遺品・生前整理コラム

遺品整理で必読!間取り別の料金表を公開

遺品整理で必読!間取り別の料金表を公開

遺品整理を代行してくれる業者は近年急増しています。

一人で遺品整理ができない方、遺品整理の相談をしたい方にとっては非常にありがたいサービスです。

しかし、気になるのはその料金。

遺品整理の代行を頼むと、どれくらいの料金がかかるのかチェックしてみましょう。

料金の内訳や安く済ませる方法についてもご紹介いたします。

遺品整理の料金表

まずは遺品整理を依頼するのにかかる料金表をチェックしてみましょう。

※この料金表はあくまで一般的な相場の一例で、弊社でこの料金で対応しているわけではありませんのでご注意ください。

またエリアやサービス内容、時期などによって大きく変動しますので、あくまでも目安としてご利用ください。

広さ

作業員

料金

1K

1~2名

¥40,000~

1DK

1~2名

¥60,000~

1LDK

2~3名

¥80,000~

2DK

2~3名

¥100,000~

2LDK

3~4名

¥130,000~

3DK

3~4名

¥150,000~

3LDK

3~4名

¥180,000~

遺品整理の料金が変動する理由

遺品整理の料金が変動する理由

遺品整理の料金は、その部屋の広さ、作業員の数によってだいたいが決められます。

広ければ広いほど、作業員が多ければ多いほど料金は高くなります。

上記で紹介した料金表はあくまでも目安で、場合によってはこれよりもかなり高くなるケースもあります。

では、高くなってしまうのはどんな場合なのでしょうか。

様々な理由がありますが、その一部の例をチェックしてみましょう。

対応するエリア

遺品整理は、対応エリアによっても料金が変動します。

遺品整理業者は増えている傾向にありますが、家族が多い都心部に集中しています。

都心部で遺品整理の依頼をする場合は業者が多く価格競争になる傾向があるので料金が安くなる傾向にあります。

一方で地方で依頼する場合は業者が少なく、料金は高めになる傾向です。

さらにお住まいのエリアに対応している業者がない場合、エリア外の業者に依頼する必要があります。

その場合は別途で出張料が必要になるケースもあり、この料金表よりも高い金額になってしまいます。

特殊清掃の有無

ご遺体の発見が遅れた場合や、事故、事件などでお部屋の状態が悪い場合、特殊清掃が必要になる場合があります。

とくに賃貸の場合は原状回復してから明け渡さなければならないケースも多いです。

特殊清掃は素人では行うことができず、専門の業者を利用しなければなりません。

ハウスクリーニング業者を利用するという方法もありますが、遺品整理業者がそのまま代行してくれることもあります。

遺品整理業者を利用する場合は、特殊清掃も一緒にお願いした方が料金を安く抑えることができます。

オプションサービス

遺品整理業者には様々なオプションサービスがあります。

遺品の整理、廃車手続き、相続の相談、家電の取り外し、引き取りなどなど…。

これらは無料で行ってくれる業者と有料となる業者がありますので、事前に確認しておく必要があります。

無料で行ってくれる業者は良心的に見えますが、もともとの料金が高いケースもあるので注意しましょう。

ホームページにはオプションメニューが記載されていることがほとんどですので、自分にはどんなサービスが必要なのか、何が不要なのかをよく考えてから業者を選ぶといいでしょう。

遺品の買取

遺品整理業者の中には、遺品を買い取ってくれる業者もあります。

まだ使える家具や家電は、買い取ってもらうことでその分の料金を遺品整理の料金から差し引いてもらうことが可能です。

遺族が使う予定はないものの価値のあるブランド品。

骨董品、貴金属、宝石などの買取も行ってくれますので、一度相談してみるといいでしょう。

しかしこれらの買取は、遺品整理業者に依頼するよりも専門の業者に依頼した方が高く買い取ってもらえるケースが多いです。

どちらの方が有利なのか、また別々に業者を選ぶ余裕があるのかなど、しっかり計画的に業者を検討していくようにしましょう。

遺品整理の料金を安く抑えるには?

遺品整理の料金を安く抑えるには?

遺品整理の料金が高く感じるという方でも、スケジュールや体力的にどうしても利用しなければならない場合もあるでしょう。

そのような場合は、できるだけ安く済ませられるような工夫をしていく必要があります。

遺品整理の料金を安く抑えるためのコツをいくつかご紹介しますので、事前に試してみてください。

自分で遺品整理を行う

まるごと遺品整理業者に代行をお願いするよりは、ある程度片付けておいて、体力のいる作業などを代行してもらうだけの方が料金は安くなります。

こまごまとしたものの片付けはあらかじめ済ませておくようにしましょう。

遺品の中でもまだ使える家具や家電、ブランド品などは、事前に専門の業者に出張買取に来てもらうのもおすすめです。

ある程度の整理を済ませていることを遺品整理業者に事前に伝えることで作業員の数を減らすこともでき、大幅に料金を下げることが可能になります。

業者に見積りを依頼する

いきなりひとつの遺品整理業者に依頼してしまうのではなく、複数の遺品整理業者に見積りを依頼するのもおすすめです。

複数の業者の見積り金額を比較することである程度その地域の相場を把握することができます。

その中から一番安く対応してくれる業者を選ぶようにするといいでしょう。

しかし中には見積りだけ安く、最終的に高額な料金を請求してくる業者もあります。

最終的に金額が変動するのか、どれくらい上がる可能性があるのかについての確認も必要です。

また、見積りに応じない業者、曖昧な返答ばかりをしてくる業者には要注意。

事前に見積りを依頼することで、その業者が悪質な業者かどうか見極めることも可能です。

近くの遺品整理業者を利用する

先ほどもご説明したとおり、対応エリア外の業者に依頼すると料金が高くなってしまいます。

メジャーな業者には安心感がありますが、対応エリア外だという場合はマイナーでも地域密着の遺品整理業者を利用する方が安く済ませることができますよ。

近くにそのような業者がないかもう一度確認してみましょう。

地域によっては、自治体がそのようなサービスを紹介してくれるというケースもあります。

遺品整理の料金表をチェックして相場を確認!

遺品整理の料金表をチェックして相場を確認!

遺品整理にかかる料金を料金表にしてご紹介いたしました。

目安の料金ではありますが、この相場を把握しておくだけでも遺品整理業者選びはスムーズになります。

高額な料金を請求する悪徳業者も少なくありませんので、被害に合わないようによく注意して選ぶようにしましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!