるとは限りません。

弁護士に依頼する

問題解決といえばやはり弁護士でしょう。

自分に寄り添って対応してくれるので解決率もとても高いです。

ただし、弁護士にお願いする際にはもちろん料金を払わなければならず、その額は決して安くありません。

弁護士を雇って発生する金額とトラブル解決により自分のもとに返ってくる金額をよく照らし合わせた方が良いでしょう。

まとめ

まとめ

遺品整理を業者に頼むと高額請求をされるといった金銭的なトラブルや業者の質が悪いことによるトラブルが発生することがあります。

トラブルの解決には話し合いや弁護士に依頼することが必要になります。

しかし1番いいのはトラブルが起こらないことです。

業者に依頼する際には評判や相場を事前に調べておくことでトラブルを防ぎ、気持ちよく遺品整理が出来るようにしましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!