遺品・生前整理コラム

遺品整理の見積りをしてもらう時のポイントは何?

遺品整理の見積りをしてもらうときのポイントは?

大切な人が亡くなったあと、故人のものを整理する際に遺品整理業者に作業をお願いする方もいらっしゃるかと思います。

もちろん作業にはお金が発生するので事前に見積りをしてもらう必要があります。

実はこの見積りは遺品整理でとても大事なポイントです。

ここで良い業者を見極めることが出来れば遺品整理もトラブルなく終わらせることが出来ます。

そこで今回は遺品整理の見積りをする際のポイントについてまとめていきます。

見積りの流れ

見積りの流れ

最初に遺品整理の見積りの全体的な流れを把握しましょう。

まずネットや地域の情報雑誌を見て情報を探し、遺品整理業者を探します。

次は業者に見積り依頼をします。大体の場合は実際に整理をする家を見ながら金額を決めることになるので、訪問してもらう日時を相談して決めましょう。そして約束の日に業者に実際に見てもらい、見積りを出してもらいます。

提示された内容に同意出来たら契約成立となります。

知っておくべき見積りトラブル

知っておくべき見積りトラブル

高額請求

スムーズに遺品整理を行うためには、よくあるトラブルを事前に知っておくことが大切です。

まず、よくあるのが高額請求です。

相場を知らないのを良いことに相場よりもかなり高い値段で見積りをする会社があります。

その値段で合意出来れば問題はありませんが、やはり騙されたような感じがするので不当に高い値段では依頼するのは避けたいですね。

作業後に追加料金が発生する

整理が終わったあとに、いろいろな理由をつけて追加料金を請求してくるケースがあります。

すると請求される金額は見積りの金額とは大きく離れてしまいます。

見積りをしてもらったのだから、その通りに請求されるだろうと思っている人が大半なので、いきなり請求されると混乱し、言われるがままに払ってしまう人が多いようです。

追加料金については事前に業者の方に質問すると安心ですね。

業者を選ぶときのポイント

業者を選ぶときのポイント

複数の業者に見積りを依頼する

見積りを依頼する際はひとつだけではなく必ず複数の会社に依頼するようにしましょう。

依頼する業者が少なければ相場を正確に把握できません。

また、いろいろな業者を見ることで良い業者と出会える確率も高くなりますし、業者間の違いが見えて良さそうなところを見極めやすくなります。

お住まいの地域にある遺品整理の会社には出来るだけ多く見積りをしてもらうようにしましょう。

評判を調べる

地域にある遺品整理の会社が分かったら、その評判を調べてみましょう。

ネットで「(業者名) 評判」で調べれば、実際にそこで遺品整理をしてもらった方の感想を見つけることが出来ます。

業者の公式サイトでは知ることが出来ないリアルな意見が書かれているので信憑性もあり、役に立つはずです。

評判が良ければ見積りを依頼し、逆に悪い点がたくさん書かれているところは候補から外しましょう。

電話での対応を確認する

遺品整理の見積りを依頼するときには訪問のスケジュールを決めなければいけないので、多くの場合は電話で打ち合わせをすることになります。

その際の電話の対応の仕方に注意しておきましょう。

丁寧な接客が出来ているところは良い業者の可能性が高いです。

逆に言葉遣いが悪かったり、説明も適当な会社であれば気をつけた方が良いでしょう。

ただし、電話対応の担当者と実際に遺品整理をする人は管轄が違う場合もあるので、現場に来て見積りをしてもらい、その対応の様子を改めて確認しましょう。

見積りをしてもらったらすべきこと

見積りをしてもらったらすべきこと

1.見積書を証拠として残す

見積りを出してもらったら必ず証拠として残しておきましょう。

手元に置いておかなければ、作業後にトラブルになった時に「言った」「言ってない」と話し合いが平行線になります。

さらに第三者機関に相談することになったときに見積書がなければこちらにとって不利になります。

提示された見積りは紙に残してもらうように頼み、もしもファイルで送ることになっているので紙では送れないと言われたらご自身で印刷しておきましょう。

2.曖昧な記載がないかチェック

見積書を受け取ったらまず一通り目を通しましょう。

普段は細かい契約内容は読むことなく飛ばしてしまいがちですが、大事なことが書かれているので必ず読みましょう。

もしも「・・・の場合は別途」「・・・する可能性があります」など、曖昧な表現があれば追求しましょう。

その記載に関する過去の実際の事例を教えてもらうのもいいかもしれません。

3.相場を知る

高額請求を防ぐためにもふさわしい金額か確認しましょう。

見積りしてもらった業者が多ければ全体の金額を見てだいたいの平均値を出すことが出来ます。

もしも地域にあまり業者がおらず、平均が偏りそうな場合はネットでおおよその相場を確認し、その価格と比較しましょう。

平均と比べて高すぎるところは高額請求をする事業者である可能性が高いです。

また、低すぎるところも質が疑われるので評判を調べるなどして慎重に判断しましょう。

4.分からないことはとことん聞く

遺品整理や見積り内容のことで不明な点がある場合は遠慮なく聞いてみましょう。

こちらの問いかけに誠実に時間をかけて説明してくれる場合は信頼できるところです。

反対に話を反らしたり曖昧な答えを繰り返す場合は怪しい会社です。

まとめ

まとめ

遺品整理では依頼する際に実際に現場に来て見積りをしてもらいます。

見積りの際には出来るだけ多くの会社に依頼し、さらに評判も調べて良いサービスをするところに絞りましょう。見積りが出たら内容をしっかり確認し、相場と照らして適切な金額か確認する事も大切です。

もしも不明な点があれば遠慮なく聞きましょう。良い業者を選び、トラブルを防ぐためにしっかり事前調査をしておくことをおすすめいたします。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!