遺品・生前整理コラム

【必見】遺品整理の値段の相場はどれくらい?遺品整理の価格について

遺品整理の値段の相場を解説!

遺品整理が一人でできる量ではないという場合、遺品整理業者の利用を検討する方も多いでしょう。

しかし気になるのが値段ですよね。

遺品整理業者を利用するにはどれくらいのお金が必要なのか、その相場についてチェックしてみましょう。

遺品整理にかかる費用の違いや、できるだけ安く済ませる方法についてもご紹介いたします。

遺品整理の値段の相場

遺品整理の値段の相場

遺品整理業者に依頼した場合の値段の相場についてご紹介いたします。

遺品整理を自分で行う場合は往復の交通費や粗大ゴミの処理費用、ゴミ袋、作業着などの費用がかかりますが、一般的には1万円から3万円程度で収まります。

しかし上記はあくまで一例で、一軒家の整理をすべて済ますには20万円以上の費用がかかることもあります。

しかし、遺品整理を自分で行うには遺品整理業者に依頼するよりも安くなることがほとんどですが、その分肉体的負担、精神的負担も大きくなるということを忘れないようにしておきましょう。

遺品整理業者に依頼するのと自分で処理してしまうのと、どちらが自分に合っているかをよく考えて利用するようにしましょう。

住居の広さ別の相場について

住居の広さ別の相場について

下記では住居の広さ別に遺品整理にかかる相場について説明していきます。あくまでも一般的な相場になりますので、参考程度にお願いいたします。

1Rから1LDK

1Rの場合、遺品整理業者の一般的な利用料は3万円から8万円程度になります。

1DKになると少し高くなり、5万円から12万円程度になり、1LDKになると7万円から20万円程度が相場になります。

派遣されるスタッフの数は1名から4名程度。

このスタッフの数によっても費用が変動します。

また、1R程度の遺品整理なら1時間から3時間程度で作業が完了しますが、1LDKくらいになると6時間程度必要になることもあり、丸1日を遺品整理に費やすことになります。

