遺品・生前整理コラム

遺品整理と生前整理の違いとは?知っておきたいポイント

遺品整理で知っておきたい生前整理とは?

亡くなった方の遺品を処分したり、遺族で分け合うことが遺品整理は有名ですが、生前整理という言葉を聞いたことはありますか?

今回は遺品整理と生前整理の違いは何なのか?また、どのように行うべきなのか等その特徴についてご紹介いたします。

遺品整理とは

遺品整理とは

遺品整理とは、その名のとおり亡くなった方が使っていたものを仕分けして処分したり、形見分けすることを指します。

家具や家電を処分し、場合によっては部屋、家を売却したり大家さんに開け渡すなどの必要もあります。

遺品整理は場合によっては遺族の負担が大きく、部屋が著しく損傷している場合は原状回復などより多くの費用を支払う必要があります。

また、遺品によっては遺産相続の問題となったり、本当に価値のあるものも遺族には分からずに処分されてしまう可能性もあります。

遺品整理の時期

遺品整理には明確な時期は決められていませんが、一般的には四十九日を過ぎた頃から行う方が多いようです。

葬儀や手続きなどで忙しい時期が過ぎ、やっと故人のことをゆっくり考える時間を持つことができる時期ですね。

この時期に故人を想いながら、大切にしていた遺品をひとつひとつ仕分けしていくことがおすすめです。

しかし、故人が賃貸に住んでいた場合はそうもいきません。

無駄な家賃を支払わないためにも、早めに遺品整理を行う必要があります。

相続税を支払う期限も決められていますので、それまでには遺品整理に手を付けるようにしていきましょう。

遺品整理は業者に依頼するのがおすすめ

ゆっくりしていたら遺品整理の時間が足りない、力もなく、体も不自由で大きな荷物を運び出すことができない、何をどの方法で処分すればいいのかわからない…という方には、遺品整理業者の利用をおすすめします。

遺品整理の経験と実績が豊富なスタッフたちが、的確に遺品を仕分けしてくれるだけでなく、重たい荷物の運搬なども代行してくれます。

生前整理とは

生前整理とは

生前整理とは、自分の身の回りのものを生きている内に整理してしまうことを言います。

遺族が遺産相続をめぐって争わないように、また遺族の遺産整理の負担を軽減するために不要なものや大切なものを仕分けしていきます。

事前に遺産分割の手続きをしたり、遺言書にしっかり書いておくのも生前整理になります。

分けることができない、換金することができないような遺産は、遺言書にどうしてほしいかを記載しておくことで遺族がその意思を尊重してくれます。

生前整理の時期

生前整理の正しい時期というのは決められていません。

しかし、体が動く内にこまごまとした荷物を整理しておいたり、必要最低限の荷物だけ残しておくというのがおすすめです。

認知症でものごとの判断がつかなくなってしまう前に遺言書を書いておかないと、死後その遺言書が適用されなくなってしまう場合もあります。

遺族のためにも、早めに生前整理に手を付けるようにしていくことが大切です。

生前整理を業者に依頼することは可能?

遺産整理は業者に依頼することができますが、生前整理を業者に依頼することは可能なのでしょうか。

結論からいうと、業者によっては生前整理も対応してくれるところがあります。

大きな荷物を運び出したい、こまごまとしたものをまとめて処分してしまいたい、適切な処理方法で処分してほしいという場合は、遺産整理業者に一度相談してみましょう。

生前整理を行うメリット

生前整理を行うメリット

生前整理はまだあまり浸透していない言葉ではありますが、その行動には様々なメリットがあります。

生前整理を行うメリットについていくつかご紹介いたします。

自分の所有物を管理できる

生前整理を行うと、自分で不要なもの、必要なものの判断ができるので、自分の所有物を管理することができます。

故人以外にとっては価値のないようなものは、遺産整理の際にごみとして処分されてしまいます。

そうならないように、あらかじめほしいと思ってくれる人に譲ったり、博物館、図書館に寄付するなどの方法を選択することが可能です。

遺族の負担を軽減できる

遺産整理は大きくて重たい家具や家電をいくつも持ち運ぶ必要があり、年配の方や女性の方にとっては体力的に大きな負担となります。

また、一日では終わらせることができない場合も多く、何度も家を訪れなければならないため時間的、金銭的にも負担をかけることになります。

遺産整理業者に依頼すると、20万円程度かかることもあり金銭面の負担がさらに心配ですね。

ある程度事前に生前整理を行うことで、これらの遺族の負担を軽減することができます。

家族と離れて暮らしている方、年配の方が遺産整理をすることが考えられる方は、生前整理を行っておくことをおすすめします。

無駄な維持費を抑えることができる

もう乗らない車でも、所有しているだけで税金がかかります。

また、駐車場代も必要です。

倉庫に荷物をあずけているという場合や、維持するのに暖房、冷房などが必要なものを持っているという方もいるでしょう。

生前整理でこのようなもう使う予定のないものを手放すことで、無駄な維持費を抑えることができます。

老後、安心して過ごせるだけのお金を持っておきたい、車や倉庫などの管理をしきれないという方は、生前整理でさっぱりさせてしまうことをおすすめします。

快適に余生を過ごすことができる

身の回りのものを整理することで、快適に余生を過ごすことができるようになります。

散らかった部屋、必要なものがすぐに取り出せない部屋は住みにくく不潔で、心も老化してしまいます。

生前整理を行って必要最低限のものだけに囲まれて生活することで、より快適に老後を過ごすことができるでしょう。

大型家具や家電などはまだ使うため処分できませんが、ある程度のものを処分しておくことは非常におすすめです。

遺品整理の前に生前整理を考えてみましょう

遺品整理の前に生前整理を考えてみましょう

遺産整理と生前整理の違い、生前整理を行うメリットについてご紹介いたしました。

自分の所有物をコントロールしたいという方、遺族に負担をかけたくないという方は、生前整理についても考えてみましょう。

遺産整理業者の中には生前整理の相談に乗ってくれるところもありますので、ぜひ一度探してみてくださいね。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!