同じ1LDKでも値段がこんなにも変わってしまう理由については、下記の「遺品整理の相場の違い」で詳しく説明します。

2DKから2LDK

2DKの場合は9万円から25万円程度が一般的な相場になります。

また、2LDKの場合は12万円から30万円程度が相場となっています。

作業員は2名から5名程度。

作業時間は長いと6時間程度かかります。

部屋が大きくなればなるほど、相場の幅が広くなります。下記の「遺品整理の相場の違い」で詳しく説明します。

3DKから3LDK

3DKの場合は15万円以上、3LDKになると15万円以上で、最大50万円程度かかるケースもあります。

かなり相場に差がありますが、これについては下記でご説明いたします。

作業時間が10時間以上になることもあり、1日で済ます場合もありますが2日間にわけて作業を行うというケースもあります。

作業時間が増えるとその分費用も上がってしまいますので、注意が必要です。

3LDKの規模になってくると、自分ですべて遺品整理を行うことは困難です。

しかし、一部分でも自分で遺品整理を行うことで、業者の作業時間を減らし、業者に支払う金額を減らすことも可能です。

4LDK以上

4LDK以上のマンション、一軒家などをまるごと依頼する場合は20万円以上の金額がかかるのが一般的です。

こちらは多いと10名程度の作業員が必要な場合もあり、15時間以上の作業時間が必要なケースも。

できるだけ手伝ったり、作業員に休憩を促したりして、スムーズに作業を進められるようにしていきましょう。

遺品整理の相場の違い

遺品整理の相場の違い

遺品整理の値段の相場についてご紹介いたしました。

見てわかるとおり、遺品整理にかかる値段の相場にはかなり開きがあります。

どうしてこれだけ値段が違うのか、その理由として考えられるものをいくつかチェックしてみましょう。

1.家の広さと荷物の多さ

ご紹介したように、遺品整理業者の費用はその家の広さによって大きく変動します。

同じ1LDKでの間取りであっても荷物が多い場合はその分費用も高くなります。

特に値段に影響を与えるのはタンスなどの大きな家財道具です。

また、細かい荷物が多いと作業員の分別作業に多くの時間が取られてしまいます。

3LDKや4LDKの大きさになってくると、一台のトラックで積み込めないケースや、より積載量が多いトラックが必要になる場合もでてきます。

一方、4LDKや一軒家の場合でもほとんど荷物が片付いている場合は安くなる可能性もあります。

見積りの段階で部屋の間取り、広さなどは確認されますが、事前に家財道具や荷物の量をきちんと伝えてる必要があります。

2.階数・エレベーターの有無

同じ間取りであったとしても、値段が2倍、3倍と開きがある場合があります。

1つの大きな理由は階数・エレベーターの有無があります。

ご想像の通り、エレベーターがある場合と無い場合では作業時間が2倍以上変わることがあります。

お住まいが2階の場合と4階を比べると作業時間に大きく影響がでます。

1LDKで○○万円すべてコミコミという業者の宣伝であったとしても気をつけましょう。

基本的に料金は作業時間に影響しますし、同じ間取りでも値段が変わります。オプション等で値段が増える可能性もあるので注意しましょう。

3.対象が地方の場合

遺品整理を依頼する地域や場所によって、費用は大きく変動します。

都市部は人口も多く、遺品整理業者の数も多いため、費用は安くなる傾向にあります。

移動時間が短く、交通の便も整っているのでスムーズに作業を進めることができるというのも都市部の料金が安くなる理由のひとつです。

近くにトラックを駐車しておけるスペースがあるかでも料金に関わってくる場合があるので、マンション、アパートの遺品整理の依頼をする場合は注意しておきましょう。

4.作業希望日

故人がアパートなどの賃貸に住んでいた場合、契約期間内に遺品整理を済ませたいと考える方が多いでしょう。

このように明確に何日までに遺品整理を終わらせたいと決まっている場合は費用が高くなるようです。

反対に「今月中ならいつでも」といったアバウトな依頼の場合は、安く済ませられる日を選んでくれるので費用を抑えることができます。

遺品整理には遺族が立ち会う必要があるので、平日よりも土日の方が都合が良いという方も多いでしょう。

しかし、同じように考える方が多いため、土日は費用が高くなる傾向があります。

安く済ませたい場合は、平日の午前中などの利用者が少ない日を狙うのがおすすめです。

5.オプション

遺品整理には様々なオプションがあります。

このオプションを利用するかしないかで、大幅に料金が変動します。

エアコンの取り外し、ハウスクリーニング、原状回復、車やバイクなどの廃車手続き、相続の相談、家の解体作業、遺品の供養、お焚き上げなどのオプションを利用する際は、遺品整理業者によく確認しておきましょう。

遺品整理の値段を安く済ませるには?

遺品整理の値段を安く済ませるには?

遺品整理業者を利用するのには、かなりの費用が必要になります。

遺品整理にかかる費用を安く済ませるためには、まず見積りを依頼して相見積もりすることは欠かせません。

気になる業者に相談して、どれくらいの費用がかかるのか確認してみましょう。

費用を教えてくれない場合や明確な費用を提示してくれない場合では、あとからオプションをつけられて高額になる可能性があるので注意してください。

どの業者が安く、良心的なサービスを行ってくれるのか確認してから依頼するようにしましょう。

事前に片付けておくだけでも作業時間の短縮になり、費用をカットすることができます。

自分で処理できるゴミや不要になった衣類などは、事前に処分しておくようにしましょう。

また、遺品整理業者の中には遺品の買取を行ってくれるところもあります。

家具、家電、骨董品、ブランド品などは、遺品整理業者だけでなく専門の買取業者に依頼することで高額買取が可能になるケースもあります。

買取業者と遺品整理業者を組み合わせて利用することで、できるだけ費用をおさえる工夫をしてみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!